研究業績

2020年

原著論文

  1. Nakamura T, Yamada K, Sato Y, Harashima H. Lipid nanoparticles fuse with cell membranes of immune cells at low temperatures leading to the loss of transfection activity. Int J Pharm (in press).
  2. Yamada Y, Munechika R, Satrialdi, Kubota F, Sato Y, Sakurai Y, Harashima H, Mitochondrial delivery of an anticancer drug via systemic administration using a mitochondrial delivery system that inhibits the growth of drug-resistant cancer engrafted on mice. J. Pharm. Sci. ;109: 2493-2500 (2020). [PubMed ID: 32376272]
  3. Yamada Y, Somiya K, Miyauchi A, Osaka H, Harashima H, Validation of a mitochondrial RNA therapeutic strategy using fibroblasts from a Leigh syndrome patient with a mutation in the mitochondrial ND3 gene. Sci. Rep. 10: 7511 (2020). [PubMed ID: 32371897]
  4. Kawamura E, Maruyama M, Abe J, Sudo A, Takeda A, Takada S, Yokota T, Kinugawa S, Harashima H, Yamada Y, Validation of gene therapy for mutant mitochondria by delivering mitochondrial RNA using a MITO-Porter, a liposome-based nano device. Mol. Ther. – Nuceic Acids. 20: 687-698 (2020). [PubMed ID: 32388194]
  5. Shobaki N, Sato Y, Suzuki Y, Okabe N, Harashima H. Manipulating the function of tumor-associated macrophages by siRNA-loaded lipid nanoparticles for cancer immunotherapy. J Control Release 325: 235-248 (2020). [PubMed ID: 32649972]
  6. Sato Y, Kinami Y, Hashiba K, Maeki M, Tokeshi M, Harahima H. Different kinetics for the hepatic uptake of lipid nanoparticles between the apolipoprotein E/low density lipoprotein receptor and the N-acetyl-D-galactosamine/asialoglycoprotein receptor pathway. J Control Release 322: 217-226 (2020). [PubMed ID: 32145269]
  7. Sato Y, Okabe N, Note Y, Hashiba K, Maeki M, Tokeshi M, Harashima H. Hydrophobic scaffolds of pH-sensitive cationic lipids contribute to miscibility with phospholipids and improve the efficiency of delivering short interfering RNA by small-sized lipid nanoparticles. Acta Biomaterialia 102: 341-350 (2020). [PubMed ID: 31733331]
  8. Maeta M, Miura N, Tanaka H, Nakamura T, Kawanishi R, Nishikawa Y, Asano K, Tanaka M, Tamagawa S, Nakai K, Tange K, Yoshioka H, Harashima H, Akita H. Vitamin E Scaffolds of pH-Responsive Lipid Nanoparticles as DNA Vaccines in Cancer and Protozoan Infection. Mol Pharm 17: 1237-1247 (2020). PubMed ID: 32129629]
  9. Masuda H, Nakamura T, Harashima H. Distribution of BCG-CWS loaded nanoparticles in the spleen after intravenous injection affects cytotoxic T lymphocyte activity. J Pharm Sci 109: 1943-1950 (2020). [PubMed ID: 32070704]
  10. Nakamura T, Kawai M, Sato Y, Maeki M, Tokeshi M, Harashima H. The effect of size and charge of lipid nanoparticles prepared by microfluidic mixing on their lymph node transitivity and distribution. Mol Pharm 17: 944-953 (2020). [PubMed ID: 31990567]
  11. Yamada Y, Fukuda Y, Sasaki D, Maruyama M, Harashima H, Development of a nanoparticle that releases nucleic acids in response to a mitochondrial environment. Mitochondrion. 52: 67-74 (2020). [PubMed ID: 32097722]
  12. Satrialdi, Munechika R, Biju V, Takano Y, Harashima H, Yamada Y., The optimization of cancer photodynamic therapy by utilization of a pi-extended porphyrin-type photosensitizer in combination with MITO-Porter. ChemCommun. 56: 1145-1148 (2020). [PubMed ID: 31895356]

総説論文

  1. Nakamura T, Harashima H. Dawn of lipid nanoparticles in lymph node targeting: potential in cancer immunotherapy. Adv Drug Deliv Rev (in press)
  2. 中村孝司、原島秀吉 「核酸DDS技術を用いたがん免疫療法」 月刊 細胞 ニュー・サイエンス社 vol.52 No.5: 17-20 (2020)
  3. 山田勇磨、中村孝司、佐藤悠介、原島秀吉「バイオマテリアルに基づいた核酸ナノ医療の創製」 バイオマテリアル―生体材料― 38: 92-98 (2020)
  4. 山田勇磨、阿部二郎、佐々木大輔、原島秀吉「ミトコンドリア強化幹細胞( MITO Cell)の製造および細胞移植療法への展開」、BIO Clinica 35: 62- 64 北隆館 (2020)
  5. Yamada Y, Takano Y, Satrialdi, Abe J, Hibino M, Harashima H. Therapeutic strategies for regulating mitochondrial oxidative stress. Biomolecules 10: 83 (2020). [PubMed ID: 31948035]

招待講演

  1. Yamada Y, Harashima H. Mito-porter, Investigation of Drug Delivery System Targeting Mitochondria. The 84th annual scinetific meeting of the japanse circulation society (JCS2020). July 27 – Aug. 2, 2020, Kyoto, Japan (WEB).
  2. Yamada Y, Harashima H. Mito-porter, A Mitochondrial Dds Towards An Innovative Therapy. Rising Suns from Japanese Society of Drug Delivery System. 2020 Annual Meeting & Exposition of the Controlled Release Society. June. 30, 2020, USA (WEB).
  3. 山田 勇磨 光よ届け!ミトコンドリアへ 第9回 生体物理化学セミナー、2020年1月24日、岡山大学薬学部、岡山

国内発表

  1. 鈴木裕一、佐藤悠介、佐藤里咲、真栄城正寿、渡慶次学、原島秀吉 CRISPR/Cas9システム搭載脂質ナノ粒子の開発 日本薬学会北海道支部第147回例会、2020年5月23日、北海道大学薬学部、札幌、誌上開催
  2. 豊岡愛弥、佐藤悠介、橋場月、真栄城正寿、渡慶次学、原島秀吉 肝臓標的型mRNA封入脂質ナノ粒子の開発、日本薬学会北海道支部第147回例会、2020年5月23日、北海道大学薬学部、札幌、誌上開催
  3. 窪田文佳、山田勇磨、Satrialdi、高野勇太、真栄城正寿、渡慶次学、原島秀吉 癌光治療を可能とするミトコンドリア標的型ナノキャリアの構築及び機能評価、日本薬学会北海道支部第147回例会、2020年5月23日、北海道大学薬学部、札幌、誌上開催
  4. 中村孝司、河合美典、佐藤悠介、真栄城正寿、渡慶次学、原島秀吉 脂質ナノ粒子の特性がリンパ節送達とリンパ節内分布へ与える影響 日本薬剤学会 第35年会、2020年5月14日~16日、熊本城ホール、熊本、紙面開催
  5. 山田勇磨、宗宮加奈、佐々木大輔、武田充人、原島秀吉 MELAS A3243G変異型ミトコンドリアDNAを標的とした遺伝子治療戦略の検証 日本薬剤学会第35年会、2020年5月、熊本、紙面開催
  6. 中村孝司、河合美典、佐藤悠介、真栄城正寿、渡慶次学、原島秀吉 脂質ナノ粒子のサイズと電荷がリンパ節移行とリンパ節内分布に与える影響 日本薬学会140年会、2020年3月25日~28日、国立京都国際会館他、京都、紙面開催
  7. 山田勇磨、Satrialdi、高野勇太、Vasudevanpillai BIJU、原島秀吉 光増感分子rTPAを搭載したミトコンドリア標的型ナノカプセルの構築および担癌モデルマウスを用いた癌光治療戦略の検証 日本薬学会 第140年会、2020年3月、京都、紙面開催

2019年

原著論文

  1. AlBaloul A, Sato Y, Maishi N, Hida K, Harashima H. Two modes of toxicity of lipid nanoparticles containing a pH-sensitive cationic lipid on human A375 and A375-SM melanoma cell lines. BPB reports 2: 48-55 (2019).
  2. Endo R, Nakamura T, Kawakami K, Sato Y, Harashima H. The silencing of indoleamine 2,3-dioxygenase 1 (IDO1) in dendritic cells by siRNA-loaded lipid nanoparticles enhances cell-based cancer immunotherapy. Sci Rep 9: 113335 (2019). [PubMed ID: 31383907]
  3. Yamada Y, Fujishita N, Harashima H, A nanocarrier for the mitochondrial delivery of nucleic acids to cardiomyocytes. Nucleosides, Nucleotides & Nucleic Acids 9: 1-15 (2019). [PubMed ID: 31595823]
  4. Kawamura E, Hibino M, Harashima H, Yamada Y. Targeted mitochondrial delivery of antisense RNA-containing nanoparticles by a MITO-Porter for safe and efficient mitochondrial gene silencing. Mitochondrion 49: 178-188 (2019). [PubMed ID: 31472283]
  5. Katayama T, Kinugawa S, Takada S, Furihata T, Fukushima A, Yokota T, Anzai T, Hibino M, Harashima H, Yamada Y. A mitochondrial delivery system using liposome-based nanocarriers that target myoblast cells. Mitochondrion (in press).
  6. Santiwarangkool S, Akita H, Khalil IA, Abd Elwakil MM, Sato Y, Kusumoto K, Harashima H. A study of the endocytosis mechanism and transendothelial activity of lung-targeted GALA-modified liposomes. J Control Release 307: 55-63 (2019). [PubMed ID: 31185231]
  7. Yamada Y, Daikuhara S, Tamura A, Nishida K, Yui N, Harashima H. Enhanced autophagy induction via the mitochondrial delivery of methylated β-cyclodextrins-threaded polyrotaxanes by a MITO-Porter. Chem. Commun. 55: 7203-7206 (2019). [PubMed ID: 31165120].
  8. Hibino M, Yamada Y, Fujishita N, Sato Y, Maeki M, Tokeshi M, Harashima H. The use of a microfluidic device to encapsulate a poorly water-soluble drug CoQ. J Pharm Sci 108(8): 2668-2676 (2019). [PubMed ID: 30959057]
  9. Abd Elwakil MM, Khalil IA, Elewa YHA, Kusumoto K, Sato Y, Shobaki N, Kon Y, Harashima H. Lung-Endothelium-Targeted Nanoparticles Based on a pH-Sensitive Lipid and the GALA Peptide Enable Robust Gene Silencing and the Regression of Metastatic Lung Cancer. Advanced Functional Materials 29(18): 1807677 (2019).
  10. Sato Y, Hashiba K, Sasaki K, Maeki M, Tokeshi M, Harashima H. Understanding structure-activity relationships of pH-sensitive cationic lipids facilitates the rational identification of promising lipid nanoparticles for delivering siRNAs in vivo. J Control Release 295: 140-152 (2019). [PubMed ID: 30610950]
  11. Takekuma Y, Mori A, Kobayashi M, Yamada Y, Sato Y, Narumi K, Furugen A, Sugawara M. Analysis by Using Roter Method of Interaction Process Analysis (RIAS) of the Ability of Pharmacy Students to Communicate after Clinical Training for Pharmacy. Yakugaku Zasshi 138: 1579-1586 (2018). [PubMed ID: 30504673].

総説論文

  1. Khalil IA, Sato Y, Harashima H. Recent advances in the targeting of systemically administered non-viral gene delivery systems. Expert Opin Drug Deliv 16(10): 1037-1050 (2019). [PubMed ID: 31432700]
  2. 中村孝司 「ナノDDS技術を利用したがん免疫療法の開発 第11回日本DDS学会奨励賞によせて」 Drug Delivery System vol. 34 Sep No. 4: pp297-302 (2019)
  3. Nakamura T, Yamada Y, Sato Y, Khalil IA, Harashima H. Innovative nanotechnologies for enhancing nucleic acids/gene therapy: Controlling intracellular trafficking to targeted biodistribution. Biomaterials 218: 119329 (2019). [PubMed ID: 31306827]
  4. 山田勇磨. 「ミトコンドリアを標的とする遺伝子治療用ナノカプセルの創製」 日本核酸医薬学会会誌. (2019).
  5. 山田勇磨、原島秀吉「ミトコンドリア標的型ナノカプセルが創る未来医療」、実験医学  羊土社 (2019)
  6. 山田勇磨「ミトコンドリア標的型DDSを基盤とした革新的ナノ医薬品の創製」-最前線、ファルマシア 55巻4号 p330-334  (2019)
  7. 山田勇磨、原島秀吉「ミトコンドリアDDSが拓く新しいミトコンドリア病治療戦略」、小児科診療 82巻4号 診断と治療社 (2019)
  8. Yamada Y. A Nanocarrier System for Mitochondrial Delivery Targeted to a Pancreatic Beta Cell. Yakugaku Zasshi. 139: 41-45 (2019). [PubMed ID: 30606927]
  9. Verechshagina N, Nikitchina N, Yamada Y, Harashima H, Tanaka H, Orishchenko K, Mazunin I. Future of human mitochondrial DNA editing technologies. Mitochondrial DNA Part A 30: 214-221 (2019).

著書

  1. Khalil IA, Hatakeyama H, Nakamura T, Harashima H. A Multifunctional Envelope-Type Nano Device for Cancer Therapy. Edited by Matsumura Y and Tarin D. Cancer Drug Delivery Systems Based on the Tumor Microenvironment. P217-251, 2019, Springer Japan KK, part of Springer Nature
  2. 佐藤悠介 「第3章 脂質系のキャリア設計」 3.1節、3.3節、3.4節」 p101-102, 109-119, 200-201 ドラッグキャリア設計入門 DDSのからナノマシンまで(片岡一則、原島秀吉 編) 丸善出版株式会社
  3. 中村孝司 「第5章 ワクチンへの応用 5.1節、5.2節、5.4節、5.6節」 p141-149, 152-155, 160-163 ドラッグキャリア設計入門 DDSのからナノマシンまで(片岡一則、原島秀吉 編) 丸善出版株式会社
  4. 山田勇磨  「第6章 DDSを越えるナノ医薬品の世界 6.1節」 ドラッグキャリア設計入門 DDSからナノマシンまで、編集:片岡一則、原島秀吉、(2019)、丸善出版株式会社

その他

  1. 山田勇磨 がん 新たな治療法を. 十勝毎日新聞 2020年5月17日(3面)
  2. 山田勇磨 ミトコンドリア 若さの源. 日本経済新聞 2020年2月23日(30面)
  3. Nakamura T. Nano DDS technology contributes to next-generation cancer immunotherapy. Open Access Government, Issue 22, April 2019, pp.134-135.
  4. 中村孝司 新たながん治療法開発への期待「がん免疫療法×DDS研究の可能性」 週刊 医学界新聞 第3304号 2019年1月7日(月)8面

受賞

  1. Sion Elisabeth Elfainatur Haloho 2019年9月18日 Liposome Research Days 2019  The Best Poster Awards
  2. Satrialdi 2019年9月18日 Liposome Research Days 2019  The Best Poster Awards
  3. 中村孝司 2019年7月5日 第11回日本DDS学会奨励賞
  4. 佐々木宏輔 2019年5月18日 日本薬学会北海道支部第146回例会 学生優秀発表賞
    「siRNAのバイオアベイラビリティの向上を目的とした細胞内動態解析」
  5. 木浪義之 2019年5月18日 日本薬学会北海道支部第146回例会 学生優秀発表賞
    「脂質ナノ粒子のApoEを介した肝実質細胞移行メカニズムの解明」
  6. 丸山美菜子 2019年5月18日 日本薬学会北海道支部第146回例会 学生優秀発表賞
    「療用RNA搭載ナノカプセルを用いた疾患細胞ミトコンドリア遺伝子治療戦略の検証」
  7. 原島秀吉 2019年2月22日:北海道大学総長賞

招待講演

  1. 原島秀吉、多機能性エンベロープ型ナノ構造体の創製とナノ医療への展開、第19回日本再生医療学会総会、5月18日~5月29日, 2020、横浜(WEB開催)
  2. 原島秀吉、寺崎哲也教授定年退職記念学術講演会、多機能性エンベロープ型ナノ構造体の創製とナノ医療への展開、2月28日, 2020、東北大学青葉サイエンスホール
  3. Hideyoshi Harashima, Multifunctional Envelope-type Nano Device for Gene/Nucleic acids Delivery: Concept and Application to Nanomedicine, 15th US-Japan DDS Symposium, December 14 - 18, 2019, Maui, USA
  4. 中村孝司 がん免疫療法のための核酸DDS技術 第8回 日本免疫・細胞治療学会学術総会、2019年11月30日、シード・プランニング セミナールーム、東京
  5. 山田 勇磨 ミトコンドリアDDSが描くナノ医療の未来予想図~リポ化プロスタグランジン製剤の話題を含めて~ 第12回 北海道小児オータムセミナー、2019年11月23日、ネストホテル札幌駅前、札幌
  6. 山田 勇磨 ミトコンドリア標的型ナノDDSを基盤とした遺伝子・細胞治療の実装 第12回 CHEMBIOハイブリッドレクチャー、2019年10月19日、東京大学、東京
  7. 原島秀吉、遺伝子導入DDS技術、KRICプロジェクト創出プログラム、10月10日, 2019、京都リサーチパーク
  8. Yamada Y. MITO-Porter, liposomal mitochondrial delivery system: Toward Mitochondrial Nanomedicine. MITO-Porter therapy to open innovative therapies targeting mitochondria. 16th ASMRM & 19th J-mit. Oct. 5, 2019, Fukuoka, Japan.
  9. 原島秀吉、多機能性エンベロープ型ナノ構造体の開発とナノ医療への展開、第46回日本小児臨床薬理学会学術集会、特別講演、9月28日, 2019、ロイトン札幌
  10. Hideyoshi Harashima, Multifunctional Envelope-type Nano Device for Nucleic acids/Gene Delivery, Bio Incheon Global Conference (Big C 2019), August 20, 2019, Songdo CONVENSIA, Korea
  11. Yamada Y, Harashima H. MITO-Porter, liposomal mitochondrial delivery system: Toward Mitochondrial Nanomedicine. Liposome Research Days 2019. Sep. 18, 2019, Sapporo, Japan.
  12. ショバキ ヌレ Macrophage-targeted and siRNA-loaded Lipid Nanoparticles for Cancer Immunotherapy 第12回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム受賞講演 医療薬学フォーラム2019/第27回クリニカルファーマシーシンポジウム、2019年7月13日~14日、広島国際会議場、広島
  13. 中村孝司 ナノDDS技術を利用したがん免疫療法の開発 第11回日本DDS学会奨励賞(臨床)受賞講演 第35回日本DDS学会学術集会、2019年7月4日~5日、パシフィコ横浜アネックスホール、神奈川
  14. 山田 勇磨、原島秀吉 ミトコンドリアDDSを用いた酸化ストレス応答制御および疾患治療への展開 シンポジウム2「ミトコンドリアと酸化ストレス・関連疾患」 第72回日本酸化ストレス学会、2019年6月28日、北海道立道民活動センターかでる2・7、札幌
  15. 佐々木 大輔, 阿部 二郎, 武田 充人, 原島 秀吉, 山田 勇磨 虚血再灌流モデルマウスを用いた心不全に対するミトコンドリア活性化心筋幹細胞を用いた細胞移植療法の治療効果の検討 「シンポジウム心不全病態に対する多面的アプローチ 基礎から治療へ」 第55回日本小児循環器学会総会・学術集会、2019年6月27日、札幌コンベンションセンター、札幌
  16. 原島秀吉、遺伝子治療による革新的医薬品の創出、2019年度前期北大道新アカデミー 6月13日, 2019、北海道大学理学部5号館
  17. 中村孝司 がん免疫療法のための核酸医薬DDS技術 ラウンドテーブルセッション5「次世代を担う核酸医薬DDS技術の新領域」 日本薬剤学会 第34年会、2019年5月16日~5月18日、富山国際会議場・富山市民プラザ、富山
  18. 原島秀吉 「多機能性エンベロープ型ナノ構造体の創製とナノ医療への展開」 富士フィルム第一回核酸内包DDSシンポジウム 2019年4月11日 富士フィルム先進研究所(神奈川)
  19. 原島秀吉、多機能性エンベロープ型ナノ構造体の開発とナノ医療への展開:日本薬剤学会・日本薬学会合同シンポジウム 脂質・細胞製剤の新展開、日本薬剤学会第34回年会、2019年5月16日、国際会議場(富山)
  20. 山田 勇磨 ミトコンドリア標的型ナノカプセルが創る未来医療 IVF JAPANセミナー、2019年2月4日、大阪HORAC、大阪

国際発表

  1. Haloho S, Nakamura T, Harashima H. Liposomal delivery of TLR3 agonist induces robust antitumor activity without systemic inflammation following intravenous administration. The 48th Annual Scientific Meeting of the Australian and New Zealand Society for Immunology (ASI) 2019, Adelaide Convention Center, Adelaide, South Australia, December 8-12, 2019.
  2. Satrialdi, Yamada Y, Munechika R, Biju V, Takano Y, Harashima H, Mitochondria as an important target for cancer photodynamic therapy. 16th ASMRM & 19th J-mit. Oct. 4, 2019, Fukuoka, Japan.
  3. Mitsue H, Yamada Y, Sato Y, Maeki M, Tokeshi M, Harashima H, Establishing a Method for Preparing Mitochondrial-targeting Lipid Nanoparticles by Using a Microfluidic Device and an Attempt to Regulate Intracellular Trafficking to Reach Mitochondria. 16th ASMRM & 19th J-mit. Oct. 4, 2019, Fukuoka, Japan.
  4. Sasaki D, Yamada Y, Abe J, Takeda A, Harashima H, Examination of cell transplantation treatment in an ischemia reperfusion model mouse using mitochondrial activated cardiac progenitor cells (MITO-cell). 16th ASMRM & 19th J-mit. Oct. 4, 2019, Fukuoka, Japan.
  5. Sato Y, Hashiba K, Hashiba A, Okabe N, Harashima H. “Efficient delivery of macromolecules by molecular design of cationic lipids.” Liposome Research Days 2019, Hokkaido University Conference Hall, Sapporo, Japan, Sep 15-18, 2019.
  6. Somiya K, Yamada Y, Miyauchi A, Osaka H, Harashima H. Validation of mitochondrial RNA therapy for mitochondrial diseases using Liposome-based nano device. Liposome Research Days 2019. Sep. 16, 2019, Sapporo, Japan.
  7. Satrialdi, Yamada Y, Munechika R, Biju V, Takano Y, Harashima H, Liposomal-based Nanocarrier for Mitochondrial Delivery of Photosensitizer. Liposome Research Days 2019. Sep. 16, 2019, Sapporo, Japan.
  8. Maruyama M, Yamada Y, Kita T, Kitajiri S, Usami S, Harashima H. Development of ribosomal RNA-loaded nano device for mitochondrial delivery to achieve mitochondrial deafness related gene therapy. Liposome Research Days 2019. Sep. 16, 2019, Sapporo, Japan.
  9. Shobaki N, Sato Y, Harashima H. “Targeting and reprograming tumor-associated macrophages using optimized siRNA-loaded lipid nanoparticles.” Liposome Research Days 2019, Hokkaido University Conference Hall, Sapporo, Japan, Sep 15-18, 2019.
  10. Sasaki K, Sato Y, Hashiba K, Harashima H. “Analysis of intracellular dynamics for improving the bioavailability of siRNA.” Liposome Research Days 2019, Hokkaido University Conference Hall, Sapporo, Japan, Sep 15-18, 2019.
  11. Suzuki Y, Sato Y, Sato R, Maeki M, Tokeshi M, Harashima H. “Development of Ribonucleoprotein-loaded lipid nanoparticles for genome editing.” Liposome Research Days 2019, Hokkaido University Conference Hall, Sapporo, Japan, Sep 15-18, 2019.
  12. Abbasi S, Sato Y, Higashino H, Minami K, Kataoka M, Kajimoto K, Yamashita S, Harashima H. “Development of Oil-like Material as a Novel Vehicle for Intravenous and Oral Drug Delivery.” Liposome Research Days 2019, Hokkaido University Conference Hall, Sapporo, Japan, Sep 15-18, 2019.
  13. Nakamura T, Yamada K, Fujiwara Y, Kuroi M, Sato Y, Harashima H. Control of gene expression by siRNA-loaded nanoparticles in human immune cells. Liposome Research Days 2019, Hokkaido University Conference Hall, Sapporo, Japan, Sep 15-18, 2019.
  14. Sato T, Nakamura T, Takahashi N, Sato Y, Hyodo M, Hayakawa Y, Harashima H. Improvement of PD-1 antibody resistance of melanoma lung metastasis by STING agonist loaded lipid nanoparticles. Liposome Research Days 2019, Hokkaido University Conference Hall, Sapporo, Japan, Sep 15-18, 2019.
  15. Haloho SEE, Nakamura T, Harashima H. TLR3 adjuvant-loaded liposome induce robust antitumor activity and reduces systemic inflammation following intravenous administration. Liposome Research Days 2019, Hokkaido University Conference Hall, Sapporo, Japan, Sep 15-18, 2019).
  16. Yamada Y, Ishikawa T, Harashima H. Mitochondrial transgene expression by the mitochondrial delivery of an artificial mitochondrial DNA vector using a MITO-Porter system. 2019 Annual Meeting & Exposition of the Controlled Release Society. July 21–24, 2019, Valencia, Spain.
  17. Haloho S, Nakamura T, Harashima H. Liposomal delivery of TLR3-adjuvant induces robust antitumor activity and diminishes the systemic toxicity following intravenous administration. Keystone Symposia Conference: Cancer Vaccines, Fairmont Hotel Vancouver, Vancouver, British Columbia, Canada, January 20-24, 2019.

国内発表

  1. 佐藤孝紀、中村孝司、高橋直道、佐藤悠介、兵藤守、早川芳宏、原島秀吉 STINGアゴニスト搭載脂質ナノ粒子によるメラノーマ肺転移の抗PD-1抗体抵抗性の改善 第23回日本がん免疫学会総会、2019年8月21日~23日、高知市文化プラザかるぽーと、高知
  2. 山田 勇磨、宗宮加奈、原島秀吉 Validation of mitochondrial RNA therapy using mitochondrial drug delivery system 日本核酸医薬学会第5回年会、2019年7月10-12日、大阪
  3. 丸山美菜子、山田 勇磨、喜多知子、北尻真一郎、宇佐美真一、原島秀吉 Validation of gene therapy for mutated mitochondria by ribosomal RNA delivery using a liposome-based nano device for mitochondrial delivery 日本核酸医薬学会第5回年会、2019年7月10-12日、大阪
  4. 佐藤悠介、鈴木裕一、佐藤里咲、真栄城正寿、渡慶次学、原島秀吉 ゲノム編集タンパク質搭載脂質ナノ粒子の開発 日本核酸医薬学学会第5回年会、2019年7月10日~12日、ホテル阪急エキスポパーク、大阪
  5. 橋場月、佐藤悠介、真栄城正寿、渡慶次学、原島秀吉 実験計画法によるmRNA 送達キャリアの効率的な最適化 日本核酸医薬学学会第5回年会、2019年7月10日~12日、ホテル阪急エキスポパーク、大阪
  6. 佐藤悠介、加藤月、原島秀吉 実験計画法によるmRNA搭載脂質ナノ粒子の処方検討 第35回 日本DDS学会学術集会、2019年7月4日~5日、パシフィコ横浜アネックスホール、神奈川
  7. 佐々木宏輔、佐藤悠介、橋場一毅、原島秀吉 siRNAのバイオアベイラビリティを制約する律速段階の解明を目的とした細胞内動態解析 第35回 日本DDS学会学術集会、2019年7月4日~5日、パシフィコ横浜アネックスホール、神奈川
  8. 中村孝司、佐藤孝紀、高橋直道、佐藤悠介、兵藤守、早川芳宏、原島秀吉 STINGアゴニスト搭載脂質ナノ粒子を用いた抗PD-1抗体抵抗性メラノーマ肺転移に対するがん免疫療法 第35回 日本DDS学会学術集会、2019年7月4日~5日、パシフィコ横浜アネックスホール、神奈川
  9. 山田勇磨、Satrialdi、高野勇太、Vasudevanpillai BIJU、原島秀吉.“光増感分子rTPAを搭載したミトコンドリア標的型ナノカプセルの開発および癌光治療戦略の検証”第35回日本DDS学会学術集会 2019年7月4日 パシフィコ横浜 (神奈川)
  10. Satrialdi、山田 勇磨、宗近玲那、Vasudevanpillai Biju、高野勇太、原島秀吉 MITO-Porter: a powerful mitochondrial targeting nanodevice for cancer photodynamic therapy 第72回日本酸化ストレス学会、2019年6月28日、北海道立道民活動センターかでる2・7、札幌
  11. 窪田文佳、山田 勇磨、Satrialdi、高野勇太、Vasudevanpillai Biju、原島秀吉 ミトコンドリア標的型ナノキャリアを用いた癌光治療戦略の検証 第72回日本酸化ストレス学会、2019年6月28日、北海道立道民活動センターかでる2・7、札幌
  12. 佐藤悠介, 鈴木裕一, 佐藤里咲, 真栄城正寿, 渡慶次学, 原島秀吉. “Cas9-gRNA RNP搭載脂質ナノ粒子による高効率ゲノム編集.” 日本ゲノム編集学会第4回大会, 2019年6月3-5日, タワーホール船堀, 東京
  13. 山田勇磨、宗宮加奈、原島秀吉 MITO-Porterを用いた治療用mRNA送達によるミトコンドリア遺伝子治療戦略の検証 日本薬剤学会第34年会、2019年5月17日、富山市民プラザ、富山
  14. 中出早代、東野晴輝、南景子、片岡誠、佐藤悠介、サエド アバシ、原島秀吉、山下伸二 新規経口可溶化剤の有用性の検討 -難水溶性薬物の血中曝露の改善効果- 日本薬剤学会第34年会、2019年5月16日~18日、富山国際会議場・富山市民プラザ、富山
  15. 遠藤力斗、中村孝司、川上今日子、佐藤悠介、原島秀吉 siRNA搭載脂質ナノ粒子を用いた樹状細胞のIDO1発現制御と免疫細胞療法への展開 日本薬剤学会 第34年会、2019年5月16日~5月18日、富山国際会議場・富山市民プラザ、富山
  16. 木浪義之、佐藤悠介、橋場一毅、原島秀吉 脂質ナノ粒子のApoEを介した肝実質細胞移行メカニズムの解明 日本薬学会北海道支部第146回例会、2019年5月18日~19日、札幌コンベンションセンター、札幌
  17. 佐々木宏輔、佐藤悠介、橋場一毅、原島秀吉 siRNAのバイオアベイラビリティの向上を目的とした細胞内動態解析 日本薬学会北海道支部第146回例会、2019年5月18日~19日、札幌コンベンションセンター、札幌
  18. Ahmed YAMA AlBaloul、佐藤悠介、原島秀吉 Toxicity of YSK05 Against A375 & A375-SM Melanoma Cell Lines 日本薬学会北海道支部第146回例会、2019年5月18日~19日、札幌コンベンションセンター、札幌
  19. 川上今日子、中村孝司、佐藤悠介、兵藤守、畠山浩人、早川芳宏、原島秀吉 ナノDDSを基盤としたがん免疫療法における腫瘍内免疫状態解析の有用性検証 日本薬学会北海道支部第146回例会、2018年5月18日、札幌コンベンションセンター、札幌
  20. 佐藤孝紀、中村孝司、高橋直道、佐藤悠介、兵藤守、早川芳宏、原島秀吉 STINGアゴニスト搭載脂質ナノ粒子の併用によるメラノーマ肺転移の抗PD-1抗体抵抗性の改善 日本薬学会北海道支部第146回例会、2018年5月18日、札幌コンベンションセンター、札幌
  21. 丸山美菜子、山田勇磨、喜多知子、北尻真一郎、宇佐美真一、原島秀吉 療用RNA搭載ナノカプセルを用いた疾患細胞ミトコンドリア遺伝子治療戦略の検証 日本薬学会北海道支部第146回例会、2019年5月18日、札幌コンベンションセンター、札幌
  22. 日比野光恵、山田勇磨、佐藤悠介、真栄城正寿、渡慶次学、原島秀吉 新規調製法を用いた難水溶性薬物X搭載MITO-Porterの構築および細胞取り込み評価 日本薬学会北海道支部第146回例会、2019年5月18日、札幌コンベンションセンター、札幌
  23. Yuma Yamada, Hideyoshi Harashima “Validation of mitochondrial RNA therapy using mitochondria from a patient with a mitochondrial disease ”19th Symposium for Gene Desigin and delivery” 2019年5月8日. けやき会館 千葉大学 (千葉)
  24. Nakamura T, Yamada K, Fujiwara Y, Kuroi M, Warashina S, Sato Y, Harashima H. Controlling gene expression by siRNA-loaded nanoparticles in immune cells. 19th Symposium for Gene Design and Delivery, May 8, 2019, Keyaki Kaikan in Chiba University, Chiba
  25. 佐藤悠介、佐々木宏輔、橋場一毅、原島秀吉 脂質ナノ粒子により送達されたsiRNAの細胞内挙動に関する検討 日本薬学会第139年会、2019年3月20日~23日、幕張メッセ、ホテルニューオータニ幕張、千葉
  26. 木浪義之、佐藤悠介、橋場一毅、原島秀吉 siRNA搭載脂質ナノ粒子の肝実質細胞移行メカニズム 日本薬学会第139年会、2019年3月20日~23日、幕張メッセ、ホテルニューオータニ幕張、千葉
  27. 川上今日子、中村孝司、佐藤悠介、兵藤守、畠山浩人、早川芳宏、原島秀吉 ナノDDSを基盤としたがん免疫療法開発における腫瘍微小環境の免疫状態解析の有用性検証 日本薬学会 第139年会、2019年3月20日~23日、幕張メッセ、ホテルニューオータニ幕張、千葉
  28. 増田秀幸、中村孝司、野間洋輔、原島秀吉 がん免疫療法におけるBCG勤怠成分搭載脂質ナノ粒子の全身投与型アジュバントとしての有用性 日本薬学会 第139年会、2019年3月20日~23日、幕張メッセ、ホテルニューオータニ幕張、千葉
  29. 山田勇磨、大工原伸之輔、西田慶、田村篤志、由井伸彦、原島秀吉 オートファジー誘導能を有するミトコンドリアDDSの構築およびオートファジー誘導機構の検証 日本薬学会 第139年会、2019年3月21日、 幕張メッセ国際会議場、千葉
  30. 武隈洋、森綾子、小林正紀、山田勇磨、佐藤夕紀、鳴海克哉、古堅彩子、菅原満 薬学実務実習前後における薬学生のコミュニケー ション分析 ~ RIAS(Roter method of interaction process analysis)を用いて~ 日本薬学会 第139年会、2019年3月21日、 幕張メッセ国際会議場、千葉

2018年

原著論文

  1. Shobaki N, Sato Y, Harashima H. Mixing lipids to manipulate the ionization status of lipid nanoparticles for specific tissue targeting. Int J Nanomed 13: 8395-8410 (2018). [PubMed ID: 30587967]
  2. Masuda H, Nakamura T, Noma Y, Harashima H. Application of BCG-CWS as a systemic adjuvant by using nanoparticulation technology. Mol Pharm 15: 5762-5771 (2018). [PubMed ID: 30380885]
  3. Kawai M, Nakamura T, Miura N, Maeta M, Tanaka H, Ueda K, Higashi K, Moribe K, Tange K, Nakai Y, Yoshioka H, Harashima H, Akita H. DNA-loaded nano-adjuvant formed with a vitamin E-scaffold intracellular environmentally-responsive lipid-like material for cancer immunotherapy. Nanomedicine 14: 2587-2597 (2018). [PubMed ID: 30170077]
  4. Sato Y, Matsui H, Sato R, Harashima H. Neutralization of negative charges of siRNA results in improved safety and efficient gene silencing activity of lipid nanoparticles loaded with high levels of siRNA. J Control Release 284: 179-187 (2018). [PubMed ID: 29936118]
  5. Togashi R, Tanaka H, Nakamura S, Yokota H, Tange K, Nakai Y, Yoshioka H, Harashima H, Akita H. A hepatic pDNA delivery system based on an intracellular environment sensitive vitamin E-scaffold lipid-like material with the aid of an anti-inflammatory drug. J Control Release 279: 262-270 (2018). [PubMed ID: 29673647]
  6. Kimura N, Maeki M, Sato Y, Note Y, Ishida A, Tani H, Harashima H, Tokeshi M. Development of the iLiNP device: Fine tuning the lipid nanoparticle size within 10 nm for drug delivery. ACS Omega 3(5): 5044-5051 (2018).
  7. Nakamura T, Yamada K, Fujiwara Y, Sato Y, Harashima H. Reducing the Cytotoxicity of Lipid Nanoparticles Associated with a Fusogenic Cationic Lipid in a Natural Killer Cell Line by Introducing a Polycation-Based siRNA Core. Mol Pharm 15: 2142-2150 (2018). [PubMed ID: 29668291]
  8. Tanaka H, Nakatani T, Furihata T, Tange K, Nakai Y, Yoshioka H, Harashima H, Akita H. In Vivo Introduction of mRNA Encapsulated in Lipid Nanoparticles to Brain Neuronal Cells and Astrocytes via Intracerebroventricular Administration. Mol Pharm 15: 2060-2067 (2018). [PubMed ID: 29638135].
  9. Ishikawa T, Somiya K, Munechika R, Harashima H, Yamada Y. Mitochondrial transgene expression via an artificial mitochondrial DNA vector in cells from a patient with a mitochondrial disease. J Control Release 274: 109-117 (2018). [PubMed ID: 29408532].
  10. Abe J, Yamada Y, Takeda A, Harashima H. Cardiac progenitor cells activated by mitochondrial delivery of resveratrol enhance the survival of a doxorubicin-induced cardiomyopathy mouse model via the mitochondrial activation of a damaged myocardium. J Control. Release 269: 177-188 (2018). [PubMed ID: 29146241]
  11. Yamada Y, Tabata M, Abe J, Nomura M, Harashima H. In vivo transgene expression in the pancreas by the intraductal injection of naked plasmid DNA. J Pharm Sci 107: 647-653 (2018). [PubMed ID: 28989012].
  12. Khalil IA, Kimura S, Sato Y, Harashima H. Synergism between a cell penetrating peptide and a pH-sensitive cationic lipid in efficient gene delivery based on double-coated nanoparticles. J Control Release, 275: 107-116, 2018 [PubMed ID: 29452131]
  13. Khalil IA, Harashima H. An efficient PEGylated gene delivery system with improved targeting: Synergism between octaarginine and a fusogenic peptide. Int J Pharm 538: 179-187 (2018). [PubMed ID: 29341911]
  14. Kajimoto K, Katsumi T, Nakamura T, Kataoka M, Harashima H. Liposome microencapsulation for the surface modification and improved entrapment of cytochrome c for targeted delivery. J American Oil Chemists Society 95: 101-109 (2018).
  15. Yamamoto S, Sakurai Y, Harashima H. Failure of active targeting by a cholesterol-anchored ligand and improvement by altering the lipid composition to prevent ligand desorption. Int J Pharm 536: 42-49 (2018) [PubMed ID: 29126905]

総説論文

  1. 中村孝司 「がん免疫療法におけるナノDDSの利用とその将来展望」 医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス、PMDRS、vol. 49 No. 10: 670-675 (2018)
  2. 中村孝司 「脂質ナノ粒子を基盤としたがん免疫療法のためのナノDDS開発」 YAKUGAKU ZASSHI 138: 1443-1449 (2018). [PubMed ID: 30504656]
  3. Khalil I.A., Yamada Y, Harashima H. Optimization of siRNA delivery to target sites: issues and future directions. Expert Opin Drug Deliv. 15:1053-1065 (2018). [PubMed ID: 30198792]
  4. 山田勇磨、阿部 二郎、原島 秀吉「ミトコンドリア強化幹細胞 (MITO Cell)の製造および細胞移植療法への展開」、Medical Science Digest 44巻 p546-547 ニューロサイエンス社 (2018)
  5. 山田勇磨「ミトコンドリアへの分子送達技術」、BIO Clinica 33巻7号 p637-640 北隆館 (2018)
  6. Maeki M, Kimura N, Sato Y, Harashima H, Tokeshi M. Advances in microfluidics for lipid nanoparticles and extracellular vesicles and applications in drug delivery systems. Adv Drug Deliv Rev (in press) [PubMed ID: 29567396]

著書

  1. 中村孝司 「第5章 ワクチンへの応用 5.1節、5.2節、5.4節、5.6節」 p141-149, 152-155, 160-163 ドラッグキャリア設計入門 DDSのからナノマシンまで(片岡一則、原島秀吉 編) 丸善出版株式会社
  2. Yamada Y, Harashima H. Targeting the Mitochondrial Genome Through a Nanocarrier and the Regulation of Mitochondrial Gene Expression. “Mitochondrial Biology and Experimental Therapeutics 491-498 (2018).
  3. 畠山浩人、佐藤悠介、原島秀吉.  「第10章 体内・細胞内動態を制御するリポソームの開発と疾患治療への応用」 ドラッグデリバリーシステム-バイオ医薬品創成に向けた組織、細胞内、核内送達技術の開発-(杉林堅次監修) シーエムシー出版
  4. 山田勇磨、原島秀吉.  第11章 ミトコンドリアDDS を基盤とした遺伝子治療への展開 杉林堅次監修、(2018) 、シーエムシー出版

その他

  1. Nakamura T. A spotlight on antitumour immunity. Impact, Volume 2018, Number 12, December 2018, pp. 98-100(3). Science Impact Ltd.
  2. Abe J, Yamada Y, Harashima H. The use of cardiac progenitor cells for transplantation in congenital heart disease and an innovative strategy for activating mitochondrial function in such cells. Journal of Thoracic Disease. (in press).
  3. 佐藤悠介. 「JCRだより JCR掲載論文紹介」 Drug Delivery System 33(2): 158 (2018).
  4. 山田勇磨. 「JCRだより JCR掲載論文紹介」 Drug Delivery System (2018).

受賞

  1. 山田勇磨 2018年7月9日 第2回日本核酸医薬学会奨励賞
    「ミトコンドリアを標的とする遺伝子治療用ナノカプセルの創製」
  2. 山田勇磨 2018年5月17日 2018年度日本酸化ストレス学会学術奨励賞
    「ミトコンドリア強化幹細胞(MITO Cell)の製造および心筋症モデルを用いた細胞移植療法の検証」
  3. 宗宮加奈 2018年5月12日 日本薬学会北海道支部第145回例会 学生優秀発表賞
    「ND3変異細胞を対象とした治療用mRNA送達によるミトコンドリア遺伝子治療戦略の検証」
  4. 宗宮加奈 2018年3月 日本薬学会第138年会学生優秀発表賞(口頭発表の部)
    「治療用RNA搭載ミトコンドリア標的型リポソームによる遺伝子治療戦略の検証」
  5. 山田小春 2018年3月 日本薬学会第138年会学生優秀発表賞(口頭発表の部)
    「ポリカチオンを用いたsiRNA搭載脂質ナノ粒子によるヒトNK細胞株への毒性の軽減」
  6. 加藤月 2018年3月 日本薬学会第138年会学生優秀発表賞(ポスター発表の部)
    「ヒアルロン酸誘導体の修飾によるがん細胞表面CD44標的化ナノ粒子製剤の開発」
  7. 中村孝司 2018年3月25日 平成30年度日本薬学会奨励賞
    「脂質ナノ粒子を基盤としたがん免疫療法のためのナノDDS開発」

招待講演

  1. Yamada Y, Harashima H. The MITO-Porter integrates a mitochondrial drug delivery system with a variety of other current scientific concepts with the goal of developing new innovative technologies and medicines. The 19th RIES-HOKUDAI International Symposium. Dec. 11, 2018, Sapporo, Japan.
  2. 山田 勇磨、原島秀吉 ミトコンドリア標的型DDSを基盤としたナノ医療の創出を目指して 「シンポジウム2: ミトコンドリア臨床医学の現状と最新の治療」 第18回 日本ミトコンドリア学会年会、2018年12月8日、久留米大学旭町キャンパス築水会館、久留米
  3. Yamada Y, Harashima H. Mitochondrial DDS for Gene & Cell Therapy. Cadiovascular and Metabolic Week 2018. Dec. 7, 2018, Tokyo convention Hall, Tokyo.
  4. Yamada Y, Harashima H. Mitochondrial DDS opens emerging therapies and novel strategy of new drug development for mitochondrial disorders. KSAP annual convention 2018. Oct. 12, 2018, Seoul Natinoal Univ., Korea.
  5. 山田 勇磨、原島秀吉 ミトコンドリア機能を制御するナノカプセルの構築および疾患治療に向けた試み 「ミトコンドリア機能改変による病態モデルと疾患治療」 第91回 日本生化学大会、2018年9月25日、国立京都国際会館、京都
  6. 佐々木大輔、山田 勇磨、阿部二郎、武田充人、原島秀吉 ミトコンドリア活性化幹細胞を用いた心筋幹細胞移植療法の確立 若手シンポジウム 第12回 次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム、2018年9月16日、北海道大学、札幌
  7. 中村孝司 脂質ナノ製剤における品質特性が機能に及ぼす影響 メルク ファーマシンポジウム2018、2018年9月11日、東京国際フォーラムホールD7、東京
  8. 原島秀吉、Multifunctional Envelope-type Nano Device for Gene Delivery: Application for Nanomedicine、大塚創薬化学シンポジウム2018、2018年11月21日、大塚製薬、徳島
  9. 原島秀吉、多機能性エンベロープ型ナノ構造体の創製と核酸ナノ医療への展開、日本薬剤学会経口吸収FG第8回合宿討論会、2018年10月29日、小樽
  10. Hideyoshi Harashima, Multifunctional Envelope-type Nano Device for Gene Delivery: Concept and Application for Nanomedicine, 13th France-Japan Drug Delivery System Symposium, October 22, Ise-Shima, Mie, Japan
  11. 原島秀吉、最新のナノDDS戦略、第16回社内勉強会、2018年9月26日、ナノキャリア株式会社
  12. Hideyoshi Harashima, Multifunctional Envelope-type Nano Device for Gene Delivery: Concept and Clinical Application for Nanomedicine, The 19th International Pharmaceutical Technology Symposium, September 17th, 2018, Antalya, Turkey
  13. Hideyoshi Harashima, Multifunctional Envelope-type Nano Device for Nanomedicine, The 5th International Biomaterials Symposium, August 25th, 2018, Changchun, China
  14. 山田勇磨 ミトコンドリアDDSの使い方 Lecture 3 第9回 フリーラジカルスクール、2018年8月4日、群馬大学草津セミナーハウス、群馬
  15. Hideyoshi Harashima, Controlled Intracellular Trafficking and Selective Tissue Targeting by Multifunctional Envelope-type Nano Device for Nucleic Acid Nanomedicine, Scientific Session: Nucleic Acid Delivery, The 45th CRS Annual Meeting & Exposition, July 23, 2018, New York, USA
  16. 山田勇磨 ミトコンドリアを標的とする遺伝子治療用ナノカプセルの創製 日本核酸医薬学会奨励賞受賞貢献 日本核酸医薬学会第4回年会、2018年7月9日、九州大学医学部百年講堂、福岡
  17. 原島秀吉、リポソームからの薬物放出と殺細胞効果の関係について、第6回事例報告会、製剤種差検討会、2018年7月4日、京都
  18. 山田勇磨、原島秀吉 遺伝子・細胞治療に用いるミトコンドリアDDS シンポジウム5「遺伝子細胞治療に用いるDDS」 第34回日本DDS学会、2018年6月22日、長崎ブリックホール、長崎
  19. 山田勇磨、原島秀吉 ミトコンドリアDDSが拓く新しいミトコンドリア病治療戦略 シンポジウム4 第60回日本小児神経学会学術集会、2018年5月31日、幕張メッセ 国際会議場、千葉
  20. 原島秀吉、多機能性エンベロープ型ナノ構造体の開発とナノ医療への展開:ナノ医療の現状と今後の展開、学術シンポジウム:微粒子製剤設計と医薬品開発~現状と将来展望~、日本薬剤学会第33回年会、2018年5月30日、静岡県コンベンションセンター
  21. 原島秀吉、多機能性エンベロープ型ナノ構造体の開発と核酸ナノ医薬の展望、広島大学大学院医歯薬保健学研究科、核酸分析化学特論、2018年5月17日、広島大学
  22. Yamada Y. Mitochondrial Nano DDS Toward Innovative Medicine and Therapy. HIGO Program Cutting edge Seminar. Aip. 18, 2018, Kumamoto, Japan.
  23. 山田勇磨 膵島ミトコンドリアを標的とした分子送達技術の開発および糖尿病治療への展開 一般シンポジウムS70 日本薬学会 第138年会、2018年3月28日、金沢市アートホール、石川
  24. 中村孝司 脂質ナノ粒子を基盤としたがん免疫療法のためのナノDDS開発 平成30年度奨励賞受賞講演 日本薬学会 第138年会、2018年3月27日、ANAクラウンプラザホテル金沢、石川
  25. 山田勇磨 ミトコンドリア病の遺伝子改変治療  H29 年度 村山班ミトコンドリア病診断・診療マニュアル作成委員拡大合宿 2018年2月10日、IPC 生産性国際交流センター、神奈川県
  26. 原島秀吉、DDSの現状と核酸医薬への展望、徳島大学特別講演会、2018年2月5日、徳島大学
  27. 山田勇磨 ミトコンドリア機能を制御するナノカプセルの開発 第6回ミトコンドリア機能研究会、2018年2月3日、北野病院、大阪

国際発表

  1. Yamada Y, Munechika R, Sakurai Y, Sato Y, Harashima H. Validation of therapeutic strategy for drug-resistant cancers by the delivery of anticancer drugs to mitochondria using a mitochondrial DDS. 2018 International Meeting on 2nd MDO and 33rd JSSX. Oct 1-5, 2018, Kanazawa, Japan.
  2. Yamada Y, Munechika R, Sato Y, Sakurai Y, Harashima H. Validation of a cancer therapeutic strategy by the mitochondrial delivery of anticancer drugs using a MITO-Porter system. 2018 Annual Meeting & Exposition of the Controlled Release Society. July 22-24, 2018, New York NY, USA.
  3. Katayama T, Kinugawa S, Takada S, Furihata T, Fukushima A, Yokota T, Anzai T, Harashima H, Yamada Y. Mitochondrial delivery in skeletal muscle cells, Cell Symposia Multifaceted Mitochondria. June 4-6, 2018, Paradise Point, Sandiego, CA, USA.

国内発表

  1. 佐々木大輔、阿部二郎、武田充人、山田勇磨、原島秀吉 ミトコンドリア強化型幹細胞を用いた虚血再灌流モデルマウスにおける細胞移植治療の検討 第18回 日本ミトコンドリア学会年会、2018年12月7日、久留米大学旭町キャンパス築水会館、久留米
  2. 宗宮加奈、山田勇磨、宮内彰彦、小坂仁、原島秀吉 ミトコンドリア標的型DDSを用いたミトコンドリア病に対する遺伝子治療戦略の検証 第18回 日本ミトコンドリア学会年会、2018年12月7日、久留米大学旭町キャンパス築水会館、久留米
  3. Sion Elisabeth Elfainatur Haloho, Takashi Nakamura, Hideyoshi Harashima. Delivery of TLR3-adjuvant using liposomal formulation allows the minimum dose of adjuvant to induces strong antitumor activity and reduces systemic toxicity after intravenous administration. The 6th International Life Science Symposium(Nov. 19, 2018, Hokkaido University Conference Hall, Sapporo)
  4. Mahmoud Abd Elwakil, Ikramy A. Khalil, Yusuke Sato, and Hideyoshi Harashima. Influenza virus bioinspired lipid nanopaerticles for lung targeting. The 6th International Life Science Symposium (Nov. 19, 2018, Hokkaido University Conference Hall, Sapporo)
  5. Nour Shobaki, Yusuke Sato, and Hideyoshi Harashima. Fabrication of siRNA-loaded lipid nanoparticles for macrophage-based cancer immunotherapy. The 6th International Life Science Symposium (Nov. 19, 2018, Hokkaido University Conference Hall, Sapporo)
  6. 山田勇磨、阿部二郎、佐々木大輔、武田充人、原島秀吉 ミトコンドリア強化幹細胞 (MITO Cell)を⽤いた細胞移植療法の検証 第40回日本バイオマテリアル学会大会、2018年11月13日、神戸国際会議場、神戸.
  7. Satrialdi、山田勇磨、宗近玲那、高野勇太、Biju Vasudevan Pillai、原島秀吉.“The application of MITO-Porter system as a novel mitochondrial targeting photodynamic therapy” 第12回 次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム、2018年9月15-16日、北海道大学、札幌
  8. 中村孝司、黒井萌花、山田小春、藤原優希、藁科翔太、佐藤悠介、原島秀吉 siRNA搭載脂質ナノ粒子を用いた免疫細胞の遺伝子発現制御 第22回 日本がん免疫学会総会、2018年8月1日~3日、岡山コンベンションセンター、岡山
  9. 木村誠悟, イクラミ カリル, 佐藤悠介, 原島秀吉. “脾臓標的遺伝子送達システムの開発と遺伝子発現差解析.” 日本核酸医薬学会第4回年会, 2018年7月9-11日, 九州大学医学部百年講堂, 福岡
  10. 佐藤悠介, 橋場一毅, 佐々木宏輔, 原島秀吉. “カチオン性脂質の分子設計による効率的なin vivo siRNA送達.” 日本核酸医薬学会第4回年会, 2018年7月9-11日, 九州大学医学部百年講堂, 福岡
  11. 山田 勇磨、宗宮加奈、河村恵理子、原島秀吉 Validation of gene therapy for mutated mitochondria by mitochondrial RNA delivery using a liposome-based nano device for mitochondrial delivery 日本核酸医薬学会第4回年会、2018年7月9-11日、福岡
  12. ショバキ ヌレ, 佐藤悠介, 原島秀吉. “Development of siRNA-loaded lipid nanoparticles targeting tumor-associated macrophages for cancer immunotherapy.” 第45回内藤コンファレンス, 2018年6月26-29日, シャトレーゼ ガトーキングダム サッポロ, 札幌
  13. 中村孝司、山田小春、藤原優希、佐藤悠介、原島秀吉 脂質ナノ粒子を用いたヒトNK細胞株NK-92へのsiRNA導入 第34回 日本DDS学会学術集会、2018年6月21日~22日、長崎ブリックホール、長崎
  14. ショバキ ヌレ, 佐藤悠介, 原島秀吉. “Mixing different lipids to optimize the lipid nanoparticle’s ionization property for targeted siRNA delivery.” 第34回日本DDS学会, 2018年6月21-22日, 長崎ブリックホール, 長崎
  15. 石丸拓也、山田勇磨、原島秀吉.“TCAサイクルを活性化するビタミンB1封入ミトコンドリア標的型DDSの構築” 第34回日本DDS学会学術集会 2018年6月21-22日 長崎
  16. 加藤月、櫻井遊、原島秀吉 ヒアルロン酸誘導体を用いた悪性胸膜中皮腫標的化ナノ粒子の開発  第34回日本DDS学会学術集会 2018年6月21-22日 長崎
  17. 山田勇磨、宗近玲那、佐藤悠介、櫻井遊、原島秀吉 ミトコンドリアを標的としたin vivo適応型ナノキャリアを用いた薬剤耐性癌治療の検証 日本薬剤学会第33年会、2018年5月21日、静岡県コンベンションアーツセンター・グランシップ、静岡
  18. 中村孝司、河合美典、佐藤悠介、真栄城正寿、渡慶次学、原島秀吉 微小化脂質ナノ粒子によるアジュバントのリンパ節送達 日本薬剤学会 第33年会、2018年5月30日~6月1日、静岡県コンベンションアーツセンター・グランシップ、静岡
  19. 山田勇磨、佐々木大輔、阿部二郎、武田充人、原島秀吉 ミトコンドリア強化幹細胞 (MITO Cell)の製造および心筋症モデルを用いた細胞移植療法の検証  第71回日本酸化ストレス学会 第18回日本NO学会 合同学術集会 2018年5月10日、京都ホテルオークラ、京都
  20. 石丸拓也、山田勇磨、原島秀吉 エネルギー産生能を亢進するビタミンB1封入ミトコンドリア標的型ナノキャリアの構築 日本薬学会北海道支部第145回例会、2018年5月12日、札幌コンベンションセンター、札幌
  21. 岡部奈々, 佐藤悠介, 真栄城正寿, 渡慶次学, 原島秀吉. “siRNAデリバリーが可能な直径20 nmの極小脂質ナノ粒子の開発.” 日本薬学会北海道支部第145回例会, 2018年5月12-13日, 札幌コンベンションセンター, 札幌
  22. 木村誠吾、Ikramy Ibraheem、原島秀吉 “細胞膜透過性ペプチドとpH応答性カチオン性脂質の相乗効果を基盤とする効率的遺伝子送達.” 日本薬学会北海道支部第145回例会, 2018年5月12-13日, 札幌コンベンションセンター, 札幌
  23. 山田小春, 中村孝司, 藤原優希, 佐藤悠介, 原島秀吉. “ポリカチオンを用いたsiRNA搭載脂質ナノ粒子によるヒトNK細胞株への毒性の軽減.” 日本薬学会北海道支部第145回例会, 2018年5月12-13日, 札幌コンベンションセンター, 札幌
  24. 遠藤力斗, 中村孝司, 佐藤悠介, 原島秀吉. “siRNA搭載脂質ナノ粒子を用いた樹状細胞のIDO発現抑制.” 日本薬学会北海道支部第145回例会, 2018年5月12-13日, 札幌コンベンションセンター, 札幌
  25. 増田秀幸、中村孝司、原島秀吉 BCG菌体成分搭載脂質ナノ粒子を基盤としたがん免疫療法 日本薬学会北海道支部第145回例会、2018年5月12日、札幌コンベンションセンター、札幌
  26. 宗宮加奈、山田勇磨、河村恵理子、宮内彰彦、小坂仁、原島秀吉 ND3変異細胞を対象とした治療用mRNA送達によるミトコンドリア遺伝子治療戦略の検証 日本薬学会北海道支部第145回例会、2018年5月12日、札幌コンベンションセンター、札幌
  27. 加藤月、櫻井遊、原島秀吉 ヒアルロン酸誘導体の修飾によるがん細胞j表面CD44標的化ナノ粒子製剤の開発 日本薬学会北海道支部第145回例会、2018年5月12日、札幌コンベンションセンター、札幌
  28. 佐藤悠介, 橋場一毅, 原島秀吉. “優れたsiRNA送達効率と安全性を両立する脂質ナノ粒子の開発.” 日本薬学会第137年会, 2018年3月25-28日, TKP金沢カンファレンスセンター, 金沢
  29. 岡部奈々, 佐藤悠介, 原島秀吉. “がん組織における浸潤性向上を目指した極小脂質ナノ粒子の開発.” 日本薬学会第137年会, 2018年3月25-28日, TKP金沢カンファレンスセンター, 金沢
  30. 山田小春, 中村孝司, 藤原優希, 佐藤悠介, 原島秀吉. “ヒトナチュラルキラー細胞株への毒性回避を目指したsiRNA搭載脂質ナノ粒子の開発.” 日本薬学会第137年会, 2018年3月25-28日, TKP金沢カンファレンスセンター, 金沢
  31. 宗宮加奈、山田勇磨、河村恵理子、宮内彰彦、小坂仁、原島秀吉 治療用RNA搭載ミトコンドリア標的型リポソームによる遺伝子治療戦略の検証 日本薬学会 第138年会、2018年3月27日、 TKP 金沢カンファレンスセンター、石川
  32. 阿部二郎、武田充人、山田勇磨、原島秀吉 ミトコンドリア関連疾患治療を目指したDrug Delivery System (DDS)  H29 年度 村山班ミトコンドリア病診断・診療マニュアル作成委員拡大合宿 2018年2月10日、IPC 生産性国際交流センター、神奈川県
  33. 阿部二郎、武田充人、山田勇磨、原島秀吉 ミトコンドリアDrug Delivery System (DDS)を用いた心筋幹細胞移植はドキソルビシン心筋症予後を改善する 第27回 インテリジェント材料・システムシンポジウム、2018年1月10日、東京女子医科大学 先端生命医科学研究所 TWIns、東京.
  34. 佐藤悠介, 橋場一毅, 原島秀吉. “効率的なin vivo核酸送達を実現する高機能脂質ナノ粒子.” 第27回インテリジェント材料・システムシンポジウム, 2018年1月10日, 東京女子医科大学 先端生命医科学研究所 TWIns、東京

2017年

原著論文

  1. Maeki M, Fujishima Y, Sato Y, Yasui T, Kaji N, Ishida A, Tani H, Baba Y, Harashima H, Tokeshi M. Understanding the formation mechanism of lipid nanoparticles in microfluidic devices with chaotic micromixers. PLoS One, 12(11), e0187962, 2017 [PubMed ID: 29182626]
  2. Sakurai Y, Mizumura W, Murata M, Hada T, Yamamoto S, Ito K, Iwasaki K, Katoh T, Goto Y, Takagi A, Kohara M, Suga H, Harashima H. Efficient siRNA Delivery by Lipid Nanoparticles Modified with a Nonstandard Macrocyclic Peptide for EpCAM-Targeting. Mol Pharm 14: 3290-3298 (2017) [PubMed ID: 28789523]
  3. Nishihara M, Kanda GN, Suzuki T, Yamakado S, Harashima H, Kamiya H. Enhanced transgene expression by plasmid-specific recruitment of histone acetyltransferase. J Biosci Bioeng. 123: 277-280 (2017).[PubMed ID: 28789523]
  4. Tanaka H, Oasa S, Kinjo M, Tange K, Nakai Y, Harashima H, Akita H. Temperature and pH sensitivity of a stabilized self-nanoemulsion formed using an ionizable lipid-like material via an oil-to-surfactant transition. Colloids Surf B Biointerfaces. 151:95-101 (2017). [PubMed ID: 27987460]
  5. Paraiso WKD, Tanaka H, Sato Y, Shirane D, Suzuki N, Ogra Y, Tange K, Nakai Y Yoshioka H, Harashima H,Akita H. Preparation of envelope-type lipid nanoparticles containing gold nanorods for photothermal cancer therapy. Colloids Surf B Biointerfaces, 160: 715-723, 2017 [PubMed ID: 29035819]
  6. Sato Y, Matsui M, Yamamoto N, Sato R, Munakata T, Kohara M, Harashima H Highly specific delivery of siRNA to hepatocytes circumvents endothelial cell-mediated lipid nanoparticle-associated toxicity leading to the safe and efficacious decrease in the hepatitis B virus. J Control Release 266: 216-225, 2017 [PubMed ID: 28986168]
  7. Yamada Y, Burger L, Kawamura E, Harashima H. Packaging of the Coenzyme Q10 into a liposome for mitochondrial delivery and the intracellular observation in patient derived mitochondrial disease cells. Biol Pharm Bull 40: 2183-2190 (2017). [PubMed ID: 29199241].
  8. Takano Y, Munechika R, Biju VP, Harashima H, Imahori H, Yamada Y. Optical Control of Mitochondrial Reductive Reactions in Living Cells using an Electron Donor-Acceptor Linked Molecule. Nanoscale 9: 18690-18698 (2017). [PubMed ID: 29165486].
  9. Hashiba K, Sato Y, Harashima H. pH-labile PEGylation of siRNA-loaded lipid nanoparticle improves active targeting and gene silencing activity in hepatocytes. J Control Release 262: 239-246 (2017). PubMed ID: 28774839]
  10. Toriyabe N, Sakurai Y, Kato A, Yamamoto S, Tange K, Nakai Y, Akita H, Harashima H. The Delivery of Small Interfering RNA to Hepatic Stellate Cells Using a Lipid Nanoparticle Composed of a Vitamin A-Scaffold Lipid-Like Material. J Pharm Sci 106(8): 2046-2052 (2017). [PubMed ID: 28456722]
  11. Miura N, Tange K, Nakai Y, Yoshioka H, Harashima H, Akita H. Identification and Evaluation of the Minimum Unit of a KALA Peptide Required for Gene Delivery and Immune Activation. J Pharm Sci 106: 3113-3119 (2017). [PubMed ID: 28535977]
  12. Santiwarangkool S, Akita H, Nakatani T, Kusumoto K, Kimura H, Suzuki M, Nishimura M, Sato Y, Harashima H. PEGylation of the GALA Peptide Enhances the Lung-Targeting Activity of Nanocarriers That Contain Encapsulated siRNA. J Pharm Sci 106: 2420-2427 (2017). [PubMed ID: 28483420]
  13. Yamada Y, Munechika R, Kawamura E, Sakurai Y, Sato Y, Harashima H. Mitochondrial delivery of Doxorubicin using MITO-Porter kills drug-resistant renal cancer cells via mitochondrial toxicity. J Pharm Sci106: 2428-2437 (2017). [PubMed ID: 28478130]
  14. Lee SH, Sato Y, Hyodo M, Harashima H. Size-Dependency of the Surface Ligand Density of Liposomes Prepared by Post-insertion. Biol Pharm Bull 40: 1002-1009 (2017). [PubMed ID: 28674243]
  15. Yamamoto S, Kato A, Sakurai Y, Hada T, Harashima H. Modality of tumor endothelial VEGFR2 silencing-mediated improvement in intratumoral distribution of lipid nanoparticles. J Control Release 251: 1-10 (2017). [PubMed ID: 28192155]
  16. Yamada Y, Ishikawa T, Harashima H. Validation of the use of an artificial mitochondrial reporter DNA vector containing a Cytomegalovirus promoter for mitochondrial transgene expression. Biomaterials 136: 56-66 (2017). [PubMed ID: 28521201]
  17. Miura N, Akita H, Tateshita N, Nakamura T, Harashima H. Modifying antigen-encapsulating liposomes with KALA facilitates MHC class-I antigen presentation and enhances anti-tumor effects. Mol Ther 25: 1003-1013 (2017). [PubMed ID: 28236573]
  18. Sakurai Y, Hada T, Harashima H. Scalable preparation of poly(ethylene glycol)-grafted siRNA-loaded lipid nanoparticles using a commercially available fluidic device and tangential flow filtration. J Biomater Sci Polm Ed 28: 1086-1096 (2017). [PubMed ID: 28157422]
  19. Nakamura T, Noma Y, Sakurai Y, Harashima H. Modifying cationic liposomes with cholesteryl-PEG prevents their aggregation in human urine and enhances cellular uptake by bladder cancer cells. Biol Pharm Bull 40: 234-237 (2017). [PubMed ID: 28154264]

総説論文

  1. Nakamura T, Harashima H. Integration of nano DDS with cancer immunotherapy. Ther Deliv 8: 987-1000 (2017). [PubMed ID: 29061103]
  2. 山田勇磨「ミトコンドリアDDS:ミトコンドリアDNAをターゲットにした近未来の治療法」、Heart View 21巻9号 p97-103 メジカルビュー社 (2017)
  3. 山田勇磨「ミトコンドリアを標的とする核酸医薬研究」、医学のあゆみ 262巻2号 p142-146 医歯薬出版株式会社 (2017)
  4. 佐藤悠介. pH応答性カチオン性脂質-効率的な核酸送達と肝疾患治療への応用. 医学のあゆみ. 262(2): 127-130 (2017).
  5. 中村孝司 「核酸搭載ナノDDSによるがん免疫療法」 医学のあゆみ vol. 262 No. 2: pp147-151 (2017)
  6. 中村孝司 最近のトピックス「がん免疫療法とナノDDSの融合」 薬剤学 vol. 77 No.3: pp139-143 (2017)
  7. Sato Y, Sakurai Y, Kajimoto K, Nakamura T, Yamada Y, Akita H, Harashima H. Innovative technologies in Nanomedicines: from passive targeting to active targeting/from controlled pharmacokinetics to controlled intracellular pharmacokinetics. Macromolecular Bioscience 17: (2017). [PubMed ID: 27797146]
  8. Yamada Y, Harashima H. MITO-Porter, Multifunctional Envelope-Type Nano Device for Mitochondrial Delivery toward Innovative Nano Medicine. J. Soc. Powder Technol., Japan 54: 158-166 (2017). [PubMed ID: 26725668]
  9. 山田勇磨「ミトコンドリアDDS研究のあゆみ: ミトコンドリア標的型ナノカプセル“MITO-Porter”が拓く未来医療」、医学のあゆみ 260巻1号 p42-48 医歯薬出版株式会社 (2017)

著書

  1. 中村孝司、佐藤悠介、原島秀吉 「4章 核酸医薬品・遺伝子治療への応用を目的としたDDS開発 4節 リポソームによる核酸送達システムの開発とその課題解決」 DDS先端技術の製剤への応用開発 p184-189 (2017)(株)技術情報協会
  2. 中村孝司、原島秀吉 第3章第4節第1項 「DDSによるアジュバントの創製とワクチンへの応用」 次世代アジュバント開発のためのメカニズム解明と安全性評価(石井健 監修)(2017)シーエムシー出版
  3. Yamada Y, Harashima H. MITO-Porter for Mitochondrial Delivery and Mitochondrial Functional Analysis. “Pharmacology of Mitochondria” Handb Exp Pharmacol 240: 457-472 (2017). [PubMed ID: 27830347]

その他

  1. 佐藤悠介. 「JCRだより JCR掲載論文紹介」 Drug Delivery System 32(4): 228 (2017).

受賞

  1. Nour Shobaki 2017年10月28日 The 5th International Life Science Symposium for young scientists. Excellent Presentation Award.
    「Targeted delivery of siRNAs by manipulating acid dissociation constant of lipid nanoparticles」
  2. 加藤月 2017年7月14日 日本核酸医薬学会第3回年会 川原賞
    河合美典 2017年7月7日 第33会日本DDS学会学術集会 優秀発表賞
    「リンパ節内樹状細胞を標的とした極小ナノキャリアシステムの開発」
  3. 河合美典 2017年5月20日 日本薬学会北海道支部第144回例会 学生優秀発表賞
    「DNA搭載ナノ粒子の抗腫瘍アジュバントとしての応用」
  4. 大工原伸之輔 2017年5月20日 日本薬学会北海道支部第144回例会 学生優秀発表賞 「オートファジー誘導能を有する超分子構造ポリマー搭載MITO-Porterの構築および機能評価」
  5. 山田勇磨 2017年2月23日 北海道科学技術奨励賞 (知事表彰)
    「ミトコンドリア標的型ナノカプセルの開発と医療・ライフサイエンス 分野への展開」

招待講演

  1. 佐藤悠介. “機能性脂質を基盤としたin vivo核酸送達システムの開発. ”日本薬学会北海道支部主催 第1回若手シンポジウム, 2017年12月20日, 北海道大学薬学部, 札幌
  2. 原島秀吉、リポソーム研究の現状と産学官の連携で目指すDDS、講演会、2017年12月18日、小野薬品工業株式会社、水無瀬研究所
  3. 中村孝司 ナノDDSを利用したがん免疫制御システムの開発、講演会、2017年12月18日、小野薬品工業株式会社、水無瀬研究所
  4. 越川 信子、渡部 隆義、篠崎 喜脩、高取 敦志、安井 七海、リン ジェイソン、山田 勇磨、原島 秀吉、永瀬 浩喜 PIポリアミドによる病因性ミトコンドリアDNA変異関連疾患の治療 ワークショップ 「DNA配列認識副溝結合物質(MGB)を応用した生体内のゲノム・エピゲノム構造介入」 2017年度 生命科学系学会合同年次大会、2017年12月、神戸ポートアイランド、兵庫県
  5. Yamada Y, Harashima H. Validation of mitochondrial gene therapy using a MITO-Porter. 8th SFRR-Asia & 14th ASMRM. Sep. 9, 2017, Xi’an, China.
  6. 山田勇磨、原島秀吉 ミトコンドリア標的型ナノカプセルMITO-Porterを基盤とした遺伝子治療への挑戦 シンポジウム1 「ミトコンドリア病の基礎 - 基礎研究から疾患の理解へ〜」 第59回日本先天代謝異常学会、2017年10月12日、ウエスタ川越、埼玉県
  7. 山田 勇磨 ミトコンドリアDDSの開発と医療分野への展開 若手シンポジウム 第11回 次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム、2017年10月22日、京都薬科大学、京都
  8. Yamada Y, Harashima H. Nano-drug delivery system for mitochondrial gene therapy. The 18th International Union of Materials Research Societies, International Conference in Asia (IUMRS-ICA) 2017. Nov. 8, 2017, Taipei, Taiwan.
  9. 山田勇磨 ミトコンドリアを診る・操る・治すDrug Delivery System 第2回先端ケミカルバイオロジー研究会 2017年6月6日、北海道大学薬学部、札幌
  10. Abe J, Yamada Y, Takeda A, Harashima H. Validation of cardiac progenitor cell therapy using mitochondrial drug delivery system for doxorubicin-induced cardiomyopathy. APSTJ global education seminar 2017-1st. June. 23, 2017, Hokkaido University, Sapporo.
  11. 山田 勇磨、原島秀吉 ミトコンドリアDDSを基盤とした遺伝子・細胞治療への展開 シンポジウム1 第33回日本DDS学会、2017年7月6日、京都市勧業館 みやこめっせ、京都
  12. 山田 勇磨、原島秀吉 ミトコンドリア標的型ナノカプセルMITO-Porterを基盤とした遺伝子治療への挑戦 シンポジウム1 「ミトコンドリア病の基礎 - 基礎研究から疾患の理解へ~」 第59回日本先天代謝異常学会、2017年10月12日、ウエスタ川越、埼玉県
  13. 原島秀吉、EPR効果はヒトでも有効か?:DoxilとDoxorubicinのメタ解析から製剤種差検討会、第3回事例報告会、2017年6月30日、東京大学薬学部
  14. 原島秀吉、多機能性エンベロープ型ナノ構造体の創製とナノ医療への展開、日本薬剤学会第32年会、ラウンドテーブル2、核酸・遺伝子医薬の臨床応用に立ちはだかる障壁について考える、2017年5月12日、日、大宮ソニックシティ
  15. 原島秀吉、多機能性エンベロープ型ナノ構造体の創製とナノ医療への応用、アンジェスMG株式会社講演会、2017年4月5日、大阪
  16. Hideyoshi Harashima、Multifunctional Envelope-type Nano Device for Nanomedicine AsiaTIDES: Oligonucleotide & Peptide Therapeutics、February 21, 2017、The Westin Miyako Kyoto, Japan
  17. 山田勇磨 ミトコンドリア標的型ナノカプセル MITO-Porter  H28 年度 村山班ミトコンドリア病診断・診療マニュアル作成委員拡大合宿 2017年2月11日、IPC 生産性国際交流センター、神奈川県

国際発表

  1. Shobaki N, Sato Y, Harashima H. “Targeted delivery of siRNAs by manipulating acid dissociation constant of lipid nanoparticles.” The 5th International Life Science Symposium for Young Scientists, Oct 7, 2017, Hokkaido University Conference Hall, Sapporo, Japan
  2. Abe J, Yamada Y, Takeda A, Harashima H. Cardiac progenitor cells with resveratrol delivered into mitochondria can ameliorate survival of doxorubicin-induced cardiomyopathy mouse via mitochondrial activation of damaged myocardium, ESC2017. Aug. 26 – 30, 2017, Barcelona, Spain.
  3. Daikuhara S, Yamada Y, Tamura A, Nishida K, Yui N, Harashima H. Validation of autophagy induction via the mitochondrial delivery of Polyrotaxane by a MITO-Porter, The 2nd International Symposium on Biomedical Engineering. Nov. 9 – 10, 2017, Ookayama Campus, Tokyo Institute of Technology, Tokyo.
  4. Takahashi N, Nakamura T, Sato Y, Hyodo M, Hayakawa Y, Harashima H. Cancer immunotherapy by STING ligand loaded lipid nanoparticles. The 36th Sapporo International Cancer Symposium (Royton Sapporo, Sapporo, Hokkaido, Japan, June 22-24, 2017).
  5. Kawai M, Miura N, Maeta M, Tange K, Nakai Y, Yoshioka H, Nakamura T, Harashima H, Akita H. DNA-loaded nanoparticles based on the intracellular environmentally-responsive lipid-like material as the antitumor adjuvant. The 36th Sapporo International Cancer Symposium (Royton Sapporo, Sapporo, Hokkaido, Japan, June 22-24, 2017).
  6. Shobaki N, Sato Y, Hashiba K, Harashima H. “Development of siRNA-loaded lipid nanoparticles targeting tumor-associated macrophages for cancer immunetherapy.” The 36th Sapporo International Cancer Symposium, Jun 22-24, 2017, Royton Sapporo, Sapporo, Japan
  7. Yamada Y, Kawamura E, Harashima H. VALIDATION OF MITOCHONDRIAL GENE THERAPY BY MITOCHONDRIAL DELIVERY OF THERAPEUTIC NUCLEIC ACIDS. DRUG DELIVERY, EUROMIT2017. June. 11 – 15, 2017, Gürzenich Köln, Cologne, Germany.
  8. Abe J, Yamada Y, Takeda A, Harashima H. An innovative cell therapy using mitochondrial drug delivery system for mitochondrial cardiomyopathy, EUROMIT2017. June. 11 – 15, 2017, Gürzenich Köln, Cologne, Germany.
  9. Miura N, Akita H, Nakamura T, Harashima H. Development of liposome-based DNA vaccine: an effective gene delivery system for antigen presentation and innate immune activation against dendritic cells. 6th FIP Pharmaceutical Sciences World Congress 2017 (Stockholm International Fairs, Stockholm, Sweden, 21-24 May 2017).

国内発表

  1. 阿部二郎、武田充人、山田勇磨、原島秀吉 ミトコンドリアドラッグデリバリーを用いた幹細胞移植はドキソルビシン心筋症予後を改善する 第39回心筋生検研究会、2017年11月25日、電気ビル本館、福岡
  2. 橋場一毅、佐藤悠介、原島秀吉 新規pH応答性脂質の開発による効率的なin vivo siRNAデリバリー 第39回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム、2017年10月26-27日、金沢商工会議所会館、金沢
  3. 水村航、櫻井遊、村田真那美、羽田智哉、山本将志郎、伊藤健一郎、岩崎一浩、加藤敬行、後藤佑樹、高木朝子、小原道法、菅裕明、原島秀吉.EpCAM 標的ペプチドを用いた能動的薬物送達システムの構築 第39回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム、2017年10月26-27日、金沢商工会議所、金沢
  4. 加藤月、櫻井遊、羽田智哉、山本将志郎、原島秀吉. 血管を標的とした腫瘍微小環境改変によるナノ粒子の腫瘍内動態制御 第39回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム、2017年10月26-27日、金沢商工会議所、金沢
  5. 秋田英万、前田澪、河合美典、三浦尚也、丹下耕太、中井悠太、吉岡宏樹、中村孝司、原島秀吉 細胞内環境応答性脂質様材料ssPalmを基盤としたDNAワクチン・アジュバントの開発 第39回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム、2017年10月26-27日、金沢商工会議所会館、金沢
  6. 高野勇太、宗近玲那、福田豊、Biju Vasudevan Pillai、今堀博、原島秀吉、山田 勇磨 光誘起電荷分離分子からの電子移動反応を利用した癌細胞ミトコンドリア内での光還元反応手法の開発 2017年光化学検討会、2017年9月6日、東北大学、宮城県
  7. 高野勇太、宗近玲那、福田豊、Biju Vasudevan Pillai、原島秀吉、山田 勇磨、今堀博 フラーレン-ポルフィリン-フェロセン三元連結分子によるミトコンドリア内選択的な光誘起電子移動反 応とガン細胞死誘導 第53回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム、2017年9月13日
  8. 山田勇磨、福田豊、原島秀吉 ミトコンドリアマトリクス環境応答性を有する核酸ナノ粒子の設計 日本核酸医薬学会第3回年会、2017年7月12-14日、札幌コンベンションセンター、札幌
  9. イクラミカリル、木村誠吾、佐藤悠介、原島秀吉. “遺伝子送達における細胞透過性ペプチドの多機能性.” 第3回日本核酸医薬学会, 2017年7月12-14日, 札幌コンベンションセンター, 札幌
  10. 加藤月,櫻井遊,羽田智哉,山本将志郎,原島秀吉. “腫瘍血管へのsiRNA送達による腫瘍微小環境の改変を介したナノ粒子の腫瘍内動態制御”, 第3回日本核酸医薬学会, 2017年7月12-14日, 札幌コンベンションセンター, 札幌
  11. ショバキ ヌレ, 佐藤悠介, 原島秀吉. “脂質ナノ粒子の膜酸乖離定数の操作による細胞選択的なsiRNA送達.” 第3回日本核酸医薬学会, 2017年7月12-14日, 札幌コンベンションセンター, 札幌
  12. 阿部 二郎、山田 勇磨、武田 充人、原島秀吉 ドキソルビシン心筋症に対するミトコンドリアドラッグデリバリーシステムを用いた心筋前駆細胞移植の検討 第53回日本小児循環器学会総会・学術集会、2017年7月9日、アクトシティ浜松、静岡
  13. 大工原伸之輔、山田 勇磨、田村篤志、西田慶、由井伸彦、原島秀吉 オートファジー誘導能を有する超分子構造ポリマー搭載ミトコンドリアDDSの構築 第33回日本DDS学会、2017年7月6日、京都市勧業館 みやこめっせ、京都
  14. 中村孝司、Heba Abdelmegeed、原島秀吉 α-GalCer搭載リポソームとIL-12併用によるNKT細胞の活性化 第33会日本DDS学会学術集会、2017年7月6日~7日、京都市勧業館みやこめっせ、京都
  15. 河合美典、中村孝司、佐藤悠介、真栄城正寿、渡慶次学、原島秀吉 リンパ節内樹状細胞を標的とした極小ナノキャリアシステムの開発 第33会日本DDS学会学術集会、2017年7月6日~7日、京都市勧業館みやこめっせ、京都
  16. 高橋直道、中村孝司、佐藤悠介、兵藤守、早川芳宏、原島秀吉 脂質ナノ粒子によるSTING経路活性化を介したがん免疫療法 第33会日本DDS学会学術集会、2017年7月6日~7日、京都市勧業館みやこめっせ、京都
  17. 中村孝司、高橋直道、宮部寛子、佐藤悠介、兵藤守、早川芳宏、原島秀吉 STINGリガンド搭載ナノDDSを基盤としたがん免疫療法 第21回日本がん免疫学会総会、2017年6月28日~30日、幕張メッセ国際会議場、千葉
  18. 山田 勇磨、高野勇太、宗近玲那、福田豊、今堀博、原島秀吉 癌細胞ミトコンドリアを標的とした光殺細胞効果の検証 第70回日本酸化ストレス学会学術集会、2017年6月29日、つくば国際会議場、茨城県
  19. 山田勇磨、石川卓哉、原島秀吉 ミトコンドリア外来遺伝子発現を可能とするDDSの開発 日本薬剤学会第32年会、2017年5月12日、大宮ソニックシティ、埼玉
  20. 中村孝司、黒井萌花、藤原優希、藁科翔太、佐藤悠介、原島秀吉 siRNA搭載脂質ナノ粒子によるヒト免疫細胞株の遺伝子発現制御 日本薬剤学会第32年会、2017年5月12日、大宮ソニックシティ、大宮
  21. 藤下直樹、山田勇磨、原島秀吉 心筋細胞ミトコンドリアへの送達システムの開発 日本薬学会北海道支部第144回例会、2017年5月20日、札幌コンベンションセンター、札幌
  22. 大工原伸之輔、山田勇磨、原島秀吉 オートファジー誘導能を有する超分子構造ポリマー搭載 MITO-Porter の構築および機能評価 日本薬学会北海道支部第144回例会、2017年5月20日、札幌コンベンションセンター、札幌
  23. 河合美典、三浦尚也、前田澪、中村孝司、原島秀吉、秋田英万 DNA搭載ナノ粒子の抗腫瘍アジュバントとしての応用 日本薬学会北海道支部第144回例会、2017年5月20日、札幌コンベンションセンター、札幌
  24. 高橋直道、中村孝司、佐藤悠介、兵藤守、早川芳宏、原島秀吉 STINGリガンド搭載脂質ナノ粒子を用いたがん免疫療法 日本薬学会北海道支部第144回例会、2017年5月20日、札幌コンベンションセンター、札幌
  25. 加藤月、櫻井遊、羽田智哉、山本将志郎、原島秀吉 腫瘍血管内皮VEGFR2抑制下におけるナノ粒子の腫瘍内動態の解析 日本薬学会北海道支部第144回例会、2017年5月20日、札幌コンベンションセンター、札幌
  26. Takano Y, Munechika R, Harashima H, Imahori H, Yamada Y. Selective Delivery and Photoinduced Electron Transfer of Donor-Acceptor Linked Molecules toward Controlling Redox Reactions in Mitochondria 第六回ナノカーボンバイオシンポジウム、2017年2月28日、東京⼤学伊藤国際学術研究センター、東京
  27. 佐藤悠介、松井秀樹、佐藤里咲、原島秀吉 メカニズムに基づいた安全性の高いsiRNA搭載脂質ナノ粒子の開発とB型肝炎治療への応用 日本薬学会第137年会、2017年3月24-27日、仙台国際センター、宮城
  28. 佐藤里咲、佐藤悠介、松井秀樹、原島秀吉 肝臓標的型siRNA送達システムの安全性向上に関する検討 日本薬学会第137年会、2017年3月24-27日、仙台国際センター、宮城
  29. 森綾子、武隈洋、小林正紀、山田勇磨、佐藤夕紀、鳴海克哉、古堅彩子、菅原満 実務実習前後における薬学生のRIASによるコミュニケーション分析 総合技術研究会2017、2017年3月9日、東京大学、東京
  30. 藤下直樹、山田勇磨、原島秀吉 心筋細胞ミトコンドリアを標的とするナノキャリアの構築 日本薬学会 第137年会 2017年3月27日、仙台国際センター、仙台

2016年

原著論文

  1. Kamiya H, Nishigaki N, Ikeda A, Yukawa S, Morita Y, Nakatsu Y, Tsuzuki T, Harashima H. Insertion and Deletion Mismatches Distant from the Target Position Improve Gene Correction with a Tailed Duplex. Nucleosides Nucleotides Nucleic Acids. 35:379-88 (2016). [PubMed ID: 27253876]
  2. Abbasi S, Kajimoto K, Harashima H. Elimination of the biphasic pharmacodynamics of 15d-PGJ2 by controlling its release from a nanoemulsion. Int J Nanomedicine. 11:2685-94 (2016). [PubMed ID: 27354796]
  3. Shrivastava G, Hyodo M, Yoshimura SH, Akita H, Harashima H. Identification of a Nucleoporin358-Specific RNA Aptamer for Use as a Nucleus-Targeting Liposomal Delivery System. Nucleic Acid Ther. 26(5):286-298 (2016). [PubMed ID: 27548508]
  4. Nakamura T, Kuroi M, Fujiwara Y, Warashina S, Sato Y, Harashima H. Small-sized, stable lipid nanoparticle for the efficient delivery of siRNA to human immune cell lines. Sci Rep 6: 37849 (2016). [PubMed ID: 27892533]
  5. Lee SH, Sato Y, Hyodo M, Harashima H. Topology of surface ligands on liposomes: characterization based on the terms, incorporation ratio, surface anchor density, and reaction yield. Biol Pharm Bull 39: 1983-1994 (2016). [PubMed ID: 27904040]
  6. Sakurai Y, Hada T, Yamamoto S, Kato A, Mizumura W, Harashima H. Remodeling of the extracellular matrix by endothelial cell-targeting siRNA improves the EPR-based delivery of 100 nm particles. Mol Ther 24: 2090-2099 (2016). [PubMed ID: 27633444]
  7. Kajimoto K, Suemitsu E, Sato Y, Sakruai Y, Harashima H. Liver-specific silencing of lipin1 reduces fat mass as well as hepatic triglyceride biosynthesis in mice. Biol Pharm Bull 39: 1653-1661 (2016). [PubMed ID: 27725442]
  8. Tanoi T, Tamura T, Sano N, Nakayama K, Fukunaga K, Zheng YW, Akhter A, Sakurai Y, Hayashi Y, Harashima H, Ohkohchi N. Protecting liver sinusoidal endothelial cells suppresses apoptosis in acute liver damage, Hepatol Res 21: 118-122 (2016). [PubMed ID: 26668502]
  9. Kibria G, Hatakeyama H, Sato Y, Harashima H., Anti-tumor effect via passive anti-angiogenesis of PEGylated liposomes encapsulating doxorubicin drug resistant tumors. Int J Pharm 509: 178-187 (2016). [PubMed ID: 27234700]
  10. Watanabe A, Tanaka H, Sakurai Y, Tange K, Nakai Y, Ohkawara T, Takeda H, Harashima H, Akita H. Effect of particle size on their accumulation in an inflammatory lesion in a dextran sulfate sodium (DSS)-induced colitis model. In J Pharm 509(1-2): 118-122 (2016). [pubmed ID: 27231121]
  11. Sato Y, Note Y, Maeki M, Kaji N, Baba Y, Tokeshi M, Harashima H. Elucidation of the physicochemical properties and potency of siRNA-loaded small-sized lipid nanoparticles for siRNA delivery. J Control Release 229: 48-57 (2016). [PubMed ID: 26995758]
  12. Yamada Y, Furukawa R, Harashima H. A Dual-Ligand Liposomal System Composed of a Cell-Penetrating Peptide and a Mitochondrial RNA Aptamer Synergistically Facilitates Cellular Uptake and Mitochondrial Targeting. J Pharm Sci 105: 1705-1713 (2016). [PubMed ID: 27056631]
  13. Warashina S, Nakamura T, Sato Y, Fujiwara Y, Hyodo M, Hatakeyama H, Harashima H. A lipid nanoparticle for the efficient delivery of siRNA to dendritic cells. J Control Release 225: 183-191 (2016). [PubMed ID: 26820519]
  14. Zhang T, Kim DH, Xiao X, Lee S, Gong Z, Muzumdar R, Calabuig-Navarro V, Yamauchi J, Harashima H, Wang R, Bottino R, Alvarez-Perez JC, Garcia-Ocana A, Gittes G, Dong HH. FoxO1 Plays an Important Role in Regulating beta-Cell Compensation for Insulin Resistance in Male Mice. Endocrinology 157: 1055-1070 (2016). [PubMed ID: 26727107]
  15. Yamada A, Mitsueda A, Ueda M, Hama S, Warashina S, Nakamura T, Harashima H, Kogure K. Tri-membrane nanoparticles produced by combining liposome fusion and a novel patchwork of bicelles to overcome endosomal and nuclear membrane barriers to cargo delivery. Biomater Sci 4: 439-447 (2016). [PubMed ID: 26667208]
  16. Yamamoto N, Sato Y, Munakata T, Kakuni M, Tateno C, Sanada T, Hirata Y, Murakami S, Tanaka Y, Chayama K, Hatakeyama H, Hyodo M, Harashima H, Kohara M. Novel pH-sensitive multifunctional envelope-type nanodevice for siRNA-based treatments for chronic HBV infection. J Hepatol 64: 547-555 (2016). [PubMed ID: 26505121]
  17. Akita H, Fujiwara T, Santiwarangkool S, Hossen N, Kajimoto K, El-Sayed A, Tabata Y, Harashima H. Transcytosis-Targeting Peptide: A Conductor of Liposomal Nanoparticles through the Endothelial Cell Barrier. Small 12: 1212-1221 (2016). [PubMed ID: 26426116]
  18. Abdelmegeed H, Nakamura T, Harashima H. In Vivo Inverse Correlation in the Activation of Natural Killer T Cells Through Dual-Signal Stimulation via a Combination of alpha-Galactosylceramide-Loaded Liposomes and Interleukin-12. J Pharm Sci 105: 250-256 (2016). [PubMed ID: 26852856]
  19. Abe J, Yamada Y, Harashima H. Validation of a Strategy for Cancer Therapy: Delivering Aminoglycoside Drugs to Mitochondria in HeLa Cells. J Pharm Sci 105: 734-740 (2016). [PubMed ID: 26523487]
  20. Kamiya H, Ito M, Nishi K, Harashima H. In vivo selection of active deoxyribonucleoside kinase by a mutagenic nucleoside analog. J Biotechnol 228: 52-57 (2016). [PubMed ID: 27131895]
  21. Sato Y, Hatakeyama H, Hyodo M, Harashima H. Relationship Between the Physicochemical Properties of Lipid Nanoparticles and the Quality of siRNA Delivery to Liver Cells. Mol Ther 24: 788-795 (2016). [PubMed ID: 26678452]

総説論文

  1. 真栄城正寿, 佐藤悠介, 原島秀吉, 渡慶次学. マイクロ流体デバイスによる脂質ナノ粒子作製とDDSへの応用. 機能材料. 36(7):15-21, 2016.
  2. 中村孝司、原島秀吉 「c-di-GMP搭載ナノ粒子によるがん免疫療法:抗PD-1抗体との複合がん免疫療法を目指して」 細胞 vol. 48 No. 13: p655-659 (2016)
  3. 中村孝司 「がん免疫療法を促進するDrug Delivery Systemの開発」 YAKUGAKU ZASSHI vo. 136 No.11: p1477-1484(2016)[PubMed ID: 27803478]
  4. 佐藤悠介、原島秀吉 「pH感受性脂質を基盤とした脂質ナノ粒子の開発と核酸ナノメディシンへの応用」 化学工業 vol.67 No.11: p821-827 (2016)
  5. Sato Y, Nakamura T, Yamada Y, Harashima H. Development of a multifunctional envelope-type nano device and its application to nanomedicine. J Control Release 244: 194-204 (2016). [PubMed ID: 27374187]
  6. 中村孝司、原島秀吉 「多機能性エンベロープ型ナノ構造体を用いた樹状細胞へのsiRNA送達と細胞療法への展開」 化学工業 vol.67 No.7: p477-482 (2016)
  7. 中村孝司、原島秀吉 「c-di-GMP搭載ナノ粒子によるがん免疫療法:抗PD-1抗体との複合がん免疫療法を目指して」 BIO Clinica vol. 31 No. 8: p861-865(2016)
  8. Tanaka H, Sato Y, Harashima H, Akita H. Cellular environment-responsive nanomaterials for use in gene and siRNA delivery: molecular design for biomembrane destabilization and intracellular collapse. Expert Opin Drug Deliv: 1-13 (2016). [PubMed ID: 26878086]
  9. Hida K, Maishi N, Sakurai Y, Hida Y, Harashima H. Heterogeneity of tumor endothelial cells and drug delivery. Adv Drug Deliv Rev 99: 140-147 (2016). [PubMed ID: 26626622]
  10. Sato Y, Harashima H, Kohara M. A Multifunctional Envelope-Type Nano Device Containing a pH-Sensitive Cationic Lipid for Efficient Delivery of Short Interfering RNA to Hepatocytes In Vivo. Methods Mol Biol 1364: 71-78 (2016). [PubMed ID: 26472443]
  11. Sakurai Y, Hada T, Harashima H. Preparation of a Cyclic RGD: Modified Liposomal SiRNA Formulation for Use in Active Targeting to Tumor and Tumor Endothelial Cells. Methods Mol Biol 1364: 63-69 (2016). [PubMed ID: 26472442]
  12. Yamada Y. Mitochondrial DDS Opens Innovative Pharmaceutics. YAKUGAKU ZASSHI 136: 55-62 (2016). [PubMed ID: 26725668]

受賞

  1. Nour AK Shobaki 2016年10月13日 AsiaNANO 2016 NPG Asia Materials Poster Awards 「Optimizing siRNA delivery using specific multifunctional envelope-type nanodevice for liver sinusoidal endothelial cells」
  2. 清水 那有多 2016年6月 第32回 DDS学会学術集会 口頭発表の部 優秀発表賞「マンニトール構造型pH感受性脂質様材料を基盤とした各種核酸のデリバリーシステムの構築」
  3. 原島秀吉 2016年5月20日 日本薬剤学会賞 「多機能性エンベローブ型ナノ構造体の創製とナノ医療への展開」
  4. 中村孝司 2016年5月20日 日本薬剤学会奨励賞 「ナノテクノロジーで制御するがんアジュバントシステムの創製」
  5. 宗近玲那 2016年5月 日本薬剤学会第31年会永井財団大学院学生スカラシップ賞 「ドキソルビシン封入ミトコンドリア標的型リポソームを用いた耐性癌治療戦略の検証」
  6. 山本将史郎 2016年5月 日本薬学会北海道支部 学生優秀発表賞 「VEGFR2抑制によるナノ医薬品の腫瘍内動態改善とその分子メカニズム」
  7. 秋田英万・原島秀吉 2016年2月19日 一般財団法人 油脂工業会館 平成27年度 優秀論文表彰(優秀賞)対象論文:Molecular tuning of a vitamin E-scaffold pH-sensitive and reductive cleavable lipid-like material for accelerated in vivo hepatic siRNA delivery
  8. 原島秀吉 2015年2月3日 平成27年度 北海道大学研究総長賞(優秀賞)
  9. 秋田英万 2015年2月3日 平成27年度 北海道大学研究総長賞(奨励賞)
  10. 佐藤悠介 2016年2月3日 平成27年度 北海道大学研究総長賞(奨励賞)
  11. 山田勇磨 2016年1月8日 インテリジェント材料・システムシンポジウム 高木賞「ミトコンドリア標的型インテリジェントナノデバイスを用いた遺伝子治療への挑戦」

その他

  1. 山田勇磨 「自我作古」 Essays バイオマテリアル-生体材料-34 (3): 238 (2016)

招待講演

  1. Hideyoshi Harashima、Multifunctional Envelope-type Nano Device for Gene Delivery: Concept and Application for Nanomedicine、3rd International Conference on Biomaterials Science in Tokyo, November 28th, 2016,Tokyo, Japan
  2. 原島秀吉、多機能性エンベロープ型ナノ構造体の創製とナノ医療への展開、秋吉ERATO講演会、11月24日2016年、京都大学桂キャンパス
  3. 中村孝司 脂質ナノ粒子を基盤とした核酸DDSの品質評価法 日本核酸医薬学会第2回年会 シンポジウム4(レギュラトリーサイエンス)(2016年11月15日-17日、東京理科大学葛飾キャンパス 図書館大ホール、東京)
  4. 原島秀吉、多機能性エンベロープ型ナノ構造体の開発とナノ医療への展開、薬物動態懇話会 第39年会、薬物動態研究と繋がるサイエンス~DDSと毒性バイオマーカーを薬物動態から俯瞰する~、2016年11月11日、オークラアクトシティ浜松
  5. 阿部二郎、山田勇磨、武田充人、原島秀吉 ミトコンドリアDDS (Drug Delivery System) が拓く医療の未来 北海道大学医学部・小児科・オータムセミナー2016 2016年10月1日、ネストホテル札幌駅前、札幌
  6. Abe J, Yamada Y, Takeda A, Harashima H. Mitochondria: Innovative strategy to manage myocarditis using mitochondrial drug delivery system (DDS). Asia-Pacific Pediatric Cardiology Society 6th Congress. Oct. 22, 2016, Shanhai, China.
  7. Hideyoshi Harashima、Multifunctional Envelope-type Nano Device for Gene Delivery: Concept and Application for Nanomedicine、12th France-JapanDrug Delivery System Symposium、October 10, 2016、Paris, France
  8. Hideyoshi Harashima、Multifunctional Envelope-type Nano Device for Gene Delivery: Concept and Application for Nanomedicine、18th International Pharmaceutical Technology Symposium、September 21、2016、Antalya、Turkey
  9. 山田勇磨 ミトコンドリアDDSの創製と心疾患治療への展開 第3回iHFフォーラム 2016年8月7日、ホテルオークラ東京、東京
  10. 原島秀吉、多機能性エンベロープ型ナノ構造体の創製とナノ医療への展開、ポスト片岡CRESTミニシンポジウム、2016年7月8日、川崎市産業振興財団ナノ医療イノベーションセンター
  11. Hideyoshi Harashima、Multifunctional Envelope-type Nano Device for Gene Delivery: Concept and Application for Nanomedicine、30th Anniversary Symposium of The Nagai Foundation Tokyo、“Link to the Past and Bridge to the Future” 2016年7月7日、東京
  12. 原島秀吉 多機能性エンベローブ型ナノ構造体の創製とナノ医療への展開 薬剤学会賞受賞講演 第31回日本薬剤学会、2016年5月19日-21日、長良川国際会議場・岐阜都ホテル、岐阜
  13. 中村孝司 ナノテクノロジーで制御するがんアジュバントシステムの創製 奨励賞受賞講演 第31回日本薬剤学会、2016年5月19日-21日、長良川国際会議場・岐阜都ホテル、岐阜
  14. 秋田英万 体内・細胞内動態の情報に基づくベクター開発と蛍光技術を用いたナノ粒子物性評価 日本薬学会第136年会、2016年3月26日-29日、パシフィコ横浜、横浜
  15. Harashima H Multifunctional Envelope-type Nano Device for Gene Delivery: Concept and Application for Nanomedicine14th European Symposium on Controlled Drug Delivery April 13, 2016, Egmond, Netherland
  16. 原島秀吉 多機能性エンベロープ型ナノ構造体の開発とナノ医療への展開 理研杉山研講演会 平成28年1月8日、理研、東京

国際発表

  1. Nakamura T, Miyabe H, Hyodo M, Sato Y, Hayakawa Y, Harashima H. STING ligand loaded lipid nanoparticles enhance cancer immunotherapy. 3rd International Conference on Biomaterials Science (Ito Hall, Ito International Research Center, The University of Tokyo, Tokyo, Japan, Nov 28-30, 2016).
  2. Kawai M, Miura N, Maeta M, Nakamura T, Harashima H, Akita H. Application of DNA containing nanoparticle based on the intracellular environment-responsive lipid-like material to the antitumor adjuvant. 3rd International Conference on Biomaterials Science (Ito Hall, Ito International Research Center, The University of Tokyo, Tokyo, Japan, Nov 28-30, 2016).
  3. Kawai M, Miura N, Maeta M, Nakamura T, Harashima H, Akita H. Application of DNA-loaded lipid nanoparticles to the antitumor adjuvant. The 4th International Life-Science Symposium for young scientists (Conference Hall, Hokkaido University, Sapporo, Japan, November 18, 2016).
  4. Shobaki N, Sato Y, Harashima H. Optimizing siRNA delivery using specific multifunctional envelope-type nanodevice for liver sinusoidal endothelial cells. Asian conference on nanoscience and nanotechnology, AsiaNANO 2016: Asian Conference on Nanoscience and Nanotechnology, Oct 10-13, 2016, Sapporo Convention Center, Sapporo, Japan.
  5. Paraiso, WKD, Akita, H, Harashima, H. Preparation, photothermal cytotoxicity, and cellular uptake evaluation of lipid-coated gold nanorods. AsiaNANO 2016: Asian Conference on Nanoscience and Nanotechnology, October 10-13, 2016, Sapporo Convention Center, Sapporo, Japan.
  6. Paraiso, WKD, Akita, H, Harashima, H. Development of an envelope-type lipid nanoparticle to deliver gold nanorods for photothermal therapy. Euro Bio-inspired Materials 2016: International School and Conference on Biological Materials Science, February 22-25, 2016, Kongresshotel Potsdam, Potsdam, Germany.

国内発表

  1. 佐藤悠介、野手雄介、Nour AK Shobaki、原島秀吉 肝臓を標的としたsiRNA搭載脂質ナノ粒子の物理化学的性質がsiRNA導入効率に及ぼす影響の評価 第2回日本核酸医薬学会、2016年11月16日、東京理科大学葛飾キャンパス、東京
  2. 山田勇磨、原島秀吉 ミトコンドリア標的型ナノカプセル・MITO-Porterを用いたミトコンドリアを標的とする疾患治療戦略の提案  第10回 次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム、2016年11月6日、群馬大学昭和キャンパス、群馬 (口頭発表 O-4、査読有)
  3. 山田勇磨、原島秀吉 ミトコンドリアを標的とするDDSを用いた薬剤耐性癌治療戦略の検証 第75回日本癌学会総会、2016年10月6日、パシフィコ横浜、神奈川
  4. 阿部二郎、山田勇磨、原島秀吉 癌細胞ミトコンドリアを標的としたアミノグリコシド系薬剤を用いた 新規治療戦略の検証 第75回日本癌学会総会、2016年10月6日、パシフィコ横浜、神奈川
  5. 山田勇磨、原島秀吉 ミトコンドリア標的型ナノカプセル・MITO-Porterの開発とナノバイオ研究への展開 第五回ナノカーボンバイオシンポジウム、2016年9月6日、北海道立道民活動センターかでる2.7、札幌
  6. 宗近玲那、山田勇磨、原島秀吉 ミトコンドリア標的型リポソーム(MITO-Porter)を用いた癌細胞ミトコンドリアへの分子送達・殺効果検証 第五回ナノカーボンバイオシンポジウム、2016年9月6日、北海道立道民活動センターかでる2.7、札幌
  7. 山田勇磨、中村宏平、原島秀吉 CoenzymeQ10搭載ミトコンドリア標的型ナノカプセルの構築および肝虚血再灌流障害誘発モデルマウスを用いた治療戦略の検証 第69回日本酸化ストレス学会学術集会、2016年8月30日、仙台国際センター 会議棟、仙台
  8. 阿部二郎、山田勇磨、武田充人、原島秀吉 ミトコンドリア薬物送達システムを用いた心筋炎に対する新たな治療戦略 第52回日本小児循環器学会総会・学術集会、2016年7月8日、東京ドームホテル、東京
  9. 清水那有多、渡邊綾香、野口裕生、畠山浩人、秋田英万、原島秀吉 マンニトール構造型pH感受性脂質様材料を基盤とした各種核酸のデリバリーシステムの構築 第32回 日本DDS学会学術集会(2016年6月30日、グランシップ、静岡)
  10. 中村孝司、黒井萌花、藤原優希、藁科翔太、佐藤悠介、原島秀吉 脂質ナノ粒子を用いたヒト免疫細胞株への効率的siRNA導入 第32回日本DDS学会学術集会、2016年6月30~7月1日、グランシップ、静岡
  11. 佐藤悠介、松井秀樹、原島秀吉 肝実質細胞を標的としたsiRNA搭載脂質ナノ粒子の安全性向上に関する検討 第32回日本DDS学会学術集会、2016年6月30日、グランシップ、静岡
  12. 橋場一毅、佐藤悠介、原島秀吉 無水マレイン酸誘導体と特異的リガンドの利用によるsiRNA封入カチオン性脂質ナノ粒子のin vivo肝実質細胞への応用 第32回日本DDS学会学術集会、2016年6月30日、グランシップ、静岡
  13. 山田勇磨、古川亮、原島秀吉 ミトコンドリア移行性RNAアプタマー搭載Dual-ligandリポソームの構築および細胞導入・ミトコンドリア移行の検証 第32回日本DDS学会学術集会、2016年6月30日、グランシップ、静岡
  14. 宗近玲那、山田勇磨、河村恵理子、櫻井遊、佐藤悠介、原島秀吉 ドキソルビシン封入ミトコンドリア標的型リポソームを用いた耐性癌治療戦略の検証 日本薬剤学会第31年会、2016年5月21日、長良川国際会議場・岐阜都ホテル、岐阜
  15. 宗近玲那、山田勇磨、原島秀吉 ドキソルビシン封入MITO-Porterの構築および薬剤耐性癌治療戦略の検証 日本薬学会北海道支部第143回例会、2016年5月14日、札幌コンベンションセンター、札幌
  16. 山本将志郎、櫻井遊、羽田智哉、加藤月、原島秀吉.“VEGFR2抑制によるナノ医薬品の腫瘍内動態の改善とその分子メカニズム”、日本薬学会北海道支部第143回例会、2016年5月14日、札幌
  17. 水村航、櫻井遊、村田真那美、原島秀吉.“がん標的ペプチドを用いた能動的siRNA送達に関する研究” 日本薬学会北海道支部第143回例会、2016年5月14日、札幌
  18. 山田勇磨、田端麻衣、原島秀吉. 経胆管投与を利用した膵臓ランゲルハンス氏島への核酸導入法の開発 (In vivo nucleic acids delivery targeting pancreas and the islets via intarductal injection). 日本薬学会 第136年会、2016年3月28日、パシフィコ横浜、横浜
  19. 山田勇磨、原島秀吉. ミトコンドリア標的型インテリジェントナノデバイスを用いた遺伝子治療への挑戦. 第25回 インテリジェント材料・システムシンポジウム、2016年1月8日、東京女子医科大学 先端生命医科学研究所、東京

市民講演・教育講演

  1. 山田勇磨 ミトコンドリアに薬を運ぶナノカプセル ―ミトコンドリア病の新しい治療法を探る― 「ミトコンドリア病を知る市民公開講座」 2016年11月19日、北海道大学大学院薬学研究院、札幌

▲ Page Up

2015年

原著論文

  1. Sano N, Tamura T, Toriyabe N, Nowatari T, Nakayama K, Tanoi T, Murata S, Sakurai Y, Hyodo M, Fukunaga K, Harashima H, Ohkohchi N. New drug delivery system for liver sinusoidal endothelial cells for ischemia-reperfusion injury. World J Gastroenterol. 21:12778-86 (2015). [PubMed ID: 26668502]
  2. Yamada Y, Nakamura K, Abe J, Hyodo M, Haga S, Ozaki M, Harashima H. Mitochondrial delivery of Coenzyme Q10via systemic administration using a MITO-Porter prevents ischemia/reperfusion injury in the mouse liver. J Control Release 213: 86-95 (2015). [PubMed ID: 26160304]
  3. Yamada Y, Fukuda Y, Harashima H. An analysis of membrane fusion between mitochondrial double membranes and MITO-Porter, mitochondrial fusogenic vesicles. Mitochondrion 24: 50-55 (2015). [PubMed ID: 26188112]
  4. Yamada Y, Perez SM, Tabata M, Abe J, Yasuzaki Y, Harashima H. Efficient and High-Speed Transduction of an Antibody into Living Cells Using a Multifunctional Nanocarrier System to Control Intracellular Trafficking. J Pharm Sci 104: 2845-2854 (2015). [PubMed ID: 25546552]
  5. Nakamura T, Miyabe H, Hyodo M, Sato Y, Hayakawa Y, Harashima H. Liposomes loaded with a STING pathway ligand, cyclic di-GMP, enhance cancer immunotherapy against metastatic melanoma. J Control Release 216: 149-157 (2015). [PubMed ID: 26282097]
  6. Nakamura T, Fujiwara Y, Warashina S, Harashima H. The intracellular pharmacodynamics of siRNA is responsible for the low gene silencing activity of siRNA-loaded nanoparticles in dendritic cells. Int J Pharm 494: 271-277 (2015). [PubMed ID: 26253379]
  7. Matsui H, Sato Y, Hatakeyama H, Akita H, Harashima H. Size-dependent specific targeting and efficient gene silencing in peritoneal macrophages using a pH-sensitive cationic liposomal siRNA carrier. Int J Pharm 495: 171-178 (2015). [PubMed ID: 26355712]
  8. Calabuig-Navarro V, Yamauchi J, Lee S, Zhang T, Liu YZ, Sadlek K, Coudriet GM, Piganelli JD, Jiang CL, Miller R, Lowe M, Harashima H, Dong HH. Forkhead Box O6 (FoxO6) Depletion Attenuates Hepatic Gluconeogenesis and Protects against Fat-induced Glucose Disorder in Mice. J Biol Chem 290: 15581-15594 (2015). [PubMed ID: 25944898]
  9. Yamada Y, Hashida M, Harashima H. Hyaluronic acid controls the uptake pathway and intracellular trafficking of an octaarginine-modified gene vector in CD44 positive- and CD44 negative-cells. Biomaterials 52: 189-198 (2015). [PubMed ID: 25818425]
  10. Akita H, Nakatani T, Kuroki K, Maenaka K, Tange K, Nakai Y, Harashima H. Effect of hydrophobic scaffold on the cellular uptake and gene transfection activities of DNA-encapsulating liposomal nanoparticles via intracerebroventricular administration. Int J Pharm 490: 142-145 (2015). [PubMed ID: 26003418]
  11. Furukawa R, Yamada Y, Kawamura E, Harashima H. Mitochondrial delivery of antisense RNA by MITO-Porter results in mitochondrial RNA knockdown, and has a functional impact on mitochondria. Biomaterials 57: 107-115 (2015). [PubMed ID: 25913255]
  12. Sato S, Li K, Kameyama T, Hayashi T, Ishida Y, Murakami S, Watanabe T, Iijima S, Sakurai Y, Watashi K, Tsutsumi S, Sato Y, Akita H, Wakita T, Rice CM, Harashima H, Kohara M, Tanaka Y, Takaoka A. The RNA sensor RIG-I dually functions as an innate sensor and direct antiviral factor for hepatitis B virus. Immunity 42: 123-132 (2015). [PubMed ID: 25557055]
  13. Akita H, Ishiba R, Togashi R, Tange K, Nakai Y, Hatakeyama H, Harashima H. A neutral lipid envelope-type nanoparticle composed of a pH-activated and vitamin E-scaffold lipid-like material as a platform for a gene carrier targeting renal cell carcinoma. J Control Release 200: 97-105 (2015). [PubMed ID: 25543000]
  14. Miura N, Shaheen SM, Akita H, Nakamura T, Harashima H. A KALA-modified lipid nanoparticle containing CpG-free plasmid DNA as a potential DNA vaccine carrier for antigen presentation and as an immune-stimulative adjuvant. Nucleic Acids Res 43: 1317-1331 (2015). [PubMed ID: 25605799]
  15. Yasuzaki Y, Yamada Y, Ishikawa T, Harashima H. Validation of Mitochondrial Gene Delivery in Liver and Skeletal Muscle via Hydrodynamic Injection Using an Artificial Mitochondrial Reporter DNA Vector. Mol Pharm 12: 4311-4320 (2015). [PubMed ID: 26567847]
  16. Nakamura T, Kuroi M, Harashima H. Influence of Endosomal Escape and Degradation of alpha-Galactosylceramide Loaded Liposomes on CD1d Antigen Presentation. Mol Pharm 12: 2791-2799 (2015). [PubMed ID: 26107189]
  17. Kamiya H, Yamazaki D, Nakamura E, Makino T, Kobayashi M, Matsuoka I, Harashima H. Action-at-a-distance mutagenesis induced by oxidized guanine in Werner syndrome protein-reduced human cells. Chem Res Toxicol 28: 621-628 (2015). [PubMed ID: 25730140]
  18. Hada T, Sakurai Y, Harashima H. Optimization of a siRNA Carrier Modified with a pH-Sensitive Cationic Lipid and a Cyclic RGD Peptide for Efficiently Targeting Tumor Endothelial Cells. Pharmaceutics 7: 320-333 (2015). [PubMed ID: 26389942]
  19. Sakurai Y, Matsuda T, Hada T, Harashima H. Efficient Packaging of Plasmid DNA Using a pH Sensitive Cationic Lipid for Delivery to Hepatocytes. Biol Pharm Bull 38: 1185-1191 (2015). [PubMed ID: 26235581]
  20. Akita H, Kurihara D, Schmeer M, Schleef M, Harashima H. Effect of the Compaction and the Size of DNA on the Nuclear Transfer Efficiency after Microinjection in Synchronized Cells. Pharmaceutics 7: 64-73 (2015). [PubMed ID: 26066769]
  21. Akita H, Noguchi Y, Hatakeyama H, Sato Y, Tange K, Nakai Y, Harashima H. Molecular turning of a vitamin E-scaffold pH-sensitive and reductive cleavable lipid-like material for accelerated in vivo hepatic siRNA delvery. ACS Biomater Sci Eng 1: 834-844 (2015).
  22. Maeki M, Saito T, Sato Y, Yasui T, Kaji N, Ishida A, Tani H, Baba Y, Harashima H, Tokeshi M. A strategy for synthesis of lipid nanoparticles using microfluidic devices with a mixer structure. RSC Adv 5: 46181-46185 (2015).

総説論文

  1. Sakurai Y, Kajimoto K, Harashima H. Anti-angiogenic nanotherapy via active targeting systems to tumors and adipose tissue vasculature. Biomater Sci 3: 1253-1265 (2015). [PubMed ID: 26261854]
  2. Sakai-Kato K, Nishiyama N, Kozaki M, Nakanishi T, Matsuda Y, Hirano M, Hanada H, Hisada S, Onodera H, Harashima H, Matsumura Y, Kataoka K, Goda Y, Okuda H, Kawanishi T. General considerations regarding the in vitro and in vivo properties of block copolymer micelle products and their evaluation. J Control Release 210: 76-83 (2015). [PubMed ID: 25979322]
  3. Hayashi Y, Hatakeyama H, Kajimoto K, Hyodo M, Akita H, Harashima H. Multifunctional Envelope-Type Nano Device: Evolution from Nonselective to Active Targeting System. Bioconjug Chem 26: 1266-1276 (2015). [PubMed ID: 25938819]
  4. Sakurai Y, Kajimoto K, Hatakeyama H, Harashima H. Advances in an active and passive targeting to tumor and adipose tissues. Expert Opin Drug Deliv 12: 41-52 (2015). [PubMed ID: 25376864]
  5. Yamada Y, Harashima H. Targeting the mitochondrial genome via a dual function MITO-Porter: evaluation of mtDNA levels and mitochondrial function. Methods Mol Biol 1265: 123-133 (2015). [PubMed ID: 25634272]
  6. 山田勇磨 「ミトコンドリアDDSが拓く医療・ライフサイエンス革命」 Drug Delivery System 30 (4): 348-362 (2015)
  7. 秋田英万、佐藤悠介、中村孝司、原島秀吉 特集 ナノDDS革命: 革新的ドラッグデリバリーシステムが難治性疾患治療に光をもたらす (片岡一則/西山伸宏 編) 「多機能性エンベロープ型ナノ構造体(MEND)を基盤としたDDS」 細胞工学10月号 34(10): 956-961 (2015)
  8. 山田勇磨 「MITO-Porter, ミトコンドリア分子送達のためのナノバイオテクノロジー」 Drug Delivery System 30 (1): 68-69 (2015).

著書

  1. Ozaki M, Ozawa T, Yamada Y. “Development of a New In Vivo Optical Probe for Biological Diagnosis and Therapy” Innovative Medicine, Springer 265-279 (2015)
  2. 秋田英万、佐藤悠介、中村孝司、原島秀吉 「多機能性エンベロープ型ナノ構造体(MEND)を基盤としたDDS」pp956-961 細胞工学 vol. 34 No. 10(2015)
  3. 中村孝司、山田勇磨、秋田英万、原島秀吉 第6章 遺伝子医療・核酸医薬品とDDS「多機能性エンベロープ型ナノ構造体の創製とナノ医療への応用」pp170 (410)-176 (416) DDSの研究30年 PHARM TECH JAPAN vol.30 No.2 2015 臨時増刊号

受賞

  1. 秋田英万 2015年10月 JPharmSci 2015 Top Reviewer 2015年10月
  2. 山田勇磨 2015年7月3日 日本DDS学会奨励賞を受賞 「ミトコンドリアDDSが拓く医療・ライフサイエンス革命」
  3. 中村孝司 2015年5月 日本薬学会北海道支部奨励賞 「がん免疫療法を促進するDrug Delivery Systemの開発」
  4. 原島秀吉 2015年3月11日 平成26年度 北海道大学研究総長賞(優秀賞)
  5. 秋田英万 2015年3月11日 平成26年度 北海道大学研究総長賞(奨励賞)
  6. 秋田英万 2015年1月19日 第24回インテリジェント材料・システムシンポジウム 高木賞 「環境応答性脂質様サーファクタントを基盤としたナノ遺伝子・核酸DDSプラットフォーム」

招待講演

  1. Akita H. Development of a nanoDDS platform based on an analysis of intracellular trafficking. 日本薬物動態学会第30回年会、2015年11月12-14日、タワーホール船堀、東京
  2. Yamada Y. MITO-Porter, an innovative technology for mitochondrial drug delivery. The 1st HU-TMU-KU Joint Symposium for Pharm. Sci. Aug. 29, 2015, Hokkaido University, Sapporo.
  3. Akita H. Keynote Lecture: Development of non-viral nanoDDS for DNA: Analysis, control of the intracellular trafficking and beyond. World Drug Delivery Summit 2015, August 17-19 2015, Houston, USA
  4. 山田勇磨、原島秀吉 ミトコンドリア標的型ナノマシン“MITO-Porter”の開発” シンポジウム1 第24回日本Cell Death学会、2015年7月11日、大阪大学会館、大阪
  5. 秋田英万 ssPalmの分子チューニングに基づく肝臓標的型遺伝子・核酸デリバリー技術の開発 第31回日本DDS学会、2015年7月2-3日、京王プラザホテル、東京
  6. 山田 勇磨 ミトコンドリアDDSが拓く医療・ライフサイエンス革命 第7回奨励賞受賞講演 第31回日本DDS学会、2015年7月2日、京王プラザホテル、東京
  7. 山田勇磨 ミトコンドリアDDSの創製とナノ医療への展開 北海道大学病院・循環器内科主催・循環病態内科学リサーチセミナー、2015年5月26日、北海道大学医学部、札幌
  8. 中村孝司 がん免疫療法を促進するDrug Delivery Systemの開発 日本薬学会北海道支部第142回例会 奨励賞受賞講演、2015年5月16日、札幌
  9. 山田勇磨、原島秀吉 ミトコンドリアを科学するナノデバイス MITO-Porter の創製 一般シンポジウムS46 日本薬学会 第135年会、2015年3月27日、神戸学院大学、神戸
  10. 山田勇磨 ミトコンドリア DDS が拓く新しい薬剤学 一般シンポジウムS08 日本薬学会 第135年会、2015年3月26日、神戸学院大学、神戸
  11. 原島秀吉 多機能性エンベロープ型ナノ構造体の開発とナノ医療への展開 第1回日本核酸医薬学会年会 シンポジウム、2015年12月2日、京都テルサ、京都
  12. 原島秀吉 大学発ナノ医薬品の創出拠点の形成と早期実用化 日本薬物動態学会第30年会 シンポジウム-8 2015年11月12日 船堀、東京
  13. 原島秀吉 多機能性エンベロープ型ナノ構造体の創製とナノ医療への展開 2015年10月16日、徳島大学、徳島
  14. Harashima H Multifunctional lipid-based systems for drug and gene delivery 20th International Symposium on Microencapsulation October 1, 2015, Northeastern University, Boston
  15. Harashima H Activities of Education and Researches at Faculty of Pharmaceutical Sciences in Hokkaido University, The UP-HU Joint Workshop for Academic Exchange, September 17th, 2015, University of Pretoria
  16. Harashima H International Seminar on Pharmaceutics 2015 Multifunctional envelope-type nano device for gene delivery: Concept and application for Nanomedicine, August 4, 2015, School of Pharmacy Bandung Institute of Technology, Bandung, Indonesia
  17. Harashima H Biomaterials International 2015 Multifunctional envelope-type nano device for gene delivery: Concept and application for Nanomedicine, June 2, 2015, Kenting, Taiwan
  18. Harashima H The 5th Asian Biomaterials Congress, Multifunctional envelope-type nano device for gene delivery: Concept and application for Nanomedicine, May 7th, 2015, Chientan Youth Activity Center, Taipei, Taiwan
  19. 原島秀吉、日本薬剤学会第30年会、学術シンポジウム-3:アカデミア発DDS製剤シーズによる医療イノベーションを考える、「アカデミア発DDSによる医療イノベーション」2015年5月22日、長崎ブリックホール
  20. 原島秀吉、秋田英万、加藤くみ子、松村保広、片岡一則、日本薬学会第135年会 シンポジウム:健康・医療戦略推進法の与えるインパクト~先端的研究開発の実現に向けて~ 「日本発革新的ナノ医薬品の創出を目指して」2015年3月28日 神戸学院大学

国際発表

  1. Burger L, Yamada Y, Harashima H. Packaging of the hydrophobic Coenzyme Q10 into a liposome-based drug delivery system to achieve mitochondrial therapy. The 18th Hokkaido University – Seoul National University Joint Symposium. Nov. 27, 2015, Seoul National University, Seoul, Korea.
  2. Sato Y, Hatakeyama H, Hyodo M, Yamamoto N, Kohara M, Harashima H. Development of siRNA delivery system for the treatment of hepatitis B viral infection. The 18th Hokkaido University – Seoul National University Joint Symposium. 27th Nov, 2015. Seoul National University, Seoul, Korea.
  3. Matsui H, Sato Y, Harashima H. Improvement of therapeutic window of the liver-targeting siRNA delivery. The 18th Hokkaido University – Seoul National University Joint symposium. 27th Nov, 2015. Seoul National University, Seoul, Korea.
  4. Note Y, Sato Y, Maeki M, Tokeshi M, Harashima H. Elucidation of the physicochemical properties and potency for siRNA delivery of the siRNA-loaded small-sized nanoparticles. The 18th Hokkaido University – Seoul National University Joint symposium. 27th Nov, 2015. Seoul National University, Seoul, Korea.
  5. Fujiwara Y, Nakamura T, Warashina S, Harashima H Analysis of intracellular dynamics of siRNA-loaded nanoparticles in dendritic cells 2015 SNU-HU Joint satellite symposium, Nov 27-28, 2015Bldg. 143, Sinpoong Hall, Soul National University, Soul, Korea,
  6. Nakamura T, Miyabe H, Hyodo M, Sato Y, Hayakawa Y, Harashima H. Nanoparticulation of a STING pathway ligand, enhances cancer immunotherapy against metastatic melanoma. 4th European Congress of Immunology , Sep 6-9, 2015, Austria Center Vienna, Vienna, Austria,
  7. Akita H. Particle formed by ssPalm as a nanoDDS platform for the genes and nucleic acids. World Drug Delivery Summit 2015, Aug 17-19 2015, Houston, USA
  8. Yamada Y, Harashima H. MITO-Porter, mitochondrial drug delivery system toward innovative therapy. DRUG DELIVERY 2015, World Drug Delivery Summit. Aug. 17 – 19, 2015, Crowne Plaza Houston River Oaks, Huuston, USA.
  9. Yamada Y, Nakamura K, Harashima H. In vivo mitochondrial delivery of coenzyme Q10 via MITO-Porter prevents ischemic reperfusion injury in the liver. 42nd Annual Meeting & Exposition of the Controlled Release Society. July 26–29, 2015, Edinburgh, Scotland, UK.
  10. Yamada Y, Harashima H. MITO-Porter, mitochondrial drug delivery system toward innovative therapy. DRUG DELIVERY 2015, World Drug Delivery Summit. Aug. 17 – 19, 2015, Crowne Plaza Houston River Oaks, Huuston, USA.
  11. Nakamura T, Miyabe H, Hyodo M, Sato Y, Hayakawa Y, Harashima H Liposomes loaded with a STING pathway ligand, cyclic di-GMP, for cancer immunotherapy International Conference of Cancer Immunotherapy and Macrophages 2015 (Ito Hall, Ito International Research Center, The University of Tokyo, Tokyo, Japan, Jul 9-11, 2015
  12. Miura N, Akita H, Nakamura T, Harashima H Development of a DNA nano-vaccine carrier: dendritic cell-targeting gene delivery and immune stimulation International Conference of Cancer Immunotherapy and Macrophages 2015 (Ito Hall, Ito International Research Center, The University of Tokyo, Tokyo, Japan, Jul 9-11, 2015)

国内発表

  1. Hiroki Tanaka, Syo Oasa, Masataka Kinjo, Kota Tange, Yuta Nakai, and Hideyoshi Harashima, Hidetaka Akita. Functionalized Self-Nanoemulsion formed with SS-cleavable and pH-activated Lipid-like Material via Oil-to-Surfactant Transition. 第9回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム、2015年11月7-8日、千葉大学、千葉
  2. Ayaka Watanabe, Hiroki Tanaka, Tatsuya Ohkawara, Kota Tange, Hiroshi Takeda, Hideyoshi Harashima, Hidetaka Akita. 『優秀発表賞受賞』 INVESTIGATION OF OPTIMAL NANOPARTICLE PROPERTIES ON DELIVERY TO THE INFLAMED COLON. 第9回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム、2015年11月7-8日、千葉大学、千葉
  3. 秋田英万、マルチ創剤基盤としてのssPalm の開発、第14回次世代医工学研究会、2015年7月30-31日、登別プリンスホテル石水亭、登別
  4. 中村孝司、宮部寛子、兵藤守、佐藤悠介、早川芳宏、原島秀吉 Cyclic-di-GMP搭載ナノ粒子によるがん免疫療法 第31回日本DDS学会学術集会、2015年7月2-3日、京王プラザホテル、東京
  5. 田中浩揮、秋田英万、丹下耕太、中井悠太、原島秀吉 pH応答性脂質様物質(ssPalm)を用いたナノ粒子構造体の物性評価、第31回日本DDS学会学術集会、2015年7月2-3日、京王プラザホテル、東京
  6. 中村孝司、藁科翔太、佐藤悠介、兵藤守、畠山浩人、原島秀吉 樹状細胞への効率的siRNAデリバリーシステムの開発 日本薬剤学会第30年会、2015年5月21-23日、長崎ブリックホール・長崎新聞文化ホール、長崎
  7. 秋田英万、三浦尚也、中村孝司、原島秀吉 KALA修飾ナノ粒子の蛋白ワクチン技術としての応用、日本薬剤学会第30年会、2015年5月21-23日、長崎ブリックホール、長崎新聞文化ホール、長崎
  8. 秋田英万、三浦尚也、シャヒーンモハメド、中村孝司、原島秀吉 KALA修飾型脂質ナノ粒子を用いたナノワクチンプラットフォーム、遺伝子・デリバリー研究会、第15回シンポジウム、2015年5月1日、京都薬科大学、京都
  9. 中村孝司、吹上雅文、鈴木嘉晃、矢野郁也、宮崎淳、西山博之、赤座英之、中山俊憲、原島秀吉 BCG-CWS搭載ナノ粒子を用いた膀胱がん免疫療法剤の開発日本薬学会第135年会、2015年3月25日-28日、神戸学院大学、神戸
  10. 藤原優希、中村孝司、藁科翔太、原島秀吉 siRNA搭載脂質ナノキャリアを用いた樹状細胞における遺伝子ノックダウンの律速段階の解明 日本薬学会第135年会、2015年3月25日-28日、神戸学院大学、神戸
  11. 河村恵理子、山田勇磨、古川亮、原島秀吉. ミトコンドリア標的型DDS、MITO-Porterを用いた機能性核酸送達および機能評価. 日本薬学会 第135年会、2015年3月28日、神戸学院大学、神戸
  12. 秋田英万、環境応答性脂質様サーファクタントを基盤としたナノ遺伝子・核酸DDSプラットフォーム、第24回インテリジェント材料・システムシンポジウム、2015年1月19日、東京女子医科大学、東京
  13. 山田勇磨、中村宏平、原島秀吉 CoenzymeQ10搭載MITO-Porterの構築およびin vivoミトコンドリア送達・疾患治療戦略の検証 日本薬剤学会 第30年会、2015年5月21日、長崎ブリックホール、長崎.
  14. 阿部二郎、山田勇磨、原島秀吉 アミノグリコシド系薬剤による癌細胞ミトコンドリアを標的とした癌治療戦略の検証 日本薬剤学会 第30年会、2015年5月21日、長崎ブリックホール、長崎.
  15. 阿部二郎、山田勇磨、原島秀吉 アミノグリコシド系薬剤による癌細胞内ミトコンドリアを標的とした殺細胞効果の検証 24回日本Cell Death学会、2015年7月11日、大阪大学会館、大阪.
  16. 阿部二郎、山田勇磨、原島秀吉 癌細胞ミトコンドリアを標的としたアミノグリコシド系薬剤による癌治療戦略の検証 第15回日本ミトコンドリア学会、2015年11月19日、福井県国際交流会館、福井.
  17. 山田勇磨、阿部二郎、原島秀吉 ゲンタマイシン搭載ミトコンドリア標的型DDSを用いたがん治療戦略の検証 第37回日本バイオマテリアル学会大会、2015年11月9日、京都テルサ、京都.
  18. 山田勇磨、河村恵理子、古川亮、原島秀吉 ミトコンドリア標的型核酸ナノキャリアの開発および核酸医薬への展開 日本核酸医薬学会第1回年会、2015年12月1日、京都テルサ、京都.
  19. 福田豊、山田勇磨、原島秀吉 ミトコンドリア環境応答性核酸ナノ粒子の設計及びその評価 日本核酸医薬学会第1回年会、2015年11月30日、京都テルサ、京都.
  20. 石川卓哉、山田勇磨、原島秀吉 ミトコンドリア遺伝子発現DNAベクターの設計および遺伝子発現評価 日本核酸医薬学会第1回年会、2015年11月30日、京都テルサ、京都.
  21. 佐藤悠介、畠山浩人、兵藤守、山本直樹、小原道法、原島秀吉 pH応答性脂質ナノ粒子による肝実質細胞選択的なsiRNA導入とB型肝炎治療 第37回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム、2015年11月20日、熊本大学、熊本
  22. 松井秀樹、佐藤悠介、原島秀吉 siRNA搭載脂質ナノ粒子の安全性向上に関する検討 第37回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム、2015年11月19日、熊本大学、熊本

市民講演

  1. 山田勇磨 DDS 『ドラッグ デリバリー システム』-  北海道大学薬学部SP会平成27年度例会、2015年6月3日、北海道大学薬学部、札幌

▲ Page Up

2014年

原著論文

  1. Kusumoto K, Akita H, Santiwarangkool S, Harashima H. Advantages of ethanol dilution method for preparing GALA-modified liposomal siRNA carriers on the in vivo gene knockdown efficiency in pulmonary endothelium. Int J Pharm 473: 144-147 (2014). [PubMed ID: 24998506]
  2. Akhter A, Hayashi Y, Sakurai Y, Ohga N, Hida K, Harashima H. Ligand density at the surface of a nanoparticle and different uptake mechanism: two important factors for successful siRNA delivery to liver endothelial cells. Int J Pharm 475: 227-237 (2014). [PubMed ID: 25169077]
  3. Hattori Y, Morita D, Fujiwara N, Mori D, Nakamura T, Harashima H, Yamasaki S, Sugita M. Glycerol monomycolate is a novel ligand for the human, but not mouse macrophage inducible C-type lectin, Mincle. J Biol Chem 289: 15405-15412 (2014). [PubMed ID: 24733387]
  4. Miyabe H, Hyodo M, Nakamura T, Sato Y, Hayakawa Y, Harashima H. A new adjuvant delivery system 'cyclic di-GMP/YSK05 liposome' for cancer immunotherapy. J Control Release 184: 20-27 (2014). [PubMed ID: 24727060]
  5. Sakurai Y, Hatakeyama H, Sato Y, Hyodo M, Akita H, Ohga N, Hida K, Harashima H. RNAi-mediated gene knockdown and anti-angiogenic therapy of RCCs using a cyclic RGD-modified liposomal-siRNA system. J Control Release 173: 110-118 (2014). [PubMed ID: 24120854]
  6. Nakamura T, Fukiage M, Higuchi M, Nakaya A, Yano I, Miyazaki J, Nishiyama H, Akaza H, Ito T, Hosokawa H, Nakayama T, Harashima H. Nanoparticulation of BCG-CWS for application to bladder cancer therapy. J Control Release 176: 44-53 (2014). [PubMed ID: 24389133]
  7. Tanaka H, Akita H, Ishiba R, Tange K, Arai M, Kubo K, Harashima H. Neutral biodegradable lipid-envelope-type nanoparticle using vitamin A-Scaffold for nuclear targeting of plasmid DNA. Biomaterials 35: 1755-1761 (2014). [PubMed ID: 24290811]
  8. Nakamura T, Fukiage M, Suzuki Y, Yano I, Miyazaki J, Nishiyama H, Akaza H, Harashima H. Mechanism responsible for the antitumor effect of BCG-CWS using the LEEL method in a mouse bladder cancer model. J Control Release 196: 161-167 (2014). [PubMed ID: 25315488]
  9. Nakamura T, Ono K, Suzuki Y, Moriguchi R, Kogure K, Harashima H. Octaarginine-modified liposomes enhance cross-presentation by promoting the C-terminal trimming of antigen peptide. Mol Pharm 11: 2787-2795 (2014). [PubMed ID: 24901376]
  10. Sakurai Y, Hatakeyama H, Akita H, Harashima H. Improvement of doxorubicin efficacy using liposomal anti-polo-like kinase 1 siRNA in human renal cell carcinomas. Mol Pharm 11: 2713-2719 (2014). [PubMed ID: 24800640]
  11. Ara MN, Matsuda T, Hyodo M, Sakurai Y, Hatakeyama H, Ohga N, Hida K, Harashima H. An aptamer ligand based liposomal nanocarrier system that targets tumor endothelial cells. Biomaterials 35: 7110-7120 (2014). [PubMed ID: 24875764]
  12. Yamada Y, Tabata M, Yasuzaki Y, Nomura M, Shibata A, Ibayashi Y, Taniguchi Y, Sasaki S, Harashima H. A nanocarrier system for the delivery of nucleic acids targeted to a pancreatic beta cell line. Biomaterials 35: 6430-6438 (2014). [PubMed ID: 24816283]
  13. Ara MN, Hyodo M, Ohga N, Akiyama K, Hida K, Hida Y, Shinohara N, Harashima H. Identification and expression of troponin T, a new marker on the surface of cultured tumor endothelial cells by aptamer ligand. Cancer Med 3: 825-834 (2014). [PubMed ID: 24810801]
  14. Hossen MN, Kajimoto K, Tatsumi R, Hyodo M, Harashima H. Comparative assessments of crucial factors for a functional ligand-targeted nanocarrier. J Drug Target 22: 600-609 (2014). [PubMed ID: 24806515]
  15. Ukawa M, Akita H, Hayashi Y, Ishiba R, Tange K, Arai M, Kubo K, Higuchi Y, Shimizu K, Konishi S, Hashida M, Harashima H. Neutralized nanoparticle composed of SS-cleavable and pH-activated lipid-like material as a long-lasting and liver-specific gene delivery system. Adv Healthc Mater 3: 1222-1229 (2014). [PubMed ID: 24668914]
  16. Tamaru M, Akita H, Kajimoto K, Sato Y, Hatakeyama H, Harashima H. An apolipoprotein E modified liposomal nanoparticle: ligand dependent efficiency as a siRNA delivery carrier for mouse-derived brain endothelial cells. Int J Pharm 465: 77-82 (2014). [PubMed ID: 24530390]
  17. Kanda GN, Miyamoto S, Kobayashi M, Matsuoka I, Harashima H, Kamiya H. Anatomy of plasmid DNAs with anti-silencing elements. Int J Pharm 464: 27-33 (2014). [PubMed ID: 24472643]
  18. Kibria G, Hatakeyama H, Akiyama K, Hida K, Harashima H. Comparative study of the sensitivities of cancer cells to doxorubicin, and relationships between the effect of the drug-efflux pump P-gp. Biol Pharm Bull 37: 1926-1935 (2014). [PubMed ID: 25451842]
  19. Ara MN, Matsuda T, Hyodo M, Sakurai Y, Ohga N, Hida K, Harashima H. Construction of an aptamer modified liposomal system targeted to tumor endothelial cells. Biol Pharm Bull 37: 1742-1749 (2014). [PubMed ID: 25366480]
  20. Shrivastava G, Hyodo M, Ara MN, Harashima H. The screening of RNA aptamers specific for carbonic anhydrase I using the Systematic Evolution of Ligands by an Exponential Enrichment Method (SELEX). Nucleosides Nucleotides Nucleic Acids 33: 697-708 (2014). [PubMed ID: 25295747]
  21. Tamaru M, Akita H, Nakatani T, Kajimoto K, Sato Y, Hatakeyama H, Harashima H. Application of apolipoprotein E-modified liposomal nanoparticles as a carrier for delivering DNA and nucleic acid in the brain. Int J Nanomedicine 9: 4267-4276 (2014). [PubMed ID: 25228805]
  22. Yasuzaki Y, Yamada Y, Fukuda Y, Harashima H. Condensation of plasmid DNA enhances mitochondrial association in skeletal muscle following hydrodynamic limb vein injection. Pharmaceuticals (Basel) 7: 881-893 (2014). [PubMed ID: 25195732]
  23. Kajimoto K, Minami Y, Harashima H. Cytoprotective role of the fatty acid binding protein 4 against oxidative and endoplasmic reticulum stress in 3T3-L1 adipocytes. FEBS Open Bio 4: 602-610 (2014). [PubMed ID: 25161868]
  24. Tawaraya Y, Hyodo M, Ara MN, Yamada Y, Harashima H. RNA aptamers for targeting mitochondria using a mitochondria-based SELEX method. Biol Pharm Bull 37: 1411-1415 (2014). [PubMed ID: 25087963]
  25. Watanabe T, Hatakeyama H, Matsuda-Yasui C, Sato Y, Sudoh M, Takagi A, Hirata Y, Ohtsuki T, Arai M, Inoue K, Harashima H, Kohara M. In vivo therapeutic potential of Dicer-hunting siRNAs targeting infectious hepatitis C virus. Sci Rep 4: 4750 (2014). [PubMed ID: 24756133]
  26. Hayashi Y, Suemitsu E, Kajimoto K, Sato Y, Akhter A, Sakurai Y, Hatakeyama H, Hyodo M, Kaji N, Baba Y, Harashima H. Hepatic Monoacylglycerol O-acyltransferase 1 as a Promising Therapeutic Target for Steatosis, Obesity, and Type 2 Diabetes. Mol Ther Nucleic Acids 3: e154 (2014). [PubMed ID: 24643205]
  27. Hatakeyama H, Murata M, Sato Y, Takahashi M, Minakawa N, Matsuda A, Harashima H. The systemic administration of an anti-miRNA oligonucleotide encapsulated pH-sensitive liposome results in reduced level of hepatic microRNA-122 in mice. J Control Release 173: 43-50 (2014). [PubMed ID: 24511611]
  28. Haga S, Ozawa T, Yamada Y, Morita N, Nagashima I, Inoue H, Inaba Y, Noda N, Abe R, Umezawa K, Ozaki M. p62/SQSTM1 plays a protective role in oxisidative injury of steatopic liver in a mouse hepatectomy model. Antioxid Redox Signal 21: 2515-2530 (2014). [PubMed ID: 24925527]
  29. Ali HM, Maksimenko A, Urbinati G, Chapuis H, Raouane M, Desmaele D, Hayashi H, Harashima H, Couvreur P, Massaad-Massade L. Effects of silencing the RET/PTC1 oncogene in papillary thyroid carcinoma by siRNA-sequalene nanoparticles with and without fusogenic companion GALA-cholesterol. Thyroid 24: 327-338 (2014). [PubMed ID: 23885719]
  30. Suzuki R, Yamada Y, Kawamura E, Harashima H. Mono-cationic detergents play a critical role in the development of liposome-based gene vector via controlling its lamellarity. J Nanopart Res 16: 2227-2241 (2014).

総説論文

  1. Kajimoto K, Sato Y, Nakamura T, Yamada Y, Harashima H. Multifunctional envelope-type nano device for controlled intracellular trafficking and selective targeting in vivo. J Control Release 190: 593-606 (2014). [PubMed ID: 24794902]
  2. Hyodo M, Sakurai Y, Akita H, Harashima H. "Programmed packaging" for gene delivery. J Control Release 193: 316-323 (2014). [PubMed ID: 24780263]
  3. Yamada Y, Harashima H. A method for screening mitochondrial fusogenic envelopes for use in mitochondrial drug delivery. Methods Mol Biol 1141: 57-66 (2014). [PubMed ID: 24567130]
  4. Kibria G, Hatakeyama H, Harashima H. Cancer multidrug resistance: mechanisms involved and strategies for circumvention using a drug delivery system. Arch Pharm Res 37: 4-15 (2014). [PubMed ID: 24272889]
  5. Yamada Y., and Harashima H. Drug Delivery Systems, Mitochondria-Targeted. Encyclopedia of Biomedical Polymers and Polymeric Biomaterials, (2014)
  6. 山田勇磨、原島秀吉 「ミトコンドリア標的型分子送達技術の開発」、化学工業 65巻6号 p418-423 株式会社 化学工業社 (2014)
  7. 山田勇磨 「ミトコンドリア標的型ナノデバイス"MITO-Porter"の創製」 YAKUGAKU ZASSHI 134 (11): 1143-1155 (2014)
  8. 秋田英万、原島秀吉 「多機能性エンベロープ型ナノデバイス(MEND)を基盤としたナノDDSプラットフォーム」 Bio Clinica 29(12): 28-33 (2014)
  9. 佐藤悠介, 中村孝司, 山田勇磨, 原島秀吉. MENDで拓く遺伝子治療への道. 医薬ジャーナル. (2014) 50(7): 83-87.
  10. 秋田英万 「脂質様サーファクタントから形成される中性ナノ粒子を基盤とした次世代型人工遺伝子ベクターの開発」 医薬ジャーナル 50(7): 89-94 (2014)
  11. 原島秀吉、秋田英万、加藤くみ子、松村保広、片岡一則 「ナノテクノロジーを基盤とした医薬品のレギュラトリーサイエンス研究への取り組み」 Drug Delivery System 29: 217-225 (2014)
  12. 秋田英万 「細胞内環境応答性脂質様サーファクタントを基盤とした遺伝子・核酸ナノDDS」 オレサイエンス in press
  13. 山田勇磨 「ミトコンドリア標的としたドラッグデリバリーシステム(DDS)」 医療薬学ブラッシュアップ講座-次世代医療を担う最新テクノロジー―3 道薬誌31 (1): 32-37 (2014)

著書

  1. 佐藤悠介、中村孝司、山田勇磨、原島秀吉. 特集 Drug delivery system(DDS)の最新展望 「6.MENDで拓く遺伝子治療への道」 医薬ジャーナル 2014年7月号(Vol.50 No.7) P83(1771)~87(1775) 株式会社医薬ジャーナル社
  2. Sato Y, Nakamura T, Yamada Y, Akita H, Harashima H. Multifunctional enveloped nanodevices (MENDs). Non-Viral Vectors for Gene Therapy. Ed. By Leaf Huang, Ernst Wagner and Dexi Liu. Adv Genet 88: 139-204 (2014). Elsevier. [PubMed ID: 25409606]
  3. 中村孝司、梶本和昭、原島秀吉 第16章 遺伝子・核酸医薬品の新規投与形態の開発 「1 遺伝子の体内動態・細胞内動態制御システムの構築とその最適化」 p22-230 非経口投与製剤の開発と応用 -次世代型医薬品の新規投与形態の開拓を目指して- (山本昌 監修)シーエム

受賞

  1. 山田勇磨 2014年5月 日本薬剤学会奨励賞 (The APSTJ Award for Young Scientists) 「ミトコンドリアを標的とするDrug Delivery Systemの開発」
  2. 山田勇磨 2014年3月 日本薬学会奨励賞 (The Pharmaceutical Society of Japan Award for Young Scientists) 「ミトコンドリア標的型ナノデバイス”MITO-Porter”の創製」

その他

  1. 山田勇磨. 奨励賞受賞研究 「ミトコンドリア標的型ナノデバイス”MITO-Porter”の創製」、「日本薬学会第134年会」. 薬事日報2014年3月24日
  2. 山田勇磨. 【研究戦略 YAKU学】 No. 75 「ミトコンドリア標的型ナノカプセル (MITO-Porter) -ミトコンドリアに薬物・タンパク質・核酸を導入する技術-. 薬事日報2014年7月14日

招待講演

  1. 原島秀吉、多機能性エンベロープ型ナノ構造体による遺伝子デリバリーとナノ医療への展開、第33回日本認知症学会学術集会、シンポジウム6:核酸創薬とドラッグデリバリーシステムの革新による認知症の遺伝子治療への道、2014年11月29日、横浜パシフィコ
  2. Hideyoshi Harashima, Multifunctional Envelope-typ Nano Device for Nanomedicine, Workshop on global future healthcare on materials science and engineering. October 21, 2014, Interdisciplinary Graduate School, NTU, Singapore.
  3. Hideyoshi Harashima, Multifunctional Envelope-type Nano Device for gene delivery: Concept and application for Nanomedicine. The 11th France – Japan DDS Symposium. Recent Achievements and Future Challenges in Drug Delivery Reseach. October 7th, 2014, Awaji Yumebutai International Conference Center, Japan.
  4. 原島秀吉、多機能性エンベロープ型ナノ構造体の創製とナノメディシンへの応用、化学とマイクロ・ナノシステム学会第30回研究会、2014年10月2日、北海道大学フロンティア応用化学研究棟
  5. 原島秀吉、多機能性エンベロープ型ナノ構造体の開発とナノメディシンへの展開、第3回創薬イノベーション懇話会in札幌、2014年9月26日、塩野義創薬イノベーションセンター
  6. 梶本和昭. “脂肪組織の血管を標的とするナノ医療戦略.” 日本油化学会第53回年会 オレオナノサイエンス部会ランチョンシンポジュウム「新たな医療のディメンジョンを模索するオレオナノサイエンス」, 2014年9月10日(札幌)
  7. 中村孝司、樹状細胞への高効率、低毒性のsiRNA導入を可能にするデリバリーシステム 北海道地域3大学2公設試 新技術説明会、2014年9月8日、東京
  8. 原島秀吉、遺伝子・核酸デリバリーシステムの開発とナノメディシンへの展開 平成26年度未踏科学サマー道場、次世代バイオマテリアルとその応用、2014年8月31日、湘南国際村センター
  9. Hideyoshi Harashima, Multifunctional envelope-type nano device for gene delivery: Concept and application for Nanomedicine, 2014, August 8th, National Yang-Ming University, Taiwan
  10. 秋田英万 ナノDDSを実現する添加剤としての細胞内環境応答性脂質様サーファクタントの提案 日本DDS学会. 2014年7月30-31日. 東京(慶応義塾大学)
  11. 山田 勇磨 ミトコンドリア標的型核酸ナノキャリアの開発と今後の展開 特別シンポジウムⅡ日本DDS学会これからの30年 第30回日本DDS学会.、2014年7月31日、慶應義塾大学、東京
  12. Hidetaka Akita. “A neutral liposomal nanoparticle formed with pH-responsive and SS-cleavable lipid-like materials as a platform for gene delivery” July 2-4. 2014 (Korea)
  13. 原島秀吉、「血管を標的とする革新的医薬品分子送達方の基盤技術の確立」のまとめと「血管を標的とするナノ医療の実用化に向けた拠点形成」へ向けて、公開シンポジウム「血管を標的とするナノ医療の実用化に向けた拠点形成、2014年6月27日、北海道大学
  14. 梶本和昭. “脂肪血管を標的とするナノ医療戦略.” 公開シンポジウム「血管を標的とするナノ医療の実用化に向けた拠点形成〜がんを始めとする国民病を血管から治療する〜」, 2014年6月27日(札幌)
  15. Hideyoshi Harashima and Yuma Yamada, MITO-Porter: Membrane-type nano device for mitochondrial drug delivery via membrane fusion, June 19th, 2014, Tampere, Finland
  16. 山田勇磨. ミトコンドリアを標的とするDrug Delivery Systemの開発 奨励賞受賞講演 日本薬剤学会 第29年会、2014年5月21日、大宮ソニックシティビル、さいたま
  17. 原島秀吉、多機能性エンベロープ型ナノ構造体の創製とナノ医療への展開、BIO-3: ナノテクノロジーがもたらす革新的医薬品開発、2014年5月15日、東京ビッグサイト
  18. Akita H. A neutral envelope-type nanoparticle formed with pH-responsive and SS-cleavable lipid-like materials as a novel platform for the delivery of genes and nucleic acids. 2014 International Advanced Drug Delivery Symposium. April 29-30, 2014. Taiwan (Shinchu)
  19. Hideyoshi Harashima, Breakthrough technology based on controlled intracellular trafficking of functional nucleic acids with MEND, April 15th, 2014, Melbourne, Australia
  20. 山田勇磨 ミトコンドリア標的型ナノデバイス”MITO-Porter”の創製 奨励賞受賞講演 日本薬学会第134年会、2014年3月28日、ホテル日航熊本、熊本
  21. Akita H A neutral envelope-type nanoparticle formed with pH-responsive and SS-cleavable lipid-like materials as a novel platform for the gene delivery. 2nd CRED Sympodium for Academic Drug Discovery. 2014年2月24日. 北海道大学
  22. Yamada Y. MITO-Porter, a mitochondrial drug delivery system toward innovative medicine and therapy. 2nd CRED Symposium for Academic Drug Discovery. Feb. 24, 2014, Hokkaido University, Sapporo.
  23. Kajimoto K. “New Approach in Obesity Therapy via a Vascular-targeted Nanoparticulate System.” IBC’s 6th Annual AsiaTIDES, February 26, 2014 Sheraton Miyako Hotel, Tokyo
  24. Kajimoto K. “Vascular-targeted nanotherapy for control of obesity.” The 20th Pharmascience Forum, February 24th, 2014 (Sapporo)
  25. Akita H. “A neutral envelope-type nanoparticle formed with pH-responsive and SS-cleavable lipid-like materials as a novel platform for the gene delivery” The 20th Pharmascience Forum, February 24th, 2014 (Sapporo)
  26. Yamada Y. MITO-Porter, Liposome-Based Nano Device for Mitochondrial Control. iCeMS-RIKEN Joint Symposium on Mesoscopic Chemical Biology- Integrated Chemical-Physical Systems Towards Cell Control. Feb. 7, 2014, Kyoto University Kyoto.
  27. 原島秀吉、多機能性エンベロープ型ナノ構造体の創製とナノ医療への展開、日本化薬講演会、2014年1月29日、日本化薬医薬開発本部
  28. 原島秀吉、多機能性エンベロープ型ナノ構造体の創製とナノ医療への展開、第10回レギュラトリーサイエンス学会シンポジウム~ナノメディシンの実現に向けて~、2014年1月16日、一橋講堂
  29. Harashima H, Yamada Y. MITO-Porter: Membrane-type nano device for mitochondrial drug delivery via membrane fusion. Euromit 2014. June 19, 2014, Tampere, Finland.

国際発表

  1. Kawamura E, Yamada Y, Furukawa R, Harashima H. Targeted delivery of nucleic acids using mitochondrial delivery system and regulation of the mitochondrial function. The 17th Hokkaido University-Seoul National University Joint Symposium, Nov. 28, 2014. Hokkaido University, Sapporo.

国内発表

  1. 中村孝司、吹上雅文、鈴木嘉晃、矢野郁也、宮崎淳、西山博之、赤座英之、原島秀吉 BCG-CWS搭載ナノ粒子の抗膀胱がん作用機序 第7回BCG注入療法研究会、2014年11月21日、如水会館、東京
  2. 宮部寛子、中村孝司、兵藤守、佐藤悠介、早川芳宏、原島秀吉 pH応答性脂質を用いたcyclic di-GMPの効率的DDSの構築と癌治療への応用 第36回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム、2014年11月20日-21日、徳島大学大塚講堂、藤井節郎記念ホール、徳島
  3. 藁科翔太、中村孝司、佐藤悠介、兵藤守、畠山浩人、原島秀吉 免疫応答の増強を可能とするエンドソーム脱出促進型siRNAナノキャリアの開発 第36回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム、2014年11月20日-21日、徳島大学大塚講堂、藤井節郎記念ホール、徳島
  4. 田端麻衣、山田勇磨、阿部二郎、野村政壽、原島秀吉. 膵β細胞を標的とした核酸送達キャリアの構築およびin vivoへの応用. 第36回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム、2014年11月21日、徳島大学大塚講堂、藤井節郎記念ホール、徳島
  5. 秋田英万、野口裕生、丹下耕太、中井悠太、原島秀吉 細胞内微小環境応答性脂質様サーファクタントを基盤とした核酸デリバリー、第36回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム、 2014年11月20日、徳島大学大塚講堂、藤井節郎記念ホール、徳島
  6. 三浦尚也、秋田英万、Sharif Shaheen、中村孝司、原島秀吉 KALA修飾型脂質膜構造体のDNA・蛋白ワクチンとしての応用、第36回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム、 2014年11月20日、徳島大学大塚講堂、藤井節郎記念ホール、徳島 
  7. 梶本和昭, 南美宇, 原島秀吉. “脂肪細胞へのsiRNA導入による脂肪酸結合タンパク質FABP4の機能解析.” 第36回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2014年11月20日、徳島大学大塚講堂、藤井節郎記念ホール、徳島
  8. 秋田英万、富樫亮平、石破諒平、丹下耕太、中井悠太、原島秀吉 細胞内環境応答性脂質様サーファクタントから形成されるナノ粒子を用いた癌への遺伝子デリバリー、第8回 次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム、2014年11月15-16日、熊本大学、熊本
  9. 秋田英万,鵜川真実、野口裕生、富樫亮平、中谷太一、田中浩揮、石破諒平、丹下耕太、 中井悠太、原島秀吉 細胞内環境応答性脂質様サーファクタントを基盤とした遺伝子・核酸デリバリー、アンチセンス・遺伝子・デリバリーシンポジウム2014、2014年9月8-9日、日本医科歯科大学、東京
  10. 中谷太一、秋田英万、丹下耕太、中井悠太、原島秀吉、脂溶性ビタミン足場型中性脂質様材料を用いた遺伝子封入粒子の脳内機能評価 日本DDS学会、 2014年7月30-31日、慶応義塾大学、東京
  11. 福田豊、山田勇磨、原島秀吉. ミトコンドリア(Mt)膜融合能特性の解析およびMt⼆層膜構造を突破する核酸送達システムの開発. 第30回日本DDS学会、2014年7月30-31日、慶応義塾大学、 東京
  12. 福田豊、山田勇磨、原島秀吉. ミトコンドリア(Mt)膜融合性特性の解析およびMtマトリクス標的型キャリアの開発. 日本薬学会北海道支部第141回例会、2014年5月24日、札幌コンベンションセンター、札幌
  13. 秋田英万、石破諒平、富樫亮平、丹下耕太, 中井悠太、原島秀吉 ビタミンEを足場とする細胞内環境応答性脂質様材料から形成されるナノ粒子を用いた癌への遺伝子デリバリー、日本薬剤学会第29年会、2014年5月20-22日、大宮ソニックシティビル、さいたま
  14. サンチワラングール サロシン、楠本憲司、秋田英万、原島秀吉、GALA修飾を施した脂質エンベロープ型ナノ粒子を用いた肺血管内皮細胞へのsiRNAデリバリー、日本薬剤学会第29年会、2014年5月20-22日、大宮ソニックシティビル、さいたま
  15. 中村孝司、黒井萌花、原島秀吉 ナノ粒子を用いた脂質抗原の細胞内動態制御が脂質抗原提示に与える影響 日本薬剤学会第29年会、2014年5月20日-22日、大宮ソニックシティビル、さいたま
  16. 中村孝司、山崎大樹、山内順、原島秀吉 オクタアルギニン修飾ナノ粒子によるNKT細胞を介した癌免疫療法の増強 日本薬学会第134年会、2014年3月27-30日、熊本大学、熊本
  17. 黒井萌花、中村孝司、原島秀吉 脂質抗原搭載リポソームの性質が抗原提示に与える影響 日本薬学会第134年会、2014年3月27-30日、熊本大学、熊本
  18. 山田朝子、光枝亜佐子、濱進、中村孝司、原島秀吉、小暮健太朗 遺伝子送達効率の向上を目的とした3枚膜被覆ナノ粒子の構築 日本薬学会第134年会、2014年3月27-30日、熊本大学、熊本
  19. 芳賀 早苗、小澤 岳昌、山田 勇磨、森田 直樹、野田 なつみ、尾崎 倫孝. p62/SQSTM1が制御する肝細胞障害機序の解析.第21回肝細胞研究会、2014年6月27日、東京.

その他

  1. 山田勇磨 ミトコンドリア標的型分子送達技術(薬物・タンパク質・核酸)の開発  第3回 JST発 新技術説明会、2014年3月11日、JST東京別館ホール、東京

▲ Page Up

2013年

原著論文

  1. Kuraya D, Watanabe M, Koshizuka Y, Ogura M, Yoshida T, Asahi Y, Kamachi H, Nakamura T, Harashima H, Ozaki M, Umezawa K, Matsushita M, Yamashita K, Todo S. Efficacy of DHMEQ, a NF-kappaB inhibitor, in islet transplantation: I. HMGB1 suppression by DHMEQ prevents early islet graft damage. Transplantation 96: 445-453 (2013). [PubMed ID: 23900151]
  2. Yamada Y, Hashida M, Hayashi Y, Tabata M, Hyodo M, Ara MN, Ohga N, Hida K, Harashima H. An approach to transgene expression in liver endothelial cells using a liposome-based gene vector coated with hyaluronic acid. J Pharm Sci 102: 3119-3127 (2013). [PubMed ID: 23471825]
  3. Yamada Y, Harashima H. Enhancement in selective mitochondrial association by direct modification of a mitochondrial targeting signal peptide on a liposomal based nanocarrier. Mitochondrion 13: 526-532 (2013). [PubMed ID: 23000575]
  4. Hossen N, Kajimoto K, Akita H, Hyodo M, Harashima H. A comparative study between nanoparticle-targeted therapeutics and bioconjugates as obesity medication. J Control Release 171: 104-112 (2013). [PubMed ID: 23871959]
  5. Nakamura T, Yamazaki D, Yamauchi J, Harashima H. The nanoparticulation by octaarginine-modified liposome improves alpha-galactosylceramide-mediated antitumor therapy via systemic administration. J Control Release 171: 216-224 (2013). [PubMed ID: 23860186]
  6. Togashi R, Akita H, Harashima H. Production of small nano-sized particles by complex formation between polycations and linearized plasmid DNA at a low pH. J Biosci Bioeng 116: 528-531 (2013). [PubMed ID: 23684164]
  7. Akhter A, Hayashi Y, Sakurai Y, Ohga N, Hida K, Harashima H. A liposomal delivery system that targets liver endothelial cells based on a new peptide motif present in the ApoB-100 sequence. Int J Pharm 456: 195-201 (2013). [PubMed ID: 23933440]
  8. Kawamura E, Yamada Y, Harashima H. Mitochondrial targeting functional peptides as potential devices for the mitochondrial delivery of a DF-MITO-Porter. Mitochondrion 13: 610-614 (2013). [PubMed ID: 24012978]
  9. Akita H, Ishii S, Miura N, Shaheen SM, Hayashi Y, Nakamura T, Kaji N, Baba Y, Harashima H. A DNA microarray-based analysis of immune-stimulatory and transcriptional responses of dendritic cells to KALA-modified nanoparticles. Biomaterials 34: 8979-8990 (2013). [PubMed ID: 23968857]
  10. Kawamura E, Yamada Y, Yasuzaki Y, Hyodo M, Harashima H. Intracellular observation of nanocarriers modified with a mitochondrial targeting signal peptide. J Biosci Bioeng 116: 634-637 (2013). [PubMed ID: 23735326]
  11. Yamada Y, Nakamura K, Furukawa R, Kawamura E, Moriwaki T, Matsumoto K, Okuda K, Shindo M, Harashima H. Mitochondrial delivery of bongkrekic acid using a MITO-Porter prevents the induction of apoptosis in human HeLa cells. J Pharm Sci 102: 1008-1015 (2013). [PubMed ID: 23315986]
  12. Hossen MN, Kajimoto K, Akita H, Hyodo M, Ishitsuka T, Harashima H. Therapeutic assessment of cytochrome C for the prevention of obesity through endothelial cell-targeted nanoparticulate system. Mol Ther 21: 533-541 (2013). [PubMed ID: 23295953]
  13. Togashi R, Harashima H, Kamiya H. Correlation between transgen expression and plasmid DNA loss in mouse liver. J Gene Med 15: 242-248 (2013). [PubMed ID: 23765503]
  14. Sakurai Y, Hatakeyama H, Sato Y, Hyodo M, Akita H, Harashima H. Gene silencing via RNAi and siRNA quantification in tumor tissue using MEND, a liposomal siRNA delivery system. Mol Ther 21: 1195-1203 (2013). [PubMed ID: 23568259]
  15. Kibria G, Hatakeyama H, Ohga N, Hida K, Harashima H. The effect of liposomal size on the targeted delivery of doxorubicin to Integrin alphavbeta3-expressing tumor endothelial cells. Biomaterials 34: 5617-5627 (2013). [PubMed ID: 23623323]
  16. Nakamura T, Moriguchi R, Kogure K, Harashima H. Incorporation of polyinosine-polycytidylic acid enhances cytotoxic T cell activity and antitumor effects by octaarginine-modified liposomes encapsulating antigen, but not by octaarginine-modified antigen complex. Int J Pharm 441: 476-481 (2013). [PubMed ID: 23159346]
  17. Toriyabe N, Hayashi Y, Harashima H. The transfection activity of R8-modified nanoparticles and siRNA condensation using pH sensitive stearylated-octahistidine. Biomaterials 34: 1337-1343 (2013). [PubMed ID: 23141897]
  18. Akita H, Enoto K, Tanaka H, Harashima H. Particle tracking analysis for the intracellular trafficking of nanoparticles modified with African swine fever virus protein p54-derived peptide. Mol Ther 21: 309-317 (2013). [PubMed ID: 23164937]
  19. Yasuzaki Y, Yamada Y, Kanefuji T, Harashima H. Localization of exogenous DNA to mitochondria in skeletal muscle following hydrodynamic limb vein injection. J Control Release 172: 805-811 (2013). [PubMed ID: 24100263]
  20. Takahashi M, Yamada N, Hatakeyama H, Murata M, Sato Y, Minakawa N, Harashima H, Matsuda A. In vitro optimization of 2'-OMe-4'-thioribonucleoside-modified anti-microRNA oligonucleotides and its targeting delivery to mouse liver using a liposomal nanoparticle. Nucleic Acids Res 41: 10659-10667 (2013). [PubMed ID: 24030710]
  21. Akita H, Ishiba R, Hatakeyama H, Tanaka H, Sato Y, Tange K, Arai M, Kubo K, Harashima H. A neutral envelope-type nanoparticle containing pH-responsive and SS-cleavable lipid-like material as a carrier for plasmid DNA. Adv Healthc Mater 2: 1120-1125 (2013). [PubMed ID: 23386367]
  22. Iida S, Kamiya H, Nakaya A, Hayashi Y, Sawada A, Kaji N, Baba Y, Harashima H. Reduced plasma glucose by asparagine synthetase knockdown in the mouse liver. Biol Pharm Bull 36: 2009-2011 (2013). [PubMed ID: 24292060]
  23. Yamada Y, Suzuki R, Harashima H. Investigation of siRNA Nanoparticle Formation Using Mono-Cationic Detergents and Its Use in Gene Silencing in Human HeLa Cells. Cancers (Basel) 5: 1413-1425 (2013). [PubMed ID: 24202451]
  24. Morita D, Miyamoto A, Hattori Y, Komori T, Nakamura T, Igarashi T, Harashima H, Sugita M. Th1-skewed tissue responses to a mycolyl glycolipid in mycobacteria-infected rhesus macaques. Biochem Biophys Res Commun 441: 108-113 (2013). [PubMed ID: 24134838]
  25. Kusumoto K, Akita H, Ishitsuka T, Matsumoto Y, Nomoto T, Furukawa R, El-Sayed A, Hatakeyama H, Kajimoto K, Yamada Y, Kataoka K, Harashima H. Lipid envelope-type nanoparticle incorporating a multifunctional peptide for systemic siRNA delivery to the pulmonary endothelium. ACS Nano 7: 7534-7541 (2013). [PubMed ID: 23909689]
  26. Mitsueda A, Shimatani Y, Ito M, Ohgita T, Yamada A, Hama S, Graslund A, Lindberg S, Langel U, Harashima H, Nakase I, Futaki S, Kogure K. Development of a novel nanoparticle by dual modificatgion with the pluripotential cell-penetrating peptide PepFect6 for cellular uptake, endosomal escape, and decondensation of an siRNA core complex. Biopolymers 100: 698-704 (2013). [PubMed ID: 23893316]
  27. Kamiya H, Miyamoto S, Goto H, Kanda GN, Kobayashi M, Matsuoka I, Harashima H. Enhanced transgene expression from chromatinized plasmid DNA in mouse liver. Int J Pharm 441: 146-150 (2013). [PubMed ID: 23247018]
  28. Morita D, Hattori Y, Nakamura T, Igarashi T, Harashima H, Sugita M. Major T cell response to a mycolyl glycolipid is mediated by CD1c molecules in rhesus macaque monkeys. Infect Immun 81: 311-316 (2013). [PubMed ID: 23132493]

総説論文

  1. El-Sayed A, Harashima H. Endocytosis of gene delivery vectors: from clathrin-dependent to lipid raft-mediated endocytosis. Mol Ther 21: 1118-1130 (2013). [PubMed ID: 23587924]
  2. Hatakeyama H, Akita H, Harashima H. The polyethyleneglycol dilemma: advantage and disadvantage of PEGylation of liposomes for systemic genes and nucleic acids delivery to tumors. Biol Pharm Bull 36: 892-899 (2013). [PubMed ID: 23727912]
  3. Kajimoto K, Hossen MN, Hrashima H. Antiangiogenic nanotherapy for the control of obesity. Nanomedicine (Lond) 8: 671-673 (2013). [PubMed ID: 23656260]
  4. 秋田英万 「細胞内イメージングを駆使したナノ粒子動態解析情報に基づく遺伝子送達用ベクターの創出 第5回日本DDS学会奨励賞によせて」 Drug Delivery System. Vol 28(4) 355-362 (2013)

著書

  1. 中村孝司、梶本和昭、原島秀吉、ファインケミカルシリーズ、非経口投与製剤の開発と応用~次世代型医薬品の新規投与携帯の開拓を目指して~ 監修:山本昌、遺伝子の体内動態・細胞内動態制御システムの構築とその最適化、pp225-230 (2013)、株式会社エヌ・ティー・エス
  2. 小暮健太朗、原島秀吉、毛髪再生の最前線、第11章 人工遺伝子デリバリーシステムMENDによる毛孔内へのBMPR1A遺伝子の送達、pp. 101-108 (2013)、株式会社シーエムシー出版
  3. 秋田英万、山田勇磨、畠山浩人、林泰弘、原島秀吉.  応用が拡がるDDS. 第6章 遺伝子治療におけるDDS. 1. 非ウイルスベクター、編集:寺田弘、中川晋作、辻孝三、牧野公子、絹田精鎮、西野敦、pp. 169-179 (2013)、株式会社エヌ・ティー・エス

受賞

  1. Harashima H. Fellow from Controlled Release Society, July 21st, 2013, Hawaii 
  2. 秋田英万 2013年7月5日 第5回日本DDS学会奨励賞 「細胞内イメージングを駆使したナノ粒子動態解析情報に基づく遺伝子送達ナノ粒子の創出」
  3. 佐藤悠介 2013年7月6日 第29回日本DDS学会学術集会 優秀発表者賞
  4. 田端麻衣 日本薬学会北海道支部第140回例会、学生優秀発表賞

招待講演

  1. 原島秀吉、多機能性エンベロープ型ナノ構造体の開発とナノ医療への応用、第16回ヒューマンサイエンス総合研究ワークショップ:ナノバイオテクノロジーはどこまで医療に貢献できるか、~現状と展望~2013年12月25日、ソラシティカンファレンスホール、東京
  2. 原島秀吉、多機能性エンベロープ型ナノ構造体の開発とナノ医療への展開、次世代バイオ医薬品の俯瞰に関するワークショップ:DDS化技術/薬物輸送システムの開発、2013年12月19日、JST東京別館、東京
  3. 原島秀吉、多機能性エンベロープ型ナノ構造体の開発と肝臓疾患への応用、第19回日本肝臓医生物学研究会(プロメテウスの会)、2013年11月30日、北海道大学医学部講堂、札幌
  4. 原島秀吉、多機能性エンベロープ型ナノ構造体の開発とナノ医療への応用、創薬技術調査ワーキンググループ勉強会、2013年11月26日、東京
  5. Hideyoshi Harashima, Contribution to Regulatory Sciences from Academia in Nanomedicine, The 4th Asia Pacific Pharmacy Education Workshop, November 24th to 26th, 2013, Tokyo, Japan
  6. 秋田英万 細胞内ナノ環境応答性ユニットを搭載した脂質様サーファクタントの開発とDDS用技術への展開DDS technology based on the lipid-like surfactant mounting the intracellular nano environment-responsive units. 第7回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム(学際研究イニシアチブセッション) 2013年11月24日、東北大学、仙台
  7. 原島秀吉、多機能性エンベロープ型ナノ構造体の開発とナノ医療への応用、新適塾、「未来創薬への誘い」第24回会合、2013年10月30日、千里ライフサイエンスセンターホール、豊中
  8. Hideyoshi Harashima, Multifunctional Envelope-type Nano Device for non-viral gene delivery: Concept and Application for Nanomedicine, The 4th International Advanced Biomaterials Symposium 2013, September 30, 2013, Changchun, China
  9. 原島秀吉、中村孝司、赤座英之、矢野郁也 BCG成分搭載ナノ粒子を用いた膀胱癌治療剤の開発 第62回高分子討論会、2013年9月12日、金沢大学、金沢
  10. Akita H, A neutral envelope-type nanoparticle containing pH-responsive and SS-cleavable lipid-like materials for control of intracellular gene trafficking. 15th Asian Chemical Congress. August 19-23, 2013. Resorts World Sentosa, Singapore
  11. 原島秀吉、多機能性エンベロープ型ナノ構造体が拓くナノ医療、分子薬剤学 東北セミナー東北大学大学院薬学研究科薬物送達学分野、2013年8月10日、仙台勝山館、仙台
  12. H. Harashima, Multifunctional Envelope-type Nano Device for non-viral gene delivery: Concept and application for Nanomedicine, Individualized Pharmaceutics for Optimized Drug Delivery, Memorial Symposium for Professor Chan-Koo Shim, July 11, 2013, Soul National University
  13. 秋田英万  細胞内イメージングを駆使したナノ粒子動態解析情報に基づく遺伝子送達ナノ粒子の創出 第5回日本DDS学会奨励賞(基礎)受賞講演 第29回日本DDS学会学術集会.2013年7月5日、京都テルサ、京都
  14. 秋田英万、原島秀吉、人工遺伝子デリバリーシステムの体内動態・細胞内動態の可視化と最適化、第29回日本DDS学会(ワークショップ)、2013年7月5日、京都テルサ、京都
  15. 原島秀吉、細胞内動態制御に魅せられて、徳島リポソーム研究会・特別シンポジウム~脂質・リポソーム・DDS研究の最前線~、2013年4月27日、徳島大学薬学部長井記念ホール、徳島
  16. 原島秀吉、ナノテクノロジーを基盤とした革新的医薬品に関する評価方法、日本薬学会第133年会(シンポジウム)2013年3月29日、横浜パシフィコ、横浜
  17. H. Harashima, Multifunctional Envelope-type Nano Device for non-viral gene delivery: Concept and application for Nanomedicine, March 19-22, 2013, Tsukuba International Congress Center.
  18. H. Harashima, Multifunctional Envelope-type Nano Device for Nanomedicine, The 16th International Symposium on Recent Advances in Drug Delivery System, February 4th, 2013, Sheraton Salt Lake City Hotel, Utah.
  19. H. Harashima, Multifunctional Envelope-type Nano Device for Nanomedicine, The 1st IBN International Symposium, Nanosystems for Biomedical Applications, January 11th, 2013, The Matrix in Biopolis, Singapore.
  20. 山田 勇磨 ミトコンドリア標的型核酸ナノキャリアの開発および遺伝子治療への挑戦 ワークショップ3 「遺伝子・核酸デリバリーシステム」 第29回日本DDS学会、 2013年7月5日、京都テルサ、京都
  21. 山田勇磨 臨床教員のしごと: -医療現場と薬学研究の架け橋- 岩手医科大学薬学部教員講演会、2013年6月14日、岩手医科大学薬学部、岩手
  22. 山田勇磨 医療現場と薬学研究の架け橋 岩手医科大学薬学部創剤学講座 創設5周年記念シンポジウム、2013年6月15日、岩手医科大学薬学部、岩手
  23. 山田勇磨 ミトコンドリアDDSが創る未来医療 北海道大学病院・小児科主催・月曜集談会、2013年8月18日、北海道大学医学部、札幌

国際発表

  1. Nakamura T, Yamazaki D, Yamauchi J, Harashima H The nanoparticulation of α-galactosylceramide by octaarginine-modified liposome enhances α-galactosylceramide mediated antitumor effects in an experimental lung metastasis model 40th Annual Meeting & Exposition of the Controlled Release Society (Honolulu, Hawaii, USA, July 21-24, 2013)
  2. Hiroki Tanaka, Hidetaka Akita, Ryohei Ishiba, Kota Tange, Masaya Arai, Kazuhiro Kubo and Hideyoshi Harashima. Gene delivery using lipid-like material composed of fat soluble vitamin. 40th Annual Meeting & Exposition of the Controlled Release Society. July 21-24, 2013. Honolulu, Hawaii, USA.
  3. Ukawa M, Akita H, Hayashi Y, Ishiba R, Tange K, Arai M, Kubo K, Higuchi Y, Shimizu K, Konishi S, Hashida M, Harashima H Neutralized lipid envelope-type nanoparticle encapsulating pDNA as a liver-specific and long-lasting gene expression 40th Annual Meeting & Exposition of the Controlled Release Society. July 21-24, 2013. Honolulu, Hawaii, USA.
  4. Togashi R, Hidetaka A, Kamiya H, Harashima H The effect of plasmid DNA sequence on gene expression and polycation complex formation 40th Annual Meeting & Exposition of the Controlled Release Society. July 21-24, 2013. Honolulu, Hawaii, USA.
  5. Akita H, Ishiba R, Hatakeyama H, Tanaka H, Sato Y, Tange K, Arai M, Kubo K, Harashima H. A neutral envelope-type nanoparticle containing pH-responsive and SS-cleavable lipid-like materials as a carrier for plasmid DNA 40th Annual Meeting & Exposition of the Controlled Release Society. July 21-24, 2013. Honolulu, Hawaii, USA.
  6. Nakamura T, Yamazaki D, Yamauchi J, Harashima H The nanoparticulation of α-galactosylceramide by octaarginine-modified liposome enhances α-galactosylceramide mediated antitumor effects in an experimental lung metastasis model 40th Annual Meeting & Exposition of the Controlled Release Society. July 21-24, 2013. Honolulu, Hawaii, USA.
  7. Suemitsu E, Hayashi Y, Kajimoto K, Sato Y, Akhter A, Sakurai Y, Hatakeyama H, Hyodo M, Harashima H, A new approach for innovative nanomedicine of type 2 diabetes in combination with DNA microarray and in vivo siRNA delivery, 40th Annual Meeting & Exposition of the Controlled Release Society, July 21-24, 2013. Honolulu, Hawaii, USA.
  8. Hossen MN, Kajimoto K, Akita H, Hyodo M, Hatashima H, Effect of a nanoparticle-based multivalent targeted proapoptotic peptide on obesity, 40th Annual Meeting & Exposition of the Controlled Release Society, July 21-24, 2013. Honolulu, Hawaii, USA.
  9. Kawamura E, Yamada Y, Harashima H. Improvement of mitochondrial targeting activity of MITO-Porter using functional peptides. 40th Annual Meeting & Exposition of the Controlled Release Society. July 21–24, 2013, Honolulu, Hawaii, USA.
  10. Yamada Y, Furukawa R, Kawamura E, Harashima H. An approach to mitochondrial genesilencing by the mitochondrial delivery of anti-sense RNA. 40th Annual Meeting & Exposition of the Controlled Release Society. July 21–24, 2013, Honolulu, Hawaii, USA.

国内発表

  1. 秋田英万ナノ粒子の細胞内動態制御技術;エンベロープ型遺伝子封入ナノ粒子を利用したDNAワクチンを中心として北海道地域 新技術説明会、2013年11月29日、東京
  2. 秋田英万 細胞内ナノ環境応答性ユニットを搭載した脂質様サーファクタントの開発とDDS用技術への展開DDS technology based on the lipid-like surfactant mounting the intracellular nano environment-responsive units. 第7回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム(学際研究イニシアチブセッション) 、2013年11月24日、東北大学、仙台
  3. 中村孝司、吹上雅文、中谷彰洋、矢野郁也、宮崎淳、西山博之、赤座英之、伊藤俊宏、細川裕之、中山俊憲、原島秀吉 BCG-CWS搭載ナノ粒子を基盤とした膀胱癌治療剤の開発 第6回BCG注入療法研究会、2013年11月22日、如水会館、東京
  4. 秋田英万、三浦 尚也、中村孝司、原島秀吉 樹状細胞への効率的な抗原提示を可能とするKALA修飾抗原封入リポソームの創製 Development of KALA-modified liposome as the antigen- delivery system for dendritic cells. 第72回日本癌学会学術総会2013年10月3-5日、パシフィコ横浜、横浜
  5. 三浦尚也、秋田英万、中村孝司、原島秀吉 樹状細胞に対するpDNA及びKALAペプチドの免疫活性可能評価 Evaluation of dendritic cells activation by plasmid DNA and KALA peptide. 第72回日本癌学会学術総会(Posters)2013年10月3-5日、パシフィコ横浜、横浜
  6. 秋田英万 pH感受性脂質様サーファクタント膜から形成される中性粒子を用いた遺伝子デリバリー 遺伝子・デリバリー研究会 第13回夏期セミナー 2013年7月24日、Honolulu, Hawaii, USA
  7. 三浦尚也、秋田英万、石井聡一郎、シャリフシャヒーン、中村孝司、原島秀吉. 樹状細胞に対するKALA修飾MENDの免疫活性化能評価. 医療薬学フォーラム2013 第21回クリニカルファーマシーシンポジウム. 2013年7月20日、石川県立音楽堂、金沢
  8. 田丸みな、秋田英万、梶本和昭、佐藤悠介、畠山浩人、原島秀吉 ApoEを用いたsiRNAキャリアの脳毛細血管内皮細胞における有用性評価 第29回日本DDS学会学術集会、2013年7月4-5日、京都テルサ、京都
  9. 鵜川真実、秋田英万、林泰弘、石破諒平、丹下耕太、新井将也、久保和弘、樋口ゆり子、清水一憲、小西聡、橋田充、原島秀吉. 細胞内環境応答性を有する脂質様物質を用いた肝臓標的型遺伝子デリバリーシステムの開発.第29回日本DDS学会学術集会、2013年7月4-5日、京都テルサ、京都
  10. 田中浩揮、秋田英万、石破諒平、丹下耕太、新井将也、久保和弘、原島秀吉.脂溶性ビタミンを構造内に含む脂質様物質を用いた遺伝子送達.第29回日本DDS学会学術集会、2013年7月4-5日、京都テルサ、京都 
  11. 三浦尚也、秋田英万、石井聡一郎、シャリフシャヒーン、中村孝司、原島秀吉. 樹状細胞に対するKALA修飾MENDの免疫活性化能評価.第29回日本DDS学会学術集会、2013年7月5日、京都テルサ、京都
  12. 冨樫亮平、秋田英万、原島秀吉.プラスミドDNA形状の違いがDNA/ポリカチオン複合体形成に及ぼす影響.第29回日本DDS学会学術集会、2013年 7月5日、京都テルサ、京都
  13. 佐藤悠介、畠山浩人、渡邊綱正、小原道法、原島秀吉 siRNA封入pH応答性MENDによるHCV治療 第29回日本DDS学会学術集会.2013年7月4-5日、京都テルサ、京都
  14. 山田勇磨、 古川亮、原島秀吉. ミトコンドリアを標的とした遺伝子発現制御の試み. 日本薬剤学会第28年会、2013年5月25日、ウインクあいち、名古屋
  15. 櫻井遊、畠山浩人、兵藤守、秋田英万、原島秀吉 腫瘍血管内皮細胞標的型siRNAデリバリーシステムの構築 日本薬剤学会第28年会、2013年5月23-25日、ウインクあいち、名古屋
  16. 末光永理奈、林泰弘、梶本和昭、佐藤悠介、Afsana Akhter、櫻井遊、畠山浩人、兵藤守、加地範匡、馬場嘉信、原島秀吉 DNAマイクロアレイとin vivo siRNA送達システムの融合による新規2型糖尿病治療薬創出 日本薬剤学会第28年会、2013年5月23-25日、ウインクあいち、名古屋
  17. 中村孝司、山崎大樹、山内順、原島秀吉 オクタアルギニン修飾ナノ粒子によるNKT細胞を介した抗腫瘍免疫の促進 日本薬剤学会第28年会、2013年5月23-25日、ウインクあいち、名古屋
  18. 鈴木嘉晃、中村孝司、小野耕平、森口留美子、小暮健太朗、原島秀吉 オクタアルギニン修飾リポソームによるMHCクラスIエピトープの生成亢進 日本薬剤学会第28年会、2013年5月23-25日、ウインクあいち、名古屋
  19. 秋田英万、鵜川真美、林泰弘、石破諒平、丹下耕太、新井将也、久保和弘、樋口ゆり子、清水一憲、小西聡、橋田充、原島秀吉 細胞内崩壊性を有する中性ナノ粒子を用いた肝臓への長期発現型遺伝子デリバリー 日本薬剤学会第28年会、2013年5月23日-25日、ウインクあいち、名古屋
  20. 田端麻衣、山田勇磨、安崎友香理、野村政壽、柴田篤志、佐々木茂樹、原島秀吉 膵β細胞株MIN6細胞を標的としたDDS, β-MENDの構築および核酸導入・機能発現の検証 日本薬学会北海道支部第140回例会、2013年5月17日、札幌コンベンションセンター、札幌
  21. 宮部寛子、兵藤守、中村孝司、佐藤悠介、畠山浩人、原島秀吉、新規アジュバント c-di-GMP の効率的DDSの創製、日本薬学会第133回年会、2013年3月27-30日、パシフィコ横浜、横浜
  22. 田中浩揮、秋田英万、丹下耕太、新井将也、久保和弘、原島秀吉.脂溶性ビタミンを構造内に含む脂質様物質を用いた遺伝子送達.日本薬学会第133年会、2013年3月27-30日 パシフィコ横浜、横浜
  23. 三浦尚也、秋田英万、石井聡一郎、シャリフシャヒーン、原島秀吉.樹状細胞に対するKALA修飾MENDの免疫活性化能評価.日本薬学会第133年会、2013年3月27-30日、パシフィコ横浜、横浜
  24. 冨樫亮平、秋田英万、紙谷浩之、原島秀吉.プラスミドDNA配列の遺伝子発現及び凝集体形成に及ぼす影響.日本薬学会第133年会、2013年3月27-30日、パシフィコ横浜、横浜
  25. 山田勇磨、橋田真裕、原島秀吉. ヒアルロン酸コーティングナノキャリアの細胞内取り込み経路の解析. 日本薬学会 第133年会、2013年3月31日、パシフィコ横浜、横浜.
  26. 田端麻衣、山田勇磨、安崎友香理、野村政壽、原島秀吉. β膵細胞株MIN6を標的とした核酸送達システムの開発. 日本薬学会 第133年会、2013年3月31日、パシフィコ横浜、横浜
  27. 山田朝子、光枝亜佐子、濱進、中村孝司、原島秀吉、小暮健太朗 バイセルを利用したパッチワークMENDの構築 日本薬学会第133年会、2013年3月27-29日、パシフィコ横浜、横浜
  28. 畠山浩人、山本桃子、林泰弘、梶本和昭、加地範匡、馬場嘉信、原島秀吉.網羅的遺伝子発現情報に基づいた遺伝子キャリアの免疫応答メカニズムの解析.日本薬学会第133年会、2013年3月30日、パシフィコ横浜、横浜
  29. 村田真那美、畠山浩人、佐藤悠介、高橋真由美、南川典昭、松田彰、原島秀吉.肝臓を標的とした全身投与型AMOデリバリーシステムの構築.日本薬学会第133年会、2013年3月30日、パシフィコ横浜、横浜

市民講演

  1. 山田勇磨 味覚を科学する- 『良薬は口に苦し』って本当か!! - 北海道大学薬学部SP会平成25年度例会、2013年4月3日、北海道大学薬学部、札幌

▲ Page Up

2012年

原著論文

  1. Hossen MN, Kajimoto K, Akita H, Hyodo M, Harashima H. Vascular-targeted nanotherapy for obesity: unexpected passive targeting mechanism to obese fat for the enhancement of active drug delivery. J Control Release 163: 101-110 (2012). [PubMed ID: 22982237]
  2. Hayashi Y, Mizuno R, Ikramy KA, Akita H, Harashima H. Pretreatment of hepatocyte growth factor gene transfer mediated by octaarginine peptide-modified nanoparticles ameliorates LPS/D-galactosamine-induced hepatitis. Nucleic Acid Ther 22: 360-363 (2012). [PubMed ID: 22963044]
  3. Sato Y, Hatakeyama H, Sakurai Y, Hyodo M, Akita H, Harashima H. A pH-sensitive cationic lipid facilitates the delivery of liposomal siRNA and gene silencing activity in vitro and in vivo. J Control Release 163: 267-276 (2012). [PubMed ID: 23000694]
  4. Kajimoto K, Takayanagi S, Sasaki S, Akita H, Harashima H. RNA interference-based silencing reveals the regulatory role of fatty acid-binding protein 4 in the production of IL-6 and vascular endothelial growth factor in 3T3-L1 adipocytes. Endocrinology 153: 5629-5636 (2012). [PubMed ID: 23008513]
  5. Okamura T, Katayama T, Obinata C, Iso Y, Chiba Y, Kobayashi H, Yamada Y, Harashima H, Minami M. Neuronal injury induces microglial production of macrophage inflammatory protein-1alpha in rat corticostriatal slice cultures. J Neurosci Res 90: 2127-2133 (2012). [PubMed ID: 22791363]
  6. Yamada Y, Nomura T, Harashima H, Yamashita A, Yui N. Post-nuclear gene delivery events for transgene expression by biocleavable polyrotaxanes. Biomaterials 33: 3952-3958 (2012). [PubMed ID: 22386920]
  7. Takahashi M, Nagai C, Hatakeyama H, Minakawa N, Harashima H, Matsuda A. Intracellular stability of 2'-OMe-4'-thioribonucleoside modified siRNA leads to long-term RNAi effect. Nucleic Acids Res 40: 5787-5793 (2012). [PubMed ID: 22411910]
  8. Kanda G, Ochiai H, Harashima H, Kamiya H. CREB-binding protein transcription activation domain for enhanced transgene expression by a positive feedback system. J Biotechnol 157: 7-11 (2012). [PubMed ID: 21963597]
  9. Yamada Y, Harashima H. Delivery of bioactive molecules to the mitochondrial genome using a membrane-fusing, liposome-based carrier, DF-MITO-Porter. Biomaterials 33: 1589-1595 (2012). [PubMed ID: 22105068]
  10. El-Sayed A, Masuda T, Akita H, Harashima H. Stearylated INF7 peptide enhances endosomal escape and gene expression of PEGylated nanoparticles both in vitro and in vivo. J Pharm Sci 101: 879-882 (2012). [PubMed ID: 22086751]
  11. Takara K, Hatakeyama H, Kibria G, Ohga N, Hida K, Harashima H. Size-controlled, dual-ligand modified liposomes that target the tumor vasculature show promise for use in drug-resistant cancer therapy. J Control Release 162: 225-232 (2012). [PubMed ID: 22728515]
  12. Hayashi Y, Noguchi Y, Harashima H. Non-linear pharmacokinetics of octaarginine-modified lipid nanoparticles: barriers from in vitro to in vivo. J Control Release 161: 757-762 (2012). [PubMed ID: 22641061]
  13. Fukunaga S, Kanda G, Tanase J, Harashima H, Ohyama T, Kamiya H. A designed curved DNA sequence remarkably enhances transgene expression from plasmid DNA in mouse liver. Gene Ther 19: 828-835 (2012). [PubMed ID: 21918548]
  14. Yamada Y, Hashida M, Nomura T, Harashima H, Yamasaki Y, Kataoka K, Yamashita A, Katoono R, Yui N. Different mechanisms for nanoparticle formation between pDNA and siRNA using polyrotaxane as the polycation. Chemphyschem 13: 1161-1165 (2012). [PubMed ID: 22383277]
  15. Ara MN, Hyodo M, Ohga N, Hida K, Harashima H. Development of a novel DNA aptamer ligand targeting to primary cultured tumor endothelial cells by a cell-based SELEX method. PLoS One 7: e50174 (2012). [PubMed ID: 23226512]
  16. Kanda GN, Togashi R, Harashima H, Kamiya H. Effects of endogenous proteins and microRNA target sequence in a positive feedback system. Biol Pharm Bull 35: 1534-1538 (2012). [PubMed ID: 22975505]
  17. Kigasawa K, Miyashita M, Kajimoto K, Kanamura K, Harashima H, Kogure K. Efficient intradermal delivery of superoxide dismutase using a combination of liposomes and iontophoresis for protection against UV-induced skin damage. Biol Pharm Bull 35: 781-785 (2012). [PubMed ID: 22687417]
  18. Furukawa R, Yamada Y, Matsushima Y, Goto Y, Harashima H. The manner in which DNA is packaged with TFAM has an impact on transcription activation and inhibition. FEBS Open Bio 2: 145-150 (2012). [PubMed ID: 23650593]
  19. Kawasaki K, Yoneyama M, Murata-Kamiya N, Harashima H, Kojima C, Ito Y, Kamiya H, Mishima M. 1H, 13C and 15N NMR assignments of the Escherichia coli Orf135 protein. Biomol NMR Assign 6:1-4 (2012). [PubMed ID: 21553121]
  20. Yamada Y, Kawamura E, Harashima H. Mitochondrial-targeted DNA delivery using a DF-MITO-Porter, an innovative nano carrier with cytoplasmic and mitochondrial fusogenic envelopes. J Nanopart Res 14: 1013-1028 (2012).
  21. Kitazoe K, Park YS, Kaji N, Okamoto Y, Tokeshi M, Kogure K, Harashima H, Baba Y. Fabrication of functionalized double-lamellar multifunctional envelope-type nanodevices using a microfluidic chip with a chaotic mixer array. PLoS One. 7: e39057 (2012). [PubMed ID: 22723929]
  22. Hama S, Utsumi S, Fukuda Y, Nakayama K, Okamura Y, Tsuchiya H, Fukuzawa K, Harashima H, Kogure K. Development of a novel drug delivery system consisting of an antitumor agent tocopheryl succinate. J Control Release 161: 843-51 (2012). [PubMed ID: 22634091]
  23. Biju V, Anas A, Akita H, Shibu ES, Itoh T, Harashima H, Ishikawa M. FRET from quantum dots to photodecompose undesired acceptors and report the condensation and decondensation of plasmid DNA. ACS Nano 6: 3776-88 (2012). [PubMed ID: 22468986]
  24. Kusumoto K, Akita H, El-Sayed A, Harashima H. Effect of the anchor in polyethylene glycol-lipids on the transfection activity of PEGylated cationic liposomes encapsulating DNA. Biol Pharm Bull 35: 445-448 (2012). [PubMed ID: 22466545]

総説論文

  1. Nakamura T, Akita H, Yamada Y, Hatakeyama H, Harashima H. A multifunctional envelope-type nanodevice for use in nanomedicine: concept and applications. Acc Chem Res 45: 1113-1121 (2012). [PubMed ID: 22324902]
  2. Nakase I, Akita H, Kogure K, Graslund A, Langel U, Harashima H, Futaki S. Efficient intracellular delivery of nucleic acid pharmaceuticals using cell-penetrating peptides. Acc Chem Res 45: 1132-9 (2012). [PubMed ID: 22208383]
  3. Yamada Y, Harashima H. [Targeting mitochondria: innovation from mitochondrial drug delivery system (DDS) to mitochondrial medicine]. Yakugaku Zasshi 132: 1111-1118 (2012). [PubMed ID: 23037696]
  4. Sato Y, Hatakeyama H, Hyodo M, Akita H, Harashima H. [Development of an efficient short interference RNA (siRNA) delivery system with a new pH-sensitive cationic lipid]. Yakugaku Zasshi 132: 1355-1363 (2012). [PubMed ID: 23208041]
  5. Yamada Y, Akita H, Harashima H. Multifunctional envelope-type nano device (MEND) for organelle targeting via a stepwise membrane fusion process. Methods Enzymol 509: 301-326 (2012). [PubMed ID: 22568912]
  6. Ishii T and Sakurai Y. Challenges and new directions for next-generation drug delivery system (DDS) research based on nano-technology. Yakugaku Zasshi. 132:1345-6 (2012). [PubMed ID: 23208039]
  7. Furukawa R, Yamada Y, Harashima H. MITO-Porter; A Cutting-edge Technology for Mitochondrial Gene Therapy. Yakugaku Zasshi. 132: 1389-98 (2012). [PubMed ID: 23208046]
  8. Yamada Y. Mitochondria and drug delivery system. Journal of Pharmaceutical Science and Technology, Japan.72 (1): 53-57 (2012).
  9. Yamada Y, Harashima H. Mitochondrial Delivery of Bioactive Molecules Using Dual Function MITO-Porter Aimed at the Mitochondrial Genome. CRS Newsletter 29(5): 15-17 (2012).
  10. 櫻井遊、畠山浩人、秋田英万、原島秀吉.多機能性エンベロープ型ナノ構造体によるsiRNAデリバリー.生体の科学63(2): 113-119 (2012)
  11. 秋田英万、原島秀吉 特集:次世代医療を拓くナノ粒子の世界~ウイルスとの細胞内動態定量化比較情報に基づく人工遺伝子送達用ナノ粒子の設計~ 高分子 61(8): 533-535 (2012)
  12. 梶本和昭, 兵藤守, 小暮健太朗, 原島秀吉.「DDS技術による遺伝子・核酸医薬の将来」月刊ファインケミカル 特集 先端医療実用化のための最新DDS技術の動向(シーエムシー出版)41(4): 31-36 (2012)
  13. 林泰弘、梶本和昭、原島秀吉. 多機能性エンベロープ型ナノ構造体の創薬への応用. 細胞 44(2):8-11 (2012).
  14. 山田勇磨、野村政壽、原島秀吉、膵島移植とミトコンドリア標的型drug delivery system (DDS)、人工臓器 41(3): 212-214, (2012)

著書

  1. 中村孝司、原島秀吉 「遺伝子治療DDS」最先端材料システムone pointシリーズ(9巻)、ドラッグデリバリーシステム(高分子学会 編集)、p93-114(2012)共立出版
  2. 小暮健太朗、林泰弘、原島秀吉. 秋吉一成、石原一彦、山岡哲二監修 先端バイオマテリアルハンドブック 第3章 DDS用バイオマテリアル 第5節多機能性エンベロープ型ナノ構造体による遺伝子デリバリー、p364-369 (2012) 、株式会社エヌ・ティー・エス
  3. 梶本和昭、原島秀吉. ファインケミカルシリーズ、ペプチド医薬の最前線、
    監修:木曽良明、向井秀仁、第3章 ペプチド創薬に向けてー製剤化・安定化・投与法ー、8. 脂肪血管指向性ペプチドを搭載したナノデバイスによる肥満治療の新戦略、pp166-170 (2012)、シーエムシー出版

その他

  1. 林泰弘. 肝臓を標的としたDDSによる2型糖尿病治療法開発. 北海道医療新聞 2012年6月22日
  2. 山田勇磨 「オルガネラターゲティング(organelle-specific targeting)」、“DDS”用語解説No.212 Drug Delivery System. 27 (1): pp58 (2012).
  3. 山田勇磨 「39th Annual Meeting & Exposition of the Controlled Release Society (CRS)」、学会印象記 Drug Delivery System. 27 (4): pp314-315 (2012).

受賞

  1. 安崎友香理 The 15th Hokkaido University-Seoul National University Joint Symposium Special Recognition Award ‘Nanotechnology for mitochondrial gene delivery toward in vivo gene expression’
  2. 末光永理奈 2012年12月8日 第139回日本薬学会北海道支部例会 学生優秀発表賞 Mogat1 siRNA搭載型in vivoデリバリーシステムを用いた2型糖尿病予防効果の検証
  3. 中村宏平 第138回日本薬学会北海道支部例会 学生優秀発表賞 ボンクレキン酸搭載MITO-Porterの構築および薬物送達における有用性の検証
  4. 櫻井遊 2012年5月24日 日本薬剤学会第27年会 永井財団大学院学生スカラシップ賞 細胞内動態制御に基づくin vivo siRNAデリバリー技術の構築
  5. 中村孝司 2012年5月24日 日本薬剤学会第27年会 最優秀発表者賞
  6. 茂楊紫晴 2012年3月29日 日本薬学会第132年会、学生優秀発表賞 成熟脂肪細胞に対する高効率siRNA導入法の確立

招待講演

  1. 原島秀吉、多機能性エンベロープ型ナノ構造体の創製とナノ医療への展開、第27回日本薬物動態学会、フォーラム:核酸医薬開発の現状と動向、2012年11月22日、東京
  2. 原島秀吉、多機能性エンベロープ型ナノ構造体の創製とナノ医療への展開、文部科学省「革新的ハイパフォーマンス・コンピューティング・インフラ(HPCI)の構築、HPCI戦略分野2「新物質・エネルギー創製」、計算物質科学イニシアティブ(CMSI)、計算分子科学研究拠点 第2回実験化学との交流シンポジウム、2012年11月16日、京都大学福井謙一記念研究センター
  3. 原島秀吉、ナノテクノロジーを基盤とした革新的医薬品に関する評価方法、平成24年度医薬品等審査迅速化事業費補助金、革新的医薬品・医療機器・再生医療製品実用化促進事業、キックオフシンポジウム、2012年11月6日、北海道大学大学院薬学研究院臨床講義室
  4. 原島秀吉、多機能性エンベロープ型ナノ構造体の創製とナノ医療への展開、第3回東京女子医科大学グローバルCOEプログラム再生医療本格化のための集学的教育研究拠点、若手研究者融合合宿in湯河原、2012年10月28日、湯河原
  5. 原島秀吉、多機能性エンベロープ型ナノ構造体の創製とナノ医療への展開、生命医薬情報連合大会、2012年10月15日、東京
  6. Akita H. Design of the pDNA/siRNA-encapsulating lipid nanoparticle for control of the intracellular trafficking, unpacking and bio-interaction. Liposome Research Day 2012, Westlake Musium, Hanzou (China), 2012年10月11日
  7. H. Harashima, Multifunctional Envelope-type Nano Device as gene delivery system for Nanomedicine, The 10th France - Japan DDS Symposium, October 11, 2012, Amsterdam, The Netherland
  8. H. Harashima, Breakthrough Technologies in Gene Delivery for Nanomedicines, FIP Centennial, October 8, 2012, Amsterdam, The Netherland
  9. Akita H. Development of the nanoparticle for DNA vaccine based on the control of intracellular trafficking and signaling. 第71回日本癌学会学術総会 2012年9月20日 札幌
  10. 山田勇磨 ミトコンドリア標的型DDSが拓くミトコンドリア創薬への道 一般シンポジウムS06 [ミトコンドリアへの薬物の作用と創薬について考える] 日本薬学会 第132年会、2012年3月29日、北海道大学、札幌
  11. 古川亮、山田勇磨、原島秀吉 ミトコンドリアを標的とした遺伝子治療にむけて 一般シンポジウムS32 日本薬学会第132年会、2012年3月31日、北海道大学、札幌
  12. Yamada Y. Drug Delivery System and Mitochondria - Approach to Innovation of Mitochondrial Research, Mitochondrial Medicine Development and Mitochondrial Gene Therapy -. Annual Spring Scientific Conference of the Korean Society of Lipidology and Atherosclerosis (KSLA). April 20, 2012, Busan, Korea.
  13. 小林 正紀、山田 勇磨、佐藤 夕紀、井関 健 医療現場で新しい薬剤師職能を開拓する活動(病院オペ室での活動)と教員としての研究教育活動 第22回日本医療薬学会年会 (S1I-2-4)、2012年10月27日、朱鷺メッセ、新潟.
  14. Yamada Y, Harashima H. Mitochondrial Delivery of Nucleic Acids by DF-MITO-Porter toward Mitochondrial Gene Therapy. 3rd World Congress on Targeting Mitochondria. November 9, 2012, Berlin, Germany.
  15. H. Harashima, Multifunctional Envelope-type Nano Device for Non-viral Gene Delivery, IBS 2012 15th International Biotechnology Symposium and Exhibition September 17, 2012, EXCO Daegu, Korea
  16. 原島秀吉、多機能性エンベロープ型ナノ構造体の創製とナノ医療への展開、第6回バイオ関連化学シンポジウム、2012年9月7日、北海道大学
  17. 畠山浩人、原島秀吉.薬物をがん細胞・血管内皮細胞へ送り分けるDDSの開発.第28回日本DDS学会.2012年7月5日(札幌)
  18. 梶本和昭. “脂肪組織の血管を標的とするナノDDSによる肥満治療の新戦略” 第28回日本DDS学会, 2012年7月4日(札幌)
  19. 原島秀吉、基礎から拓くDDS創薬フロンティア、第28回日本DDS学会年会、大会長講演、2012年7月4日、(札幌)
  20. 原島秀吉、多機能性エンベロープ型ナノ構造体に基づくナノ医療への展開、第25回インターフェックスジャパン第6回ファーマジャパン~医薬品原料国際展~、平成24年6月29日、東京ビッグサイト
  21. 原島秀吉、飛翔する公益社団法人日本薬剤学会、第27回日本薬剤学会、2012年5月25日、名古屋
  22. 原島秀吉、多機能性エンベロープ型ナノ構造体の創製とナノメディシンへの展開、第1回国際先端生物学・医学・工学会議、2012年4月21日、名古屋大学豊田講堂
  23. 秋田英万、樹状細胞由来細胞を標的とした遺伝子導入システム〜DNAワクチンへの応用へ向けて〜  第2回先端技術ワークショップ セルプロセッシング計測評価研究部会主催、2012年3月7日、東京 
  24. H. Harashima, Multifunctional Envelope-type Nano Device for Non-viral Gene Delivery: Concept and Application for Nanomedicine, 14th Asia Pacific Confederation of Chemical Engineering Congress February 23, 2012, Suntec International Convention & Exhibition Centre , Singapore
  25. 梶本和昭. “褐色脂肪とミトコンドリア” 若手研究者 公開特別シンポジウム ミトコンドリアとDDS2, 2012年1月20日、北海道大学薬学部
  26. H. Harashima, Multifunctional Envelope-type Nano Device for Non-viral Gene Delivery: Concept and Application for Nanomedicine, International Symposium on Past, Present and Future of Molecular Pharmacokinetics, January 16 – 18, 2012, Hitotsubashi Hall, Tokyo
  27. 梶本和昭、脂肪血管を標的とした肥満治療戦略、概算プロジェクト公開シンポジウム、2012年1月12日、北海道大学学術交流会館
  28. 原島秀吉、本プロジェクトのOverviewと展望、概算プロジェクト公開シンポジウム、2012年1月12日、北海道大学学術交流会館
  29. 山田勇磨 ミトコンドリアとDDS~Mitochondrial Medicineの創製を目指して~ 若手研究者公開特別シンポジウムミトコンドリアとDDS 2、2012年1月20日、北海道大学、札幌
  30. 山田勇磨 基調講演 若手研究者公開特別シンポジウムミトコンドリアとDDS 3、2012年7月7日、北海道大学、札幌
  31. 佐藤悠介、畠山浩人、櫻井遊、兵藤守、秋田英万、原島秀吉 siRNA搭載pH応答性MENDの構築とin vivoへの応用 日本薬学会第132年会、2012年3月30日、北海道大学、札幌

国際発表

  1. Nakamura K, Yamada Y, Furukawa R, Kawamura E, Morikawa T, Matsumoto K, Okuda K, Shindo M, Harashima H. MITOCHONDRIAL DELIVERY OF BONGKREKIC ACID USING MITO-PORTER ENHANCES THE ANTI-APOPTOSIS EFFECT. 3rd World Congress on Targeting Mitochondria. Nov. 9, 2012, Berlin, Germany.
  2. Furukawa R, Yamada Y, Harashima H. MITO-Porter: A cutting-edge nanocarrier for antisense nucleic acid delivery to mitochondria. 8th Annual Meeting of the Oligonucleotide Therapeutics Society. Oct. 28-31, 2012, The Joseph B. Martin Conference Center, Boston, Massachusetts.
  3. Warashina S, Nakamura T, Harashima H A20 knockdown by nonviral nanoparticles enhances the efficiency of adjuvant-activated DCs European Congress of Immunology. September 5-8, 2012. Scottish Exhibition & Conference Centre, Glasgow, Scotland
  4. Nakamura T, Fukiage M, Higuchi M, Nakaya A, Yano I, Miyazaki J, Joraku A, Akaza H, Ito T, Hosokawa H, Nakayama T, Harashima H Immunotherapy of bladder cancer with BCG cell wall skeleton encapsulated sub-200 nm nano particles European Congress of Immunology. September 5-8, 2012. Scottish Exhibition & Conference Centre, Glasgow, Scotland
  5. M. Hyodo, MN. Ara, Y. Takaya, H. Harashima. "Isolation of new DNA aptamers for pancreatic cancer cells" 20th International Roundtable on Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acid. August 5–9, 2012. Montreal, Canada
  6. Tawaraya Y, Hyodo M, Yamada Y, Harashima H. Investigation of RNA aptamers targeting mitochondria by mitochondria-based SELEX. 20th International Round Table on Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acid. Aug 5–9, 2012, Montreal, Canada.
  7. Yamada Y, Harashima H. Mitochondrial delivery of bioactive molecules using Dual Function (DF)-MITO-Porter, 39th Annual Meeting & Exposition of the Controlled Release Society. July 15 -18, 2012, Quebec city, Canada.
  8. Y. Noguchi, Y. Hayashi, H. Harashima. “In vitro / in vivo correlation analysis using siRNA-loaded lipid nanoparticles” The 39th Annual Meeting & Exposition of the Controlled Release Society. July 15-18, 2012. Quebec, Canada
  9. R. Mizuno, Y. Hayashi, IA. Khalil, H. Harashima. “Gene therapy for LPS/D-GalN-induced hepatitis by octaarginine peptide-modified nanoparticles” The 39th Annual Meeting & Exposition of the Controlled Release Society. July 15-18, 2012. Quebec, Canada
  10. Sakurai Y, Sato Y, Hatakeyama H, Akita H, Hyodo M, Harashima H. Confirming RNAi-mediated Gene Silencing in tumor by PEGylated siRNA-loaded liposome. The 39th Annual Meeting & Exposition of the Controlled Release Society. July 15-18, 2012. Quebec, Canada
  11. Vergara Sandra M., Yamada Y, Harashima H. Liposomal-based nano device with cell penetrating and pH-sensitive fusogenic peptides achieve efficient and high-speed transduction of antibody into living cell. 39th Annual Meeting & Exposition of the Controlled Release Society. July 15-18, 2012, Quebec city, Canada.
  12. Kibria G, Hatakeyama H, Ohga N, Hida K, Harashima H. Tumor Vasculature Targeted Size Controlled PEGylated Liposomal Delivery System to Treat Chemotherapy Resistant Renal Cell Carcinoma. The 39th Annual Meeting & Exposition of the Controlled Release Society. July 15-18, 2012. Quebec, Canada
  13. Hatakeyama H, Takara K, Kibria G, Ohga N, Hida K, Harashima H. Size-controlled, dual-ligand modified liposomes that target the tumor vasculature show promise for use in drug-resistant cancer therapy. The 39th Annual Meeting & Exposition of the Controlled Release Society. July 15-18, 2012. Quebec, Canada

国内発表

  1. 末光永理奈、林泰弘、梶本和昭、佐藤悠介、Afsana Akhter、櫻井遊、畠山浩人、兵藤守、加地範匡、馬場嘉信、原島秀吉.Mogat1 siRNA搭載型in vivoデリバリーシステムを用いた2型糖尿病予防効果の検証.日本薬学会北海道支部第139回例会、2012年12月8日、札幌
  2. Yamazaki Daiki, Nakamura Takashi, Harashima Hideyoshi α-Galactosylceramide incorporated octaarginine-modified nanoparticles inhibit experimental tumor metastasis 第41回日本免疫学会総会、2012年12月5-7日、神戸国際会議場、神戸
  3. Akita H., Shaheen SM., Ishii S., Miura N., Harashima H.. Development of the KALA-modified DNA nanoparticle for the control of intracellular trafficking and signaling in dendritic cells. 第6回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム 2012年11月24日、京都
  4. Tanaka H., Akita H., Tange K., Arai M., Kubo K., Harashima H. Gene delivery using lipid-like material consisting of fat-soluble vitamin. 第6回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム、2012年11月23日、京都大学大学院薬学研究科、京都
  5. 丸山豪斗、阿部洋、畠山浩人、原島秀吉、松田彰、伊藤嘉浩.短鎖RNAを用いた細胞内ビルトアップ型siRNA戦略.アンチセンス・遺伝子・デリバリーシンポジウム2012、2012年9月26日、仙台市民会館、仙台
  6. 古川亮、山田勇磨、原島秀吉. ミトコンドリア標的型核酸デリバリーシステムの開発. 第28回日本DDS学会、2012年7月4-5日、札幌コンベンションセンター、札幌
  7. 安崎友香理、山田勇磨、兼藤努、Dexi Liu、原島秀吉. 骨格筋ミトコンドリアを標的とした外来遺伝子送達技術の開発. 第28回日本DDS学会、2012年7月4-5日、札幌コンベンションセンター、札幌
  8. 石破諒平、秋田英万、畠山浩人、佐藤悠介、田中浩揮、丹下耕太、新井将也、久保和弘、原島秀吉.pH応答性脂質様物質から形成される遺伝子封入中性ナノ粒子の機能および細胞内動態解析.第28回日本DDS学会学術集会、2012年7月5日、札幌コンベンションセンター、札幌
  9. 阿部洋、阿部奈保子、西原みづき、永井千里、畠山浩人、原島秀吉、大城敬人、前田瑞夫、中島裕子、伊藤嘉浩.ナノ構造を制御したRNAを用いたRNA干渉法.第28回日本DDS学会学術集会、2012年7月5日、札幌コンベンションセンター、札幌
  10. 安崎友香理、山田勇磨、兼藤努、Dexi Liu、原島秀吉. ハイドロダイナミクス法を用いた骨格筋ミトコンドリアへの遺伝子送達法の開発. 日本薬学会北海道支部第138回例会、2012年6月16日、札幌コンベンションセンター、札幌
  11. 中村宏平、山田勇磨、古川亮、河村恵理子、奥田勝博、新藤充、原島秀吉. ボンクレキン酸搭載MITO-Porterの構築および薬物送達における有用性の検証. 日本薬学会北海道支部第138回例会、2012年6月16日、札幌コンベンションセンター、札幌
  12. 櫻井遊、畠山浩人、佐藤悠介、兵藤守、秋田英万、原島秀吉.pH応答性カチオン性脂質を用いた腫瘍組織へのsiRNAでリバリーシステムの構築.日本薬剤学会第27年会、2012年5月24日、神戸国際会議場、神戸
  13. 俵谷優里、兵藤守、山田勇磨、原島秀吉. ミトコンドリア標的RNAアプタマーの探索. 日本薬剤学会第27年会、2012年5月24日、神戸国際会議場、神戸
  14. 山田勇磨, Sandra M. Vergara P., 原島秀吉. 迅速・高効率な抗体デリバリーシステムの開発. 日本薬剤学会第27年会、2012年5月24-26日、神戸国際会議場、神戸
  15. 安崎友香理、山田勇磨、兼藤努、Dexi Liu、原島秀吉. 骨格筋ミトコンドリア遺伝子治療を目指したin vivo 外来遺伝子導入技術の開発. 日本薬剤学会第27年会、2012年5月24日、 神戸国際会議場、神戸
  16. 秋田英万、藤原孝博、田畑泰彦、梶本和昭、原島秀吉 リポソームのトランスサイトーシス評価系並びに血管内皮透過促進用素子の開発 日本薬剤学会 第27年会、2012年5月25日、神戸国際会議場、神戸
  17. 石破諒平、秋田英万、畠山浩人、佐藤悠介、田中浩揮、丹下耕太、新井将也、久保和弘、原島秀吉.pH応答性脂質様物質を用いた遺伝子封入中性ナノ粒子の創製.日本薬剤学会第27年会、2012年5月24日、神戸国際会議場、神戸
  18. 佐藤悠介、畠山浩人、兵藤守、秋田英万、原島秀吉.siRNA搭載pH応答性MENDのin vivoにおける機能評価.日本薬剤学会第27年会、2012年5月26日、神戸国際会議場、神戸
  19. 畠山浩人、高良和宏、キブリア ゴラム、大賀則孝、樋田京子、原島秀吉.腫瘍血管内皮を標的としたDual-ligandリポソームの開発.日本薬剤学会第27年会、2012年5月26日、神戸国際会議場、神戸
  20. 中村孝司、樋口恵、中谷彰洋、矢野郁也、常樂晃、宮崎淳、赤座英之、伊藤俊宏、細川裕之、中山俊憲、原島秀吉 結核菌成分を搭載したオクタアルギニン修飾ナノ粒子を用いた膀胱癌ワクチン開発 日本薬剤学会第27年会、2012年5月24-26日、神戸国際会議場、神戸
  21. 茂楊紫晴、梶本和昭、秋田英万、原島秀吉 成熟脂肪細胞に対する高効率siRNA導入法の確立 2012年3月28日~31日、札幌
  22. 山﨑浩二郎 須田範行 新沼朋美  水口貴史 小林正紀 山田勇磨 山下美妃 柴山良彦 山田武宏 井関 健. 手術部サテライトファーマシーにおける麻酔薬の無菌混合調製体制の確立. 日本薬学会 第132年会、2012年3月、札幌
  23. Afsana Akhter、林泰弘、大賀則孝、樋田京子、原島秀吉.新規ペプチドリガンド修飾liposomeを用いた肝臓血管内皮細胞への標的化に関する検討.日本薬学会第132年会、2012年3月28日~31日、札幌
  24. 鳥谷部尚之、林泰弘、兵藤守、原島秀吉. 新規ヒアルロン酸脂質誘導体を用いた肝臓血管内皮細胞標的化キャリアの開発.日本薬学会第132年会、2012年3月28日~31日、札幌
  25. 野口裕生、林泰弘、原島秀吉.ナノキャリアを用いたin vitro/in vivo活性相関解析.日本薬学会第132年会、2012年3月28日~31日、札幌
  26. 中村宏平、山田勇磨、古川亮、河村恵理子、奥田勝博、新藤充、原島秀吉. ボンクレキン酸搭載MITO-Porterの構築およびミトコンドリア送達・抗アポトーシス効果の検証. 日本薬学会 第132年会、2012年3月31日、札幌

市民講演

  1. 山田勇磨 ナノってなーに? -小人が暮らす10億分の1メートルの世界!!- 北海道大学薬学部SP会平成24年度例会、2012年5月13日、北海道大学薬学部、札幌

教育講演

  1. 山田勇磨 東日本大震災 医療救護班・薬剤師 災地活動記 -陸前高田市・長部地区での1週間- 平成24年度北海道大学薬学部合宿研修、2012年5月19日、国立ひだか青少年自然の家、沙流郡日高町字富岡

▲ Page Up

2011年

原著論文

  1. Hori M, Suzuki T, Minakawa N, Matsuda A, Harashima H, Kamiya H. Mutagenicity of secondary oxidation products of 8-oxo-7,8-dihydro-2'-deoxyguanosine 5'-triphosphate (8-hydroxy-2'- deoxyguanosine 5'-triphosphate). Mutat Res 714: 11-16 (2011). [PubMed ID: 21704046]
  2. Shaheen SM, Akita H, Nakamura T, Takayama S, Futaki S, Yamashita A, Katoono R, Yui N, Harashima H. KALA-modified multi-layered nanoparticles as gene carriers for MHC class-I mediated antigen presentation for a DNA vaccine. Biomaterials 32: 6342-6350 (2011). [PubMed ID: 21658761]
  3. Hayashi Y, Yamauchi J, Khalil IA, Kajimoto K, Akita H, Harashima H. Cell penetrating peptide-mediated systemic siRNA delivery to the liver. Int J Pharm 419: 308-313 (2011). [PubMed ID: 21827843]
  4. Ochiai H, Harashima H, Kamiya H. Effects of insulator cHS4 on transgene expression from plasmid DNA in a positive feedback system. J Biosci Bioeng 112: 432-434 (2011). [PubMed ID: 21802989]
  5. Kigasawa K, Kajimoto K, Nakamura T, Hama S, Kanamura K, Harashima H, Kogure K. Noninvasive and efficient transdermal delivery of CpG-oligodeoxynucleotide for cancer immunotherapy. J Control Release 150: 256-265 (2011). [PubMed ID: 21256903]
  6. Kibria G, Hatakeyama H, Harashima H. A new peptide motif present in the protective antigen of anthrax toxin exerts its efficiency on the cellular uptake of liposomes and applications for a dual-ligand system. Int J Pharm 412: 106-114 (2011). [PubMed ID: 21414394]
  7. Hatakeyama H, Akita H, Ito E, Hayashi Y, Oishi M, Nagasaki Y, Danev R, Nagayama K, Kaji N, Kikuchi H, Baba Y, Harashima H. Systemic delivery of siRNA to tumors using a lipid nanoparticle containing a tumor-specific cleavable PEG-lipid. Biomaterials 32: 4306-4316 (2011). [PubMed ID: 21429576]
  8. Kibria G, Hatakeyama H, Ohga N, Hida K, Harashima H. Dual-ligand modification of PEGylated liposomes shows better cell selectivity and efficient gene delivery. J Control Release 153: 141-148 (2011). [PubMed ID: 21447361]
  9. Furukawa R, Yamada Y, Takenaga M, Igarashi R, Harashima H. Octaarginine-modified liposomes enhance the anti-oxidant effect of Lecithinized superoxide dismutase by increasing its cellular uptake. Biochem Biophys Res Commun 404: 796-801 (2011). [PubMed ID: 21168389]
  10. Kajimoto K, Yamamoto M, Watanabe M, Kigasawa K, Kanamura K, Harashima H, Kogure K. Noninvasive and persistent transfollicular drug delivery system using a combination of liposomes and iontophoresis. Int J Pharm 403: 57-65 (2011). [PubMed ID: 20970487]
  11. Khalil IA, Hayashi Y, Mizuno R, Harashima H. Octaarginine- and pH sensitive fusogenic peptide-modified nanoparticles for liver gene delivery. J Control Release 156: 374-380 (2011). [PubMed ID: 21864599]
  12. Akita H, Umetsu Y, Kurihara D, Harashima H. Dual imaging of mRNA and protein production: an investigation of the mechanism of heterogeneity in cationic lipid-mediated transgene expression. Int J Pharm 415: 218-220 (2011). [PubMed ID: 21641986]
  13. Ishitsuka T, Akita H, Harashima H. Functional improvement of an IRQ-PEG-MEND for delivering genes to the lung. J Control Release 154: 77-83 (2011). [PubMed ID: 21619903]
  14. Akita H, Masuda T, Nishio T, Niikura K, Ijiro K, Harashima H. Improving in vivo hepatic transfection activity by controlling intracellular trafficking: the function of GALA and maltotriose. Mol Pharm 8: 1436-1442 (2011). [PubMed ID: 21598999]
  15. Yamada Y, Furukawa R, Yasuzaki Y, Harashima H. Dual function MITO-Porter, a nano carrier integrating both efficient cytoplasmic delivery and mitochondrial macromolecule delivery. Mol Ther 19: 1449-1456 (2011). [PubMed ID: 21694702]
  16. Sakurai Y, Hatakeyama H, Sato Y, Akita H, Takayama K, Kobayashi S, Futaki S, Harashima H. Endosomal escape and the knockdown efficiency of liposomal-siRNA by the fusogenic peptide shGALA. Biomaterials 32: 5733-5742 (2011). [PubMed ID: 21605898]
  17. Hatakeyama H, Ito E, Yamamoto M, Akita H, Hayashi Y, Kajimoto K, Kaji N, Baba Y, Harashima H. A DNA microarray-based analysis of the host response to a nonviral gene carrier: a strategy for improving the immune response. Mol Ther 19: 1487-1498 (2011). [PubMed ID: 21386823]
  18. Shaheen SM, Akita H, Yamashita A, Katoono R, Yui N, Biju V, Ishikawa M, Harashima H. Quantitative analysis of condensation/decondensation status of pDNA in the nuclear sub-domains by QD-FRET. Nucleic Acids Res 39: e48 (2011). [PubMed ID: 21288880]
  19. Morita Y, Tsuchiya H, Harashima H, Kamiya H. Correction of frameshift mutations with tailed duplex DNAs. Biol Pharm Bull 34: 1465-1468 (2011). [PubMed ID: 21881234]
  20. Warashina S, Nakamura T, Harashima H. A20 silencing by lipid envelope-type nanoparticles enhances the efficiency of lipopolysaccharide-activated dendritic cells. Biol Pharm Bull 34: 1348-1351 (2011). [PubMed ID: 21804231]
  21. Toriyabe N, Hayashi Y, Hyodo M, Harashima H. Synthesis and evaluation of stearylated hyaluronic acid for the active delivery of liposomes to liver endothelial cells. Biol Pharm Bull 34: 1084-1089 (2011). [PubMed ID: 21720017]
  22. Abe N, Abe H, Nagai C, Harada M, Hatakeyama H, Harashima H, Ohshiro T, Nishihara M, Furukawa K, Maeda M, Tsuneda S, Ito Y. Synthesis, structure, and biological activity of dumbbell-shaped nanocircular RNAs for RNA interference. Buoconjug Chem 22: 2082-2092 (2011). [PubMed ID: 21899349]
  23. Kitazoe K, Wang J, Kaji N, Okamoto Y, Tokeshi M, Kogure K, Harashima H, Baba Y. A touch-and-go lipid wrapping technique in microfluidic channels for rapid fabrication of multifunctional envelope-type gene delivery nanodevices. Lab Chip. 11: 3256-62 (2011). [PubMed ID: 21829858]
  24. Arimori T, Tamaoki H, Nakamura T, Kamiya H, Ikemizu S, Takagi Y, Ishibashi T, Harashima H, Sekiguchi M, Yamagata Y. Diverse substrate recognition and hydrolysis mechanisms of human NUDT5. Nucleic Acids Res 39: 8972-83 (2011). [PubMed ID: 21768126]
  25. Miyazaki J, Nishiyama H, Yano I, Nakaya A, Kohama H, Kawai K, Joraku A, Nakamura T, Harashima H, Akaza H. The Therapeutic Effects of R8-Liposome-BCG-CWS on BBN-Induced Rat Urinary Bladder Carcinoma. Anticancer Res 31: 2065-71 (2011). [PubMed ID: 21737624]
  26. Hattori Y, Matsunaga I, Komori T, Urakawa T, Nakamura T, Fujiwara N, Hiromatsu K, Harashima H, Sugita M. Glycerol monomycolate, a latent tuberculosis-associated mycobacterial lipid, induces eosinophilic hypersensitivity responses in guinea pigs. Biochem Biophys Res Commun 409: 304-7 (2011). [PubMed ID: 21575604]
  27. Komori T, Nakamura T, Matsunaga I, Morita D, Hattori Y, Kuwata H, Fujiwara N, Hiromatsu K, Harashima H, Sugita M. A microbial glycolipid functions as a new class of target antigen for delayed-type hypersensitivity. J Biol Chem 286: 16800-16806 (2011). [PubMed ID: 21454504]
  28. Miyazaki J, Kawai K, Kojima T, Oikawa T, Joraku A, Shimazui T, Nakaya A, Yano I, Nakamura T, Harashima H, Akaza H. The liposome-incorporating cell wall skeleton of Mycobacterium bovis bacillus Calmette-Guéin can directly enhance the susceptibility of cancer cells to lymphokine-activated killer cells through up-regulation of natural-killer group 2, member D ligands. BJU Int 108: 1520-1526 (2011). [PubMed ID: 21314815]

総説論文

  1. Hatakeyama H, Akita H, Harashima H. A multifunctional envelope type nano device (MEND) for gene delivery to tumours based on the EPR effect: a strategy for overcoming the PEG dilemma. Adv Drug Deliv Rev 63: 152-160 (2011). [PubMed ID: 20840859]
  2. Nakase I, Kogure K, Harashima H, Futaki S. Application of a fusogenic peptide GALA for intracellular delivery. Methods Mol Biol 683: 525-533 (2011). [PubMed ID: 21053154]
  3. 楠本憲司、畠山浩人、原島秀吉. siRNAキャリアーとしてのリポソームの現状と将来 ファルマシア 最前線 47(8):719-723 (2011)

著書

  1. 山田勇磨, 中村孝司、原島秀吉、多機能性エンベロープ型ナノ構造体(MEND)を基盤とした新規タンパク質DDSの構築と臨床開発研究への応用、ペプチド・タンパク性医薬品の新規DDS製剤の開発と応用―遺伝子医学MOOK別冊 (編集:山本昌) pp. 243-250 (2011)  メディカル ドゥ
  2. 秋田英万、山田勇磨、中村孝司、畠山浩人、林泰弘、梶本和昭、原島秀吉. 第18章 プローブデリバリーシステム バイオテクノロジーシリーズ 蛍光イメージング/MRIプローブの開発 菊地和也監修、pp163-172 (2011) 、シーエムシー出版
  3. Akita H., Hatakeyama H., Khalil I.A., Yamada Y., and Harashima H. Delivery of Nucleic Acids and Gene Delivery. In: P. Ducheyne, K.E. Healy, D.W. Hutmacher, D.W. Grainger, C.J. Kirkpatrick (eds.) Comprehensive Biomaterials, vol. 4, pp. 411-444 (2011)

受賞

  1. Afsana Akhter 2011年12月3日 第137回例会 学生優秀発表賞受賞 Development of Liver Sinusoidal Endothelial cell targeted liposomal delivery system by utilizing a new peptide
  2. Ayman El-Sayed, Shiroh Futaki, Hideyoshi Harashima the 2011 AAPS Journal Manuscript award that is awarded by the American Association of Pharmaceutical Scientists once every two years for the best manuscript published in the AAPS Journal. “Delivery of macromolecules using arginine-rich cell-penetrating peptides: ways to overcome endosomal entrapment” was published in the AAPS Journal in March, 2009. Professor Hideyoshi Harashima received the prize on October 23, 2011 during the AAPS annual meeting.
  3. Yuma Yamada 2011, Oct. 2nd World Congress on Targeting Mitochondria NINA PHARM ISANH Award Mitochondrial genome targeting by DF-MITO-Porter via endosomal and mitochondrial membrane fusion
  4. 山田勇磨 2011年6月 第27回日本DDS学会 優秀発表者賞 ミトコンドリア遺伝子を標的とした機能分子送達の試み
  5. 橋田真裕 第136回日本薬学会北海道支部例会 学生優秀発表賞 生分解性ポリロタキサンをモデルとしたpDNA、siRNAのナノ粒子形成に関する検討

招待講演

  1. H. Harashima, Multifunctional Envelope-type Nano Device for Non-viral Gene Delivery from Passive Targeting to Active Targeting, The 19th Annual Meeting of the Japanese Vasculart Biology and Medicine Organization The 1st Asia-Pacific Vascular Biology Meeting, December 10, 2011, Tokyo Station Conference, Tokyo
  2. 原島秀吉、多機能性エンベロープ型ナノ構造体の創製とナノメディシンへの展開、第40回日本免疫学会学術集会 関連分野セミナー、2011年11月27日、千葉
  3. K. Kajimoro. “Vascular Targeted Nanoparticulate System for Enahced Therapy of Obesity.” The 14th Hokkaido University-Seoul National University Joint Symposium, 18th Nov, 2011, Seoul, Korea
  4. H. Akita, Control of intracellular trafficking and intra-nuclear disposition of pDNA for DNA vaccine. The 14th Hokkaido University – Seoul National University Joint Sympojium, 18th Nov, 2011, Seoul, Korea
  5. H. Harashima, Multifunctional Envelope-type Nano Device for non-viral gene delivery: Concept and Application for Nanomedicine, The 14th Hokkaido University – Seoul National University Joint Sympojium, 18th Nov, 2011, Seoul, Korea
  6. 秋田英万、シャリフ シャヒーン、原島秀吉、樹状細胞由来細胞を標的としたDNA遺伝子導入システム~DNAワクチンへの応用へ向けて~ (シンポジウム講演)、第84回日本生化学会大会、2011年9月24日、国立京都国際会館、京都
  7. H. Harashima, Multifunctional Envelope-type Nano Device for Non-viral Gene Delivery: Concept and Application for Nanomedicine, Joint Meeting of the Austrian and German Pharmaceutical Sciences, 23th Sep, 2011, Innsbruck, Austria
  8. H. Harashima, Multifunctional Envelope-type Nano Device for Non-viral Gene Delivery, The 3rd Asian Biomaterials Congress S10 The Smart Biomaterials for Gene Delivery, 16th Sep, 2011, Busan, Korea
  9. H. Harashima, Multifunctional Envelope-type Nano Device For non-viral gene delivery: Concept and application for Nanomedicine, The 14th Asian Chemical Congress. Medical Application of Nano Materials, 10th Sep, 2011, Bankok, Thailand
  10. 秋田英万、ナノ粒子のリアルタイム細胞内動態解析と制御(シンポジウム講演)、日本バイオイメージング学会第20回学術集会、2011年9月1日、千歳科学技術大学、札幌
  11. 原島秀吉、バイオイメージングで可視化するナノメディシンの世界~多機能性エンベロープ型ナノ構造体が拓く遺伝子治療への道~、第20回日本バイオイメージング学会学術集会(特別講演)、2011年9月1日、千歳科学技術大学、札幌
  12. 原島秀吉、多機能性エンベロープ型ナノ構造体の創製とナノメディシンへの展開、第7回分子複合医薬研究会、2011年8月31日、大阪
  13. 秋田英万、DNAワクチン開発に向けたアプローチ〜細胞内動態及び核内移行後発現効率促進の観点から〜(依頼講演)遺伝子・デリバリー研究会、2011年8月9日、三翠園、高知
  14. H. Harashima, Multifunctional Envelope-type Nano Device For non-viral gene delivery: Concept and application for Nanomedicine, The 17th Annual Meeting of JSGT, Joint Symposium with the Japanese Cancer Association, Trends of molecular & cell therapy for malignancies as translational research, 16 Jul, 2011, Fukuoka
  15. 山田勇磨 ミトコンドリアとDDS~日本発・世界初の研究・技術・創薬を目指して~ 若手研究者公開特別シンポジウムミトコンドリアとDDS 1、2011年1月21日 北海道大学、札幌
  16. Yamada Y. An innovative strategy for mitochondrial drug delivery using MITO-Porter, a liposome based nano-device that specifies fusion with mitochondrial membranes. East & West Global Education Seminar Workshop, 26nd APSTJ Annual Meeting, Conference on Pharmaceutical Technology. May 31, 2011, Tokyo, Japan.
  17. 原島秀吉、DDS製剤の臨床応用を目指して、日本薬剤学会第26年会、シンポジウム7、DDS製剤の臨床応用への課題、2011年5月31日、タワーホール船堀
  18. 櫻井遊、畠山浩人、秋田英万、原島秀吉.細胞内動態制御に基づくin vivo siRNAデリバリー技術の構築.薬剤学会第26年会.2011年5月29日(東京)
  19. 畠山浩人、秋田英万、原島秀吉.腫瘍選択的siRNAデリバリーシステムの開発. 薬剤学会第26年会.2011年5月29日(東京)
  20. H. Harashima, Controlled Intracellular trafficking of Non-viral Vectors, The 14th Annual Meeting of ASGCT, Scientific Symposium, Gene & Cell Therapy Around the Globe: A Showcase of Asia, May 21st, 2011, Seattle, USA
  21. 原島秀吉、多機能性エンベロープ型ナノ構造体の創製とナノメディシンへの展開、薬物動態談話会4月例会、2011年4月13日、千里ライフサイエンスセンター
  22. 秋田英万. 細胞内遺伝子・核酸の定量的・動的イメージングを基盤とした細胞内動態解析及びその制御に関する研究(日本薬学会奨励賞受賞講演)、日本薬学会第131年会、 2011年3月2日、ツインメッセ静岡
  23. 原島秀吉、多機能性エンベロープ型ナノ構造体の創製とナノ医療への展開、第7回ナノバイオ国際シンポジウム、2011年2月16日、東京ビッグサイト
  24. 原島秀吉、多機能性エンベロープ型ナノ構造体の構築と次世代核酸医薬への展開、第8回がんとハイポキシア研究会 in 札幌、2011年1月29日、北海道大学学術交流センター
  25. 原島秀吉、遺伝子を運ぶナノ粒子、第20回インテリジェント材料/システムシンポジウム、2011年1月6日、東京女子医科大学先端生命医科学研究所

国際発表

  1. Y. Hayashi, R. Mizuno, J. Yamauchi, IA. Khalil, H. Harashima. “Octaarginine peptide-based nanoparticle system for liver-targeted nucleic acid delivery” The 9th International Symposium for Future Drug Discovery and Medical Care. Sep 29-30, 2011. Sapporo, Japan
  2. Y. Sakurai, H. Hatakeyama, Y. Sato, H. Akita, H. Harashima “Endosomal Escape of liposomal siRNA via membrane fusion and in vivo delivery to tumor” The 7th Annual Meeting of the Oligonucleotide Therapeutics Society, September 8-10, 2011. Copenhagen, Denmark
  3. Sato Y, Hatakeyama H, Hyodo M, Akita H, Harashima H. In vivo siRNA delivery with pH-sensitive liposome. The 7th Annual Meeting of the Oligonucleotide Therapeutics Society. September 8-10, 2011. Copenhagen, Denmark.
  4. Furukawa R, Yamada Y, Matsushima Y, Goto Y, Harashima H. EFFECT OF DNA PACKAGED WITH TFAM ON TRANSCRIPTION ACTIVATION. 5th SFRR-Asia, 8th ASMRM, 11th J-mit 2011 conference. Sep. 1 , 2011, Kagoshima, Japan.
  5. Yasuzaki Y, Yamada Y, Kanefuji T, Liu D, Harashima H. TECHNICAL APPLICATION OF HYDRODYNAMIC LIMB VEIN INJECTION FOR IN VIVO MITOCHONDRIAL GENE DELIVERY. 5th SFRR-Asia, 8th ASMRM, 11th J-mit 2011 conference. Sep. 1, 2011, Kagoshima, Japan.
  6. Kawamura E, Yamada Y, Harashima H. An innovative approach for mitochondrial gene delivery: mitochondrial delivery of oligo DNA using MITO-Porter, a liposome-based carrier for mitochondrial delivery via membrane fusion. 5th SFRR-Asia, 8th ASMRM, 11th J-mit 2011 conference. Sep. 1, 2011, Kagoshima, Japan.
  7. H. Akita, SM. Shaheen, T Nakamura, S Takayama, S Futaki, A Yamashita, R Katoono, N Yui H. Harashima KALA-modified multi-layered nano particles as antigen gene carrier for MHC Class-I mediated antigen presentation in DNA vaccine approach (38th Annual Meeting & Exposition of the Controlled Release Society (CRS), July 30 – August 3, 2011. Gayload National Hotel and Convention Center, National Harbor, Maryland, USA
  8. K. Kigasawa, K. Kajimoto, T. Nakamura, S. Hama, K. Kanamura, H. Harashima. Noninvasive and efficient transdermal delivery of CpG-oligodeoxynucleotide for cancer immunotherapy. The 38th Annual Meeting & Exposition of the Controlled Release Society, July 30, 2011. (National Harbor, Maryland, USA)
  9. Nakamura T, Moriguchi R, Kogure K, Harashima H Effect of the topological control of adjuvant in antigen carrier to immunological responses 38th Annual Meeting & Exposition of the Controlled Release Society . July 30 – August 3, 2011, National Harbor, Maryland, USA
  10. Yamada Y, Kawamura E, Yasuzaki Y, Harashima H. Innovative approach to mitochondrial delivery of oligodeoxynucleotide using MITO-Porter, liposome-based carrier for mitochondrial delivery. 38th Annual Meeting & Exposition of the Controlled Release Society. July 30 – August 3, 2011, National, Maryland, USA.
  11. J. Yamauchi, Y. Hayashi, IA. Khalil, H. Akita, H. Harashima. “Cell Penetrating Peptide-Mediated Systemic siRNA Delivery to the Liver” The 14th Annual Meeting of the American Society of Gene and Cell Therapy May 18-21, 2011. Seattle, Washington, USA
  12. N. Toriyabe, Y. Hayashi, M. Hyodo, H. Harashima. “Synthesis and Evaluation of Stearylated Hyaluronic Acid Material for Active Liposomal Delivery to Liver Endothelial Cells” The 14th Annual Meeting of the American Society of Gene and Cell Therapy May 18-21, 2011. Seattle, Washington, USA
  13. Y. Hayashi, R. Mizuno, IA. Khalil, H. Harashima. “Octaarginine- and pH Sensitive Fusogenic Peptide-Modified Nanoparticles for Liver Gene Delivery” The 14th Annual Meeting of the American Society of Gene and Cell Therapy May 18-21, 2011. Seattle, Washington, USA
  14. Yasuzaki Y, Yamada Y, Kanefuji T, Liu D, Harashima H. Hydrodynamic limb vein injection method can open an avenue of mitochondrial gene delivery in vivo. American Society of Gene & Cell Therapy 14th Annual Meeting. May 18-21, 2011, Seattle, Washington, USA.
  15. Yamada Y, Harashima H. Mitochondrial genome targeting by DF-MITO-Porter via endosomal and mitochondrial membrane fusion. 2nd World Congress on Targeting Mitochondria. Oct. 21, 2011, Berlin, Germany.
  16. YamadaY, Harashima H. Mitochondrial genome targeting strategy: mitochondrial matrix delivery of bio-macromolecule using DF-MITO-Porter, an innovative nano carrier with cytoplasmic and mitochondrial fusogenic envelopes. 5th SFRR-Asia, 8th ASMRM, 11th J-mit 2011 conference. Sep. 1, 2011, Kagoshima, Japan.

国内発表

  1. Afsana Akhter、林泰弘、大賀則孝、樋田京子、原島秀吉.Development of Liver Endothelial cell targeted liposomal delivery system by utilizing a new peptide.第137回日本薬学会北海道支部例会、2011年12月3日、札幌
  2. 野口裕生、林泰弘、原島秀吉.R8-MENDを用いたin vitro/in vivoにおけるsiRNAの定量的解析.第137回日本薬学会北海道支部例会、2011年12月3日、札幌
  3. 石破諒平、秋田英万、畠山浩人、佐藤悠介、田中浩揮、丹下耕太、新井将也、久保和弘、原島秀吉 pH応答性脂質様物質を用いた遺伝子封入中性ナノ粒子の創製 日本薬学会北海道支部第137回例会、2011年12月3日、北海道
  4. 鵜川真実、秋田英万、石破諒平、丹下耕太、 新 将也、 久保和弘、原島秀吉、pH応答性脂質様物質を用いた肝臓標的遺伝子キャリアの最適化、第33回日本バイオマテリアル学会大会、2011年11月21日-22日、京都
  5. 石破諒平、秋田英万、畠山浩人、佐藤悠介、田中浩揮、丹下耕太、新井将也、久保和弘、原島秀吉 pH応答性脂質様物質を用いた遺伝子封入中性ナノ粒子の創製 第33回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム、2011年11月24-25日、岡山
  6. 藁科翔太、中村孝司、森口留美子、小暮健太朗、秋田英万、原島秀吉.“siRNA搭載ナノキャリアを用いた樹状細胞の免疫活性化と抗腫瘍活性の評価” 第33回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム. 2011年11月24-25日、岡山
  7. Nakamura T, Nakaya A, Yano I, Joraku A, Miyazaki J, Akaza H, Nakayama T, Harashima H Development of BCG cell wall skeleton incorporated octaarginine modified nanoparticles for bladder cancer vaccine 第70回日本癌学会学術総会、2011年10月、名古屋
  8. 水野諒一、林泰弘、Ikramy Khalil、原島秀吉. オクタアルギニン(R8)とGALAを修飾した肝臓指向性遺伝子送達キャリアの構築. 第11回アンチセンス・遺伝子・デリバリーシンポジウム2011、 2011年9月1~2日、大阪
  9. El-Sayed, T. Masuda, H. Akita, H. Harashima. Artificial virus-like particles with enhanced endosomal escape for efficient gene transfer both in vitro and in vivo. (2011) Poster presentation in the 2011 Antisense and Gene Delivery Symposium, September 1-2, 2011, Osaka, JAPAN.
  10. Yukari Yasuzaki, Yuma Yamada, Tsutomu Kanefuji, Dexi Liu, Hideyoshi Harashima “INNOVATIVE TECHNOLOGY FOR IN VIVO MITOCHONDRIAL GENE DELIVERY USING HYDRODYNAMIC LIMB VEIN INJECTION” 第17回日本遺伝子治療学会学術集会 (Japan Society of Gene Therapy 2011 17th Annual Meeting) 2011年7月15-17日. 福岡
  11. 秋田英万、リアルタイムイメージングを用いたナノ粒子の細胞内動態解析とその制御、第4回若手ネットワーキングシンポジウム、2011年6月9-10日、北海道大学、札幌
  12. 鳥谷部尚之、林泰弘、兵藤守、原島秀吉. 肝臓血管内皮細胞へliposome送達のためのステアリルアミノ化ヒアルロン酸の合成と評価. 第27回日本DDS学会、 2011年6月9~10日、東京
  13. 山内順、林泰弘、Ikramy Khalil、梶本和昭、秋田英万、原島秀吉. 膜透過性ペプチドを用いた肝臓へのsiRNA送達. 第27回日本DDS学会、2011年6月9~10日、東京
  14. 林泰弘、水野諒一、Ikramy Khalil、原島秀吉. R8ペプチドとGALAペプチドを用いた肝臓への遺伝子デリバリーシステムの開発. 第27回日本DDS学会、2011年6月9~10日、東京
  15. 山田勇磨、原島秀吉. “ミトコンドリア遺伝子を標的とした機能分子送達の試み”  第27回日本DDS学会. 2011年6月9-10日、 東京
  16. 古川亮, 山田勇磨、松島雄一、後藤雄一、原島秀吉. “ミトコンドリア転写因子TFAM-プラスミドDNA複合体のin vitro転写評価”  第27回日本DDS学会. 2011年6月9-10日、東京
  17. 藁科翔太、中村孝司、原島秀吉.“多機能性ナノ構造体を用いた樹状細胞におけるA20ノックダウンと機能評価” 第27回日本DDS学会. 2011年6月9-10日、東京
  18. 中村孝司、樋口恵、中谷彰洋、矢野郁也、常楽晃、宮崎淳、赤座英之、原島秀吉、ウシ型結核由来の細胞骨格成分を搭載したオクタアルギニン修飾リポソームを用いた膀胱癌ワクチン開発 第27回日本DDS学会. 2011年6月10日、東京
  19. 秋田英万、榎戸薫、原島秀吉、ダイニン結合配列を表面搭載した遺伝子封入ナノ構造体の細胞内動態に関するリアルタイムイメージング解析、DDS学会 第27年会、2011年6月9-10日、東京大学、東京
  20. 山田勇磨、河村恵理子、安崎友香理、古川亮、原島秀吉. “ミトコンドリア (Mt)を標的とした遺伝子治療への挑戦-Dual Function MITO-Porterを用いたMtマトリクスへの核酸送達-” 日本薬剤学会第26年会. 2010年5月29-31日、東京
  21. 佐藤悠介、畠山浩人、兵藤守、秋田英万、原島秀吉 pH変化に応答するsiRNA封入MENDの構築 日本薬剤学会第26年会、2011年5月29日、タワーホール船橋、東京
  22. 山崎浩二郎、須田範行、新沼朋美、小林正紀、山田勇磨、山下美妃、山田武宏、井関健. “薬剤師の手術部業務への参画とその効果~医療安全・業務効率の面からの考察~” 第58回北海道薬学大会、2011年5月21-22日、札幌
  23. 河村恵理子、山田勇磨、原島秀吉. “MITO-Porterへのオリゴ核酸ナノ粒子パッケージングおよび生細胞ミトコンドリアを標的とした核酸送達の検討’日本薬学会北海道支部第136回例会、2011年5月21-22日、札幌
  24. 橋田真裕、山田勇磨、野村卓、原島秀吉、山下敦、上遠野亮、由井伸彦. “生分解性ポリロタキサンをモデルとしたpDNA、siRNAのナノ粒子形成に関する検討’’日本薬学会北海道支部第136回例会、 2011年5月21-22日、札幌
  25. 古川亮、山田勇磨、武永美津子、五十嵐理慧、原島秀吉. “オクタアルギニン修飾リポソームによるレシチン化SOD (PC-SOD)の抗酸化効果の亢進’’日本薬学会北海道支部第136回例会、2011年5月21-22日、札幌
  26. 藁科翔太、中村孝司、原島秀吉. “siRNA搭載多機能性ナノ構造体を用いた樹状細胞でのA20ノックダウンによる免疫活性化” 日本薬学会北海道支部第136回例会、2011年5月21-22日、札幌
  27. 水野諒一、林泰弘、Khalil Ikramy、原島秀吉. オクタアルギニン(R8)とGALAを用いた肝臓への遺伝子送達キャリアの構築、日本薬学会北海道支部第136年会、2011年5月21日、札幌
  28. 石井聡一郎、秋田英万、シャリフ・M・シャヒーン、林泰弘、二木史朗、加地範匡、馬場嘉信、原島秀吉 樹状細胞由来細胞株での新規膜融合性ペプチドによる遺伝子発現促進メカニズムの解明 日本薬学会北海道支部第136回例会、2011年5月11日、札幌
  29. 河村恵理子、山田勇磨、原島秀吉. “ミトコンドリア標的型DDS、MITO-Porterを用いたオリゴ核酸送達の試み”  日本薬学会 第131年会 2011年3月28-31. 静岡
  30. 山田勇磨、鈴木亮佑、 原島秀吉. “新たなパッケージングコンセプトに基づく多機能性エンベロープ型ナノ構造体の創製”  日本薬学会 第131年会 2011年3月28-31. 静岡
  31. 林泰弘、水野諒一、Khalil Ikramy、原島秀吉. R8ペプチドを用いた肝臓への遺伝子送達システムの構築、日本薬学会第131年会、2011年3月28日~31日、静岡
  32. 武隈洋,小林正紀,山田勇磨,山口浩明,菅原満, 井関健. “北海道大学薬学部初年度実務実習の実施状況”. 薬学教育協議会フォーラム 2011年2月12日、東京教育フォーラム

市民講演

  1. 山田勇磨, 小林正紀 災害派遣医療チームとしての薬剤師の役割 平成23年度北海道大学 薬学祭、2011年6月3日、北海道大学薬学部、札幌
  2. 山田勇磨、小林正紀 東日本大震災 医療救護班・薬剤師 被災地活動記-陸前高田市・長部地区での1週間- 北海道大学薬学部SP会平成23年度例会、2011年7月3日、北海道大学薬学部、札幌
  3. 山田勇磨 被災地活動記 [2011.4.28-5.4] -陸前高田市・長部地区での1週間- 東日本大震災医療派遣活動報告会、2011年7月25日、北海道大学薬学部、札幌

▲ Page Up

2010年

原著論文

  1. Hossen MN, Kajimoto K, Akita H, Hyodo M, Ishitsuka T, Harashima H. Ligand-based targeted delivery of a peptide modified nanocarrier to endothelial cells in adipose tissue. J Control Release 147: 261-268 (2010). [PubMed ID: 20647023]
  2. Kajimoto K, Hossen MN, Hida K, Ohga N, Akita H, Hyodo M, Hida Y, Harashima H. Isolation and culture of microvascular endothelial cells from murine inguinal and epididymal adipose tissues. J Immunol Methods 357: 43-50 (2010). [PubMed ID: 20307543]
  3. Akita H, Kogure K, Moriguchi R, Nakamura Y, Higashi T, Nakamura T, Serada S, Fujimoto M, Naka T, Futaki S, Harashima H. Nanoparticles for ex vivo siRNA delivery to dendritic cells for cancer vaccines: programmed endosomal escape and dissociation. J Control Release 143: 311-317 (2010). [PubMed ID: 20080139]
  4. Suzuki T, Harashima H, Kamiya H. Effects of base excision repair proteins on mutagenesis by 8-oxo-7,8-dihydroguanine (8-hydroxyguanine) paired with cytosine and adenine. DNA Repair (Amst) 9: 542-550 (2010). [PubMed ID: 20197241]
  5. Hori M, Satou K, Harashima H, Kamiya H. Suppression of mutagenesis by 8-hydroxy-2'-deoxyguanosine 5'-triphosphate (7,8-dihydro-8-oxo-2'-deoxyguanosine 5'-triphosphate) by human MTH1, MTH2, and NUDT5. Free Radic Biol Med 48: 1197-1201 (2010). [PubMed ID: 20144704]
  6. Akita H, Enoto K, Masuda T, Mizuguchi H, Tani T, Harashima H. Particle tracking of intracellular trafficking of octaarginine-modified liposomes: a comparative study with adenovirus. Mol Ther 18: 955-964 (2010). [PubMed ID: 20216528]
  7. Kamiya H, Uchiyama M, Piao J, Nakatsu Y, Tsuzuki T, Harashima H. Targeted sequence alteration of a chromosomal locus in mouse liver. Int J Pharm 387: 180-183 (2010). [PubMed ID: 20025952]
  8. Yasuzaki Y, Yamada Y, Harashima H. Mitochondrial matrix delivery using MITO-Porter, a liposome-based carrier that specifies fusion with mitochondrial membranes. Biochem Biophys Res Commun 397: 181-186 (2010). [PubMed ID: 20580633]
  9. Kamiya H, Goto H, Kanda G, Yamada Y, Harashima H. Transgene expression efficiency from plasmid DNA delivered as a complex with histone H3. Int J Pharm 392: 249-253 (2010). [PubMed ID: 20362041]
  10. Fujiwara T, Akita H, Harashima H. Intracellular fate of octaarginine-modified liposomes in polarized MDCK cells. Int J Pharm 386: 122-130 (2010). [PubMed ID: 19922779]
  11. Takara K, Hatakeyama H, Ohga N, Hida K, Harashima H. Design of a dual-ligand system using a specific ligand and cell penetrating peptide, resulting in a synergistic effect on selectivity and cellular uptake. Int J Pharm 396: 143-148 (2010). [PubMed ID: 20457236]
  12. Ochiai H, Harashima H, Kamiya H. Positive feedback system provides efficient and persistent transgene expression. Mol Pharm 7: 1125-1132 (2010). [PubMed ID: 20496887]
  13. Ukawa M, Akita H, Masuda T, Hayashi Y, Konno T, Ishihara K, Harashima H. 2-Methacryloyloxyethyl phosphorylcholine polymer (MPC)-coating improves the transfection activity of GALA-modified lipid nanoparticles by assisting the cellular uptake and intracellular dissociation of plasmid DNA in primary hepatocytes. Biomaterials 31: 6355-6362 (2010). [PubMed ID: 20537380]
  14. Tamaru M, Akita H, Fujiwara T, Kajimoto K, Harashima H. Leptin-derived peptide, a targeting ligand for mouse brain-derived endothelial cells via macropinocytosis. Biochem Biophys Res Commun 394: 587-592 (2010). [PubMed ID: 20214882]
  15. Kamiya H, Yamaguchi A, Suzuki T, Harashima H. Roles of specialized DNA polymerases in mutagenesis by 8-hydroxyguanine in human cells. Mutat Res 686: 90-95 (2010). [PubMed ID: 20153758]
  16. Sato Y, Hatakeyama H, Harashima H. Ornithine and tryptophan analogs as efficient polycations for short interference RNA delivery to tumor cells. Biol Pharm Bull 33: 1246-1249 (2010). [PubMed ID: 20606322]
  17. Ito M, Suda Y, Harashima H, Kamiya H. Cytotoxic effect of Drosophila deoxynucleoside kinase gene on replicating plasmid in HeLa cells. Biol Pharm Bull 33: 1223-1227 (2010). [PubMed ID: 20606317]
  18. Yamada Y, Nomura T, Harashima H, Yamashita A, Katoono R, Yui N. Intranuclear DNA release is a determinant of transfection activity for a non-viral vector: biocleavable polyrotaxane as a supramolecularly dissociative condenser for efficient intranuclear DNA release. Biol Pharm Bull 33: 1218-1222 (2010). [PubMed ID: 20606316]
  19. Hayashi Y, Kajimoto K, Iida S, Sato Y, Mizufune S, Kaji N, Kamiya H, Baba Y, Harashima H. DNA microarray analysis of whole blood cells and insulin-sensitive tissues reveals the usefulness of blood RNA profiling as a source of markers for predicting type 2 diabetes. Biol Pharm Bull 33: 1033-1042 (2010). [PubMed ID: 20522973]
  20. Yamauchi J, Hayashi Y, Kajimoto K, Akita H, Harashima H. Comparison between a multifunctional envelope-type nano device and lipoplex for delivery to the liver. Biol Pharm Bull 33: 926-929 (2010). [PubMed ID: 20460780]
  21. Shiku H, Okazaki D, Suzuki J, Takahashi Y, Murata T, Akita H, Harashima H, Ino K, Matsue T. Reporter gene expression at single-cell level characterized with real-time RT-PCR, chemiluminescence, fluorescence, and electrochemical imaging. FEBS Lett 584:4000-4008 (2010). [PubMed ID: 20699098]

総説論文

  1. Hatakeyama H, Akita H, Kogure K, Harashima H. A novel nonviral gene delivery system: multifunctional envelope-type nano device. Adv Biochem Eng Biotechnol 119: 197-230 (2010). [PubMed ID: 19343308]
  2. Kamiya H. Mutagenicity of oxidized DNA precursors in living cells: Roles of nucleotide pool sanitization and DNA repair enzymes, and translesion synthesis DNA polymerases. Mutat Res. (Genetic Toxicology and Environmental Mutagenesis) 703: 32-36 (2010). [PubMed ID: 20542139]
  3. 宮崎淳、河合弘二、常楽晃、赤座英之、原島秀吉、矢野郁也 【事例に学ぶ。実践、臨床応用研究の進め方】 臨床応用の取り組みにかかる事例 泌尿器領域の臨床応用研究 BCG細胞壁骨格成分(BCG-CWS)搭載多機能性ナノ構造体による膀胱癌ワクチンの開発(解説/特集)、遺伝子医学MOOK (1349-2527)17号 125-131 (2010)
  4. 秋田英万, 畠山浩人, 原島秀吉.“多機能性エンベロープ型ナノ構造体を用いた核酸デリバリー.” Drug Delivery System. 25: 590-597 (2010)

著書

  1. IA Khalil, Y. Yamada, H. Akita, H. Harashima. Uptake Pathways Dependent Intracellular Trafficking of DNA Carrying Nanodelivery System. Organelle-Specific Pharmaceutical Nanotechnology. Editors: Volkmar Weissig and Gerard G.M. D'Souza Chapter 25 pp. 475---506 (2010), Wiley A John Wiley&Sons, Inc., Publication
  2. H. Hatakeyama, H. Akita, K. Kogure and H. Harashima. A Novel Nonviral Gene Delivery System: Multifunctional Envelope-type Nano Device. Advances in Biochemical Engineering/Biotechnology 119 Nano/Micro Biotechnology, Series Editor T. Scheper, Volume Editors I. Endo and T. Nagamune, pp.197-230 (2010) Springer

受賞

  1. 原島秀吉 2010年8月 FIPよりDistinguished Science Awardを受賞
  2. 古川亮 日本薬剤学会第25年会 永井財団大学院学生スカラシップ賞 効率的な細胞内導入を目的としたレシチン化SOD (PC-SOD) 搭載R8リポソームの構築およびその機能評価
  3. 安崎友香理 第10回遺伝子・デリバリー研究会 優秀ポスター賞 生細胞ミトコンドリアDNAセンシング技術の開発

招待講演

  1. 秋田英万、多機能性エンベロープ型ナノ構造体を用いた遺伝子・核酸の細胞内動態制御へのアプローチ(ワークショップ)、BMB2010、2010年12月7日~10日、神戸
  2. 原島秀吉、in vivo siRNA デリバリー技術が拓く次世代核酸医薬、第32 回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム ミニシンポジウム1、2010年11月29日、富山国際会議場
  3. Hatakeyama H. Development of systemic siRNA delivery system: manipulation of intracellular trafficking. The 13th Hokkaido University – Seoul National University Joint Symposium (Satellite Session “Innovative Nanomedicine Based on Functional Nucleic Acids”) Nov 26, 2010, Sapporo
  4. Nakamura T. “ Application of octaarginine-modified nano particles for vaccine delivery system” The 13th Hokkaido University – Seoul National University Joint Symposium (Satellite Session “Innovative Nanomedicine Based on Functional Nucleic Acids”) Nov 26, 2010, Sapporo
  5. Kajimoto K. “Nanoparticulate carrier system with peptide ligand for active targeting to vascular endothelium in fat tissue.” The 13th Hokkaido University – Seoul National University Joint Symposium (Satellite Session “Innovative Nanomedicine Based on Functional Nucleic Acids”) Nov 26, 2010, Sapporo
  6. Akita H. and Harashima H. Control of intracellular trafficking of plasmid DNA and siRNA by multifunctional envelope-type nano device (MEND), The 3rd international conference on mathematics and natural sciences (ICMNS2010) November, 23-25 (2010). Bandung, Indonesia
  7. H. Harashima, Nanotechnology for In Vivo Gene Delivery: Concept and Application of MEND, 2010 FIP PSWC/AAPS Annual Meeting and Exposition, Short Course: Nanotechnology from A to Z: Achievement in Drug Delivery and Tissue Engineering, November 14th, 2010, New Orleans, U. S. A.
  8. 秋田英万、遺伝子核酸医薬の in vivo 適応型ナノキャリアーの実現に向けて、第54回日本薬学会関東支部大会、2010年10月2日、東京薬科大学
  9. H. Harashima, Multifunctional Envelope-type Nano Device for non-viral gene delivery. Recent Trends in Gene and Drug Delivery, The 9th France - Japan DDS Symposium, 2010年9月29日、熊本
  10. 紙谷浩之、8-ヒドロキシグアニン(8-オキソ-7,8-ジヒドログアニン)誘発変異に関係する蛋白質、日本遺伝学会第82回札幌大、2010年9月20日、札幌
  11. 梶本和昭 “ペプチドリガンドを用いた脂肪血管内皮指向性ナノキャリアの構築” 第13回ペプチドフォーラム, 2010年9月18日、京都
  12. 原島秀吉、多機能性エンベロープ型ナノ構造体による次世代医薬への新たな展開、バイオ・高分子研究会、2010年9月17日、サッポロピリカコタン、札幌
  13. H. Harashima, Multifunctional Envelope-type Nano Device for non-viral gene delivery, Symposium on Innovative Polymers for Controlled Delivery SIPCD2010, 2010.9.15, Suzhou, China
  14. H. Kamiya, Cellular proteins related to mutations induced by 8-hydroxyguanine (8-oxo-7,8-dihydroguanine). 6th International Forum on "Oxidative Stress and Aging" , 2010年9月6日, 名古屋
  15. H. Harashima, Multifunctional Envelope-type Nano Device for non-viral gene delivery: Concept and application for Nanomedicine, 37th Annual Meeting & Exposition of the Controlled Release Society, July 13th, 2010, Portland, USA
  16. 畠山浩人、秋田英万、原島秀吉.腫瘍を標的とする革新的なin vivo siRNAデリバリーシステムの構築、第26回日本DDS学会、2010年6月18日、大阪
  17. 秋田英万、遺伝子・核酸の細胞内動態解析・制御とin vivo応用へのアプローチ、第26回日本DDS学会、2010年6月17日、大阪
  18. 原島秀吉、一遺伝子可視化法による革新的遺伝子デリバリーシステムの創製、第28回物性物理化学研究会、イメージング技術が拓くin situ物性物理化学:創薬・創剤への展開、2010年6月4日、京都大学薬学部記念講堂、京都
  19. 紙谷浩之、遺伝子修復核酸 5'-tailed duplex の開発、遺伝子・デリバリー研究会、第10回シンポジウム、2010年6月2日、札幌
  20. 原島秀吉、MENDで拓く創薬への道、金沢大学薬学シンポジウム2010創薬動態フォーラム in 金沢、2010年5月28日、金沢大学角間キャンパス 、金沢
  21. 原島秀吉、多機能性エンベロープ型ナノ構造体の構築とBCG-CWSによる膀胱癌ワクチンへの展開、第224回泌尿器科 Monthly Meeting、2010年5月15日、芝蘭会館別館 、京都
  22. 秋田英万、イメージングを基盤とした細胞内遺伝子動態の定量化システム構築と人工キャリア開発への展開(日本薬剤学会奨励賞受賞講演)、日本薬剤学会、第25年会 、2010年5月12日、徳島
  23. 秋田英万、企業研究者の疑問へのアカデミアからの回答 日本薬剤学会 第25年会、2010年5月12日 徳島
  24. 畠山浩人、秋田英万、原島秀吉.がんへの核酸デリバリーシステムの開発 ~PEGのジレンマへの挑戦~.薬剤学会第25年会.2010年5月12日、徳島
  25. 原島秀吉、多機能性エンベロープ型ナノ構造体による次世代医薬への新たな展開、日本薬剤学会第25年会ランチョンセミナー主催:日本油脂株式会社、2010年5月12日、徳島
  26. 原島秀吉、薬剤学の新たな潮流を探る、国際潮流からみた我が国の薬剤学の展望、日本薬剤学会第25年会特別企画シンポジウム 座談会、日本薬剤学会第25年会、2010年5月12日、徳島
  27. 梶本和昭 “網羅的遺伝子発現解析から分かる褐色脂肪細胞と白色脂肪細胞の分化と起源” 日本薬学会北海道支部第134回例会 総説講演, 2010年5月8日、札幌
  28. H. Harashima, Multifunctional Envelope-type Nano Device for non-viral gene delivery: Concept and application for Nanomedicine, The 4th International Symposium for Intelligent DDS, 2010.5.6, KIST, Seoul, Korea
  29. H. Harashima, Multifunctional Envelope-type Nano Device for non-viral gene delivery: Concept and application for Nanomedicine, The 7th Assiut University International Pharmaceutical Sciences Conference, 2010.3.18, Assiut University, Egypt
  30. 原島秀吉、多機能性エンベロープ型ナノ構造体の創製とがん遺伝子治療への展開、がん特定研究シンポジウム、2010年1月14日、東京
  31. 原島秀吉、多機能性エンベロープ型ナノ構造体によるマルチ機能ナノデバイスの創製、生体ナノ環境公開シンポジウム、2010年1月5日、北大薬学部、札幌

国際発表

  1. Takahashi M, Nagai C, Hatakeyama H, Minakawa N, Harashima H, Matsuda A. Highly durable gene-silencing effect by 2'-O-Me-4'-thioribonucleotides modified siRNA. The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies - Pacifichem 2010. 2010年12月15日. Honolulu, Hawaii, USA. (ポスター発表)
  2. Kibria G, Hatakeyama H, Harashima H. “A new peptide motif present in protective antigen of anthrax toxin exerts its efficiency on cellular uptake of liposomes and application for dual-ligand system” PHARMACEUTICAL SCIENCES WORLD CONGRESS (PSWC)2010. 2010年11月16日. The New Orleans Ernest N. Morial Convention Center, New Orleans, LA, USA.(ポスター発表)
  3. Yamada Y, Furukawa R, Yasuzaki Y, Harashima H. Dual Function MITO-Porter, an innovative nano-carrier system for mitochondrial drug delivery. FIP Pharmaceutical Sciences World Congress (PSWC) 2010. Nov 14-18, 2010, New Orleans, USA
  4. H. Kamiya, M. Uchiyama, J. Piao, Y. Nakatsu, T. Tsuzuki, H. Harashima:Pinpoint sequence alteration of a chromosomal locus in mouse liver. 37th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry 、2010年11月10日、横浜
  5. Takahashi M, Nagai C, Hatakeyama H, Minakawa N, Harashima H, Matsuda A. Evaluation of potency and duration of gene silencing activity by siRNAs containing 2’-O-Me-4’-thioribonucleosides. IRT 2010 - XIX International Round Table on Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids. 29th Aug. - 3rd Sep. 2010, Lyon, France.(ポスター発表)
  6. J. Yamauchi, Y. Hayashi, K. Kajimoto, H. Akita, H. Harashima. “The usefulness of multifunctional envelope-type nano device for gene delivery to the liver” The 8th International Symposium for Future Drug Discovery and Medical Care. Sep1-2, 2010. Sapporo
  7. Kohama H, Nakaya A, Nakamura T, Higuchi M, Harashima H, Ito T, Hosokawa H, Nakayama T, Joraku A, Miyazaki J, Akaza H, Isowa K, Kikuchi K, Hashimoto A, Yano I Immunotherapy of BBN-induced rat urinary bladder carcinoma by intravesical or intravenous administration of novel R8 cationized BCG-CWS liposomes 14th International Congress of Immunology, Kobe, Japan, 2010, 8
  8. Nakamura T, Nakaya A, Higuchi M, Kohama H, Yano T, Naka T, Ito T, Hosokawa H, Nakayama T, Jyoraku A, Miyazaki J, Akaza H, Harashima H Octaarginine-modified liposomes incorporating BCG cell wall skeleton for immunotherapy of murine bladder carcinoma 14th International Congress of Immunology, Kobe, Japan, 2010, 8
  9. Nakamura T, Moriguchi R, Kogure K, Harashima H Topological control of adjuvant by octaarginine-modified liposomes International liposome research days and lipid, liposomes & membrane biophysics, Vancouver, Canada, 2010, 8
  10. Takara K, Hatakeyama H, Ohga N, Hida K, Harashima H. 12th LIPOSOME RESEARCH DAYS CONFERENCE. 2010年8月4日. University of British Columbia, Vancouver, Canada. (ポスター発表)
  11. Hatakeyama H, Ito E, Akita H, Oishi M, Nagasaki Y, Futaki S, Harashima H. “Development of siRNA-containing nanoparticles for in vitro and in vivo gene silencing in tumor by controlling intracellular trafficking”.12th LIPOSOME RESEARCH DAYS CONFERENCE. 2010年8月4日. University of British Columbia, Vancouver, Canada. (ポスター発表)
  12. J. Yamauchi, Y. Hayashi, K. Kajimoto, H. Akita, H. Harashima. “Comparison between a multifunctional envelope-type nano device and lipoplex to the liver” International liposome research days & lipids liposomes & membrane biophysic. Aug4-8, 2010. Vancouver, Canada
  13. Y. Hayashi, J. Yamauchi, H. Akita, T. Masuda, M. Ukawa, T. Konno, K.. Ishihara, H. Harashima. “Modification of biocompatible polymers and endosomal escape device can go up liver gene expression and prevent immune response” International liposome research days & lipids liposomes & membrane biophysic. Aug4-8, 2010. Vancouver, Canada
  14. Yasuzaki Y, Yamada Y, Harashima H. Lighting a candle in mitochondria: Visualization of mitochondrial DNA using MITO-Porter, which is nano-device for mitochondrial delivery. International liposome research days & lipids liposomes & membrane biophysic. Aug 4-8, 2010, Vancouver, Canada.
  15. Furukawa R, Yamada Y, Takenaga M, Igarashi R, Harashima H. Octaarginine-modified liposome enhances anti-oxidant effect of PC-SOD through the improvement of intracellular trafficking, International liposome research days & lipids liposomes & membrane biophysic. Aug 4-8, 2010, Vancouver, Canada.
  16. Yamada Y, Furukawa R, Yasuzaki Y, Harashima H. Membrane fusions open a new avenue for mitochondrial delivery: Dual Function MITO-Porter, a nano-carrier system with cell and mitochondrial membranes-fusogenic activity. International liposome research days & lipids liposomes & membrane biophysic. Aug 4-8, 2010, Vancouver, Canada.
  17. H. Kamiya, M. Uchiyama, J. Piao, Y. Nakatsu, T. Tsuzuki, H. Harashima: Gene correction in mouse liver. 13th Annual Meeting of the American Society of Gene & Cell Therapy , 2010年5月20日、Washington D. C., USA)
  18. Sato Y, Hatakeyama H, Harashima H. “Ornithine and tryptophan as an efficient polycation for siRNA delivery to tumor cells”. The 13th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy. 2010年5月22日. Marriott Wardman Park Hotel, Washington, DC, USA.(ポスター発表)
  19. Sakurai Y, Hatakeyama H, Akita H, Oishi M, Nagasaki Y, Futaki S, Harashima H. “A pH-sensitive fusogenic peptide modified siRNA-encapsulating nanoparticles exerts the gene silencing synergistically with tumor-specific cleavable PEG-lipid”. The 13th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy. 2010年5月20日. Marriott Wardman Park Hotel, Washington, DC, USA.(ポスター発表)
  20. Hatakeyama H, Ito E, Akita H, Oishi M, Nagasaki Y, Futaki S, Harashima H. “Application of siRNA-containing nanoparticles for in vitro and in vivo gene silencing in tumor by controlling intracellular trafficking”. The 13th Annual Meeting of the American Society of Gene and Cell Therapy. 2010年5月20日. Marriott Wardman Park Hotel, Washington, DC, USA.(ポスター発表)
  21. Suzuki R, Yamada Y, Harashima H. Development of small, homogenous non-viral gene vector using mono-cationic detergent. American Society of Gene & Cell Therapy 13th Annual Meeting. May 19-23, 2010, Washington, DC, United States of America.
  22. Masami Ukawa, Hidetaka Akita, Tomoya Masuda, Yasuhiro Hayashi, Tomohiro Konno, Kazuhiko Ishihara, Hideyoshi Harashima Analysis of Intracellular Trafficking of MPC-Coated Multifunctional Envelope-Type Nano Device (MPC-MEND) in Isolated Hepatocyte The 13th Annual Meeting of the American Society of Gene and cell Therapy, Wachington DC (USA), 2010年5月20-24日
  23. Hidetaka Akita, Kaoru Enoto, Tomoya Masuda, Hiroyuki Mizuguchi, Tomomi Tani, Hideyoshi Harashima Particle Tracking for Intracellular Trafficking of Octaarginine-Modified Liposome: Comparative Study with Adenovirus The 13th Annual Meeting of the American Society of Gene and cell Therapy, Wachington DC (USA), 2010年5月20-24日
  24. Sharif M. Shaheen, Hidetaka Akita, Takashi Nakamura, Shiroh Futaki, Atsushi Yamashita, Ryo Katoono, Nobuhiko Yui, Hideyoshi Harashima MHC Class-I Mediated Antigen Presentation by a Non-Viral T-MEND Vector Expressing a High Luciferase Activity in Murine Derived Dendritic Cells (JAWS-II) The 13th Annual Meeting of the American Society of Gene and cell Therapy, Wachington DC (USA), 2010年5月20-24日
  25. G. Kanda, H. Ochiai, H. Harashima, H. Kamiya. Enhanced in vivo transgene expression by two-step transcription amplification. 13th Annual Meeting of the American Society of Gene & Cell Therapy , 2010年5月20日、Washington D. C., USA

国内発表

  1. 紙谷浩之,落合浩史,原島秀吉.プラスミドDNAに導入したインスレーターcHS4の外来遺伝子発現への影響、第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会合同大会 、2010年12月7日、神戸
  2. 冨樫亮平,神田元紀,原島秀吉,紙谷浩之.2種類の「発現持続型」プラスミドの核内挙動の違い、第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会合同大会 、2010年12月7日、神戸
  3. 神田元紀,落合浩史,原島秀吉,紙谷浩之.内在性転写活性化因子を用いた細胞系における外来遺伝子発現の活性化、第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会合同大会
  4. 守田由子,原島秀吉,紙谷浩之.Tailed duplexを用いたフレームシフト変異の修復、第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会合同大会 、2010年12月7日、神戸
  5. 山崎大樹,原島秀吉,紙谷浩之.8-Hydroxyguanine誘発変異への癌関連ヘリカーゼ(WRN、BLM、RECQL4)のノックダウンの影響、第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会合同大会 、2010年12月8日、神戸
  6. Hossen MN, Kajimoto K, Akita H, Hyodo M, Ishitsuka T, Harashima H. “Ligand-based targeted delivery of a peptide modified nanocarrier to endothelial cells in adipose tissue.” 第32回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2010年11月、富山
  7. 櫻井遊, 畠山浩人, 秋田英万, 二木史朗, 原島秀吉. エンドソーム脱出素子を搭載したsiRNAデリバリーシステムの開発. 第32回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム. 2010年11月29-30日、富山国際会議場(口頭発表)
  8. 守田由子,土谷博之,原島秀吉,紙谷浩之.Tailed duplexによる1塩基挿入・欠失変異の修復、第135回日本薬学会北海道支部例会、2010年11月27日、札幌
  9. 神田元紀,落合浩史,原島秀吉,紙谷浩之.in vivo発現持続型プラスミドDNA開発における核内動態の定量的評価と問題点、定量生物学の会 第三回年会 、2010年11月27日、東京
  10. 秋田英万、シャリフシャヒーン、原島秀吉 Development of multi-layered multifunctional envelope-type nano device for efficient gene delivery system for mouse dendritic cells 第4回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム 2010年11月27日、 東京大学本郷キャンパス武田先端知ビル
  11. 紙谷浩之,鈴木哲矢,原島秀吉.p53とRbのノックダウンは8-ヒドロキシグアニン誘発変異に影響しない、日本環境変異原学会第39回大会、2010年11月16日、つくば
  12. 紙谷浩之,堀美香,原島秀吉: 8-Hydroxy-dGTP(8-oxo-7,8-dihydro-dGTP)二次酸化産物の変異誘発能、日本放射線影響学会第53回大会 、2010年10月20日、京都
  13. 中谷彰洋、小濱秀康、中村孝司、原島秀吉、常楽晃、宮崎淳、赤座英之、中山俊憲、矢野郁也 BCG-CWS搭載オクタアルギニン(R8)膀注及び静注によるラットBBN発癌抑制・治療並びにIFNγ産生 第69回日本癌学会学術総会 2010年9月、大阪
  14. 畠山浩人, 秋田英万, 原島秀吉. “Development of Systemic siRNA Delivery System for Tumor with endomal escape device.” 第69回日本癌学会学術総会. 2010年9月23日. 大阪国際会議場(口頭発表)
  15. 紙谷浩之,鈴木哲矢,原島秀吉: 8-ヒドロキシグアニン誘発変異におけるヒト損傷乗り越えDNAポリメラーゼの役割 第69回日本癌学会学術総会、2010年9月24日、大阪
  16. 佐藤悠介, 畠山浩人, 原島秀吉. “オルニチン/トリプトファン(Orn/Trp)アナログを用いたがん細胞への効率的なsiRNAデリバリー”. 第26回日本DDS学会. 2010年6月17-18日、大阪国際交流センター(ポスター発表)
  17. 櫻井遊, 畠山浩人, 秋田英万, 二木史朗, 原島秀吉. siRNA封入MENDのエンドソーム脱出促進とin vivoがんへのデリバリー. 第26回日本DDS学会. 2010年6月17日. 大阪. 大阪国際交流センター.(口頭発表)
  18. Shaheen Sharif Mohammad, Hidetaka Akita, Takashi Nakamura, Shota Warashina, Siroh Futaki, Atsushi Yamashita, Ryo Katoono, Nobuyuki Yui and Hideyoshi Harashuma. MHC-Class-I mediated antigen presentation by a KALA modified T-MEND vector expressing a high luciferase activity in murine derived dendritic cells (JAWS-II) 第26回日本DDS学会 2010年6月17日―18日 大阪
  19. 櫻井遊、畠山浩人、秋田英万、二木史朗、原島秀吉 siRNA封入MENDのエンドソーム脱出促進とin vivoがんへのデリバリー 第26回日本DDS学会 2010年6月17日―18日 大阪
  20. 鵜川真実、秋田英万、増田智也、林泰弘、金野智浩、石原一彦、原島秀吉 マウス肝プライマリー細胞における多機能性エンベロープ型ナノ構造体(MEND)のMPCポリマー修飾による遺伝子発現活性上昇メカニズムの解明 第26回日本DDS学会 2010年6月17日―18日 大阪
  21. 田丸みな、秋田英万、藤原孝博、梶本和昭、原島秀吉 レプチン由来ペプチド修飾リポソームのマウス脳毛細血管内皮細胞由来細胞への取り込み及びその経路の解析 第26回日本DDS学会 2010年6月17日―18日 大阪
  22. 山田勇磨、河村恵理子、安崎友香理、新藤充、原島秀吉. “ボンクレキン酸 (抗アポトーシス作動薬)搭載ミトコンドリア標的型DDS (MITO-Porter)の開発”  第26回日本DDS学会. 2010年6月17-18. 大阪
  23. 紙谷浩之,内山雅普,Jingshu Piao,中津可道,續輝久,原島秀吉: マウス肝臓における遺伝子修復(部位特異的配列変換) 第26回日本DDS学会 (2010年6月18日、大阪
  24. 有森貴夫,玉置春彦,中村照也,紙谷浩之,池水信二,石橋徹,原島秀吉,関口睦夫,山縣ゆり子: ヒトNUDT5 の幅広い基質特異性に関する構造基盤の解明 第10回日本蛋白質科学会年会 、2010年6月17日、札幌
  25. 川崎久美子,米山桃子,紙谷浩之,紙谷(村田)尚子,原島秀吉,児嶋長次郎,伊藤隆,三島正規: NMRによるEscherichia oli Orf135の立体構造決定と基質認識の研究 第10回日本蛋白質科学会年会 、2010年6月17日、札幌
  26. 山内順、林泰弘、梶本和昭、秋田英万、原島秀吉. ナノキャリアとLipoplexにおける肝臓への遺伝子デリバリーの比較. 遺伝子・デリバリー研究会 第10回シンポジウム、2010年6月2日~3日、札幌
  27. 秋田英万、榎戸 薫、増田智也、原島秀吉. R8修飾リポソーム細胞内輸送のリアルタイムイメージング;アデノウイルスとの比較検討.遺伝子・デリバリー研究会第10回シンポジウム 2010年6月2日~3日
  28. 神田元紀,落合浩史,原島秀吉,紙谷浩之: 自己活性化システムによる in vivo 外来遺伝子発現上昇 遺伝子・デリバリー研究会 第10回シンポジウム、2010年6月2日、札幌
  29. 佐藤悠介, 畠山浩人, 原島秀吉. “がん細胞への効率的なsiRNAデリバリーを可能とするsiRNAナノ粒子化剤の探索”. 遺伝子デリバリー研究会第10回シンポジウム. 2010年6月2-3日、北海道大学学術交流会館(ポスター発表)
  30. 高良和宏, 畠山浩人, 大賀孝則, 樋田京子, 原島秀吉. “オリゴアルギニンと標的リガンドを組み合わせた腫瘍血管内皮へのドラッグデリバリー”. 遺伝子デリバリー研究会第10回シンポジウム. 2010年6月2-3日、北海道大学学術交流会館(ポスター発表)
  31. 畠山浩人, 伊東恵里佳, 山本桃子, 林泰弘, 秋田英万, 梶本和昭, 加地範匡, 馬場嘉信, 原島秀吉. “遺伝子ベクターへのPEG修飾が及ぼすサイトカイン産生への影響” 遺伝子デリバリー研究会第10回シンポジウム. 2010年6月2-3日. 札幌、北海道大学学術交流会館(ポスター発表)
  32. 鈴木亮佑, 山田勇磨, 原島秀吉. “効率的な遺伝子送達を実現する非ウィルス性ベクターの創製” 遺伝子・デリバリー研究会 第10回シンポジウム. 2010年6月2-3. 札幌
  33. 安崎友香理、山田勇磨、原島秀吉. “生細胞ミトコンドリアDNAセンシング技術の開発” 遺伝子・デリバリー研究会 第10回シンポジウム. 2010年6月2-3. 札幌
  34. 紙谷浩之、後藤仁美、神田元紀、山田勇磨、原島秀吉. “プラスミド-ヒストン複合体からの外来遺伝子発現効率” 日本薬剤学会第25年会. 2010年5月12-14. 徳島
  35. 安崎友香理、山田勇磨、原島秀吉. “DDS技術を基盤とした生細胞ミトコンドリアDNAの可視化” 日本薬剤学会第25年会. 2010年5月12-14. 徳島
  36. 古川亮、山田勇磨、武永美津子、五十嵐理慧、原島秀吉. “効率的な細胞内導入を目的としたレシチン化SOD (PC-SOD) 搭載R8リポソームの構築およびその機能評価” 日本薬剤学会第25年会. 2010年5月12-14. 徳島
  37. 林泰弘、山内順、秋田英万、増田智也、鵜川真実、金野智浩、石原一彦、原島秀吉. MPCポリマー修飾GALA-MENDによる肝臓での遺伝子発現上昇と免疫応答の軽減. 日本薬剤学会第25年会、2010年5月12日~14日、徳島
  38. 山内順、林泰弘、梶本和昭、秋田英万、原島秀吉. 肝臓への遺伝子デリバリーにおけるナノキャリアとLipoplexの比較. 日本薬剤学会第25年会、2010年5月12日~14日、徳島
  39. 楠本憲司、石塚太一、秋田英万、原島秀吉 多機能性エンベロープ型ナノ構造体のトランスフェクション能に及ぼすPEG脂質誘導体の影響 日本薬剤学会第25年会 2010年5月12~14日 徳島
  40. 石塚太一、楠本憲司、秋田英万、原島秀吉 in vivoにおけるIRQ修飾PEG化MENDの機能改善 日本薬剤学会第25年会 2010年5月12~14日 徳島
  41. 山本桃子, I.A. Khalil, 畠山浩人, 原島秀吉. “プラスミドDNA封入アルギニン修飾型PLGAナノ粒子の創製” 日本薬剤学会第25年会. 2010年5月12-14日、徳島県郷土文化会館(ポスター発表)
  42. 高良和宏, 畠山浩人, 大賀孝則, 樋田京子, 原島秀吉. “Dual ligand型リポソームによる腫瘍血管内皮を標的としたデリバリーシステムの構築” 日本薬剤学会第25年会. 2010年5月12-14日、徳島県郷土文化会館(口頭発表)
  43. 中村孝司、森口留美子、小暮健太朗、原島秀吉 アジュバントのトポロジーを考慮したワクチンデリバリーシステムの開発 日本薬剤学会 第25年会 2010年5月 徳島
  44. 紙谷浩之,後藤仁美,神田元紀,山田勇磨,原島秀吉:プラスミド-ヒストン複合体からの外来遺伝子発現効率日本薬剤学会第25年会、2010年5月14日、徳島
  45. 高良和宏, 畠山浩人, 大賀孝則, 樋田京子, 原島秀吉. “腫瘍血管内皮細胞を標的としたDual ligand 修飾リポソームによる医薬分子送達システムの構築” 日本薬学会北海道支部第134回例会. 2010年5月8日、札幌コンベンションセンター(口頭発表)
  46. 山内順、林泰弘、梶本和昭、秋田英万、原島秀吉. 肝臓への遺伝子導入における多機能性エンベロープ型ナノ構造体の有用性の検証.、第134回薬学会北海道支部例会、2010年5月8日~9日、札幌
  47. 田丸みな,秋田英万,藤原孝博,梶本和昭、原島秀吉、レプチン由来ペプチド修飾リポソームの細胞内挙動の観察、日本薬学会 第130年会、2010年3月28日~30日、岡山
  48. 梅津裕子,秋田英万,栗原大,原島秀吉、人工ベクターを用いた遺伝子発現のheterogeneityを生み出すメカニズム解明を目指した細胞内mRNA及び蛋白発現の同時検出法の開発、日本薬学会 第130年会、2010年3月28日~30日、岡山
  49. 畠山 浩人,伊東 恵里佳,林 泰弘,秋田 英万,梶本 和昭,加地 範匡,馬場 嘉信,原島 秀吉.遺伝子ベクターへのPEG修飾が及ぼすサイトカイン産生への影響、日本薬学会 第130年会、2010年3月28日~30日、岡山
  50. 秋田英万,榎戸薫,増田智也,水口裕之,原島秀吉、リアルタイムイメージングによるR8リポソームとアデノウイルスの細胞内動態比較、日本薬学会 第130年会、2010年3月28日~30日、岡山
  51. 鵜川真実,秋田英万,増田智也,林泰弘,金野智浩,石原一彦,原島秀吉.多機能性エンベロープ型ナノ構造体のMPCポリマー修飾による遺伝子発現活性上昇メカニズムの解明、日本薬学会第130年会、2010年3月28日~30日、岡山
  52. 紙谷浩之,伊藤麻名,原島秀吉: 変異原性ヌクレオシドアナログを用いるヌクレオシドキナーゼの“in vivo”進化法.日本薬学会第130年会、2010年3月29日、岡山
  53. 武隈洋,小林正紀,山田勇磨,板垣史郎,吉田和幸,井関健,菅原満. “北海道大学薬学部”. 薬学教育協議会フォーラム 「伝えよう事前学習の成果、拡げよう連携の輪」2010年2月7日、東京
  54. 山田勇磨、野村卓、原島秀吉、山下敦、上遠野亮、由井伸彦. “革新的遺伝子発現ベクター『ポリロタキサン/pDNAナノ粒子搭載型MEND』の構築および核内動態・遺伝子発現活性評価” 日本薬学会 第130年会 2010年3月. 岡山
  55. 古川亮、山田勇磨、武永美津子、五十嵐理慧、原島秀吉. “PC-SOD搭載型リポソームの構築および細胞内動態・抗酸化効果の評価” 日本薬学会 第130年会 2010年3月. 岡山
  56. 橋田真裕、山田勇磨、原島秀吉、山下敦、上遠野亮、由井伸彦. “生分解性ポリロタキサンを用いたpDNA、siRNAのナノ粒子の調製および核酸ナノ粒子形成機構に関する検討” 日本薬学会 第130年会 2010年3月. 岡山
  57. 武隈洋,小林正紀,山田勇磨,板垣史郎,吉田和幸,井関健,菅原満. “北海道大学薬学部における実務実習事前実習の取り組みとその評価” 日本薬学会 第130年会 2010年3月. 岡山

▲ Page Up

2009年

原著論文

  1. El-Sayed A, Masuda T, Khalil I, Akita H, Harashima H. Enhanced gene expression by a novel stearylated INF7 peptide derivative through fusion independent endosomal escape. J Control Release 138: 160-167 (2009). [PubMed ID: 19465073]
  2. Masuda T, Akita H, Niikura K, Nishio T, Ukawa M, Enoto K, Danev R, Nagayama K, Ijiro K, Harashima H. Envelope-type lipid nanoparticles incorporating a short PEG-lipid conjugate for improved control of intracellular trafficking and transgene transcription. Biomaterials 30: 4806-4814 (2009). [PubMed ID: 19520424]
  3. Hatakeyama H, Ito E, Akita H, Oishi M, Nagasaki Y, Futaki S, Harashima H. A pH-sensitive fusogenic peptide facilitates endosomal escape and greatly enhances the gene silencing of siRNA-containing nanoparticles in vitro and in vivo. J Control Release 139: 127-132 (2009). [PubMed ID: 19540888]
  4. Kamiya H, Hori M, Arimori T, Sekiguchi M, Yamagata Y, Harashima H. NUDT5 hydrolyzes oxidized deoxyribonucleoside diphosphates with broad substrate specificity. DNA Repair (Amst) 8: 1250-1254 (2009). [PubMed ID: 19699693]
  5. Homhuan A, Kogure K, Nakamura T, Shastri N, Harashima H. Enhanced antigen presentation and CTL activity by transduction of mature rather than immature dendritic cells with octaarginine-modified liposomes. J Control Release 136: 79-85 (2009). [PubMed ID: 19344678]
  6. Satou K, Hori M, Kawai K, Kasai H, Harashima H, Kamiya H. Involvement of specialized DNA polymerases in mutagenesis by 8-hydroxy-dGTP in human cells. DNA Repair (Amst) 8: 637-642 (2009). [PubMed ID: 19179121]
  7. Sakurai Y, Hatakeyama H, Akita H, Oishi M, Nagasaki Y, Futaki S, Harashima H. Efficient short interference RNA delivery to tumor cells using a combination of octaarginine, GALA and tumor-specific, cleavable polyethylene glycol system. Biol Pharm Bull 32: 928-932 (2009). [PubMed ID: 19420766]
  8. Akita H, Kudo A, Minoura A, Yamaguti M, Khalil IA, Moriguchi R, Masuda T, Danev R, Nagayama K, Kogure K, Harashima H. Multi-layered nanoparticles for penetrating the endosome and nuclear membrane via a step-wise membrane fusion process. Biomaterials 30: 2940-2949 (2009). [PubMed ID: 19261326]
  9. Kamiya H, Suzuki A, Yamaguchi Y, Handa H, Harashima H. Incorporation of 8-hydroxyguanosine (8-oxo-7,8-dihydroguanosine) 5'-triphosphate by bacterial and human RNA polymerases. Free Radic Biol Med 46: 1703-1707 (2009). [PubMed ID: 19362141]
  10. Higashi T, Khalil IA, Maiti KK, Lee WS, Akita H, Harashima H, Chung SK. Novel lipidated sorbitol-based molecular transporters for non-viral gene delivery. J Control Release 136: 140-147 (2009). [PubMed ID: 19331845]
  11. Takada A, Kamiya H, Shuto S, Matsuda A, Harashima H. PK-PD modeling of 1-(3-C-ethynyl-beta-D-ribo-pentofuranosyl)cytosine and the enhanced antitumor effect of its phospholipid derivatives in long-circulating liposomes. Int J Pharm 377: 52-59 (2009). [PubMed ID: 19426792]
  12. Kamiya H, Fukunaga S, Ohyama T, Harashima H. Effects of carriers on transgene expression from plasmids containing a DNA sequence with high histone affinity. Int J Pharm 376: 99-103 (2009). [PubMed ID: 19409470]
  13. Kamiya H, Goto H, Harashima H. Effects of non-B DNA sequences on transgene expression. J Biosci Bioeng 108: 20-23 (2009). [PubMed ID: 19577186]
  14. Kurihara D, Akita H, Kudo A, Masuda T, Futaki S, Harashima H. Effect of polyethyleneglycol spacer on the binding properties of nuclear localization signal-modified liposomes to isolated nucleus. Biol Pharm Bull 32: 1303-1306 (2009). [PubMed ID: 19571404]
  15. Kamiya H, Satou K, Hori M, Yamaguchi A, Harashima H. Roles of specialized DNA polymerases in mutagenesis by oxidized guanine. Nucleic Acids Symp Ser (Oxf): 223-224 (2009). [PubMed ID: 19749341]
  16. Joraku A, Homhuan A, Kawai K, Yamamoto T, Miyazaki J, Kogure K, Yano I, Harashima H, Akaza H. Immunoprotection against murine bladder carcinoma by octaarginine-modified liposomes incorporating cell wall of Mycobacterium bovis bacillus Calmette-Guérin. BJU Int 103: 686-693 (2009). [PubMed ID: 19040525]

総説論文

  1. Mudhakir D, Harashima H. Learning from the viral journey: how to enter cells and how to overcome intracellular barriers to reach the nucleus. AAPS J 11: 65-77 (2009). [PubMed ID: 19194803]
  2. El-Sayed A, Futaki S, Harashima H. Delivery of macromolecules using arginine-rich cell-penetrating peptides: ways to overcome endosomal entrapment. AAPS J 11: 13-22 (2009). [PubMed ID: 19125334]

著書

  1. 紙谷浩之,原島秀吉:体内動態・細胞内動態・核内動態制御を可能とする核酸送達システムの開発. 「核酸医薬の最前線」(和田猛監修)p. 76-84 (2009年2月)シーエムシー出版

招待講演

  1. 秋田英万 多機能性エンベロープ型ナノ構造体を用いた遺伝子の核輸送戦略 第32回 日本分子生物学会年会(ワークショップ) 2009年12月9-12日、横浜
  2. 原島秀吉. 多機能性エンベロープ型ナノ構造体の構築とBCG-CWSによる膀胱癌ワクチンへの展開.第2回BCG注入療法研究会、2009 年11月20日、東京
  3. 紙谷浩之:核内動態制御を可能とする遺伝子治療用DNAの創製. 第3回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム (2009年11月14日、福岡)
  4. H. Harashima. Quantitative analysis of transfection efficiency between viral and non-viral vector. BSJ&ABA Joint Symposium on “Prion and Virus Infections” (日本生物物理学会年会), 2009 年10月30日, Tokushima, Japan
  5. 原島秀吉.多機能性エンベロープ型ナノ構造体による核膜突破戦略.第82回日本生化学会大会、2009 年10月22日、神戸
  6. H. Harashima. Multifunctional envelope-type nano device for non-viral gene delivery: Concept and application for nanomedicine. Asian Federation for Pharmaceutical Sciences 2009, 2009 年10月17日, Hakata (Japan)
  7. 山田勇磨 薬学分野における臨床教員のしごと 平成21年度「薬学としごと」講演会、2009年9月12日、TKP札幌ビジネスセンター、札幌
  8. H. Kamiya:Mutagenicity of oxidized DNA precursors in living cells: Roles of nucleotide pool sanitization and DNA repair enzymes, and Y-family DNA polymerases. 10th International Conference on Environmental Mutagens (2009年8月21日、Firenze, Italy)
  9. 原島秀吉.創薬開発と生命倫理、平成21年度北海道大学公開講座 現代社会と倫理 、2009 年7月27日、北海道大学
  10. 秋田英万 多機能性エンベロープ型ナノ構造体を用いた細胞内動態制御:in vivo適応型ナノキャリアの実現に向け 第25回日本DDS学会 2009年7月3-4日、東京
  11. 原島秀吉.Multifunctional envelope-type nano device for non-viral gene delivery: Concept and application of programmed packaging. 8th CVB2009, 2009 年7月1日, Sendai, Japan
  12. 原島秀吉.融合研究~創薬から医療へ~:多機能性エンベロープ型ナノ構造体の創製とナノメディシンへの展開.第28回未来医療イノベーションセミナー、2009 年6月23日、北海道大学医学部
  13. 原島秀吉.平成21年度北海道歯学会総会・学術大会. 多機能性エンベロープ型ナノ構造体の創製とナノメディシンへの展開.2009 年5月8日、北海道大学歯学部
  14. 秋田英万 体内動態制御と細胞内動態制御による低毒性DDSキャリア構築へのアプローチ 日本薬学会第129年会 2009年3月、京都

国際発表

  1. Yamada Y, Yasuzaki Y, Furukawa R, Harashima H. MITO-PORTER: A LIPOSOME-BASED NANO-DEVICE FOR MITOCHONDRIAL MACROMOLECULE DELIVERY VIA MEMBRANE FUSION –INNOVATIVE STRATEGY AIMED FOR MITOCHONDRIAL GENE THERAPY-. Joint Symposium of the 5th Annual Meeting of the Oligonucleotide Therapeutics Society and the 19th Antisense Symposium. Nov 3-6, 2009, Fukuoka, Japan.
  2. Suzuki R, Yamada Y, Harashima H. Development of small, homogenous non-viral gene vector using mono-cationic detergent. Joint Symposium of the 5th Annual Meeting of the Oligonucleotide Therapeutics Society and the 19th Antisense Symposium. Nov 3-6, 2009, Fukuoka, Japan.
  3. Akita H , Masuda T, Konno T, Ishihara K and Harashima H. Development of MPC-coated multifunctional envelope-type nano device (MEND) for Liver targeting.The Asian Federation for Pharmaceutical Sciences Conference (AFPS2009). (15-18 October. 2009. Fukuoka)
  4. Nomura T, Yamada Y, Harashima H, Yamashita A, Katoono R, Yui N. A Novel Gene Delivery System Designing Dual Functionalities of Nuclear Delivery via Multifunctional Envelope-type Nano Device and Intranuclear DNA Release via Biocleavable Polyrotaxane. The Asian Federation for Pharmaceutical Sciences Conference (AFPS2009). Oct. 15-18, 2009, Fukuoka. Japan.
  5. H. Kamiya, K. Satou, M. Hori, A. Yamaguchi, H. Harashima:Roles of specialized DNA polymerases in mutagenesis by oxidized guanine6th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry (2009年9月28日、高山)
  6. Yamada Y, Nomura T, Harashima H, Yamashita A, Katoono R, Yui N. Integrated system of multifunctional envelop-type nano device with cytocleavable polyrotaxane for intranuclear DNA release. International Conference on Materials for Advance Technologies (ICMAT 2009 Conference) & Int’l Union of Materials Research Societies-International Conference in Asia (IUMRS-ICA 2009). June 28 – July 3, 2009. Singapore.

国内発表

  1. 山田勇磨, 古川亮, 安崎友香理, 原島秀吉. ミトコンドリア標的型ナノデバイス“多重型MITO-Porter”の創製. 第9回 日本ミトコンドリア学会年会. 2009年12月. 東京.
  2. 紙谷浩之,内山雅普,Jingshu Piao,中津可道,續輝久,原島秀吉: マウス肝臓における部位特異的配列変換法.第32回日本分子生物学会年会(2009年12月12日、横浜)
  3. 守田由子、鈴木哲矢、原島秀吉、紙谷浩之: 培養細胞を用いた染色体DNA配列変換アッセイ系の確立.第32回日本分子生物学会年会(2009年12月12日、横浜)
  4. 神田元紀,落合浩史,原島秀吉,紙谷浩之: Two-step transcription amplificationを用いたin vivoにおける外来遺伝子発現活性化.第32回日本分子生物学会年会(2009年12月10日、横浜)
  5. 山口彩花,鈴木哲矢,原島秀吉,紙谷浩之: 8-ヒドロキシグアニンが誘発する変異と損傷乗り越えDNAポリメラーゼの関連性.第32回日本分子生物学会年会(2009年12月9日、横浜)
  6. 紙谷浩之,堀美香,有森貴夫,関口睦夫,山縣ゆり子,原島秀吉: ヒトNUDT5蛋白質は様々な酸化デオキシリボヌクレオシド二リン酸を分解する.第82回日本生化学会大会(2009年10月23日、神戸)
  7. 鈴木哲矢,原島秀吉,紙谷浩之: 8-ヒドロキシグアニン誘発変異に対するp53とRbのノックダウンの影響.第68回日本癌学会学術総会 (2009年10月1日、横浜)
  8. 堀美香,原島秀吉,紙谷浩之: ヌクレオチドプール浄化酵素は、ヒト細胞において8-ヒドロキシ-dGTPにより誘発される変異を抑制する.第68回日本癌学会学術総会 (2009年10月1日、横浜)
  9. 紙谷浩之,落合浩史,原島秀吉: 外来遺伝子持続的発現システムの構築.第25回日本DDS学会 (2009年7月4日、東京)
  10. 落合浩史,原島秀吉,紙谷浩之: 持続的発現を目的とした外来遺伝子発現システムの構築.日本薬学会第129年会 (2009年3月26日、京都)
  11. 山田勇磨, 古川亮, 安崎友香理, 原島秀吉. “ミトコンドリア標的型ナノデバイス”多重型MITO-Porter”の製剤化に関する検討 第25回日本DDS学会. 2009年7月3-4. 東京
  12. 鈴木亮佑, 山田勇磨, 原島秀吉. Mono-cationic detergentによるsiRNAナノ粒子パッケージング法の構築 第25回日本DDS学会. 2009年7月3-4. 東京
  13. 野村卓, 山田勇磨, 原島秀吉、山下敦、上遠野亮、由井伸彦. 細胞内分解性ポリロタキサンを内封した多機能性エンベロープ型ナノ構造体の構築 第25回日本DDS学会. 2009年7月3-4. 東京
  14. Quantification of condensation/decondensation status in the nuclear sub-domains by QD-FRET. Shaheen Sharif, Hidetaka Akita, Atsushi Yamashita, Ryo Katoono, Nobuhiko Yui, Vasudevanpillai Biju, Mitsuru ishikawa and Hideyoshi Harashima. 第25回日本DDS学会、 2009年7月3-4日、 東京.
  15. 畠山浩人, 伊東恵里佳, 林泰弘, 秋田英万, 梶本和昭, 加地範匡, 馬場嘉信, 原島秀吉. “PEG修飾による人工遺伝子ベクターの安全性向上のメカニズムの解析” 第25回日本DDS学会、 2009年7月3-4日、 東京.
  16. 山下敦、上遠野亮、由井伸彦、野村卓, 山田勇磨, 原島秀吉. "細胞内分解性ポリロタキサン構造因子が与える遺伝子送達過程への影響". 遺伝子・デリバリー研究会第9回シンポジウム. 2009年7月. 大阪
  17. 榎戸薫、秋田英万、増田智也、原島秀吉“Real Time Imagingによる遺伝子キャリアの細胞内動態解析:アデノウイルスとの比較検討“日本薬剤学会第24年会、2009年5月21日~23日、静岡
  18. 林泰弘、梶本和昭、飯田慎也、加地範匡、紙谷浩之、馬場嘉信、原島秀吉“2型糖尿病の発症を予測するマーカーとしての白血球遺伝子発現プロファイルの有用性の検証 “日本糖尿病学会 第52年会、2009年5月21日~24日、大阪
  19. 秋田英万、増田智也、金野智浩、石原一彦、原島秀吉 MPC “コート多機能性エンベロープ型ナノ構造体による静脈内投与型in vivo肝臓デリバリーシステムの構築”日本薬剤学会第24年会、2009年5月21日~23日、静岡
  20. 高橋恭平、林泰弘、梶本和昭、飯田慎也、加地範匡、紙谷浩之、馬場嘉信、原島秀吉“DNAマイクロアレイ解析による2型糖尿病遺伝子治療を可能とする新規標的遺伝子の探索” 日本薬剤学会第24年会、2009年5月21日~23日、静岡
  21. 山田勇磨, 古川亮, 安崎友香理, 原島秀吉. “ミトコンドリア標的型ナノデバイス”多重型MITO-Porter”の有用性の検証 日本薬剤学会第24年会. 2009年5月21-23. 静岡
  22. 畠山浩人, 伊東恵里佳, 秋田英万, 大石基, 長崎幸夫, 二木史朗, 原島秀吉. “膜融合性ペプチドを用いた腫瘍選択的siRNAデリバリーシステムの開発” 日本薬学会第129年会、2009年3月、 京都
  23. 櫻井遊, 畠山浩人, 秋田英万, 大石基, 長崎幸夫, 二木史朗, 原島秀吉. “血清耐性MENDを用いたがん選択的siRNAデリバリーシステムの機能評価” 日本薬学会第129年会、2009年3月、 京都
  24. 山田勇磨、野村卓、原島秀吉、山下敦、上遠野亮、由井伸彦. “効率的な核内遺伝子放出を可能とする多機能性エンベロープ型ナノ構造体の創製” 日本薬学会 第129年会 2009年3月. 京都

市民講演

  1. 山田勇磨 ヒアルロン酸と健康・美容・医薬品 北海道大学薬学部SP会平成21年度例会、2009年5月15日、北海道大学薬学部、札幌

▲ Page Up

2008年

原著論文

  1. Kamiya H, Uchiyama M, Nakatsu Y, Tsuzuki T, Harashima H. Effects of target sequence and sense versus anti-sense strands on gene correction with single-stranded DNA fragments. J Biochem 144: 431-436 (2008). [PubMed ID: 18586771]
  2. Niikura K, Sekiguchi S, Nishio T, Masuda T, Akita H, Matsuo Y, Kogure K, Harashima H, Ijiro K. Oligosaccharide-mediated nuclear transport of nanoparticles. Chembiochem 9: 2623-2627 (2008). [PubMed ID: 18821556]
  3. Moriguchi R, Kogure K, Harashima H. Non-linear pharmacodynamics in the transfection efficiency of a non-viral gene delivery system. Int J Pharm 363: 192-198 (2008). [PubMed ID: 18708133]
  4. Suzuki R, Yamada Y, Harashima H. Development of small, homogeneous pDNA particles condensed with mono-cationic detergents and encapsulated in a multifunctional envelope-type nano device. Biol Pharm Bull 31: 1237-1243 (2008). [PubMed ID: 18520061]
  5. Mudhakir D, Akita H, Tan E, Harashima H. A novel IRQ ligand-modified nano-carrier targeted to a unique pathway of caveolar endocytic pathway. J Control Release 125: 164-173 (2008). [PubMed ID: 18054812]
  6. Suzuki T, Yamamoto K, Harashima H, Kamiya H. Base excision repair enzyme endonuclease III suppresses mutagenesis caused by 8-hydroxy-dGTP. DNA Repair (Amst) 7: 88-94 (2008). [PubMed ID: 17870674]
  7. Yamada Y, Akita H, Kamiya H, Kogure K, Yamamoto T, Shinohara Y, Yamashita K, Kobayashi H, Kikuchi H, Harashima H. MITO-Porter: A liposome-based carrier system for delivery of macromolecules into mitochondria via membrane fusion. Biochim Biophys Acta 1778: 423-432 (2008). [PubMed ID: 18054323]
  8. Masuda T, Akita H, Nishio T, Niikura K, Kogure K, Ijiro K, Harashima H. Development of lipid particles targeted via sugar-lipid conjugates as novel nuclear gene delivery system. Biomaterials 29: 709-723 (2008). [PubMed ID: 18001828]
  9. El-Sayed A, Khalil IA, Kogure K, Futaki S, Harashima H. Octaarginine- and octalysine-modified nanoparticles have different modes of endosomal escape. J Biol Chem 283: 23450-23461 (2008). [PubMed ID: 18550548]
  10. Tsuchiya H, Uchiyama M, Hara K, Nakatsu Y, Tsuzuki T, Inoue H, Harashima H, Kamiya H. Improved gene correction efficiency with a tailed duplex DNA fragment. Biochemistry 47: 8754-8759 (2008). [PubMed ID: 18642931]
  11. Nakamura T, Moriguchi R, Kogure K, Shastri N, Harashima H. Efficient MHC class I presentation by controlled intracellular trafficking of antigens in octaarginine-modified liposomes. Mol Ther 16: 1507-1514 (2008). [PubMed ID: 18560420]
  12. Sasaki K, Kogure K, Chaki S, Nakamura Y, Moriguchi R, Hamada H, Danev R, Nagayama K, Futaki S, Harashima H. An artificial virus-like nano carrier system: enhanced endosomal escape of nanoparticles via synergistic action of pH-sensitive fusogenic peptide derivatives. Anal Bioanal Chem 391: 2717-2727 (2008). [PubMed ID: 18351325]
  13. Yamashita A, Kanda D, Katoono R, Yui N, Ooya T, Maruyama A, Akita H, Kogure K, Harashima H. Supramolecular control of polyplex dissociation and cell transfection: Efficacy of amino groups and threading cyclodextrins in biocleavable polyrotaxanes. J Control Release 131: 137-144 (2008). [PubMed ID: 18700157]
  14. Kuramoto H, Park YS, Kaji N, Tokeshi M, Kogure K, Shinohara Y, Harashima H, Baba Y. On-chip fabrication of mutifunctional envelope-type nanodevices for gene delivery. Anal Bioanal Chem 391: 2729-2733 (2008). [PubMed ID: 18542934]
  15. Anas A, Akita H, Harashima H, Itoh T, Ishikawa M, Biju V. Photosensitized Breakage and Damage of DNA by CdSe-ZnS Quantum Dots. J Phys Chem B. 112:10005-10011 (2008). [PubMed ID: 18582008]
  16. Hidaka K, Yamada M, Kamiya H, Masutani C, Harashima H, Hanaoka F, Nohmi T. Specificity of mutations induced by incorporation of oxidized dNTPs into DNA by human DNA polymerase eta. DNA Repair 7: 497-506 (2008). [PubMed ID: 18242151]

総説論文

  1. Yamada Y, Harashima H. Mitochondrial drug delivery systems for macromolecule and their therapeutic application to mitochondrial diseases. Adv Drug Deliv Rev 60: 1439-1462 (2008). [PubMed ID: 18655816]
  2. Kogure K, Akita H, Yamada Y, Harashima H. Multifunctional envelope-type nano device (MEND) as a non-viral gene delivery system. Adv Drug Deliv Rev 60: 559-571 (2008). [PubMed ID: 18037529]
  3. Harashima H. Multifunctional envelope type nano device for non-viral gene delivery: concept and application for nanomedicine. Nucleic Acids Symp Ser (Oxf): 87 (2008). [PubMed ID: 18776266]
  4. Akita H, Harashima H. Nonviral gene delivery. Contrib Nephrol 159: 13-29 (2008). [PubMed ID: 18391582]
  5. Akira H, Harashima H. Advances in non-viral gene delivery: using multifunctional envelope-type nano-device. Expert Opin Drug Deliv 5: 847-859 (2008). [PubMed ID: 18712995]
  6. Khalil IA, Kogure K, Futaki S, Harashima H. Octaarginine-modified liposomes: enhanced cellular uptake and controlled intracellular trafficking. Int J Pharm 354: 39-48 (2008). [PubMed ID: 18242018]
  7. 原島秀吉. 人工遺伝子送達システムMENDの創製. 未来材料 8(3): 60-62 (2008)
  8. 畠山浩人、ディッキームダキュル、秋田英万、原島秀吉.多機能性エンベロープ型ナノ構造体の開発―血管をキーワードとしてー.血管医学(2008)vol9 :79-85
  9. 紙谷浩之.損傷DNA前駆体の誘発変異とヌクレオチドプール浄化酵素/DNA修復酵素による抑制. 生化学 80 (#5), 413-416 (2008年5月)
  10. 小暮健太朗, 秋田英万, 原島秀吉. 新しいアセンブリー技術による多様な多機能性エンベロープ型ナノ構造体MENDの構築. YAKUGAKU ZASSHI 128(2):219-232 (2008).
  11. 畠山浩人、秋田英万、小暮健太朗、原島秀吉 多機能性エンベロープ型ナノ構造体による人工遺伝子デリバリーシステムの創製 化学工業 59(4): 263-268 (2008)

著書

  1. 山田勇磨,原島秀吉. ミトコンドリアへの輸送. 「機能性DDSキャリアの製剤設計」(岡田弘晃 監修)シーエムシー出版,東京pp. 178-188 (2008).
  2. 秋田英万、原島秀吉 17章 高分子・遺伝子の体内動態の制御(細胞内動態を中心に)分子薬物動態学(杉山雄一、楠原洋之編集)325-344 南山堂 2008

その他

  1. 山田勇磨、古川亮. 学会報告グラビア 「日本薬剤学会 第23年会 (2008) 」Journal of Pharmaceutical Science and Technology, Japan. 68 (2008).

招待講演

  1. 原島秀吉.多機能性エンベロープ型ナノ構造体の創製とナノメディシンへの展開.日本化学会第89春季年会 (2009) 、2009 年3月30日、日本大学理工学部船橋キャンパス
  2. 原島秀吉.多機能性リポソームのがん治療への応用、第67回日本癌学会学術総会、2008年 10月29日、名古屋
  3. 原島秀吉.薬を創製する人の倫理.第27回日本医学哲学・倫理学会大会、 2007年 10月25日、札幌
  4. H. Harashima.Multifunctional envelope-type nano device for non-viral gene delivery: Concept and application for Nanomedicine, 2008年10月6日, Nice (France)
  5. H. Harashima.多機能性エンベロープ型ナノ構造体による遺伝子デリバリーシステムの開発, 第57回高分子討論会, 2007年9月26日, 大阪市立大学
  6. H. Harashima.多機能性エンベロープ型ナノ構造体(MEND)による遺伝子デリバリーシステムの創製:Programmed Packagingの提唱, 第57回高分子討論会, 2007年9月24日, 大阪市立大学
  7. H. Harashima.Nanomedicineへの貢献多機能性エンベロープ型ナノ構造体による遺伝子デリバリー, 第15回PharmaScienceフォーラム, 2007年9月22日, 大阪市立大学
  8. H. Harashima.Multifunctional envelope type nano device for non-viral gene delivery: Concept and application of Programmed Packaging. The 18th International Roundtable on Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids and the 35th Symposium on Nucleic Acids Chemistry, 2008年9月12日, Kyoto University (Kyoto)
  9. H. Harashima. 核酸医薬品のDDS. 武田薬品工業株式会社 特別講演会, 2008年9月9日, 大阪
  10. H. Harashima.Multifunctional envelope-type Nano Device for in vivo systemic delivery of siRNA. 68th International Congres of FIP, 2008 年 9月2日, Basel, Switzerland
  11. H. Harashima. Multifunctional Envelope-type Nano Device for in vivo systemic delivery of siRNAs. 7h KCIST International Conference “Progress on Innovative Drug Delivery”, 2008年8月24日, Jeju, Korea
  12. 山田勇磨 ミトコンドリア標的型ナノデバイス"MITO-Porter"の創製 Forntier’s nano-medicine summer workshop 2008、2008年8月5日、北海道大学、札幌
  13. H. Harashima. Multifunctional envelope-type Nano Device for in vivo systemic delivery of siRNA. The 11th Liposome Research Days Conference, 2008 年 7月21日, 横浜
  14. H. Akita, A. Kudo, A. Minoura, K. Kogure and H. Harashima. Novel approach for the nuclear delivery of DNA via step-wise membrane fusion. 11th Liposome Research Days Conference (LRD2008) 2008年7月、横浜
  15. H. Harashima.多機能性エンベロープ型ナノ構造体による人工遺伝子デリバリーシステムの開発. 第13回東京肝臓シンポジウム, 2007 年 6月21日, 経団連会館(東京)
  16. H. Harashima. Multifunctional Envelope-type Nano Device for in vivo Systemic Delivery of siRNA. 第14回日本遺伝子治療学会, 2007 年 6月14日, 札幌
  17. H. Harashima.Multifunctional Envelope-type Nano Device for Non-viral Gene Delivery: Concept and Application for Nanomedicine3rd International Conference “Smart Materials, Structures and Systems”, 2008 年 6月12日, Sicily, Italy
  18. H. Akita, S. Hama, K. Kogure and H. Harashima. Analysis of intracellular trafficking of pDNA and siRNA for a development of non-viral vector.日本遺伝子治療学会 2008年6月、札幌
  19. H. Harashima. Multifunctional Nano-Carriers for Nucleic Acid Delivery. Drug and Nucleic Acid Delivery Symposium, 2008 年 6月2日, Pittsburg University (USA)
  20. 秋田英万、小暮健太朗、畠山浩人、原島秀吉.多機能性エンベロープ型ナノ構造体(MEND)によるsiRNA・遺伝子デリバリーシステムの構築.日本薬剤学会第23年会 2008年5月、札幌
  21. H. Harashima. 多機能性エンベロープ型ナノ構造体の開発と遺伝子治療への応用. 第5回GPCR研究会, 2008年5月10日, Tokyo
  22. H. Harashima. MITO-Porter: A nano carrier system for mitochondrial delivery via membrane fusion. Bionano Symposium, 2008 年 5月8日,Tokyo
  23. H. Harashima. Multifunctional envelope type nano device for non-viral gene delivery: Concept and application for Nanomedicine. 2008 International Advanced Drug Delivery Symposium, 2008 年 4月30日, Taipei (Taiwan)
  24. 原島秀吉.演題:多機能性エンベロープ型ナノ構造体による人工遺伝子デリバリーシステムの開発.第6回遺伝子治療シンポジウム2008年、2月1日、大阪

国際発表

  1. K. Kitazoe, N. Kaji, Y. Okamoto, M. Tokeshi, K. Kogure, H. Harashima, Y. Baba. A new method to construct Multifunctional Envelope-type Nanodevice using microfluidic device.ISMM2008 (International Symposium on Microchemistry and Microsystems), 2008年12月7日, Kyoto, Japan.
  2. K. Kitazoe, N. Kaji, Y. Okamoto, M. Tokeshi, K. Kogure, H. Harashima, Y. Baba. 1MICROFLUIDIC DEVICE TO CONSTRUCT MULTIFUNCTIONAL ENVELOPE-TYPE NANODEVICE FOR GENE THERAPY. μTAS2008 (The 12th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences), 2008年10月15日,San Diego, CA, USA.
  3. Yamada Y, Akita H, Kamiya H, Harashima H. MITO-Porter: Nano Device for Mitochondrial Delivery -Mitochondrial Macromolecule Delivery System via Membrane Fusion-. 11th Liposome Research Days Conference (LRD2008). July 19–22, 2008, Yokohama, Japan.
  4. A.El-Sayed, I.A. Khalil, K. Kogure, S. Futaki, H. Harashima. Quantitative analysis of the kinetics of uptake and intracellular trafficking of octaarginine and octalysine modified nanoparticles in live cells. The 2nd International Symposium 'Cellular Delivery of Therapeutic Macromolecules', June 22-25, 2008, Cardiff, UK.
  5. H. Akita, T. Hogashi, K. Kogure and H. Harashima.Decoating, a rate-limiting intracellular process for the successful siRNA delivery system. American Society of Gene Therapy (ASGT) annual meeting 2008, May, Boston, USA
  6. H. Hatakeyama, H. Akita, E. Itoh, M. Oishi, Y. Nagasaki, H. Harashima. Development of Systemic siRNA delivery for Tumor with Specifically tumor activation system. American Society of Gene Therapy (ASGT) annual meeting 2008, May, Boston, USA
  7. Mudhakir Diky, H. Akita, E. Tan, H. Harashima. A novel IRQ ligand modified nano-carrier mediated a unique caveolae targeting. American Society of Gene Therapy (ASGT) annual meeting 2008, May, Boston, USA

国内発表

  1. 野村卓、山田勇磨、原島秀吉、山下敦、上遠野亮、由井伸彦. “効率的な遺伝子発現を可能とする多機能性エンベロープ型ナノ構造体の開発” 第131 回日本薬学会北海道支部例会 2008年12月. 札幌
  2. 伊東恵里佳, 畠山浩人, 秋田英万, 大石基, 長崎幸夫, 原島秀吉. “膜融合性ペプチドを用いたsiRNAデリバリーシステムの開発” 北海道支部第131回例会、2008年11月、 札幌
  3. 櫻井遊, 畠山浩人, 秋田英万, 原島秀吉. “腫瘍選択的活性化型血清耐性MENDによるsiRNA送達システムの構築” 北海道支部第131回例会、2008年11月、 札幌
  4. 森口留美子、小暮健太朗、原島秀吉.Induction of MHC class I presentation and antitumor effect by octaarginine modified liposomes.第67回日本癌学会学術総会、2008年 10月29日、名古屋
  5. Nakamura T, Moriguchi R, Kogure K, Shastri N and Harashima H. Controlling intracellular trafficking of antigens by octaarginine-modified liposomes induces specific MHC-I antigen presentation and antitumor effect. The 10th International Symposium on Dendritic Cells. 2008年10月3日 神戸
  6. A.El-Sayed, I.A. Khalil, K. Kogure, S. Futaki, H. Harashima. Effect of surface modification with Octaarginine versus Octalysine on cellular uptake and Endosomal Escape of nanoparticles. The 30th Symposium on Biomembrane-drug interaction, August 7-8, 2008, Sapporo
  7. 北添雄眞、加地範匡、岡本行広、渡慶次学、小暮健太朗、原島秀吉、馬場嘉信.マイクロ流体デバイスを用いた多機能性エンベロープ型構造体の新規構築法.第18回化学とマイクロ・ナノシステム研究会、2008年12月9日、京都.
  8. 後藤仁美、原島秀吉、紙谷浩之.ヌクレオソーム形成阻害配列の導入による外来遺伝子発現上昇、第24回日本DDS学会 、2008年6月29日、東京
  9. 紙谷浩之、福永賢輝、棚瀬潤一、大山隆、原島秀吉.延長型ヒストン高親和性配列を付加したプラスミドからの発現効率、第24回日本DDS学会、2008年6月29日、東京
  10. 中村孝司、森口留美子、小暮健太朗、原島秀吉.R8修飾リポソームを用いたMHCクラスIへの特異的抗原提示と抗腫瘍ワクチンへの応用、第24回日本DDS学会 2008年6月 東京
  11. 藤原孝博 秋田英万 原島秀吉. 極性細胞におけるカチオン性ぺプチド修飾によるベクターのゴルジ装置移行性獲得、第24回日本DDS学会、東京、2008年6月29日-6月30日
  12. 鈴木亮佑、山田勇磨、原島秀吉.効率的な遺伝子送達を目指した1遺伝子パッケージング法の構築、日本薬剤学会第23年会2008年5月 札幌 
  13. 山田勇磨、秋田英万、紙谷浩之、原島秀吉. 多重型MITO-Porterによるミトコンドリアを標的とした薬物送達戦略、第24回日本DDS学会. 2008年6月. 東京
  14. 畠山 浩人、秋田 英万、伊東 恵里佳、大石 基、長崎 幸夫、原島 秀吉.腫瘍選択的活性化をプログラムしたsiRNA デリバリーシステムの開発.第24回日本DDS学会 2008年6月 東京
  15. 杉山 祐一、岩朝 亮忠、Ayman El-Sayed、秋田 英万、原島 秀吉.血清耐性を有する多機能性エンベロープ型ナノ構造体の開発とその耐性メカニズム解明.第24回日本DDS学会 2008年6月 東京
  16. A.El-Sayed, I.A. Khalil, K. Kogure, H. Harashima. Comparative evaluation of octaarginine and octalysine modified nanoparticles for intracellular delivery of plasmid DNA and siRNA. The 14th Annual Meeting of the Japan Society of Gene Therapy, June 12-14, 2008, Sapporo.
  17. A.El-Sayed, I.A. Khalil, K. Kogure, H. Harashima. Octaarginine- and octalysine-modified nanoparticles have different modes of endosomal escape. The 23rd Annual Meeting of The Academy of Pharmaceutical Science and Technology, Japan, May 20-22, 2008, Sapporo.
  18. 浜進、秋田英万、水口裕之、原島秀吉. ウイルスベクターと人工ベクターの核移行後発現効率の定量比較.日本薬剤学会第23年会 2008年5月、札幌
  19. 増田智也、秋田英万、西尾崇、新倉謙一、小暮健太朗、居城邦治、原島秀吉.短鎖水溶性ポリマー修飾による遺伝子キャリアの均一化と機能性向上.日本薬剤学会第23年会 2008年5月、札幌
  20. Diky mudhakir, H. Akita, E. Tan and H. Harashima. A novel siRNA delivery system for pulmonary targeting.日本薬剤学会第23年会 2008年5月、札幌
  21. 栗原大、秋田英万、原島秀吉.MENDの核移行性素子修飾による非分裂細胞における遺伝子発現の促進.日本薬剤学会第23年会 2008年5月、札幌
  22. IA. Khalil, T. Higashi, H. Akita, S-K Chung, H. Harashima. Efficient non-viral gene delivery using lapidated guanidine-containing molecular transporers. 日本薬剤学会第23年会 2008年5月、札幌
  23. 森口留美子、小野耕平、中村孝司、小暮健太朗、原島秀吉.R8修飾リポソームによるMHC class Iへの抗原提示誘導メカニズムの解析.日本薬剤学会第23年会、2008年5月21日、札幌
  24. 須田裕輔、伊藤麻名、原島秀吉、紙谷浩之.複製型プラスミドによる外来遺伝子発現の上昇と自殺遺伝子治療への応用.日本薬学会第128年会 (2008年3月26日、横浜)
  25. 紙谷浩之,福永賢輝,棚瀬潤一,大山隆,原島秀吉.プラスミドへのヒストン高親和性配列付加による核内動態制御.日本薬学会第128年会 (2008年3月26日、横浜)
  26. 畠山浩人、秋田英万、大石基、長崎幸夫、原島秀吉.腫瘍特異的活性化をプログラムした全身投与型siRNAデリバリーシステムの構築.日本薬学会第128年会 2008年3月26日 横浜
  27. 秋田英万、東智子、中村宜夫、小暮健太朗、原島秀吉.核酸導入用ベクターの細胞内動態ならびに解離過程の評価系の確立.日本薬学会第128年会 2008年3月26日 横浜

市民講演

  1. 山田勇磨 遺伝子治療のための人工ウイルス 北海道大学薬学部SP会平成20年度例会、2008年9月10日、北海道大学薬学部、札幌

▲ Page Up

2007年

原著論文

  1. Hatakeyama H, Akita H, Ishida E, Hashimoto K, Kobayashi H, Aoki T, Yasuda J, Obata K, Kikuchi H, Ishida T, Kiwada H, Harashima H. Tumor targeting of doxorubicin by anti-MT1-MMP antibody-modified PEG liposomes. Int J Pharm 342: 194-200 (2007). [PubMed ID: 17583453]
  2. Kamiya H, Suzuki A, Kawai K, Kasai H, Harashima H. Effects of 8-hydroxy-GTP and 2-hydroxy-ATP on in vitro transcription. Free Radic Biol Med 43: 837-843 (2007). [PubMed ID: 17664147]
  3. Satou K, Kawai K, Kasai H, Harashima H, Kamiya H. Mutagenic effects of 8-hydroxy-dGTP in live mammalian cells. Free Radic Biol Med 42: 1552-1560 (2007). [PubMed ID: 17448902]
  4. Kamiya H, Fukunaga S, Ohyama T, Harashima H. The location of the left-handedly curved DNA sequence affects exogenous DNA expression in vivo. Arch Biochem Biophys 461: 7-12 (2007). [PubMed ID: 17382286]
  5. Niikura K, Nishio T, Akita H, Matsuo Y, Kamitani R, Kogure K, Harashima H, Ijiro K. Accumulation of O-GlcNAc-displaying CdTe quantum dots in cells in the presence of ATP. Chembiochem 8: 379-384 (2007). [PubMed ID: 17243188]
  6. Akita H, Ito R, Kamiya H, Kogure K, Harashima H. Cell cycle dependent transcription, a determinant factor of heterogeneity in cationic lipid-mediated transgene expression. J Gene Med 9: 197-207 (2007). [PubMed ID: 17351985]
  7. Nakamura Y, Kogure K, Futaki S, Harashima H. Octaarginine-modified multifunctional envelope-type nano device for siRNA. J Control Release 119: 360-367 (2007). [PubMed ID: 17478000]
  8. Satou K, Kasai H, Masutani C, Hanaoka F, Harashima H, Kamiya H. 2-Hydroxy-2'-deoxyadenosine 5'-triphosphate enhances A.T --> C.G mutations caused by 8-hydroxy-2'-deoxyguanosine 5'-triphosphate by suppressing its degradation upon replication in a HeLa extract. Biochemistry 46: 6639-6646 (2007). [PubMed ID: 17497830]
  9. Homhuan A, Kogure K, Akaza H, Futaki S, Naka T, Fujita Y, Yano I, Harashima H. New packaging method of mycobacterial cell wall using octaarginine-modified liposomes: enhanced uptake by and immunostimulatory activity of dendritic cells. J Control Release 120: 60-69 (2007). [PubMed ID: 17467840]
  10. Hatakeyama H, Akita H, Kogure K, Oishi M, Nagasaki Y, Kihira Y, Ueno M, Kobayashi H, Kikuchi H, Harashima H. Development of a novel systemic gene delivery system for cancer therapy with a tumor-specific cleavable PEG-lipid. Gene Ther 14: 68-77 (2007). [PubMed ID: 16915290]
  11. Hori M, Ishiguro C, Suzuki T, Nakagawa N, Nunoshiba T, Kuramitsu S, Yamamoto K, Kasai H, Harashima H, Kamiya H. UvrA and UvrB enhance mutations induced by oxidized deoxyribonucleotides. DNA Repair (Amst) 6: 1786-1793 (2007). [PubMed ID: 17709303]
  12. Ochiai H, Fujimuro M, Yokosawa H, Harashima H, Kamiya H. Transient activation of transgene expression by hydrodynamics-based injection may cause rapid decrease in plasmid DNA expression. Gene Ther 14: 1152-1159 (2007). [PubMed ID: 17525703]
  13. Kamiya H, Ito M, Harashima H. Induction of various mutations during PCRs with manganese and 8-hydroxy-dGTP. Biol Pharm Bull 30: 842-844 (2007). [PubMed ID: 17409535]
  14. Hayashi Y, Iida S, Sato Y, Nakaya A, Sawada A, Kaji N, Kamiya H, Baba Y, Harashima H. DNA microarray analysis of type 2 diabetes-related genes co-regulated between white blood cells and livers of diabetic Otsuka Long-Evans Tokushima Fatty (OLETF) rats. Biol Pharm Bull 30: 763-771 (2007). [PubMed ID: 17409517]
  15. Suzuki R, Yamada Y, Harashima H. Efficient cytoplasmic protein delivery by means of a multifunctional envelope-type nano device. Biol Pharm Bull 30: 758-762 (2007). [PubMed ID: 17409516]
  16. Khalil IA, Kogure K, Futaki S, Hama S, Akita H, Ueno M, Kishida H, Kudoh M, Mishina Y, Kataoka K, Yamada M, Harashima H. Octaarginine-modified multifunctional envelope-type nanoparticles for gene delivery. Gene Ther 14: 682-689 (2007). [PubMed ID: 17268535]
  17. Hama S, Akita H, Iida S, Mizuguchi H, Harashima H. Quantitative and mechanism-based investigation of post-nuclear delivery events between adenovirus and lipoplex. Nucleic Acids Res 35: 1533-1543 (2007). [PubMed ID: 17287293]
  18. Atobe K, Ishida T, Ishida E, Hashimoto K, Kobayashi H, Yasuda J, Aoki T, Obata K, Kikuchi H, Akita H, Asai T, Harashima H, Oku N, Kiwada H. In vitro efficacy of a sterically stabilized immunoliposomes targeted to membrane type 1 matrix metalloproteinase (MT1-MMP). Biol Pharm Bull 30: 972-8 (2007). [PubMed ID: 17473445]
  19. Shimizu M, Gruz P, Kamiya H, Masutani C, Xu Y, Usui Y, Sugiyama H, Harashima H, Hanaoka F, Nohmi T. Efficient and erroneous incorporation of oxidized DNA precursors by human DNA polymerase eta. Biochemistry 46: 5515-5522 (2007). [PubMed ID: 17439242]
  20. Kamiya H, Iida E, Harashima H. Correlation between the Phosphohydrolase Activity of the Escherichia coli Orf135 (NudG) Protein and Mutation Suppression Genes and Environment, 29: 63-66 (2007).
  21. Kobayashi T, Ishida T, Okada Y, Ise S, Harashima H, Kiwada H. Effect of transferrin receptor-targeted liposomal doxorubicin in P-glycoprotein-mediated drug resistant tumor cells. Int. J. Pharm 329: 94-102 (2007). [PubMed ID: 16997518]

総説論文

  1. Kogure K, Akita H, Harashima H. Multifunctional envelope-type nano device for non-viral gene delivery: concept and application of Programmed Packaging. J Control Release 122: 246-251 (2007). [PubMed ID: 17651856]
  2. Harashima H, Kogure K, Yamada Y, Akita H, Kamiya H. [Development of multifunctional envelope type artificial viral-like gene delivery system]. Yakugaku Zasshi 127: 1655-1672 (2007). [PubMed ID: 17917423]
  3. Hatakeyama H, Akita H, Kogure K, Harashima H. [Development of a novel systemic gene delivery system for cancer therapy with a tumor-specific cleavable PEG-lipid]. Yakugaku Zasshi 127: 1549-1556 (2007). [PubMed ID: 17917417]
  4. Yamada Y, Akita H, Kogure K, Kamiya H, Harashima H. Mitochondrial drug delivery and mitochondrial disease therapy--an approach to liposome-based delivery targeted to mitochondria. Mitochondrion 7: 63-71 (2007). [PubMed ID: 17296332]
  5. Kamiya H. Mutations induced by damaged DNA precursors and their prevention by nucleotide pool sanitization and DNA repair enzymes. Seikagaku 80:413-416 (2008). [PubMed ID: 18575227]
  6. 畠山浩人、秋田英万、原島秀吉MEND(multifunctional envelope-type nano device)による腫瘍への遺伝子デリバリー Mebio Oncology 4(2): 27-35 (2007)
  7. 秋田英万、小暮健太朗、原島秀吉 多機能性エンベロープ型ナノ構造体による遺伝子デリバリー 再生医療 6(2): 45-51 (2007)
  8. 畠山浩人、秋田英万、小暮健太朗、原島秀吉. 腫瘍特異的に分解されるPEG脂質誘導体を用いた全身投与型腫瘍遺伝子デリバリーシステムの開発. YAKUGAKU ZASSHI 127(10):1549-1556 (2007).
  9. 原島秀吉、小暮健太朗、秋田英万、山田勇磨、紙谷浩之.「多機能性エンベロープ型人工遺伝子デリバリーシステムの創製」YAKUGAKU ZASSHI 127(10): 1655-1672 (2007).
  10. 原島秀吉、小暮健太朗、秋田英万、山田勇磨、紙谷浩之.「多機能性エンベロープ型ナノ構造体による人工遺伝子デリバリーシステムの創製」Drug Delivery System 22(5): 569-577 (2007).
  11. 秋田英万、小暮健太朗、原島秀吉 多機能性エンベロープ型ナノ構造体(MEND) Drug Delivery System 22(2): 115-122(2007)
  12. 秋田英万、小暮健太朗、原島秀吉 多機能性エンベロープ型ナノ構造体による遺伝子デリバリー 再生医療-日本再生医療学会雑誌 メディカルレビュー社 6(2): 161-167 (2007).
  13. 畠山浩人、秋田英万、原島秀吉 MENDによる腫瘍への遺伝子デリバリー 松村保広編集 Mebio Oncology メジカルビュー社 4(2): 27-35 (2007).

著書

  1. 原島秀吉 「新カリキュラム対応薬剤師研修」CD-ROM シー・エム・シー・ジャパン (印刷中)
  2. 原島秀吉・出口芳春 新薬剤学(改訂2版)辻彰編集 第3章「分布」 南江堂 pp.79-103  (2007)
  3. 原島秀吉 生物薬剤学(改訂第2版) 林正弘,谷川原祐介編集 第9章「生理学的モデル」南江堂 pp. 213-228  (2007)
  4. 原島秀吉 製剤学(改訂第5版) 四ッ柳智久,壇上和美,山本昌編集 6.薬物の生体内動態 6-5. 薬物速度論 南江堂 pp.292-313  (2007)
  5. 原島秀吉、小暮健太朗、秋田英万、紙谷浩之. バイオとナノの融合II -新生命科学の応用- 「ナノマシンによるナノ医療」 北海道大学出版会  pp.17-30 (2007)
  6. 秋田英万、原島秀吉. 遺伝子の細胞内動態に化学で迫る. 現代化学 8月:pp. 21-26東京化学同人(2007)
  7. 山田勇磨、原島秀吉. ミトコンドリアを標的とする多機能性エンベロープ型ナノ構造体(MEND)の開発. 遺伝子医学MOOK メディカルドゥpp131-139(2007).

その他

  1. Suzuki T, Yamamoto K, Harashima H, Kamiya H. Base excision repair system suppresses mutagenesis caused by 8-hydroxy-dGTP in Escherichia coli. Nucleic Acids Symp Ser (Oxf): 51-52 (2007). [PubMed ID: 18029581]

招待講演

  1. H. Harashima. in vivo siRNA delivery with MEND. 日米DDSシンポジウム. Lahaina, Maui, Hawaii, USA. 2007年12月19日
  2. 紙谷浩之. 外来遺伝子の核内動態とその制御.第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会(2007年12月15日)
  3. H. Harashima. Multifunctional envelope type nano device for non-viral gene delivery: Concept and application for Nanomedicine. The 5th International Nanomedicine and Drug Delivery Symposium. Boston, MA, Utah, USA 2007年11月2-3日
  4. 秋田英万「遺伝子デリバリーシステムの開発における細胞内動態の定量評価の意義:トランスレーショナルリサーチにおける新しい視点」 創剤フォーラム第13回若手研究会、大阪、2007年12月
  5. H. Harashima. Application of Pharmacogenetics to Pharmacy Practice: Multifunctional envelope type nano device for non-viral gene delivery. ASIAN ASSOCIATION OF COLLEGES OF PHARMACY. Makati City, Philippines 2007年10月26日
  6. 原島秀吉.A Multi-functional envelope type nano device as an anti-tumor gene delivery system.第66回日本癌学会学術総会 Symposium: Drug Deivery Systems.横浜.2007年10月5日
  7. 原島秀吉.遺伝子の細胞内動態の素過程に関する定量的解析:ウイルスvs非ウイルス.日本分析化学会第56年会 特別シンポジウム:-ナノ分析・計測化学が変えるバイオ研究.徳島.2007年9月21日
  8. Hidetaka Akita ‘Quantitative comparison of intracellular disposition between artificial and viral vector: Mechanism underlying the difference in dominant rate-limiting process’ The International Forum of Post-Genome Technologies (IFPT' 5) Suzhou (China) 2007年9月
  9. 秋田英万.原島秀吉「細胞内動態解析に基づいた遺伝子キャリア開発へのアプローチ」生体機能シンポジウム若手フォーラム、仙台、2007年9月
  10. 原島秀吉.多機能性エンベロープ型ナノ構造体による人工遺伝子デリバリーシステムの創製.三重大学医学部 がん免疫セミナー.三重2007年7月26日
  11. 原島秀吉.Quantitative analysis of transfection efficiency between viral and non-viral vectors.第13回日本遺伝子治療学会 Joint-Symposium.名古屋.2007年6月28日
  12. 原島秀吉.多機能性エンベロープ型ナノ構造体による人工遺伝子デリバリーシステムの創製、第23回日本DDS学会 永井賞受賞講演、熊本、2007年6月15日.
  13. 原島秀吉.siRNAのデリバリーのための多機能性エンベロープ型ナノ構造体の構築、第23回日本DDS学会、熊本、2007 年 6月15日.
  14. 原島秀吉.ナノバイオテクノロジーを応用した先進医療の実現: ナノマシンによる遺伝子治療、第3回次世代医療システム産業化フォーラム2007、大阪、2007 年 6月26日.
  15. 原島秀吉.Quantitative analysis of transfection efficiency between viral and non-viral vectors、第13回日本遺伝子治療学会 Joint-Symposium、名古屋、2007 年 6月28日.
  16. 増田智也.遺伝子治療の実現に向けた外来遺伝子の核移行促進への挑戦.日本薬剤学会 第22年会 2007年5月, 埼玉
  17. 山田勇磨、秋田英万、紙谷浩之、小暮健太朗、篠原康雄、小林英夫、菊池寛、原島秀吉 ミトコンドリア選択的な高分子薬物送達を可能とする薬物送達システムの開発 シンポジウムSD5 『細胞内移行性ペプチドを用いた薬物送達法の新展開』 第127年会日本薬学会、2007年3月、富山
  18. 原島秀吉.多機能性エンベロープ型人工遺伝子デリバリーシステムの創製.日本薬学会第127年会(学術振興賞受賞講演)、2007年3月29日、富山
  19. 小暮健太朗,秋田英万,紙谷浩之,原島秀吉.新しいアセンブリー技術による多様な多機能性エンベロープ型ナノ構造体MENDの構築、日本薬学会第127年会 (2007年3月28日、富山)
  20. 秋田英万.ウイルスベクターと非ウイルスベクター間の遺伝子細胞内動態及び核移行後発現効率の定量的比較」BiomarkerとDDS:ナノ技術の多元と諸相、神戸、2007年2月.
  21. H. Harashima. Multifunctional envelope type nano device for non-viral gene delivery: Concept and application of Programmed Packaging 13th International Symposium on Recent Advances in Drug Delivery Systems, 2007年2月26-28日, Salt Lake City, Utah, USA
  22. 秋田英万.ウイルスベクターと非ウイルスベクター間の遺伝子細胞内動態及び核移行後発現効率の定量的解析に基づいた遺伝子ベクター開発へのアプローチ、特定領域研究「ライフサーベイヤ」若手の会シンポジウム、京都、2007年1月.
  23. 原島秀吉.多機能性エンベロープ型ナノ構造体による遺伝子デリバリーシステムの開発、第8回創薬ビジョンシンポジウム、平成19年1月26日、 京都

国際発表

  1. T. Suzuki, K. Yamamoto, H. Harashima, and H. Kamiya. Base excision repair system suppresses mutagenesis caused by 8-hydroxy-dGTP in Escherichia coli. 5th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry (2007年11月21日、東京)
  2. H. Akita, S. Hama, H. Kamiya, K. Kogure, H. Harashima. Analysis of intracellular rate-determining processe in non-viral gene vectors, The 2nd International Workshop on Apprroaches to Single Cell Analysis, 2007年9月、東京.
  3. H. Akita, S. Hama, H. Mizuguchi, H. Harashima. Mechanism for Difference in the Transcription Activity of Nucleus-Delivered Transgene Introduced by Adenovirus and Lipoplex ASGT, 2007年6月, Seattle, USA.
  4. T. Masuda, H. Akita, T. Nishio, K. Niikura, K. Kogure, A. Kudo, K. Ijiro, H. Harashima. Improvement of nuclear transfer of pDNA with liposomal gene delivery system by utilization of sugar as nuclear targeting ligand and control of lipid stability. The 10th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy 2007年6月、Seattle, Washington, USA.
  5. K. Kogure, I. A. Khalil, S. Futaki, S. Hama, H. Akita, M. Yamada, Y. Mishina, H. Harashima. Octaarginine-Modified Multifunctional Envelope-Type Nano Device for Gene Delivery, ASGT 2007年6月, Seattle, USA.
  6. A. Kudo, H. Akita, A. Minoura, K. Kogure, M. Yamaguchi, I. A. Khalil, T. Masuda, H. Harashima. Novel Approach for the Nuclear Delivery of Macromolecule Via Membrane Fusion in Non-Dividing Cell, ASGT, 2007年6月, Seattle, USA.
  7. H. Hatakeyama, H. Akita, K. Kogure, M. Oishi, Y. Nagasaki, H. Kobayashi, H. Kikuchi, H. Harashima. Development on Optimization of a Systemic Non-Viral Gene Delivery for Cancer with a Cleavable PEG System, ASGT, 2007年6月, Seattle, USA.
  8. A. El-Sayed, I.A. Khalil, K. Kogure, H. Harashima. Mechanism of Escape from Macropinosomes for Octaarginine Modified Nanoparticles. (2007) Poster presentation in the10th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy, May 30-June 3, 2007, Seattle, USA
  9. Moriguchi R, Kogure K, Harashima H. Non-linear pharmacodynamics in the transfection efficiency of a non-viral gene delivery system. 10th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy, 2007年6月、Seattle,Washington, USA.
  10. T. Masuda, H. Akita, T. Nishio, K. Niikura, K. Kogure, A. Kudo, K. Ijiro, H. Harashima. Improvement of Nuclear Transfer of pDNA with Lipid Envelope-Typed Gene Delivery System by Utilization of Sugar as a Nuclear Targeting Ligand and Control of Lipid Stability, ASGT, 2007年6月, Seattle, USA.
  11. H. Ochiai, M. Fujimuro, H. Yokosawa, H. Harashima, and H. Kamiya. Hydrodynamics-based transfection procedure transiently activates expression of preexistent transgene. 10th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy, 2007年6月1日、Seattle, Washington, USA.
  12. H. Kamiya, H. Tsuchiya, M. Uchiyama, K. Hara, H. Inoue, and H. Harashima. Design of gene correction devices for improved recognition by protein involved in homologous recombination, 10th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy, 2007年6月2日, Seattle, Washington, USA.
  13. H. Akita , S. Hama, S. Iida , H. Kamiya, H. Harashima. Quantitastive and mechanism-based investigation of intracellular trafficking and post-nuclear delivery events between adenovirus and lipoplex, PSWC 2007年4月, Amsterdam, Netherlands.
  14. T. Fujiwara, H. Akita, H. Harashima. Regulation of intracellular trafficking of liposome for the delivery to golgi apparatus, PSWC, 2007年4月, Amsterdam, Netherlands.
  15. Yamada Y, Akita H, Kamiya H, Kogure K, Shinohara Y, Kobayashi H, Kikuchi H, Harashima H. MITO-Porter, a novel liposome-based mitochondrial delivery system via membrane fusion 3rd Pharmaceutical Sciences World Congress (PSWC2007). April 22–25, 2007, Amsterdam, The Netherlands
  16. Suzuki R, Yamada Y, Harashima H. Efficient cytoplasmic protein delivery using multifunctional envelope-type nano device. 3rd Pharmaceutical Sciences World Congress (PSWC2007). April 22–25, 2007, Amsterdam, The Netherlands.
  17. T. Nakamura, R. Moriguchi, K. Ono, K. Kogure, H. Harashima. Control of antigen presentation with liposomes in dendritic cells. 3rd Pharmaceutical Sciences World Congress, 2007年 4月, Amsterdam, The Netherlands.

国内発表

  1. 清水雅富,Petr Gruz,藤井慎吾,紙谷浩之,徐岩,碓井之雄,杉山弘,原島秀吉,Robert P Fuchs,能美健彦. 大腸菌DNAポリメラーゼによる酸化的損傷ヌクレオチドの取り込み.第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会.横浜(2007年12月13日)
  2. 鈴木哲矢,山本和生,原島秀吉,紙谷浩之. 塩基除去修復蛋白質による酸化ヌクレオチド誘発変異の抑制.第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会.横浜(2007年12月13日)
  3. 鈴木明広,原島秀吉,紙谷浩之. 酸化損傷RNA前駆体が転写反応へ与える影響の評価. 第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会.横浜(2007年12月12日)
  4. 奥川真奈美,落合浩史,森口留美子,増田智也,秋田英万,紙谷浩之,原島秀吉. 遺伝子デリバリーにおける細胞内律速段階の解明.第129回日本薬学会北海道支部例会.札幌 (2007年12月1日、)
  5. 東智子、中村宜夫、小暮健太朗、秋田英万、原島秀吉. siRNAベクターの細胞内動態定量解析.第129回日本薬学会北海道支部例会 2007年12月1日 北海道大学
  6. 林泰弘,飯田慎也,中谷明弘,澤田章弘,加地範匡,紙谷浩之,馬場嘉信,原島秀吉. 血液サンプルを用いた遺伝子診断を可能とする2型糖尿病関連遺伝子の探索.第129回日本薬学会北海道支部例会.札幌 (2007年12月1日)
  7. 後藤仁美,原島秀吉,紙谷浩之. ヌクレオソーム形成阻害配列の外来遺伝子発現に対する効果 第129回日本薬学会北海道支部例会.札幌 (2007年12月1日)
  8. 栗原大、秋田英万、原島秀吉.多重型MENDの核移行性素子修飾による核標的化の促進.第129回日本薬学会北海道支部例会 2007年12月1日 北海道大学
  9. Erdal Tan、Diky Mudhakir、秋田英万、原島秀吉.A novel IRQ ligand modified nano-carrier targeted to a unique caveolae endocytic pathway.第129回日本薬学会北海道支部例会 2007年12月1日 北海道大学
  10. 須田裕輔,伊藤麻名,原島秀吉,紙谷浩之. 複製型プラスミドによる外来遺伝子発現上昇.第129回日本薬学会北海道支部例会.札幌 (2007年12月1日)
  11. 紙谷浩之,佐藤和哉,原島秀吉. 8-OH-dGTPが誘発する変異へのYファミリーDNAポリメラーゼの関与. 日本環境変異原学会第36回大会.北九州 (2007年11月29日)
  12. H. Akita, A. Kudo, A. Minoura. K. Kogure and H. Harashima. Novel Approach for the nuclear delivery of macromolecule via membrane fusion in non-dividing cell. 第29回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム 2007年11月26-27日 仙台
  13. T. Higashi, Y, Nakamura, H. Akita, K. Kogure and H. Harashima. Quantitative imaging of intracellular trafficking of siRNA vector.第29回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム 2007年11月26-27日 仙台
  14. A. El-Sayed, I.A. Khalil, K. Kogure, H. Harashima. Mechanism of membrane fusion between endosomal membrane and octaarginine or octalysine surface modified liposomes in live cells. (2007) Oral presentation in the 29th Symposium on Biomembrane-drug interaction, Japan, November 26-27, 2007, Sendai
  15. 林泰弘,飯田慎也,中谷明弘,澤田章弘,加地範匡,紙谷浩之,馬場嘉信,原島秀吉. 白血球を用いた2型糖尿病遺伝子診断を可能とする遺伝子の探索.第41回目 日本糖尿病学会北海道地方会.札幌 (2007年11月18日)
  16. 堀美香,石黒智恵子,鈴木哲矢,中川紀子,布柴達男,倉光成紀,山本和生,葛西宏,原島秀吉,紙谷浩之. UvrAとUvrBは酸化損傷ヌクレオチドにより誘発される変異を促進する.日本放射線影響学会第50回大会.千葉 (2007年11月15日)
  17. 紙谷浩之,河井一明,葛西宏,原島秀吉. 8-OH-dGTPが哺乳動物細胞で誘発する変異.第66回日本癌学会学術総会 (2007年10月3日、横浜)
  18. 山田雅巳,日高勝彦,紙谷浩之,益谷央豪,原島秀吉,花岡文雄,能美 健彦. ヒトDNAポリメラーゼηが酸化dNTPを取り込むことで誘発される突然変異の特異性について.日本遺伝学会第79回大会.岡山 (2007年9月19-21日)
  19. 東智子、秋田英万、小暮健太朗、原島秀吉.イメージングによるエンドソーム脱出効率の定量的評価、第23回日本DDS学会、2007年6月15日、熊本.
  20. 山田勇磨、秋田英万、紙谷浩之、小暮健太朗、篠原康雄、原島秀吉.細胞内FRET法を用いたMITO-Porter(ミトコンドリア膜融合性リポソーム)の膜融合能評価、第23回日本DDS学会、2007年6月15日、熊本.
  21. 秋田英万、工藤亜沙子、小暮健太朗、箕浦ありさ、原島秀吉.膜融合を用いた遺伝子核送達システムの構築とスペクトルイメージングによる膜融合過程の実証、第23回日本DDS学会、2007年6月15日、熊本.
  22. ディッキームダキュル、秋田英万、タンエルダル、原島秀吉. Cellular uptake mechanism and intracellular trafficking study of the novel Cl52-peptide-modified liposomes (Cl52-Lip)、第23回日本DDS学会、2007年6月15日、熊本.
  23. 中村孝司、森口留美子、小暮健太朗、原島秀吉.R8修飾リポソームを用いたMHCクラスへの特異的抗原提示、第23回日本DDS学会学術集会 2007年6月 熊本
  24. 畠山浩人、秋田英万、小暮健太朗、伊藤恵里佳、大石基、長崎幸夫、原島秀吉.腫瘍選択的分解性PEG脂質誘導体を用いたin vivo腫瘍への全身投与型siRNAデリバリーシステムの構築、第23回日本DDS学会、2007年6月15日、熊本.
  25. 落合浩史、藤室雅弘、横沢英良、原島秀吉、紙谷浩之.外来遺伝子の発現低下要因の解析: Hydrodynamics法による外来DNAの一過的活性化、第23回日本DDS学会、2007年6月15日、熊本.
  26. 森口留美子、小暮健太朗、原島秀吉.非線形性を有する非ウイルス性遺伝子デリバリーシステムの核内動態、第23回日本DDS学会、2007年6月15日、熊本.
  27. 福永賢輝、大山隆、原島秀吉、紙谷浩之.ヒストン高親和性配列が外来DNAの発現に与える影響、日本薬剤学会第22年会、2007年5月21日、さいたま.
  28. 伊東恵里佳、畠山浩人、秋田英万、小暮健太朗、大石基、長崎幸夫、原島秀吉.細胞内動態制御による腫瘍組織へのsiRNAデリバリーシステムの構築.第7回 遺伝子・デリバリー研究会 2007年5月18日 東京
  29. 内山雅普、原島秀吉、紙谷浩之.標的DNA配列はセンス/アンチセンス一本鎖DNA断片による遺伝子修復効率に影響する、日本薬剤学会第22年会、2007年5月21日、さいたま.
  30. 林泰弘、飯田慎也、中谷明弘、澤田章弘、加地範匡、紙谷浩之、馬場嘉信、原島秀吉.血液サンプルを用いた2型糖尿病の遺伝子診断システムの開発、日本薬剤学会第22年会、2007年5月21日、さいたま.
  31. 秋田英万、ディッキー・ムダキュル、タン・エルダル、原島秀吉.血管内皮細胞標的化ペプチド搭載リポソームの細胞内取り込み機構の解析、日本薬剤学会第22年会、2007年5月21日、さいたま.
  32. 鈴木亮佑、 山田勇磨、 原島秀吉.多機能性エンベロープ型ナノ構造体(MEND)を用いたタンパク質の効率的な細胞質送達、日本薬剤学会第22年会、2007年5月21日、さいたま.
  33. A.El-Sayed, I.A. Khalil, K. Kogure, H. Harashima. Stepwise dissection of the Mechanism of Macropinosomal Escape for Octaarginine Modified Nanoparticles. (2007) Oral presentation in the 22nd Annual Meeting of The Academy of Pharmaceutical Science and Technology, Japan, May 21-23, 2007, Saitama
  34. 跡部一孝、石田竜弘、橋本浩一、小林英夫、安田純子、青木隆則、小幡賢一、菊池寛、秋田英万、浅井知浩、原島秀吉、奥直人、際田弘志.癌細胞および癌新生血管内皮細胞への薬物送達キャリアーとしてのMT1-MMP標的化リポソームの開発、日本薬学会第127年会 2007年3月28日、富山.
  35. 鈴木亮佑、 山田勇磨、 原島秀吉.タンパク質を効率的に細胞質へ送達するナノ構造体の開発、日本薬学会第127年会 2007年3月28日、富山.
  36. 工藤亜沙子,秋田英万,箕浦ありさ,小暮健太朗,山口雅也,増田智也,Ikramy Khalil,原島秀吉.膜融合に基づいた核膜突破可能な新規遺伝子ベクターの創製、日本薬学会第127年会 2007年3月28日、富山.
  37. 秋田英万、濱進、水口裕之、原島秀吉.アデノウイルスとリポプレックスの核移行後発現効率差における転写、翻訳過程の寄与、日本薬学会第127年会 2007年3月28日、富山.
  38. Diky Mudhakir,秋田英万,原島秀吉.脂肪組織およびカべオラターゲッティング可能な新規ぺプチドリガンドの同定、日本薬学会第127年会 2007年3月28日、富山.
  39. 岩朝亮忠,秋田英万,小暮健太朗,原島秀吉.血清耐性を有する多機能性エンベロープ型ナノ構造体の構築、日本薬学会第127年会 2007年3月28日、富山.
  40. 紙谷浩之、伊藤麻名、原島秀吉. 4種類の塩基置換変異を均等に導入可能なrandom mutagenesis PCR法、日本薬学会第127年会 2007年3月28日、富山.
  41. 佐藤和哉、原島秀吉、紙谷浩之.哺乳動物細胞における8-OH-dGTPの変異誘発に関わる因子、日本薬学会第127年会、 2007年3月28日、富山.
  42. 飯田慎也、中谷明弘、林泰弘、澤田章弘、加地範匡、紙谷浩之、馬場嘉信、原島秀吉. 2型糖尿病発症前遺伝子診断用遺伝子の探索、日本薬学会第127年会、2007年3月28日、富山.

▲ Page Up

2006年

原著論文

  1. Iwasa A, Akita H, Khalil I, Kogure K, Futaki S, Harashima H. Cellular uptake and subsequent intracellular trafficking of R8-liposomes introduced at low temperature. Biochim Biophys Acta 1758: 713-720 (2006). [PubMed ID: 16780792]
  2. Ochiai H, Harashima H, Kamiya H. Silencing of exogenous DNA in cultured cells. Biol Pharm Bull 29: 1294-1296 (2006). [PubMed ID: 16755038]
  3. Nakamura T, Moriguchi R, Kogure K, Minoura A, Masuda T, Akita H, Kato K, Hamada H, Ueno M, Futaki S, Harashima H. Delivery of condensed DNA by liposomal non-viral gene delivery system into nucleus of dendritic cells. Biol Pharm Bull 29: 1290-1293 (2006). [PubMed ID: 16755037]
  4. Hori M, Asanuma T, Inanami O, Kuwabara M, Harashima H, Kamiya H. Effects of overexpression and antisense RNA expression of Orf17, a MutT-type enzyme. Biol Pharm Bull 29: 1087-1091 (2006). [PubMed ID: 16754998]
  5. Fujiwara T, Akita H, Furukawa K, Ushida T, Mizuguchi H, Harashima H. Impact of convective flow on the cellular uptake and transfection activity of lipoplex and adenovirus. Biol Pharm Bull 29: 1511-1515 (2006). [PubMed ID: 16819202]
  6. Moriguchi R, Kogure K, Iwasa A, Akita H, Harashima H. Non-linear pharmacodynamics in a non-viral gene delivery system: positive non-linear relationship between dose and transfection efficiency. J Control Release 110: 605-609 (2006). [PubMed ID: 16360229]
  7. Khalil IA, Kogure K, Futaki S, Harashima H. High density of octaarginine stimulates macropinocytosis leading to efficient intracellular trafficking for gene expression. J Biol Chem 281: 3544-3551 (2006). [PubMed ID: 16326716]
  8. Ochiai H, Harashima H, Kamiya H. Intranuclear disposition of exogenous DNA in vivo: silencing, methylation and fragmentation. FEBS Lett 580: 918-922 (2006). [PubMed ID: 16427048]
  9. Akita H, Tanimoto M, Masuda T, Kogure K, Hama S, Ninomiya K, Futaki S, Harashima H. Evaluation of the nuclear delivery and intra-nuclear transcription of plasmid DNA condensed with micro (mu) and NLS-micro by cytoplasmic and nuclear microinjection: a comparative study with poly-L-lysine. J Gene Med 8: 198-206 (2006). [PubMed ID: 16285003]
  10. Iida S, Sato Y, Nakaya A, Shinohara Y, Hayashi Y, Sawada A, Nagata H, Kaji N, Kamiya H, Baba Y, Harashima H. Genome wide expression analysis of white blood cells and liver of pre-diabetic Otsuka Long-Evans Tokushima Fatty (OLETF) rats using a cDNA microarray. Biol Pharm Bull 29: 2451-2459 (2006). [PubMed ID: 17142981]
  11. Kamiya H, Cadena-Amaro C, Dugue L, Yakushiji H, Minakawa N, Matsuda A, Pochet S, Nakabeppu Y, Harashima H. Recognition of nucleotide analogs containing the 7,8-dihydro-8-oxo structure by the human MTH1 protein. J Biochem 140: 843-849 (2006). [PubMed ID: 17071637]
  12. Nakamura Y, Kogure K, Yamada Y, Futaki S, Harashima H. Significant and prolonged antisense effect of a multifunctional envelope-type nano device encapsulating antisense oligodeoxynucleotide. J Pharm Pharmacol 58: 431-437 (2006). [PubMed ID: 16597360]
  13. Hama S, Akita H, Ito R, Mizuguchi H, Hayakawa T, Harashima H. Quantitative comparison of intracellular trafficking and nuclear transcription between adenoviral and lipoplex systems. Mol Ther 13: 786-794 (2006). [PubMed ID: 16364692]
  14. Kamiya H, Ochiai H, Harashima H, Ito M, Matsuda A. Transient expression of Drosophila melanogaster deoxynucleoside kinase gene enhances cytotoxicity of nucleoside analogs. Nucleosides Nucleotides Nucleic Acids 25: 553-560 (2006). [PubMed ID: 16838845]
  15. Yamashita A, Yui N, Ooya T, Kano A, Maruyama A, Akita H, Kogure K, Harashima H. Synthesis of a biocleavable polyrotaxane-plasmid DNA (pDNA) polyplex and its use for the rapid non-viral delivery of pDNA to cell nuclei. Nat Protoc 1: 2861-2869 (2006). [PubMed ID: 17406545]
  16. Satou K, Kasai H, Harashima H. Kamiya H. Induction of Substitution and Deletion Mutations by 2-Hydroxyadenine during Replication in a HeLa Extract. Genes and Environment 28: 92-96 (2006).
  17. Yang T, Hussain A, Bai S, Khalil IA, Harashima H, Ahsan F. Positively charged polyethylenimines enhance nasal absorption of the negatively charged drug, low molecular weight heparin. J Control Release 115: 289-297 (2006). [PubMed ID: 17033085]
  18. Nakamura T, Kitaguchi Y, Miyazawa M, Kamiya H, Toma S, Ikemizu S, Shirakawa M, Nakabeppu Y, Yamagata Y. Crystallization and preliminary X-ray analysis of human MTH1 complexed with two oxidized nucleotides, 8-oxo-dGMP and 2-oxo-dATP. Acta Crystallogr Sect F Struct Biol Cryst Commun 62: 1283-1285 (2006). [PubMed ID: 17142918]
  19. Yamada M, Nunoshiba T, Shimizu M, Gruz P, Kamiya H, Harashima H, Nohmi T. Involvement of Y-family DNA polymerases in mutagenesis caused by oxidized nucleotides in Escherichia coli. J Bacteriol 188: 4992-4995 (2006). [PubMed ID: 16788208]
  20. Yamashita Y, Choi HS, Ooya T, Yui N, Akita H, Kogure K, Harashima H. Improved Cell Viability of Linear Polyethylenimine through gamma-Cyclodextrin Inclusion for Effective Gene Delivery. Chembiochem 7: 297-302 (2006). [PubMed ID: 16408311]
  21. Ooya T, Choi HS, Yamashita A, Yui N, Sugaya Y, Kano A, Maruyama A, Akita H, Ito R, Kogure K, Harashima H. Biocleavable polyrotaxane-plasmid DNA polyplex for enhanced gene delivery. J Am Chem Soc 128: 3852-3853 (2006). [PubMed ID: 16551060]
  22. Abe H, Fujihara M, Azuma H, Ikeda H, Ikebuchi K, Takeoka S, Tsuchida E, Harashima H. Interaction of hemoglobin vesicles, a cellular-type artificial oxygen carrier, with human plasma: effects on coagulation, kallikrein-kinin, and complement systems. Artif Cells Blood Substit Immobil Biotechnol 34: 1-10 (2006). [PubMed ID: 16519400]
  23. Ji B, Maeda J, Inoue K, Akita H, Harashima H, Suhara T. Pharmacokinetics and brain uptake of lactoferrin in rats. Life Sci 78: 851-855 (2006). [PubMed ID: 16165165]

総説論文

  1. Akita H, Hama S, Mizuguchi H, Harashima H. [Development of non-viral vector based on the quantitative comparison of intracellular trafficking with viral vector]. Yakugaku Zasshi 126: 1047-1057 (2006). [PubMed ID: 17077611]
  2. Khalil IA, Kogure K, Akita H, Harashima H. Uptake pathways and subsequent intracellular trafficking in nonviral gene delivery. Pharmacol Rev 58: 32-45 (2006). [PubMed ID: 16507881]
  3. Kogure K, Akita H, Harashima H. [Envelope-type nano device for gene delivery]. Nihon Rinsho 64: 258-262 (2006). [PubMed ID: 16454179]
  4. 紙谷浩之 損傷DNA前駆体の誘発する変異とヌクレオチドプール浄化酵素 放射線生物研究 41: 355-364 (1005).
  5. 紙谷浩之 遺伝子発現/遺伝子修復用DNA 化学と工業 59: 468-471 (2006).
  6. 秋田英万 遺伝子医療に向けた外来DNAの核膜透過促進への挑戦 薬剤学 66:50-55 (2006).
  7. 秋田英万、原島秀吉 人工ナノ遺伝子ベクターの細胞内動態制御 細胞工学 馬場嘉信監修 25: 899-904 (2006)

著書

  1. 小暮健太朗,秋田英万,原島秀吉 第2章,第2節「薬物のターゲティングとDDS技術」第2項:標的指向化(細胞内動態制御を含む)技術情報協会 pp.113-124 (2005). 
  2. 原島秀吉 スタンダード薬学シリーズ6 薬と疾病 I. 薬の効くプロセス 第23章薬動学pp.352-362 (2005) 東京化学同人
  3. 小暮健太朗、原島秀吉 「MEND」ウイルスを用いない遺伝子導入法の材料、技術、方法論の新たな展開 原島秀吉、田畑泰彦編集 遺伝子医学MOOK5 メディカルドゥ pp.90-94 (2006)
  4. 秋田英万、原島秀吉 「細胞内トラフィック」ウイルスを用いない遺伝子導入法の材料、技術、方法論の新たな展開 原島秀吉、田畑泰彦編集 遺伝子医学MOOK5 メディカルドゥpp.228-234 (2006).
  5. 紙谷浩之、原島秀吉 「遺伝子修復」ウイルスを用いない遺伝子導入法の材料、技術、方法論の新たな展開原島秀吉、田畑泰彦編集 遺伝子医学MOOK5 メディカルドゥpp.235-239 (2006)

その他

  1. Kamiya H, Suzuki A, Kawai K, Kasai H, Harashima H. Mutagenic properties of oxidized GTP and ATP in in vitro transcription-reverse transcription. Nucleic Acids Symp Ser (Oxf): 99-100 (2006). [PubMed ID: 17150836]
  2. Yamada Y, Hatakeyama H. Report on The First FIP-APSTJ Joint Workshop on Gene Delivery. Journal of Pharmaceutical Science and Technology, Japan. 66 (6): 451-453 (2006).
  3. Yamada Y, Hatakeyama H. Photo report of “The First FIP-APSTJ Joint Workshop on Gene Delivery (2006)”. Journal of Pharmaceutical Science and Technology, Japan. 66 (6) (2006).

受賞

  1. 山田勇磨 2006年3月 日本薬剤学会永井財団大学院学生スカラシップ賞

招待講演

  1. H. Kamiya. Intranuclear dispositions of plasmid DNAs and DNA fragments used for gene therapy. 36th Korean Society of Pharmaceutical Sciences and Technology, Cheongju, 韓国, 2006年11月.
  2. 原島秀吉.R8修飾多機能性エンベロープ型ナノ構造体による遺伝子デリバリー、第9回ペプチドフォーラム 膜透過ペプチド:化学、生物学と臨床応用、京都、2006年11月.
  3. 原島秀吉.多機能性エンベロープ型ナノ構造体による人工遺伝子デリバリーシステムの開発、第21回バイオハイブリッド研究会、東京、2006年11月.
  4. 原島秀吉.多機能性エンベロープ型ナノ構造体による人工遺伝子デリバリーシステムの開発、第44回日本癌治療学会総会、東京、2006年10月.
  5. 原島秀吉.Quantitative analysis of intracellular trafficking of viral and non-viral gene delivery system,第7回日仏DDSシンポジウム、京都、2006年9月.
  6. 秋田英万、畠山浩人、小暮健太朗、大石基、長崎幸夫、小林英夫、菊池寛、原島秀吉.多機能性エンベロープ型ナノ構造体に基づくin vivo腫瘍遺伝子発現システムの構築.第59回コロイドおよび界面科学討論会、札幌、2006年9月.
  7. 原島秀吉.多機能性エンベロープ型ナノ構造体による人工遺伝子デリバリーシステムの開発.第2回DDS熊本シンポジウム、熊本、2006年7月.
  8. 原島秀吉.多機能性エンベロープ型ナノ構造体の開発:Programmed Packagingの提唱.BCG・BRM療法研究会、東京、2006年7月.
  9. H. Harashima. Multifunctional Envelope type Nano Device as a New Gene Delivery System and Its Application to Gene Therapy. The First FIP-APSTJ Joint Workshop on Gene Delivery, Sapporo (Japan), 2006年7月.
  10. 原島秀吉.多機能性エンベロープ型ナノ構造体による人工遺伝子デリバリーシステムの開発.第22回日本DDS学会、東京、2006年7月.
  11. H. Akita, S. Hama, H. Mizuguchi, H. Harashima. Quantitative comparison of intracellular trafficking of exogenous DNA transfected by viral and non-viral vector by confocal image-assisted 3-dimensionally integrated quantification (CIDIQ). The 1st International Workshop on Approaches to Single-Cell Analysis, Uppsala (Sweden), 2006年6月.
  12. T. Masuda, H. Akita, T. Nishio, K. Niikura, A. Kudo, K. Kogure, A. Iwasa, K. Ijiro, H. Harashima. Development of nuclear targeting system of plasmid DNA; Impact of sugar display on the surface of lipid envelope. The 9th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy, Baltimore (USA), 2006年6月.
  13. H. Hatakeyama, H. Akita, K. Kogure, M. Oishi, Y. Nagasaki, H. Kobayashi, H. Kikuchi, H. Harashima. Development of novel systemic gene delivery system for cancer therapy with tumor specifically cleavable PEG-lipid The 9th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy, Boltimore (USA), 2006年6月.
  14. T. Fujiwara, H. Akita, K. Furukawa, T. Ushida, H. Harashima. Impact of convective flow on the cellular uptake and transfection activity of lipoplex and adenovirus. The 9th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy, Boltimore (USA), 2006年6月.
  15. A. Iwasa, H. Akita, I. A. Khalil, K. Kogure and H. Harashima. Cellular uptake and subsequent intracellular of R8-liposomes introduced at low temperature The 9th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy, Boltimore (USA), 2006年6月.
  16. H. Harashima. Multifunctional envelope type nano device for non-viral gene delivery: Concept and application of Programmed Packaging, Texas Tech School of Pharmacy, 2006年5月.
  17. H. Harashima. Mechanism of gene delivery by cationic lipids. The 10th Liposome Research Days Conference, North Carolina (USA), 2006年5月.
  18. H Akita, S Hama, H Mizuguchi, H Harashima. Nuclear decondensation of exogenous DNA, a mechanism of difference in the transcription activity between adenovirus and lipoplex, 1st Chapel Hill Drug Conference and Tenth Liposome Research Days Conference 2006年5月(Chapel Hill, USA).
  19. 原島秀吉.多機能性エンベロープ型ナノ構造体による人工遺伝子デリバリーシステムの開発広島大学特別講演会、広島、2006年1月.
  20. H. Harashima. Issues related to Gene therapy and recombinant DNAtechnologies. AAPS/FIP/APSTJ/FPTI and IPA Conference: Global Perspectives of Biotechnology, India, 2006年1月.
  21. 山田勇磨、秋田英万、小暮健太朗、紙谷浩之、原島秀吉、篠原康雄、小林英夫、菊池寛 ミトコンドリアを標的としたDDSと疾患治療への応用 ―ミトコンドリア融合性リポソーム、”MITO-Porter”を用いたアプローチ ワークショップ3『DDS創製における新しい機能性材料と素材』 第22回日本DDS学会、2006年7月、東京

国際発表

  1. H. Akita, S. Hama, H. Mizuguchi, H. Harashima. Quantitative comparison of intracellular trafficking between artificial and viral vector: Mechanism underlying the difference in dominant rate-limiting process 4th International Forum on Post-genome Technology, 2006年9月、杭州、中国.
  2. M. Yamada, T. Nunoshiba, M. Shimizu, P. Gruz, H. Kamiya, H. Harashima, and T. Nohmi.Involvement of Y-family DNA polymerases in oxidized dNTPs-induced mutagenesis in Escherichia coli.37th Annual Meeting of the Environmental Mutagen Society, 2006年9月、Vancouver, Canada
  3. H. Akita, S. Hama, H. Mizuguchi, H. Harashima.. Nuclear decondensation of exogenous DNA, a mechanism of difference in the transcription activity between adenovirus and lipoplex. 1st FIP-APSTJ Joint Workshop on Gene Delivery, Sapporo (Japan), 2006年7月.
  4. T. Masuda, H. Akita, T. Nishio, K. Niikura, A. Kudo, K. Kogure, K. Ijiro, H. Harashima. Development of sugar modified gene vector for the efficient nuclear gene delivery. The first FIP-APSTJ joint workshop on Gene Delivery. 2006年7月、Sapporo, Hokkaido, Japan.
  5. A. Kudo, H. Akita, H. Harashima. Novel approach for the nuclear delivery of macromolecule via membrane fusion. 1st FIP-APSTJ Joint Workshop on Gene Delivery, Sapporo (Japan), 2006年7月.
  6. Yamada Y, Akita H, Kamiya H, Kogure K, Yamamoto T, Shinohara Y, Yamashita K, Kobayashi H, Kikuchi H, Harashima H. Intracellular observation of the MITO-Porter, which can deliver macromolecules to mitochondria via membrane fusion. The First FIP-APSTJ Joint Workshop on Gene Delivery. July 10-12, 2006, Sapporo.
  7. S. Fukunaga, T. Ohyama, H. Harashima, H. Kamiya. The effect of high affinity sequence for histone on transgene expression from plasmid DNA. 1st FIP-APSTJ Joint Workshop on Gene Delivery, Sapporo, Japan, 2006年7月.
  8. H. Ochiai, H. Harashima, H. Kamiya. Silencing of exogenpus DNA without methylation. 1st FIP-APSTJ Joint Workshop on Gene Delivery, Sapporo, Japan, 2006年7月.
  9. T. Fujiwara, H. Akita, K. Furukawa, T. Ushida, H. Harashima. Impact of Convective flow on the Cellular Uptake and Transfection Activity of Lipoplex and Adenovirus. The First FIP-APSTJ Joint Workshop on Gene Delivery. Sapporo July 10-12, 2006
  10. M. Shimizu, P, Gruz, H. Kamiya, C. Masutani, Y. Xu, Y. Usui, H. Sugiyama, H. Harashima, F. Hanaoka, T. Nohmi. Incorporation of oxidized dNTPs by human DNA polymerase h. 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology, Kyoto, Japan, 2006年6月.
  11. A. Suzuki, H. Harashima, H. Kamiya. Effects of oxidized ribonucleotides on transcription catalyzed by T7 RNA polymerase in vitro. 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology, Kyoto, Japan, 2006年6月.
  12. M. Hori, H. Harashima, H. Kamiya. Effects of overexpression of E. coli Orf17 and Orf135 proteins on mutant frequencies in mutT-deficient strain. 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology, Kyoto, Japan, 2006年6月.
  13. K. Satou, H. Harashima, H. Kamiya. Synergistic effect of 2-hydroxy-dATP on mutagenicity of 8-hydroxy-dGTP in human nuclear extract. 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology, Kyoto, Japan, 2006年6月.
  14. H. Tsuchiya, M. Uchiyama, K. Hara, H. Inoue, H. Harashima, H. Kamiya. New gene correction devices for improved recognition by protein involved in homologous recombination. 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology, Kyoto, Japan, 2006年6月.
  15. T. Masuda, H. Akita, T. Nishio, K. Niikura, A. Kudo, K. Kogure, A. Iwasa, K. Ijiro, H. Harashima. Development of nuclear targeting system of plasmid DNA; impact of sugar display on the surface of lipid envelope. The 9th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy 2006年6月、Baltimore, Maryland, USA.
  16. T. Fujiwara, H. Akita, K. Furukawa, T. Ushida, H. Harashima. Impact of convective flow on the cellular uptake and transfection activity of lipoplex and adenovirus. The 9th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy, Baltimore (USA), 2006年6月.
  17. A. Iwasa, H. Akita, I. A. Khalil, K. Kogure and H. Harashima. Cellular uptake and subsequent intracellular of R8-liposomes introduced at low temperature The 9th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy, Baltimore (USA), 2006年6月.
  18. H Akita, S. Hama, H. Mizuguchi, H. Harashima. Mechanism for difference in the transcription activity of nucleus-delivered transgene introduced by adenovirus and lipoplex The 9th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy, Baltimore (USA), 2006年6月.
  19. Nakamura Y, Kogure K, Yamada Y, Futaki S, Harashima H. Development of packaging methods of multifunctional envelope-type nano device encapsulating antisense oligodeoxynucleotide or synthetic siRNA for potent silencing effect. The First FIP-APSTJ Joint Workshop on Gene Delivery. July 10-12, 2006, Sapporo.

国内発表

  1. 鈴木哲矢,原島秀吉,紙谷浩之.塩基除去修復蛋白質を欠損した大腸菌への酸化ヌクレオチドの導入とその影響. 日本分子生物学会2006フォーラム、2006年12月、名古屋.
  2. 山田勇磨,秋田英万,紙谷浩之,小暮健太朗,篠原康雄,小林英夫,菊池寛,原島秀吉.ミトコンドリア膜融性リポソームMITO-Porterとミトコンドリア移行性ペプチドMTSを組み合わせたミトコンドリア選択性薬物送達キャリアの開発.日本ミトコンドリア学会第6回年会、 2006年12月、横浜.
  3. 鈴木明広,河井一明,葛西宏,原島秀吉,紙谷浩之.酸化損傷RNA前駆体(リボヌクレオチド)が転写反応へ与える影響の評価.第127回日本薬学会北海道支部例会、2006年12月、札幌.
  4. 内山雅普,原島秀吉,紙谷浩之.一本鎖DNA断片を用いる遺伝子修復法におけるセンス/アンチセンス鎖及び標的配列の影響.第127回日本薬学会北海道支部例会、 2006年12月、札幌.
  5. 福永賢輝,大山隆,原島秀吉,紙谷浩之.ヒストン高親和性配列の位置が外来DNAの発現に与える影響.第127回日本薬学会北海道支部例会、2006年12月、札幌.
  6. 紙谷浩之,鈴木明広,河井一明,葛西宏,原島秀吉.GTP及びATP酸化体の試験管内転写-逆転写における変異誘発.第33回核酸化学シンポジウム、 2006年11月、大阪.
  7. 畠山浩人、秋田英万、小暮健太朗、大石基、長崎幸夫、小林英夫、菊池寛、原島秀吉.瘍選択的分解性PEG脂質誘導体を用いた血中投与型多機能性エンベロープ型ナノ構造体(MEND)による腫瘍遺伝子デリバリーシステムの構築.第28回日本バイオマテリアル学会大会.東京、2006年11月.
  8. 工藤亜沙子、秋田英万、箕浦ありさ、山口雅也、増田智也、Khalil Ikramy、小暮健太朗、原島秀吉.非分裂細胞を標的とした遺伝子ベクターの創製.第28回日本バイオマテリアル学会大会.東京、2006年11月.
  9. 紙谷浩之(受賞講演).DNA前駆体の酸化損傷による変異の分子機構とその防御システムの解明.日本環境変異原学会第35回大会、2006年11月、堺.
  10. 増田智也、秋田英万、小暮健太朗、紙谷浩之、原島秀吉.外来遺伝子の核移行性促進への試み.遺伝子・デリバリー研究会 第6回夏期セミナー 2006年9月, 大阪
  11. 紙谷浩之,原島秀吉. HeLa抽出液を用いた複製反応における8-hydroxy-dGTPと2-hydroxy-dATPの相乗的変異誘発効果.第65回日本癌学会学術総会、2006年9月、横浜.
  12. 山田雅巳,布柴達男,清水雅富,Petr Gruz, 紙谷浩之,原島秀吉,能美健彦. 大腸菌における酸化ヌクレオチドの取り込みとY-ファミリーDNAポリメラーゼの関与.日本遺伝学会第78回大会、 2006年9月、つくば.
  13. 森利明,吉田幸平,藤脇梨恵,渡辺千尋,吉原亮平,大谷謙二,八木孝司,石井直明,原島秀吉,紙谷浩之,滝本晃一.センチュウCaenorhabditis elegans における8-oxo-dGTP の8-oxo-dGMPへの加水分解活性.日本放射線影響学会第49回大会、 2006年9月、札幌.
  14. 堀美香,石黒智恵子,中川紀子,倉光成紀,山本和生,葛西宏,原島秀吉,紙谷浩之.酸化ヌクレオチド誘発変異とヌクレオチド除去修復酵素 UvrABC との関連.日本放射線影響学会第49回大会、 2006年9月、札幌.
  15. 佐藤和哉,河井一明,葛西宏,原島秀吉,紙谷浩之. 8-OH-dGTPの哺乳動物細胞における変異誘発.日本放射線影響学会第49回大会、 2006年9月、札幌.
  16. 紙谷浩之.RNA前駆体の酸化による遺伝情報撹乱.日本放射線影響学会第49回大会、 2006年9月、札幌.
  17. 山田勇磨,秋田英万,紙谷浩之,小暮健太朗,山本武範,篠原康雄,山下菊治,小林英夫,菊池寛,原島秀吉.膜融合を介してミトコンドリアへの高分子薬物送達を可能とする、”MITO-Porter”の細胞内での膜融合能評価.第22回日本DDS学会、 2006年7月、東京.
  18. 増田智也、秋田英万、西尾崇、新倉謙一、居城邦治、工藤亜沙子、小暮健太朗、原島秀吉.外来遺伝子の核移行性の促進を目指した糖修飾ベクターの開発.第22回日本DDS学会 2006年7月, 東京
  19. 落合浩史,原島秀吉,紙谷浩之.外来遺伝子の核内動態: Gene Silencing要因の解析.第22回日本DDS学会、 2006年7月、東京.
  20. 紙谷浩之,福永賢輝,大山隆,原島秀吉.ヒストン高親和性配列のプラスミドDNAへの導入効果.第22回日本DDS学会、 2006年7月、東京.
  21. Khalil Ikramy, 山口雅也、小暮健太朗、秋田英万、原島秀吉.Successful Lipid Screening for Efficient Endodomal Escape、第22回日本DDS学会、2006年7月、東京.
  22. 工藤亜沙子、秋田英万、箕浦ありさ、山口雅也、増田智也、Khalil Ikramy、小暮健太朗、原島秀吉.非分裂細胞の核膜突破のための新戦略、第22回日本DDS学会、2006年7月、東京.
  23. ディッキームダキュル、秋田英万、原島秀吉.Screening of new ligand targetin for the adipose tissue by in vivo phage deiplay technique、第22回日本DDS学会、2006年7月、東京.
  24. 秋田英万、浜進、水口裕之、原島秀吉.人工ベクター(LipofectAMINE PLUS)とアデノウイルスベクター間の核内活性差を生み出すメカニズムの解明、第22回日本DDS学会、2006年7月、東京.
  25. 畠山浩人、秋田英万、小暮健太朗、大石基、長崎幸夫、小林英夫、菊池寛、原島秀吉.腫瘍選択的分解性polyethyleneglycon (PEG)脂質誘導体を用いたin vivo腫瘍発現に向けた最適化の検討、第22回日本DDS学会、2006年7月、東京.
  26. 森口留美子,小暮健太朗,岩朝亮忠,秋田英万,原島秀吉.非ウイルス性遺伝子デリバリーシステムのPharmacodeynamicsにおける正の非線形性.日本薬学会第126年会、仙台、2006年3月.
  27. 岩朝亮忠、秋田英万、Ikuramy Khalil、小暮健太朗、二木史朗、原島秀吉 オクタアルギニン修飾型リポソームの細胞内動態に及ぼす温度の影響、日本薬剤学会第21年会、金沢、2006年3月
  28. 藤原孝博 秋田英万 古川克子 牛田多加志 原島秀吉.Convective flow存在下in vitro 細胞培養系の確立及びトランスフェクションに及ぼすベクター依存的なflowの影響、日本薬剤学会第21年会、金沢、2006年3月15日-3月18日
  29. T. Nakamura, R. Moriguchi, A. Minoura, K. Kogure, S. Futaki, H. Harashima. Delivery of DNA by Liposomal Non-viral Gene Delivery System into Dendritic Cells. The 26th International Symposium of Sapporo Cancer Seminar July 22-23, 2006, Sapporo.
  30. R. Moriguchi, K. Kogure, H. Akita, S. Futaki, M. Miyagishi, K. Taira, H. Harashima. A multifunctional envelope-type nano device for the efficient delivery of siRNA plasmids. The 26th International Symposium of Sapporo Cancer Seminar July 22-23, 2006, Sapporo.
  31. A. Homhuan, K. Kogure, I. Yano, H. Harashima. Stearylated-octaarginine Liposomes-incorpoarated Mycobacteial Cell Wall: A Potent Transduction System of Dendritic Cells for Cancer Immunotherapy. The 26th International Symposium of Sapporo Cancer Seminar July 22-23, 2006, Sapporo.
  32. A. Minoura, K. Kogure, H. Harashima. Development and evaluation of controlled multi layered-multifunctional envelope type nano device.The First FIP-APSTJ Joint Workshop on Gene Delivery. July 10-12, 2006, Sapporo.
  33. T. Nakamura, R. Moriguchi, K. Kogure, A. Minoura, T. Masuda, H. Akita, K. Kato, H. Hamanda, M. Ueno, S. Futaki, H. Harashima. Delivery of DNA by Novel Non-viral Gene Delivery System into Nucleus of Dendritic Cells. The First FIP-APSTJ Joint Workshop on Gene Delivery. July 10-12, 2006, Sapporo.
  34. R. Moriguchi, K. Kogure, H. Harashima. Positive non-linear relationship between the dose of pDNA and gene expression in pharmacodynamics. The First FIP-APSTJ Joint Workshop on Gene Delivery. July 10-12, 2006, Sapporo.
  35. 中村宜央,小暮健太朗,原島秀吉. siRNA封入多機能性エンベロープ型ナノ構造体(MEND)の構築と機能評価.第22回日本DDS学会 2006年7月、東京.
  36. 紙谷浩之,Claudio Cadena,薬師寺浩之,南川典昭,松田彰,Sylvie Pochet,中別府雄作,原島秀吉.ヒトMTH1蛋白質の7,8-dihydro-8-oxo構造を有するヌクレオチドアナログの認識.日本薬学会第126年会、 2006年3月、仙台.
  37. 土谷博之,原島秀吉,紙谷浩之.分子機構に基づく遺伝子修復効率の改善.日本薬学会第126年会、 2006年3月、仙台.
  38. 山田勇磨,秋田英万,紙谷浩之,小暮健太朗,篠原康雄,小林英夫,菊池寛,原島秀吉.ミトコンドリアを標的とする膜融合性リポソーム、MITO-Porterを用いた生細胞ミトコンドリアへの高分子薬物送達 -共焦点レーザースキャン顕微鏡を用いた細胞内動態観察-、日本薬剤学会第21年会、2006年3月、金沢.
  39. 工藤亜沙子, 秋田英万, 増田智也, 山田勇磨, 小暮健太朗, 箕浦ありさ, 原島秀吉. “核膜融合に基づく新規核内送達デバイスの構築”. 日本薬剤学会第21年会. 2006年3月. 金沢.
  40. 中村宜央, 小暮健太朗, 山田勇磨, 原島秀吉. “オリゴDNAの多機能性エンベロープ型ナノ構造体へのパッケージングの確立とその機能評価”. 日本薬剤学会第21年会. 2006年3月. 金沢.
  41. 福永賢輝,大山隆,原島秀吉,紙谷浩之. Hydrodynamics法で導入したpDNAの発現に対するleft-handed構造の影響、日本薬剤学会第21年会、2006年3月、金沢.
  42. 森口留美子,小暮健太朗,岩朝亮忠,秋田英万,原島秀吉.非ウイルス性遺伝子デリバリーシステムのPharmacodeynamicsにおける正の非線形性.日本薬学会第126年会 2006年3月、仙台.
  43. 小暮健太朗, 中村宜央, 山田勇磨, 原島秀吉. “オリゴデオキシヌクレオチドの機能向上を目指した多機能性エンベロープ型ナノ構造体への封入” 第126年会日本薬学会. 2006年3月. 仙台.
  44. 鈴木亮佑, 山田勇磨, 篠原康雄, 原島秀吉. “タンパク質の効率的なパッケージングシステムの開発”. 第127回日本薬学会北海道支部例会. 2006年12月. 札幌

▲ Page Up

2005年

原著論文

  1. Moriguchi R, Kogure K, Akita H, Futaki S, Miyagishi M, Taira K, Harashima H. A multifunctional envelope-type nano device for novel gene delivery of siRNA plasmids. Int J Pharm 301: 277-285 (2005). [PubMed ID: 16019173]
  2. Yamada Y, Shinohara Y, Kakudo T, Chaki S, Futaki S, Kamiya H, Harashima H. Mitochondrial delivery of mastoparan with transferrin liposomes equipped with a pH-sensitive fusogenic peptide for selective cancer therapy. Int J Pharm 303: 1-7 (2005). [PubMed ID: 16139452]
  3. Ochiai H, Harashima H, Kamiya H. Effect of methylated adenine in plasmid DNA on transgene expression in mice. Biol Pharm Bull 28: 2019-2022 (2005). [PubMed ID: 16204970]
  4. Tsuchiya H, Sawamura T, Harashima H, Kamiya H. Correction of frameshift mutations with single-stranded and double-stranded DNA fragments prepared from phagemid/plasmid DNAs. Biol Pharm Bull 28: 1958-1962 (2005). [PubMed ID: 16204954]
  5. Yamada Y, Kogure K, Nakamura Y, Inoue K, Akita H, Nagatsugi F, Sasaki S, Suhara T, Harashima H. Development of efficient packaging method of oligodeoxynucleotides by a condensed nano particle in lipid envelope structure. Biol Pharm Bull 28: 1939-1942 (2005). [PubMed ID: 16204950]
  6. Tsuchiya H, Harashima H, Kamiya H. Factors affecting SFHR gene correction efficiency with single-stranded DNA fragment. Biochem Biophys Res Commun 336: 1194-1200 (2005). [PubMed ID: 16171787]
  7. Sasaki K, Kogure K, Chaki S, Kihira Y, Ueno M, Harashima H. Construction of a multifunctional envelope-type nano device by a SUV*-fusion method. Int J Pharm 296: 142-150 (2005). [PubMed ID: 15885466]
  8. Hori M, Ishiguro C, Harashima H, Kamiya H. In vivo mutagenicities of damaged nucleotides produced by nitric oxide and ionizing radiation. Biol Pharm Bull 28: 520-522 (2005). [PubMed ID: 15744081]
  9. Hoshika S, Minakawa N, Kamiya H, Harashima H, Matsuda A. RNA interference induced by siRNAs modified with 4'-thioribonucleosides in cultured mammalian cells. FEBS Lett 579: 3115-3118 (2005). [PubMed ID: 15919084]
  10. Tsuchiya H, Matsuda T, Harashima H, Kamiya H. Cytokine induction by a bacterial DNA-specific modified base. Biochem Biophys Res Commun 326: 777-781 (2005). [PubMed ID: 15607736]
  11. Hori M, Fujikawa K, Kasai H, Harashima H, Kamiya H. Dual hydrolysis of diphosphate and triphosphate derivatives of oxidized deoxyadenosine by Orf17 (NtpA), a MutT-type enzyme. DNA Repair (Amst) 4: 33-39 (2005). [PubMed ID: 15533835]
  12. Yamada Y, Kamiya H, Harashima H. Kinetic analysis of protein production after DNA transfection. Int J Pharm 299: 34-40 (2005). [PubMed ID: 15964723]
  13. Mudhakir D, Akita H, Khalil IA, Futaki S, Harashima H. Pharmacokinetic analysis of the tissue distribution of octaarginine modified liposomes in mice. Drug Metab Pharmacokinet 20: 275-281 (2005). [PubMed ID: 16141607]
  14. Satou K, Yamada M, Nohmi T, Harashima H, Kamiya H. Mutagenesis induced by oxidized DNA precursors: roles of Y family DNA polymerases in Escherichia coli. Chem Res Toxicol 18: 1271-1278 (2005). [PubMed ID: 16097800]
  15. Iida E, Satou K, Mishima M, Kojima C, Harashima H, Kamiya H. Amino acid residues involved in substrate recognition of the Escherichia coli Orf135 protein. Biochemistry 44: 5683-5689 (2005). [PubMed ID: 15823026]
  16. Masuda T, Akita H, Harashima H. Evaluation of nuclear transfer and transcription of plasmid DNA condensed with protamine by microinjection: the use of a nuclear transfer score. FEBS Lett 579: 2143-2148 (2005). [PubMed ID: 15811332]
  17. Tsuchiya H, Harashima H, Kamiya H. Increased SFHR gene correction efficiency with sense single-stranded DNA. J Gene Med 7: 486-493 (2005). [PubMed ID: 15521053]
  18. Kato Y, Minakawa N, Komatsu Y, Kamiya H, Ogawa N, Harashima H, Matsuda A. New NTP analogs: the synthesis of 4'-thioUTP and 4'-thioCTP and their utility for SELEX. Nucleic Acids Res 33: 2942-2951 (2005). [PubMed ID: 15914669]
  19. Choi HS, Yamashita A, Ooya T, Yui N, Akita H, Kogure K, Ito R, Harashima H. Sunflower-Shaped Cyclodextrin-Conjugated Poly(ε-lysine) Polyplex as a Controlled Intracellular Trafficking Device. ChemBioChem 6: 1986-1990 (2005). [PubMed ID: 16222730]
  20. Futaki S, Masui Y, Nakase I, Sugiura Y, Nakamura T, Kogure K, Harashima H. Unique features of a pH-sensitive fusogenic peptide that improves the transfection efficiency of cationic liposomes. J Gene Med 7: 1450-1458 (2005). [PubMed ID: 16025556]

総説論文

  1. 原島秀吉、小暮健太朗、秋田英万、紙谷浩之:第7章 遺伝子治療とDDS 2) 多機能性リポソーム. PHARM TECH JAPAN. 橋田充編 DDS研究の現状と将来展望 21: 127-131(2005)
  2. 原島秀吉.臨床に活かすPK/PD-薬物の体内動態と薬効・毒性「新薬開発とPK/PD」医薬ジャーナル.41: 111-116 (2005).

著書

  1. 井上香織、小暮健太朗、原島秀吉. リポソームの生体内動態. 「リポソーム応用の新展開~人工細胞の開発 に向けて~」(秋吉一成、辻井 薫 監修)エヌ・ティー・エス.pp. 521-527(2005)
  2. K. Kogure, H. Akita, H. Kamiya and H. Harashima: Knaeblein, Muller Eds. Modern Biopharmaceuticals. "New Drug Delivery System and Application to Gene Therapy" Wiley-VCH 1521-1536 (2005).
  3. H. Akita, I. A Khalil, K. Kogure and H. Harashima: Pharmacokinetics of Gene Delivery in Cells. In Non-viral Gene Therapy: Gene Design and Delivery Edit. by Kazunari Taira, Kazunori Kataoka, Springer-Verlag Tokyo, Inc. 135-154 (2005).
  4. H. Kamiya, H. Tsuchiya and H. Harashima. Newly designed DNA fragments for gene correction. In Non-viral Gene Therapy: Gene Design and Delivery Edit. by Kazunari Taira, Kazunori Kataoka, Springer-Verlag Tokyo, Inc. pp. 315-322 (2005).
  5. 原島秀吉、瀬谷司、海老原敬、志田壽利. 第IV編 第7章 DNAワクチン 「ソフトナノテクノロジー~バイオマテリアル革命~ 田中順三、下村政嗣 シー・エム・シー出版 pp. 267-277 (2005)

受賞

  1. Yamada Y. Dec, 2005  Asian Mitochondrial Young Investigator Award 「MITO-Porter, a new-type carrier for mitochondrial macromolecules delivery system via a membrane fusion mechanism」

その他

  1. Tsuchiya H, Sawamura T, Uchiyama M, Harashima H, Kamiya H. Conversion of nucleotide sequence with single-stranded DNA fragment prepared from phagemid DNA. Nucleic Acids Symp Ser (Oxf): 93-94 (2005). [PubMed ID: 17150649]

招待講演

  1. 原島秀吉、小暮健太朗、秋田英万、紙谷浩之:Current issue in gene delivery .The 65th FIP Congress、カイロ(エジプト)、2005 年 9月
  2. 原島秀吉:オクタアルギニン修飾リポソームの細胞内取り込みと細胞内輸送機構. 第7回ペプチドフォーラム. 京都. 2005年8月
  3. 原島秀吉:遺伝子治療のための製剤設計;Programmed Packaging の提唱、第42回薬剤学懇談会研究討論会、京都、2005年7月
  4. 秋田英万、濱進、水口裕之、原島秀吉:遺伝子デリバリーシステムの細胞内動態の定量的解析;ウイルスvs非ウイルス、第21回日本DDS学会、長崎、2005年7月
  5. 原島秀吉、小暮健太朗、秋田英万、紙谷浩之:多機能性エンベロープ型ナノ構造体の開発;Programmed Packagingの提唱、第21回日本DDS学会、長崎、2005年7月
  6. H. Kamiya, K. Kogure, H. Akita, H. Harashima. Control of intracellular and intranuclear dispositions of exogenous DNA. International Symposium on Soft-Nanotechnology 2005 2005年6月、札幌
  7. 原島秀吉:遺伝子治療のための製剤設計:多機能性エンベロープ型ナノ構造体の開発、薬学セミナー2005、札幌、2005 年 5月
  8. 原島秀吉、小暮健太朗、秋田英万、紙谷浩之:Programmed Packagingという新しいコンセプトに基づいた多機能性エンベロープ型ナノ構造体の構築、遺伝子・デリバリー研究会シンポジウム、東京、2005 年 5月
  9. H. Harashima.Multifunctional envelope type nano device for non-viral gene delivery: Concept and application of Programmed Packaging. 1st Indo-Japanese International Conference on Advances in Pharmaceutical Research and Technology, Mumbai (India), 2005年11月
  10. 原島秀吉.多機能性エンベロープ型ナノ構造体の開発:Programmed Packagingの提唱.21世紀COEシンポジウム 創薬をめざしたケミカルバイオロジー研究の最前線.札幌.2005 年 11 月
  11. 原島秀吉.多機能性エンベロープ型ナノ構造体による人工遺伝子デリバリーシステムの開発.第66回日本泌尿器科学会茨城地方会.2005 年 12 月 筑波
  12. H. Harashima.Multifunctional envelope type nano-device for non-viral gene delivery: Concept and application of programmed packaging. The 8th US-Japan Symposium on Drug Delivery Systems. Lahaina (USA), 2005年12月

国際発表

  1. Yamada Y, Akita H, Kamiya H, Kogure K, Shinohara Y, Kobayashi H, Kikuchi H, Harashima H. MITO-Porter, a new-type carrier for mitochondrial macromolecules delivery system via a membrane fusion mechanism. International Conference on Mitochondria and Life 2005. The 3rd Conference of the Asian Society for Mitochondrial Research and Medicine (ASMRM) and The 5th Conference of the Japanese Society of Mitochondrial Research and Medicine (j-mit). Dec. 14-17, 2005, Tokyo.
  2. H. Kamiya, E. Iida, K. Satou, M. Mishima, C. Kojima, H. Harashima: Important Amino acid residues involved in substrate recognition of the Escherichia coli 2-hydroxy-dATPase (Orf135), 9th International Conference on Environmental Mutagens, 2005年9月、San Francisco, California, USA.
  3. K. Satou, M. Yamada, T. Nohmi, H. Harashima, H. Kamiya: Roles Of The Escherichia coli DinB And UmuDC Proteins In Mutations Induced By Oxidized DNA Precursors, 9th International Conference on Environmental Mutagens, 2005年9月、San Francisco, California, USA.
  4. M. Hori, K. Fujikawa, H. Kasai, H. Harashima, H. Kamiya: Analysis Of Orf17, A MutT-Type Enzyme, In Vitro And In Vivo, 9th International Conference on Environmental Mutagens, 2005年9月、San Francisco, California, USA.
  5. H. Tsuchiya, T. Sawamura, M. Uchiyama, H. Harashima, H. Kamiya: Conversion of nucleotide sequence with single-stranded DNA fragment prepared from phagemid DNA, The 4th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, 2005年9月、福岡.
  6. 20. H. Akita, R. Ito, H. Kamiya, K. Kogure, and H. Harashima. Novel methods for the quantification of intracellular trafficking and intra-nuclear transcription efficiency of exogenous DNA, The 6th international conference on intelligent materials and systems, Tokyo (Japan), 2005年7月.
  7. H. Hatakeyama, H. Akita, E. Ishida, K. Hashimoto, H. Kobayashi, T. Aoki, J. Yasuda, K. Obata, H. Kikuchi, T. Ishida, H. Kiwada, H. Harashima. Investigation of the antitumor effect of anti MT1-MMP antibody-modified pegylated liposomes encapsulating doxorubicin (DXR-SIL [anti MT1-MMP]). The 32nd Annual Meeting of the Controlled Release Society. 2005年6月, MiamiBeach, Florida, USA
  8. Yamada Y, Akita H, Kogure K, Kamiya H, Shinohara Y, Kobayashi H, Kikuchi H, Harashima H. Development of Novel Mitochondrial Macromolecule Delivery System. 32nd Annual Meeting & Exposition of the Controlled Release Society. June 18 – 22, 2005, Miami Beach, Florida, USA.
  9. T. Nakamura, K. Kogure, R. Moriguchi, S. Futaki, M. Fujimuro, H. Yokosawa, T. Seya, H. Harashima. Development of a novel non-viral DNA vaccine delivering gene into the nucleus of dendritic cells. The 8th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy 2005年6月、St. Louis, Missouri, USA.
  10. K. Kogure, I. A. Khalil, R. Moriguchi, S. Futaki, H. Harashima. Development of a non-viral DNA vector multifunctional envelope-type nano device modified with octaarginine peptide. The 8th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy 2005年6月、St. Louis, Missouri, USA.
  11. S. Chaki, K. Sasaki, K. Kogure, H. Hamada, M. Ueno, S. Futaki, H. Harashima. Artificial viral-like gene delivery system multifunctional envelope-type nano-device equipped with transferrin and a pH-sensitive fusogenic peptide. The 8th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy 2005年6月、St. Louis, Missouri, USA.
  12. R. Moriguchi, K. Kogure, H. Akita, S. Futaki, M. Miyagishi, K. Taira, H. Harashima. A multifunctional envelope-type nano device for the novel gene delivery of siRNA plasmids: optimization of condensing polycations. The 8th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy 2005年6月、St. Louis, Missouri, USA.
  13. H. Ochiai, H. Harashima, H. Kamiya. Silencing of plasmid DNA after hydrodynamics-based transfection in mice. The 8th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy 2005年6月、St. Louis, Missouri, USA.
  14. T. Masuda, H. Akita, H. Harashima. Evaluation of nuclear transfer and transcription of plasmid DNA condensed with protamine. The 8th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy 2005年6月、St. Louis, Missouri, USA.
  15. H. Tsuchiya, H. Harashima, H. Kamiya. Various aspects of the single-stranded DNA fragment-mediated gene correction. The 8th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy 2005年6月、St. Louis, Missouri, USA.
  16. H. Akita, R. Ito, H. Kamiya, K. Kogure, H. Harashima. Quantitative evaluation of the relationship between efficiency of nuclear transfer of plasmid DNA and transgene expression in individual cell: Consideration of mechanism underlying in the heterogeneity of the transgene expression via artificial vector. The 8th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy 2005年6月、St. Louis, Missouri, USA.
  17. Hama S., Akita H., Ito R., Mizuguchi H., Hayakawa T., Harashima H. Quantitative comparison of the intracellular trafficking and expression pattern of the exogenous genes between the adenovirus and artificial vector. The 8th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy 2005年6月、St. Louis, Missouri, USA. 2005年6月. St. Louis, USA.
  18. H. Ochiai, H. Harashima, H. Kamiya. Gene silencing of plasmid DNA in nucleus after hydrodynamic administration. International Symposium on Soft-Nanotechnology 2005 2005年6月、札幌
  19. R. Moriguchi, K. Kogure, H. Akita, S. Futaki, M. Miyagishi, K. Taira, H. Harashima. A multifunctional envelope-type nano device: a novel gene delivery system for efficient delivery of a siRNA expressing plasmid. International Symposium on Soft-Nanotechnology 2005 2005年6月、札幌
  20. 33. H. Akita, S. Hama, R. Ito, H. Mizuguchi, T. Hayakawa, and H. Harashima. Quantitative comparison of intracellular trafficking of exogenous DNA transfected by viral and non-viral vector by confocal image-assisted 3-dimensionally integrated quantification (CIDIQ), 5th Retrometabolism based drug design and targeting conference, Hakone, (Japan), 2005年5月.

国内発表

  1. 藤原孝博,秋田英万,古川克子,牛田多加志,原島秀吉.血管内皮細胞への遺伝子送達における取り込み及び遺伝子発現に対するベクター依存的なflowの影響.第125回日本薬学会北海道支部例会 2005年12月,札幌
  2. 堀美香,原島秀吉,紙谷浩之. ヌクレオチドプール浄化酵素Orf17のアンチセンス遺伝子導入の効果. 第28回日本分子生物学会年会 2005年12月,福岡.
  3. 畠山浩人,秋田英万,大石基,長崎幸夫,小林英夫,菊池寛,原島秀吉.in vivo癌遺伝子治療を目指した腫瘍選択的分解性PEG脂質誘導体の合成と機能評価. 第125回日本薬学会北海道支部例会 2005年12月, 札幌
  4. 紙谷浩之,佐藤和哉,益谷央豪,花岡文雄,原島秀吉: DNAポリメラーゼη欠損細胞抽出液によるDNA複製における8-hydroxy-dGTPの誘発変異、日本環境変異原学会第34回大会、 2005年11月、東京.
  5. 紙谷浩之,佐藤和哉,原島秀吉,益谷央豪,花岡文雄:細胞抽出液によるDNA複製における8-hydroxy-dGTPの誘発する変異はDNAポリメラーゼηの有無で同程度である、日本放射線影響学会第48回大会、2005年11月、広島.
  6. 飯田慎也,佐藤雄一郎,中谷明弘,林泰弘,馬場嘉信,篠原康雄,紙谷浩之,原島秀吉:白血球の網羅的遺伝子発現情報にもとづいた新規2型糖尿病診断用候補遺伝子の探索、第39回日本糖尿病学会北海道地方会、2005年10月、旭川.
  7. 紙谷浩之,原島秀吉,益谷央豪,花岡文雄: XP-V細胞抽出液を用いた試験管内DNA複製における8-hydroxy-dGTPによる変異誘発、第64回日本癌学会総会、2005年9月、札幌.
  8. 中村孝司、森口留美子、小暮健太朗、原島秀吉.NLSにより核移行性を促進した樹状細胞への新しい遺伝子導入法.第64回日本癌学会学術総会2005年9月、札幌.
  9. 紙谷浩之,伊藤麻名,原島秀吉:複製型プラスミド上のヌクレオシドキナーゼ遺伝子の発現による殺細胞効果第21回日本DDS学会、2005年7月、佐世保.
  10. 土谷博之,原島秀吉,紙谷浩之.一本鎖センスDNA断片による遺伝子修復メカニズムとそれに基づく修復効率の向上、第21回日本DDS学会、2005年7月、佐世保.
  11. 秋田英万,伊藤理恵,紙谷浩之,小暮健太朗,原島秀吉:人工ベクターによる遺伝子発現におけるheterogeneityの原因の解明、第21回日本DDS学会、2005年7月、佐世保.
  12. 増田智也,秋田英万,谷本充英,紙谷浩之,小暮健太朗,原島秀吉:マイクロインジェクション法による各種ポリカチオンと遺伝子複合体の核移行性および転写効率評価、第21回日本DDS学会、2005年7月、佐世保.
  13. 畠山浩人,秋田英万,大石基,長崎幸夫,小林英夫,菊池寛,原島秀吉.Matrix metalloproteinase(MMP)による基質認識を利用した腫瘍選択的分解性poly(ethyleneglycol)(PEG)脂質誘導体の合成と機能評価.第21回日本DDS学会 2005年7月, 長崎
  14. 山田勇磨,秋田英万,小暮健太朗,紙谷浩之,篠原康雄,小林英夫,菊池寛,原島秀吉.膜融合を介してミトコンドリアへの送達を可能とするリポソーム, “Mitosome”の開発.第21回日本DDS学会 2005年7月, 長崎.
  15. 森口留美子,小暮健太朗,岩朝亮忠,秋田英万,原島秀吉.非ウイルス性遺伝子デリバリーシステムのPharmacodynamicsにおける非線形性.第21回日本DDS学会 2005年7月, 長崎.
  16. T. Masuda, H. Akita, H. Harashima. Evaluation of nuclear transfer and transcription of protamine/plasmid DNA complex by microinjection method. International Symposium on Soft-Nanotechnology 2005. 2005年6月、札幌
  17. IA. Khalil, 小暮健太朗, 秋田英万, 浜 進, 二木史朗, 原島 秀吉.遺伝子デリバリーシステムとしてのオクタアルギニン修飾ナノ構造体の取り込み機構および細胞内動態.日本薬学会第125年会 2005年3月. 東京
  18. 浜 進, 秋田英万, 伊藤理恵, 水口裕之, 早川堯夫, 原島秀吉.ウイルスベクターと人工ベクターの細胞内動態に関する定量的比較評価 日本薬学会第125年会 2005年3月. 東京
  19. 畠山浩人,秋田英万,石田絵美,橋本浩一,小林英夫,青木隆則,安田純子,小幡賢一,菊池寛,石田竜弘,際田弘志,原島秀吉.抗MT1-MMP抗体修飾ドキソルビシン含有PEGリポソーム(DXR-SIL [anti-MT1-MMP]の抗腫瘍効果における有用性の検討.日本薬学会第125年会 2005年3月, 東京.
  20. 伊藤理恵,秋田英万,小暮健太朗,二木史朗,紙谷浩之,原島秀吉. 遺伝子の細胞内動態の新規定量系を用いたベクター間、細胞間の遺伝子発現変動機構の解析. 日本薬学会第125年会 2005年3月、東京.
  21. 土谷博之,松田正,原島秀吉,紙谷浩之. 細菌特異的塩基修飾N6-メチルアデニンによる炎症反応誘発. 日本薬学会第125年会 2005年3月、東京.
  22. 山田勇磨,紙谷浩之,原島秀吉. 外来DNAによる転写・翻訳効率の新規定量的評価法. 日本薬学会第125年会 2005年3月、東京.
  23. 佐々木健太郎,小暮健太朗,茶木伸治,原島秀吉.多機能性エンベロープ型ナノ構造体の建築と機能評価.日本薬剤学会第20周年記念大会 2005年3月、東京.
  24. ディッキー・ムダキュル,秋田英万,イクラミー・カリル,二木史朗,原島秀吉.Analysis of biodistribution of octaarginine modified liposomes in mice. 日本薬剤学会第20周年記念大会 2005年3月、東京.
  25. 森口留美子,小暮健太朗,原島秀吉.非ウイルスベクターの遺伝子発現能に影響を及ぼす要因の解析.日本薬剤学会第20周年記念大会 2005年3月、東京.
  26. 落合浩史,原島秀吉,紙谷浩之. マウス肝臓における外来遺伝子の発現効率の急激な減少. 日本薬剤学会第20周年記念大会 2005年3月、東京.
  27. 紙谷浩之,伊藤麻名,原島秀吉. 複製型プラスミド上のヌクレオシドキナーゼ遺伝子による殺細胞効果. 日本薬剤学会第20周年記念大会 2005年3月、東京.
  28. 土谷博之,原島秀吉,紙谷浩之. 一本鎖センスDNA断片による遺伝子修復メカニズムの解析. 日本薬剤学会第20周年記念大会2005年3月、東京.
  29. 増田智也、秋田英万、原島秀吉.マイクロインジェクション法を用いた遺伝子の定量的核移行性評価法の確立およびProtamineによる遺伝子発現上昇機構の解明.日本薬剤学会第20周年記念大会.2005年3月、東京.
  30. 中村孝司、小暮健太朗、二木史朗、原島秀吉.多機能性エンベロープ型ナノ構造体を用いた樹状細胞への遺伝子導入.日本薬剤学会第20周年記念大会.2005年3月、東京.
  31. 紙谷浩之,飯田恵美子,佐藤和哉,三島正規,児嶋長次郎,原島秀吉. ヌクレオチドプール浄化酵素Orf135蛋白質の塩基認識に関与するアミノ酸残基. DNA Repair, Recombination and Mutagenesis 2005 2005年1月、京都.
  32. 佐藤和哉, 山田雅巳, 能美健彦, 原島秀吉, 紙谷浩之.大腸菌DinB、UmuDC蛋白質の酸化損傷DNA前駆体による変異誘発に対する影響.Workshop “DNA Repair, Recombination and Mutagenesis 2005 2005年1月、京都.
  33. 工藤亜沙子, 秋田英万, 山田勇磨, 原島秀吉. “遺伝子治療のための新規核内送達経路を用いた遺伝子ベクターの構築”. 第125回日本薬学会北海道支部例会. 2005年12月. 札幌.
  34. 中村宜央, 小暮健太朗, 山田勇磨, 原島秀吉. “機能性核酸の多機能性エンベロープ型ナノ構造体へのパッケージングの確立とその機能評価”. 第125回日本薬学会北海道支部例会. 2005年12月. 札幌.

▲ Page Up

2004年

原著論文

  1. Kamiya H, Ishiguro C, Harashima H. Increased A:T-->C:G mutations in the mutT strain upon 8-hydroxy-dGTP treatment: direct evidence for MutT involvement in the prevention of mutations by oxidized dGTP. J Biochem 136: 359-362 (2004). [PubMed ID: 15598893]
  2. Kamiya H, Iida E, Harashima H. Important amino acids in the phosphohydrolase module of Escherichia coli Orf135. Biochem Biophys Res Commun 323: 1063-1068 (2004). [PubMed ID: 15381107]
  3. Kakudo T, Chaki S, Futaki S, Nakase I, Akaji K, Kawakami T, Maruyama K, Kamiya H, Harashima H. Transferrin-modified liposomes equipped with a pH-sensitive fusogenic peptide: an artificial viral-like delivery system. Biochemistry 43: 5618-5628 (2004). [PubMed ID: 15134436]
  4. Kamiya H, Ito M, Harashima H. Induction of transition and transversion mutations during random mutagenesis PCR by the addition of 2-hydroxy-dATP. Biol Pharm Bull 27: 621-623 (2004). [PubMed ID: 15133233]
  5. Akita H, Ito R, Khalil IA, Futaki S, Harashima H. Quantitative three-dimensional analysis of the intracellular trafficking of plasmid DNA transfected by a nonviral gene delivery system using confocal laser scanning microscopy. Mol Ther 9: 443-451 (2004). [PubMed ID: 15006612]
  6. Tsuchiya H, Kuwata K, Nagayama S, Yamashita K, Kamiya H, Harashima H. Pharmacokinetic modeling of species-dependent enhanced bioavailability of trifluorothymidine by thymidine phosphorylase inhibitor. Drug Metab Pharmacokinet 19: 206-215 (2004). [PubMed ID: 15499188]
  7. Kamiya H, Yakushiji H, Dugue L, Tanimoto M, Pochet S, Nakabeppu Y, Harashima H. Probing the substrate recognition mechanism of the human MTH1 protein by nucleotide analogs. J Mol Biol 336: 843-850 (2004). [PubMed ID: 15095864]
  8. Hatakeyama H, Akita H, Maruyama K, Suhara T, Harashima H. Factors governing the in vivo tissue uptake of transferrin-coupled polyethylene glycol liposomes in vivo. Int J Pharm 281: 25-33 (2004). [PubMed ID: 15288340]
  9. Khalil IA, Futaki S, Niwa M, Baba Y, Kaji N, Kamiya H, Harashima H. Mechanism of improved gene transfer by the N-terminal stearylation of octaarginine: enhanced cellular association by hydrophobic core formation. Gene Ther 11: 636-644 (2004). [PubMed ID: 14973542]
  10. Tachibana R, Ide N, Shinohara Y, Harashima H, Hunt CA, Kiwada H. An assessment of relative transcriptional availability from nonviral vectors. Int J Pharm 270: 315-321 (2004). [PubMed ID: 14726146]
  11. Fisher DI, Cartwright JL, Harashima H, Kamiya H, McLennan AG. Characterization of a Nudix hydrolase from Deinococcus radiodurans with a marked specificity for (deoxy)ribonucleoside 5'-diphosphates. BMC Biochem 5: 7 (2004). [PubMed ID: 15147580]
  12. Kogure K, Moriguchi R, Sasaki K, Ueno M, Futaki S, Harashima H. Development of A Non-viral Multifunctional Envelop-type Nano Device By A Novel Lipid Film Hydration Method. J Control Release 98: 317-323 (2004). [PubMed ID: 15262422]

総説論文

  1. Kamiya H. Mutagenicities of 8-hydroxyguanine and 2-hydroxyadenine produced by reactive oxygen species. Biol Pharm Bull 27: 475-479 (2004). [PubMed ID: 15056850]

著書

  1. 秋田英万、原島秀吉:10. 細胞内動態制御による遺伝子デリバリー効率の促進 医薬ジャーナル増刊号「Medical Front Line DDSが切り拓く新しい薬物治療」vol.40(11) pp69-77 (2004).
  2. 小暮健太朗、秋田英万、紙谷浩之、原島秀吉:細胞特異的ターゲッティング CMC出版社「ドラッグデリバリーシステム~究極の薬物治療を目指して」pp141-149 (2004).

受賞

  1. Yamada Y. May, 2004 PSWC 2004 Student Travel grant

その他

  1. Kamiya H, Satou K, Hori M, Iida E, Ishiguro C, Harashima H. Mutagenesis by damaged deoxyribonucleotides and its prevention by MutT-type hydrolyzing enzymes. Nucleic Acids Symp Ser (Oxf): 271-272 (2004). [PubMed ID: 17150583]

招待講演

  1. 佐藤和哉, 山田雅巳, 能美健彦, 原島秀吉, 紙谷浩之.ポリメラーゼ活性を欠損した大腸菌DinB、UmuDC蛋白質の酸化損傷DNA前駆体による変異誘発に対する影響.第27回日本分子生物学会年会 2004年12月、神戸.
  2. 小暮健太朗、秋田英万、紙谷浩之、原島秀吉:多機能性エンベロープ型ナノ構造体の構築と遺伝子デリバリーへの応用:ナノメディシン~ナノテクノロジーが拓く未来医療、2004年11月、東京.
  3. 原島秀吉:多機能性エンベロープ型ナノ構造体による人工遺伝子デリバリーシステムの開発:第43回日本薬学会東北支部大会、2004年10月、秋田.
  4. 紙谷浩之: 酸化的損傷ヌクレオチドによる変異誘発とその防御機構.第63回日本癌学会総会 2004年9月、福岡.
  5. H. Harashima, K. Kogure, I. A. Khalil, R. Itoh, H. Hama , H. Akita and S. Futaki: Development of a multifunctional envelope type nano device for non-viral gene, 6th France-Japan DDS Conference, 2004年9月、Biarritz, France
  6. 原島秀吉:リポソームによる薬物送達システムの開発:抗癌剤から遺伝子治療へ:つくば泌尿器科講演会、2004年8月、つくば.
  7. 山田勇磨, 紙谷浩之,秋田英万,原島秀吉.直接導入法とDNAトランスフェクション法によるタンパク質送達の定量的評価. 第20回日本DDS学会 2004年7月, 東京.
  8. K. Kogure, I. A. Khalil, S. Futaki and H. Harashima:Envelope type, multifunctional nano device for gene delivery. 2nd World Congress of the Board of Pharmaceutical Sciences of FIP. 2004年6月、京都
  9. H. Kamiya: Increased Small Fragment Homologous Replacement (SFHR) gene correction efficiency with sense single-stranded DNA. The 7th PharmaScience Forum 2004年5月、札幌.
  10. Kogure K. Development of a non-viral gene vector multifunctional envelope-type nano device. The 7th Pharmascience forum (2004年5月、札幌)
  11. H. Akita. Establishment of the novel strategy to quantitatively evaluate the subcellular distribution of plasmid DNA.The 7th Pharmascience forum (2004年5月、札幌).
  12. H. Harashima,K. Kogure, Ikramy A. Khalil, S. Futaki. Envelope typed non-viral gene delivery system using octaarginine as a multi-functional sorting device,The 9th Liposome Research Days Conference, 2004 年 5月, Hsinchu, Taiwan.
  13. 紙谷浩之. 酸化損傷DNA前駆体の誘発する変異とその防御機構. 日本薬学会第124年会 2004年3月.大阪.

国際発表

  1. H. Akita, R. Ito, I. A. Khalil, S. Futaki, and H. Harashima. Quantitative evaluation of the intracellular trafficking of exogenous DNA with confocal laser scanning microscopy. 2nd World Congress of the Board of Pharmaceutical Sciences of FIP (PSWC) 2004年5月,京都. 
  2. D. Mudhakir, H. Akita, I. A. Khalil, S. Futaki, and H. Harashima. Pharmacokinetics and tissue distribution of occaarginine modified liposomes (R8 liposomes) in mice. 2nd Pharmaceutical Sciences World Congress (PSWC2004), Kyoto (Japan) 2004年5月.
  3. S. Hama, H. Akita, R. Ito, and H. Harashima1. Comparison of the intracellular trafficking of the exogenous genes between the adeno-virus vector and non-viral vector. 2nd World Congress of the Board of Pharmaceutical Sciences of FIP (PSWC) 2004年5月,京都.
  4. Yamada Y, Kamiya H, Akita H, Harashima H. Comparison of direct protein introduction and DNA transfection, two methods for therapeutic protein delivery. 2nd PHARMACEUTICAL SCIENCES WORLD CONGRESS. May 30 –June 3, 2004, Kyoto, Japan.
  5. H. Hatakeyama, H. Akita, K. Maruyama and H. Harashima. Size-dependent uptake of the transferring coupling polyethylene glycol (PEG)-liposomes to the various organs. 2nd World Congress of the Board of Pharmaceutical Sciences of FIP (PSWC) 2004年5月, 京都.
  6. M. Yamada, M. Shimizu, P. Gruz, K. Matsui, T. Nunoshiba, H. Kamiya, H. Harashima and T. Nohmi. SOS- inducible DNA Polymerases and their Roles in Genome Instability. Keystone Symposium on Bacterial Chromosomes 2004年2月, Santa Fe, New Mexico, USA

国内発表

  1. 土谷博之,原島秀吉,紙谷浩之: SFHR法による遺伝子修復反応効率の向上を志向したDNA断片の改変. 日本薬学会第124年会 2004年3月、大阪.
  2. 佐藤和哉,原島秀吉,紙谷浩之: 酸化損傷DNA前駆体が誘発する変異への大腸菌DNAポリメラーゼIV, V欠損の影響. 日本薬学会第124年会 2004年3月、大阪.
  3. 森口留美子,小暮健太朗,宮岸真,多比良和誠,原島秀吉.多機能性エンベロープ型ナノ構造体を用いたsiRNA発現プラスミドの導入.第20回日本DDS学会 2004年7月, 東京.
  4. 森口留美子,小暮健太朗,二木史朗,宮岸真,多比良和誠,原島秀吉.多機能性エンベロープ型ナノ構造体のRNAiへの応用.第123回日本薬学会北海道支部例会 2004年12月, 小樽
  5. 増田智也、秋田英万、原島秀吉.マイクロインジェクション法を用いたProtamineによる外来遺伝子発現上昇機構の解明.第123回日本薬学会北海道支部例会 2004年12月, 小樽
  6. 堀美香,原島秀吉,紙谷浩之. γ線照射、活性窒素により生じる損傷ヌクレオチドの in vivo における変異誘発能の解析.第27回日本分子生物学会年会 2004年12月,神戸.
  7. 山田勇磨, 紙谷浩之, 秋田英万, 原島秀吉. “直接導入法とDNAトランスフェクション法によるタンパク質送達の定量的評価”. 第20回日本DDS学会. 2004年7月. 東京.

▲ Page Up

2003年

原著論文

  1. Tanimoto M, Kamiya H, Minakawa N, Matsuda A, Harashima H. No enhancement of nuclear entry by direct conjugation of a nuclear localization signal peptide to linearized DNA. Bioconjug Chem 14: 1197-1202 (2003). [PubMed ID: 14624635]
  2. Satou K, Harashima H, Kamiya H. Mutagenic effects of 2-hydroxy-dATP on replication in a HeLa extract: induction of substitution and deletion mutations. Nucleic Acids Res 31: 2570-2575 (2003). [PubMed ID: 12736306]
  3. Kamiya H, Iida E, Murata-Kamiya N, Yamamoto Y, Miki T, Harashima H. Suppression of spontaneous and hydrogen peroxide-induced mutations by a MutT-type nucleotide pool sanitization enzyme, the Escherichia coli Orf135 protein. Genes Cells 8: 941-950 (2003). [PubMed ID: 14750949]
  4. Sato Y, Kuwajima M, Kamiya H, Harashima H. Calpain 10 as a predictive gene for type 2 diabetes: evidence from a novel screening system using white blood cells of Otsuka Long-Evans Tokushima Fatty (OLETF) rats. Biol Pharm Bull 26: 1765-1768 (2003). [PubMed ID: 14646187]
  5. Almofti MR, Harashima H, Shinohara Y, Almofti A, Baba Y, Kiwada H. Cationic Liposome-Mediated Gene Delivery: Biophysical Effect on Mechanism of Internalization. Arch Biochem Biophys 410: 246-253 (2003). [PubMed ID: 12573284]
  6. Almofti MR, Harashima H, Shinohara Y, Almofti A, Li W, Kiwada H. Lipoplex size determines lipofection effeciency with or without serum. Mol Membr Biol 20: 35-43 (2003). [PubMed ID: 12745924]
  7. Shimizu M, Gruz P, Kamiya H, Kim SR, Pisani FM, Masutani C, Kanke Y, Harashima H, Hanaoka F, Nohmi T. Erroneous incorporation of oxidized DNA precursors by Y-family DNA polymerases. EMBO Rep 4: 269-273 (2003). [PubMed ID: 12634844]

総説論文

  1. Kamiya H. Mutahenic potentials of damaged nucleic acids produced by reactive oxygen/nitrogen species: Approaches using synthetic oligonucleotides and nucleotides. Nucleic Acids Res 31: 517-531 (2003). [PubMed ID: 12527759]
  2. Kamiya H, Akita H, Harashima H. Pharmacokinetic and pharmacodynamic considerations in gene therapy. Drug Discov Today 8: 990-996 (2003). [PubMed ID: 14643162]
  3. Tachibana R, Futaki S, Harashima H, Kiwada H. pH-sensitive liposomes in nuclear targeting of macromolecules. Methods in Enzymol 372: 349-361 (2003). [PubMed ID: 14610823]
  4. 角道智行,原島秀吉.細胞膜やエンドソーム膜と相互作用するペプチドを用いた細胞内動態制御.膜 28:46-54 (2003).
  5. 秋田英万、紙谷浩之、原島秀吉:細胞内動態制御による新しいDDSの開発. 遺伝子医学別冊「ドラッグデリバリーシステムDDS技術の新たな展開とその活用法」(田畑泰彦編)メディカル ドゥ p. 23-30 (2003).

著書

  1. 原島秀吉,佐藤雄一郎. 次世代ゲノム創薬 杉山雄一編集, ゲノム情報に基づいた薬物感受性の個体差克服の戦略 中山書店pp. 221-240 (2003).
  2. S. Chaki, T. Kakudo, H. Kamiya, R. Tachibana, H. Kiwada, S. Futaki, K. Maruyama, and H. Harashima: Intracellular controlled trafficking afterendocytosis with pH-sensitive liposomes and GALA-derivatives. Advancesin Biomaterials and Drug Delivery System. Princeton International Publishing Corp. pp.527-536 (2003).
  3. 紙谷浩之:エンドデオキシリボヌクレアーゼ(変異塩基特異的)(EC 3.1.25)「廣川タンパク質化学第4巻 ヒドロラーゼⅠ」(入江昌親・鶴大全・新田康則・芳本忠編)廣川書店 pp.231-238 (2003).
  4. 原島秀吉.ナノテクノロジーハンドブック IV編 バイオ・化学へ使う 11章 医療へ応用する9・6 ドラッグデリバリ- オーム社pp173-178 (2003) .

その他

  1. Satou K, Harashima H, Kamiya H. Mutations induced by 2-hydroxy-dATP during in vitro replication with a HeLa extract. Nucleic Acids Res Suppl: 325-326 (2003). [PubMed ID: 14510512]
  2. Nishimoto N, Kamiya H, Harashima H, Izuta S. Utilization efficiency of the oxidized purine nucleotide analog by DNA polymerase eta. Nucleic Acids Res Suppl: 299-300 (2003). [PubMed ID: 14510499]

招待講演

  1. 原島秀吉:細胞内動態制御に基づく人工遺伝子ベクターの開発、熊本大学薬学部特別講演会、2003年12月、熊本.
  2. 紙谷浩之: DNAの改変による外来遺伝子発現の向上:核内動態制御を指向して 第21回生物薬剤学研究会 2003年6月、京都
  3. 原島秀吉.Controlled Intracellular Trafficking of Transferrin Receptor-mediated Endocytosis with GALA-cholesterol. 4th Retrometabolism Based Drug Design and Targeting Conference. 2003年5月.フロリダ, 米国.
  4. 原島秀吉.2型糖尿病の遺伝子診断のための候補遺伝子の探索. TLOマーケティングフェア. 2003年3月. 札幌.
  5. 原島秀吉.細胞内動態制御に基づく人工遺伝子ベクターの開発. 創剤フォーラム:遺伝子デリバリーの新展開. 2003年6月. 東京.
  6. 紙谷浩之.発現効率の高い遺伝子治療用DNAの設計.日本薬学会第123年会 2003年3月.長崎.
  7. 原島秀吉.Selective Antitumor Delivery Via Controlled Intracellular Trafficking of Transferrin Receptor-mediated Endocytosis with GALA-cholesterol.日本学術振興会日米がん研究協力事業セミナー:がん特異的送達:実現化に向けて(Tumor-specific Delivery: Approaching a reality). 2003年2月.ハワイ, 米国.
  8. 紙谷浩之.新たな発想に基づいた非ウィルスベクター用遺伝子治療DNAの開発.第5回生命化学研究会シンポジウム 2003年1月.京都.

国際発表

  1. N. Nishomoto, H. Kamiya, H. Harashima and S. Izuta.Utilization efficiency of the oxidized purine nucleotide analogs by DNA polymerase h.The 3rd International Symposium on Nucleic Acids Chemistry 2003年9月,札幌.
  2. K. Satou, H. Harashima and H. Kamiya.Mutations induced by 2-hydroxy-dATP during in vitro replication with a HeLa extract.The 3rd International Symposium on Nucleic Acids Chemistry 2003年9月,札幌.
  3. H. Akita, R. Ito, H. Kamiya, H. Harashima. Semi-quantitative analysis of the intracellular trafficking of plasmid DNA with confocal laser scanning microscopy. The 6th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy 2003年6月、Washington, D. C., USA
  4. M. Shimizu, P. Gruz, H. Kamiya, S.-R. Kim, F. M. Pisani, C. Masutani, Y. Kanke, H. Harashima, F. Hanaoka and T. Nohmi:Incorrect incorporation of oxidized DNA precursors by Y-family DNA polymerases. 2003 Annual Environmental Mutagen Society Meeting 2003年5月.Miami, Florida, USA
  5. Y. Sato, M. Kuwajima, H. Kamiya, H. Harashima. Calpain 10 as a candidate gene for Type 2 diabetes: Novel screening system using white blood cells of OLETF rats Molecular Biopharmaceutics: A new era in drug absorption transport and delivery - 2nd International Congress on Drug Absorption, Transport and Delivery 2003年1月. Hawaii, USA.
  6. T. Kakudo, S. Chaki, I. Nakase, K. Maruyama, S. Futaki, H. Kamiya, H. Harashima. Control of intracellular trafficking transferrin modified liposomes using GALA-lipid derivatives Molecular Biopharmaceutics: A new era in drug absorption transport and delivery - 2nd International Congress on Drug Absorption, Transport and Delivery 2003年1月. Hawaii, USA.

国内発表

  1. 紙谷浩之,飯田恵美子,紙谷(村田)尚子,山本義弘,三木健良,原島秀吉.orf135遺伝子欠損大腸菌における2-ヒドロキシ-dATPによる変異誘発.第26回日本分子生物学会年会 2003年12月,神戸.
  2. 飯田恵美子,三島正規,児嶋長次郎,原島秀吉,紙谷浩之.大腸菌Orf135 phosphohydrolase module中のアミノ酸のヌクレオチド加水分解活性における重要性.第26回日本分子生物学会年会 2003年12月,神戸.
  3. 佐藤和哉,原島秀吉,紙谷浩之.大腸菌Y-familyポリメラーゼ欠損株における酸化損傷DNA前駆体による変異誘発.第26回日本分子生物学会年会 2003年12月,神戸.
  4. 堀美香,藤川勝義,葛西宏,原島秀吉,紙谷浩之.大腸菌 Orf17 蛋白質の酸化損傷ヌクレオチド分解活性.第26回日本分子生物学会年会 2003年12月,神戸.
  5. 伊藤麻名,原島秀吉,紙谷浩之.2-ヒドロキシ-dATPを用いたmutagenesis PCRによって生じる変異の解析.第26回日本分子生物学会年会 2003年12月,神戸.
  6. 清水雅富,Petr Gruz,紙谷浩之,益谷央豪,杉山弘,原島秀吉,花岡文雄,能美健彦.ヒトYファミリーDNAポリメラーゼによる酸化的損傷ヌクレオチドの取り込み.第26回日本分子生物学会年会 2003年12月,神戸.
  7. 米山桃子,三島正規,紙谷浩之,紙谷(村田)尚子,原島秀吉,児嶋長次郎.大腸菌Orf135タンパク質の構造解析とその基質認識.第26回日本分子生物学会年会 2003年12月,神戸.
  8. 山田勇磨,篠原康雄,秋田英万,紙谷浩之,原島秀吉.腫瘍細胞Mitochondriaへの選択的ターゲティングシステムの開発とその評価. 第121回日本薬学会北海道支部例会 2003年12月, 札幌
  9. 米山桃子,三島正規,紙谷浩之,紙谷(村田)尚子,原島秀吉,児嶋長次郎.溶液NMRを用いた大腸菌Orf135蛋白質の構造解析.第42回NMR討論会 2003年11月,大阪.
  10. 高田祥世,小泉克久,野村誠,藤岡秋生,東敦,北里健二,周東智,松田彰,紙谷浩之,原島秀吉.新規抗癌剤EthynylCytidine(ECyd)の抗腫瘍効果のPK/PD解析とリポソーム封入による抗腫瘍効果の促進.第18回日本薬物動態学会年会 2003年10月,札幌.
  11. IA. Khalil、馬場嘉信、二木史朗,紙谷浩之,原島秀吉.Mechanism of improved gene transfer by the N-terminal stearylation of octaarginine. 第18回日本薬物動態学会年会 2003年10月,札幌.
  12. 秋田英万、伊藤理恵、イクラミ・カリル、二木史朗、原島秀吉.遺伝子導入法の違いによる外来遺伝子の細胞内オルガネラ内存在量の定量的比較.第18回日本薬物動態学会年会 2003年10月,札幌
  13. 紙谷浩之,原島秀吉.HeLa細胞抽出液による試験管内複製反応における2-hydroxy-dATPの変異誘発能.第62回日本癌学会総会 2003年9月,名古屋.
  14. 谷本充英,紙谷浩之,秋田英万,南川典明,松田彰,原島秀吉.マイクロインジェクション法によるNLS結合プラスミドDNAの機能評価.第19回日本DDS学会 2003年6月,京都
  15. 伊藤理恵,秋田英万,イクラミ・カリル,二木史朗,紙谷浩之,原島秀吉.共焦点レーザー顕微鏡を用いた外来遺伝子の細胞内動態の定量的解析.第19回日本DDS学会 2003年6月,京都.
  16. 茶木伸治,角道智行,中瀬生彦,丸山一雄,二木史朗,紙谷浩之,原島秀吉.Cholesteryl-GALA導入トランスフェリン修飾リポソームの細胞内動態の解析.第19回日本DDS学会 2003年6月,京都.
  17. 米山桃子,三島正規,紙谷浩之,紙谷(村田)尚子,原島秀吉,児嶋長次郎.溶液NMRを用いた大腸菌Orf135蛋白質の構造解析.第3回日本蛋白質科学会年会 2003年6月,札幌.
  18. 秋田英万、谷本充英、小暮健太朗、増田智也、原島秀吉.アデノウイルス由来ペプチドをmu用いたプラスミドDNA(pDNA)パーティクルの調製とマイクロインジェクションによる核膜透過性評価.第20回日本DDS学会 2003年6月,東京
  19. 山崎淳,紙谷浩之,原島秀吉. シトシンメチル化酵素欠損株由来のプラスミドDNAによる発現上昇. 日本薬剤学会第18年会. 2003年4月,京都.
  20. 佐藤雄一郎,桑島正道,紙谷浩之,原島秀吉.2型糖尿病の遺伝子診断のための候補遺伝子の探索. 日本薬剤学会第18年会 2003年4月,京都.
  21. 高田祥世,紙谷浩之,原島秀吉.新規抗癌剤EthynylCytidine(ECyd)の抗腫瘍効果の定量的解析.日本薬学会第123年会 2003年3月, 長崎.
  22. 澤村知子,紙谷浩之,原島秀吉.直線化プラスミドの発現に対するオリゴヌクレオチドループの影響.日本薬学会第123年会 2003年3月, 長崎.
  23. イクラミ・カリル,紙谷浩之,原島秀吉. Arginine-8 and Stearyl-arginine-8 as new gene delivery vectors.日本薬学会第123年会 2003年3月, 長崎.
  24. 佐藤和哉,紙谷浩之,原島秀吉. Hela細胞核抽出液を用いた試験管内複製反応において2-hydroxy-dATPが誘発する変異. 日本薬学会第123年会 2003年3月, 長崎.
  25. 清水雅富,Petr Gruz,紙谷浩之,F. M.Pisani,金秀良,益谷央豪,菅家祐輔,原島秀吉,花岡文雄,能美健彦.YファミリーDNAポリメラーゼによる酸化的損傷ヌクレオチド(8-OH-dGTPと2-OH-dATP)の誤りがちな取り込みDNA Repair, Recombination and Mutagenesis 2003年2月、兵庫県津名郡東浦町.
  26. 紙谷浩之.新たな発想に基づいた非ウィルスベクター用遺伝子治療DNAの開発.第5回生命化学研究会シンポジウム 2003年1月、京都.

▲ Page Up

2002年

原著論文

  1. Kamiya H, Tsuchiya H, Karino N, Ueno Y, Matsuda A, Harashima H. Mutagenicity of 5-formylcytosine, an oxidation product of 5-methylcytosine, in DNA in mammalian cells. J Biochem 132: 551-555 (2002). [PubMed ID: 12359069]
  2. Kamiya H, Fujimura Y, Matsuoka I, Harashima H. Visualization of intracellular trafficking of exogenous DNA delivered by cationic liposomes. Biochem Biophys Res Commun 298: 591-597 (2002). [PubMed ID: 12408993]
  3. Abe A, Kiriyama Y, Hirano M, Miura T, Kamiya H, Harashima H, Tokumitsu Y. Troglitazone suppresses cell growth of KU812 cells independently of PPARgamma. Eur J Pharmacol 436: 7-13 (2002). [PubMed ID: 11834241]
  4. Tachibana R, Harashima H, Ide N, Ukitsu S, Ohta Y, Suzuki N, Kikuchi H, Shinohara Y, Kiwada H. Quantitative analysis of correlation between number of nuclear plasmids and gene expression activity after transfection with cationic liposomes. Pharm Res 19: 377-381 (2002). [PubMed ID: 12033367]
  5. Tachibana R, Harashima H, Ishida T, Shinohara Y, Hino M, Terada H, Baba Y, Kiwada H. Effect of cationic liposomes in in vitro transcription and translation system. Biol Bull Pharm 25: 529-531 (2002). [PubMed ID: 11995939]
  6. Kai T, Matsunaga R, Eguchi M, Kamiya H, Kasai H, Suzuki M, Izuta S. An oxidized nucleotide affects DNA replication through activation of protein kinases in Xenopus egg lysate. Nucleic Acids Res 30: 569-573 (2002). [PubMed ID: 11788720]
  7. Akita H, Suzuki H, Hirohashi T, Takikawa H, Sugiyama Y. Transport activity of human MRP3 expressed in Sf9 cells: Comparative studies with rat Mrp3. Pharm Res 19: 34-41(2002). [PubMed ID: 11837698]

総説論文

  1. Harashima H, Ishida T, Kamiya H, Kiwada H. Pharmacokinetics of targeting with liposomes. Crit Rev Ther Drug Carrier Syst 19: 235-275 (2002). [PubMed ID: 12627614]
  2. Ishida T, Harashima H, Kiwada H. Liposome clearance. Biosci Rep 22: 197-224 (2002). [PubMed ID: 12428901]

著書

  1. 原島秀吉 新薬剤学 辻彰編集 「分布」南江堂 75-94 (2002).
  2. 原島秀吉 IE 薬剤学. 花野学,寺田勝英,伊藤智夫編集「薬物送達システム」南江堂 253-280 (2002).
  3. 原島秀吉 製剤学 四ッ柳智久,壇上和美,山本昌編集 「薬物速度論」南江堂 295-316 (2002).

その他

  1. Kamiya H, Dugue L, Yakushiji H, Pochet S, Nakabeppu Y, Harashima H. Substrate recognition by the human MTH1 protein. Nucleic Acids Res Suppl: 85-86 (2002). [PubMed ID: 12903117]

招待講演

  1. 紙谷浩之,原島秀吉.外来DNAの改変による遺伝子発現効率の向上. 文部科学省科研費特定領域研究(A)[分子シンクロ材料]ミニシンポジウム.[細胞内デリバリーのための分子シンクロナイゼーション] 2002年12月,豊中.
  2. 紙谷浩之、原島秀吉.DNA及びDNA前駆体の酸化損傷により誘発されるゲノム不安定性とその防御. 日本放射線影響学会第45回大会 2002年9月,仙台.
  3. H. Kamiya and H. Harashima. Improvement of Transgene Transcription: Effects of Structure and Methylation of Exogenous DNA The 5th France-Japan DDS Symposium 2002年7月,札幌.
  4. 紙谷浩之,原島秀吉.トポロジー・塩基修飾を考慮した新規遺伝子治療用DNAの開発-転写効率の決定因子は発現効率の決定因子である-. 第18回日本DDS学会 2002年6月,札幌.
  5. 原島秀吉.Artificial virus with optimized intracellular trafficking.日韓交流薬剤学シンポジウム 2002年4月,ソウル.
  6. 原島秀吉.Intracellular controlled trafficking after endocytosis with pH-sensitive liposomes and GALA-derivatives. The 3rd Asian Biomaterials and DDS Symposium 2002年4月,台湾.
  7. 原島秀吉.PK/PDを基盤とするDDS.第17回日本薬剤学会 2002年3月,静岡.

▲ Page Up

2001年

原著論文

  1. Kamiya H, Murata-Kamiya N, Iida E, Harashima H. Hydrolysis of oxidized nucleotides by the Escherichia coli Orf135 protein. Biochem Biophys Res Commun 288: 499-502 (2001). [PubMed ID: 11676470]
  2. Futaki S, Ohashi W, Suzuki T, Niwa M, Tanaka S, Ueda K, Harashima H, Sugiura Y. Stearylated arginine-rich peptides: A new class of transfection systems. Biocon Chem 12: 1005-1011 (2001). [PubMed ID: 11716693]
  3. Huong TM, Ishida T, Harashima H, Kiwada H. Species difference in correlation between in vivo/in vitro liposome-complement interactions. Bio Pharm Bull 24: 439-441 (2001). [PubMed ID: 11305612]
  4. Ishida T, Yasukawa K, Kojima H, Harashima H, Kiwada H. Effect of cholesterol content in activation of the classical v.s. the alternative pathway of rat complement system induced by hydrogenated egg phosphatidylcholine-based liposomes. Int J Pharm 224: 69-79 (2001). [PubMed ID: 11472816]
  5. Huong TM, Ishida T, Harashima H, Kiwada H. The complement system enhances the clearance of phosphatidylserine (PS)-liposomes in rat and guinea pig. Int J Pharm 215: 197-205 (2001). [PubMed ID: 11250105]
  6. Fujikawa K, Kamiya H, Yakushiji H, Nakabeppu Y, Kasai H. Human MTH1 protein is highly specific for the oxidized ribonucleotide, 2-hydroxy-ATP. Nucleic Acids Res 29: 449-454 (2001). [PubMed ID: 11139615]
  7. Kawakami J, Kamiya H, Yasuda K, Fujiki H, Kasai H, Sugimoto N. Thermodynamic stability of base pairs between 2-hydroxyadenine and incoming nucleotides as a determinant of nucleotide incorporation specificity during replication. Nucleic Acids Res 29: 3289-3296 (2001). [PubMed ID: 11504865]
  8. Murata-Kamiya N, Kamiya H. Methylglyoxal, an endogenous aldehyde, crosslinks DNA polymerase and the substrate DNA. Nucleic Acids Res 29: 3433-3438 (2001). [PubMed ID: 11504881]
  9. Yoshida K, Tosaka A, Kamiya H, Murate T, Kasai H, Nimura Y, Ogawa M, Yoshida S, Suzuki M. Arg660Ser mutation in Thermus aquaticus DNA polymerase I suppresses T(C transitions;implication of wobble base pair formation at the nucleotide incorporation step. Nucleic Acids Res 29: 4206-4214 (2001). [PubMed ID: 11600709]
  10. Akita H, Suzuki H, Ito K, Kinoshita S, Sato N, Takikawa H and Sugiyama Y. Characterization of bile acid transport mediated by multidrug resistance associated protein 2 and bile salt export pump. Biochim Biophys Acta. 1511:7-16 (2001). [PubMed ID: 11248200]
  11. Akita H, Suzuki H and Sugiyama Y. Sinusoidal efflux of taurocholate is enhanced in Mrp2-deficientg rat liver. Pharm. Res. 18:1119-1125 (2001). [PubMed ID: 11587482]

総説論文

  1. Kamiya H, Tsuchiya H, Yamazaki J, Harashima H. Intracellular trafficking and transgene expression of viral and non-viral gene vectors. Adv Drug Deliv Rev 52: 153-164 (2001). [PubMed ID: 11718940]
  2. Tachibana R, Harashima H, Shinohara Y, Kiwada H. Intracellular control of macromolecules by use of liposomes as drug carriers. J. Biol. Macromol. 1: 60-67 (2001).
  3. Tachibana R, Harashima H, Shinohara Y, Kiwada H. Quantitative study on intracellular fate of plasmid delivered with nonviral vectors. Adv Drug Del Rev 52: 219-226 (2001). [PubMed ID: 11718946]
  4. Ishida T, Harashima H, Kiwada H. Interactions of liposomes with cells in vitro and in vivo: opsonins and receptors. Curr Drug Metab 2: 397-409 (2001). [PubMed ID: 11766990]
  5. Harashima H, Shinohara Y, Kiwada H. Intracellular control of gene trafficking using liposomes as drug carriers. Eur J Pharm Sci 13: 85-89 (2001). [PubMed ID: 11292572]
  6. 秋田英万、鈴木洋史、杉山雄一. 特集:新世紀医療を目指してV-Pharmacogenetics トランスポーターの遺伝子多型 遺伝子医学 5:32-40 (2001)
  7. 秋田英万、鈴木洋史、杉山雄一. 特集:がんの分子標的療法 多剤耐性関連蛋白(MRP)を介した多剤耐性 56: 79(411)-88(420)(2001).

著書

  1. 原島秀吉. 生物薬剤学 林正弘,谷川原祐介編集 第8章「生理学的モデル」 南江堂 219-240 (2001).
  2. 紙谷浩之. DNA・2'-O-メチル-RNAのキメラ分子を用いた遺伝子破壊. 別冊実験医学ザ・プロトコールシリーズ「遺伝子の機能阻害実験法」(多比良和誠編)羊土社108-112 (2001).
  3. Suzuki, H., Akita, H. and Sugiyama, Y. Hepatocellular extrusion of bile acids by ABC transporters. In “Biology of Bile Acids in Health and Disease” ed. by Van Berge, Henegouwen GP, Keppler D, Leuschner U, Paumgartner G and Stiehl A. Kluwer Academic Publishers, Dordrecht, The Netherlands, 105-9 (2001).
  4. Suzuki H, Akita H and Sugiyama Y. Sinusoidal efflux by members of the MRP family. In "Hepatobiliary transport: From bench to bedside" ed. by Matern S, Boyer JL, Keppler D and Meier-Abt PJ. KluwerAcademicPublishers,Dordrecht, The Netherlands, 16-21 (2001).

招待講演

  1. 原島秀吉. Optimization of intracellular trafficking based on intracellular pharamacokinetics. 第6回日米ドラグデリバリーシンポジウム2001年12月,ハワイ
  2. 原島秀吉. ゲノム情報に基づいた薬剤感受性の個体差克服に関する新戦略. 創薬サイエンス最前線シンポジウム 2001年9月,東京
  3. 原島秀吉. 細胞内動態制御のためのインテリジェント素子の開発~GALAとNLSによるエンドソーム膜・核膜バリアーの突破~. 第 17 回日本DDS学会 2001年7月,大阪
  4. 原島秀吉. Optimization of Intracellular trafficking with GALA and NLS. Workshop on Intracellular Drug Delivery in The 28th Controlled Release of Bioactive Materials 2001年6月,San Diego, USA

▲ Page Up

2000年

原著論文

  1. Ishida T, Kojima H, Harashima H, Kiwada H. Biodistribution of liposomes and C3 fragments associated with liposomes: evaluation of their relationship. Int J Pharm 205: 183-193 (2000). [PubMed ID: 11000555]
  2. 原島秀吉,土井久子,土橋麻理,際田弘志. 血中滞留性リポソームによる抗癌剤の処方設計における最適化. Drug Del. Sys. 15: 437-442 (2000).
  3. Kamiya H, Kasai H. 2-Hydroxy-dATP is incorporated opposite G by Escherichia coli DNA polymerase III resulting in high mutagenicity. Nucleic Acids Res 28: 1640-1646 (2000). [PubMed ID: 10710431]
  4. Murata-Kamiya N, Kamiya H, Kaji H, Kasai H. Methylglyoxal induces G:C to C:G and G:C to T:A transversions in the supF gene on a shuttle vector plasmid replicated in mammalian cells. Mutation Res 468: 173-182 (2000.) [PubMed ID: 10882894]
  5. Kamiya H, Maki H, Kasai H. Two DNA Polymerases of Escherichia coli display distinct misinsertion specificities for 2-hydroxy-dATP during DNA synthesis. Biochemistry 39: 9508-9513 (2000). [PubMed ID: 10924147]
  6. Kamiya H, Kasai H. 2-Hydroxyadenine in DNA is a very poor substrate of the Escherichia coli MutY protein. J Radiat Res 41: 349-354 (2000). [PubMed ID: 11329883]

総説論文

  1. 原島秀吉. 物理化学的視点からみた薬物の分布. 月刊薬事 42: 2407-2411 (2000).
  2. Kamiya H, Kasai H. 2-Hydroxyadenine formation by reactive oxygen species and mutagenic effects. Rec Res Dev Biochem 2: 41-50 (2000).
  3. 紙谷浩之. DNA損傷の誘発する変異の分子機構. 薬学雑誌120: 1159-1171 (2000).
  4. 秋田英万、鈴木洋史、杉山雄一.薬物・生体異物代謝第3相反応におけるトランスポーターの役割 Bio. Clinica. 15: 45-50 (2000).
  5. 秋田英万、鈴木洋史、杉山雄一.特集:胆汁うっ帯と黄疸-肝と胆道の接点を探る- 1. 胆汁排泄機構と胆汁酸 21: 613-621(2000).

その他

  1. Murata-Kamiya N, Kamiya H, Kaji H, Kasai H. Mutations induced by glyoxal and methylglyoxal in mammalian cells. Nucleic Acids Symp Ser 44: 3-4 (2000). [PubMed ID: 12903240]
  2. Kamiya H, Murata-Kamiya N, Karino N, Ueno Y, Matsuda A, Kasai H. Mutagenicity of 5-formyluracil in mammalian cells. Nucleic Acids Symp Ser 44: 81-82 (2000). [PubMed ID: 12903278]

招待講演

  1. E. Ohtsuka and H. Kamiya. Mutagenesis in synthetic c-Ha-ras genes by damaged bases. PACIFICHEM 2000 2000年12月,Honolulu,Hawaii.
  2. 原島秀吉. Novel drug delivery system based on intracellular pharmacokinetics of genes and antitumor drugs. 第4回日仏DDSシンポジウム 2000年7月,ボルドー,仏.
  3. 原島秀吉. Pk/PD-modeling of liposomal antitumor agents for optimum drug delivery system. 第7回リポソーム国際会議 2000年4月,ナパ,米国.
  4. 原島秀吉. Pharmcacokinetic/Pharmacodynamic-modeling of antitumor effect of liposomally encapsulated doxorubicin in mice and humans. Millenium World Congress of Pharamceutical Sciences 2000年4月,ナパ,米国.
  5. 紙谷浩之(受賞講演). DNA損傷の誘発する変異の分子機構の解明. 日本薬学会第120年会 2000年3月,岐阜.
  6. 原島秀吉. リポソームによる体内動態・細胞内動態制御システムの構築. 未来へのバイオ技術勉強会(バイオインダストリー)2000年2月,東京.

▲ Page Up