助教 中村孝司

略歴

生年月日:
昭和55(1980)年8月15日

学歴:

平成12年 4月
北海道大学薬学部総合薬学科 入学
平成16年 3月
北海道大学薬学部総合薬学科 卒業
平成17年 4月
北海道大学大学院薬学研究科医療薬学専攻修士課程 入学
平成19年 3月
北海道大学大学院薬学研究科医療薬学専攻修士課程 修了
平成19年 4月
北海道大学大学院生命科学院生命科学専攻博士後期課程 入学
平成22年 3月
北海道大学大学院生命科学院生命科学専攻博士後期課程 修了
博士号(生命科学)を取得

職歴・研究歴:

平成16年4月~平成17年3月
北海道大学薬学部 研究生
平成19年4月~平成22年3月
日本学術振興会特別研究員(DC1)
平成22年4月~平成22年12月
北海道大学大学院薬学研究院 博士研究員
平成24年11月~平成29年10月
国立薬品食品衛生研究所 薬品部 協力研究員
(革新的医薬品・医療機器・再生医療製品実用化促進事業)
平成23年1月~現在
北海道大学大学院薬学研究院 助教

課外活動:

令和元年6月~
日本薬剤学会 DDS製剤臨床応用FG 執行委員(広報)
令和元年~令和2年
Advanced Drug Delivery Reviews誌 Guest Editor

受賞歴:

平成17年3月
日本薬剤学会創立20周年記念大会 最優秀発表者賞
平成17年3月
日本薬剤学会創立20周年記念大会 永井財団スカラシップ
平成24年5月
日本薬剤学会第27年会 最優秀発表者賞
平成27年5月
日本薬学会北海道支部奨励賞
「がん免疫療法を促進するDrug Delivery Systemの開発」
平成28年5月
日本薬剤学会奨励賞
「ナノテクノロジーで制御するがんアジュバントシステムの創製」
平成30年5月
日本薬学会奨励賞
「脂質ナノ粒子を基盤としたがん免疫療法のためのナノDDS開発」
令和元年7月
日本DDS学会奨励賞

所属学会:

日本薬剤学会、日本DDS学会、日本癌学会、日本薬学会、日本免疫学会、日本がん免疫学会、日本核酸医薬学会

研究テーマ:

ナノDDSを利用したがん免疫制御システムの開発

  • 免疫機能分子のナノDDSへのパッケージング法の開発
  • 自発的がん免疫応答の増強を目指したアジュバントナノDDSの開発
  • BCG成分搭載ナノDDSを用いたがん免疫療法
  • siRNA搭載ナノDDSによる免疫細胞の機能制御

教育

授業

学部担当授業科目:
薬剤学IV、先端生物科学実験法 II、基礎実習、薬剤学実習

大学院担当授業科目:
医療薬学特論

研究業績

原著論文

  1. Nakamura T, Sato T (equal contribution to 1st author), Endo R, Sasaki S, Takahashi N, Sato Y, Hyodo M, Hayakawa Y, Harashima H. STING agonist loaded lipid nanoparticles overcome anti-PD-1 resistance in melanoma lung metastasis via NK cell activation. J Immunotherapy Cancer 9: e002852 (2021). [PubMed ID: 34215690]
  2. Nakamura T, Yamada K, Sato Y, Harashima H. Lipid nanoparticles fuse with cell membranes of immune cells at low temperatures leading to the loss of transfection activity. Int J Pharm 587: 119652 (2020). [PubMed ID: 32682956]
  3. Maeta M, Miura N, Tanaka H, Nakamura T, Kawanishi R, Nishikawa Y, Asano K, Tanaka M, Tamagawa S, Nakai K, Tange K, Yoshioka H, Harashima H, Akita H*. Vitamin E Scaffolds of pH-Responsive Lipid Nanoparticles as DNA Vaccines in Cancer and Protozoan Infection. Mol Pharm 17: 1237-1247 (2020). PubMed ID: 32129629]
  4. Masuda H, Nakamura T (equal contribution to 1st author), Harashima H. Distribution of BCG-CWS loaded nanoparticles in the spleen after intravenous injection affects cytotoxic T lymphocyte activity. J Pharm Sci 109: 1943-1950 (2020). Selected as a "featured article" from the June issue [PubMed ID: 32070704]
  5. Nakamura T, Kawai M, Sato Y, Maeki M, Tokeshi M, Harashima H. The effect of size and charge of lipid nanoparticles prepared by microfluidic mixing on their lymph node transitivity and distribution. Mol Pharm 17: 944-953 (2020). [PubMed ID: 31990567]
  6. Endo R, Nakamura T (equal contribution to 1st author), Kawakami K, Sato Y, Harashima H. The silencing of indoleamine 2,3-dioxygenase 1 (IDO1) in dendritic cells by siRNA-loaded lipid nanoparticles enhances cell-based cancer immunotherapy. Sci Rep 9: 113335 (2019). [PubMed ID: 31383907]
  7. Masuda H, Nakamura T (equal contribution to 1st author), Noma Y, Harashima H. Application of BCG-CWS as a systemic adjuvant by using nanoparticulation technology. Mol Pharm 15: 5762-5771 (2018). [PubMed ID: 30380885]
  8. Kawai M, Nakamura T, Miura N, Maeta M, Tanaka H, Ueda K, Higashi K, Moribe K, Tange K, Nakai Y, Yoshioka H, Harashima H, Akita H. DNA-loaded nano-adjuvant formed with a vitamin E-scaffold intracellular environmentally-responsive lipid-like material for cancer immunotherapy. Nanomedicine 14: 2587-2597 (2018). [PubMed ID: 30170077]
  9. Nakamura T, Yamada Y, Fujiwara Y, Sato Y, Harashima H. Reducing the cytotoxicity of lipid nanoparticles associated with a fusogenic-cationic lipid in a natural killer cell line by introducing a polycation based siRNA core. Mol Pharm 15: 2142-2150 (2018). [PubMed ID: 29668291]
  10. Kajimoto K, Katsumi T, Nakamura T, Kataoka M, Harashima H. Liposome microencapsulation for the surface modification and improved entrapment of cytochrome c for targeted delivery. J American Oil Chemists Society 95: 101-109 (2018).
  11. Miura N, Akita H, Tateshita N, Nakamura T, Harashima H. Modifying antigen-encapsulating liposomes with KALA facilitates MHC class-I antigen presentation and enhances anti-tumor effects. Mol Ther 25: 1003-1013 (2017). [PubMed ID: 28236573]
  12. Nakamura T, Noma Y, Sakurai Y, Harashima H. Modifying cationic liposomes with cholesteryl-PEG prevents their aggregation in human urine and enhances cellular uptake by bladder cancer cells. Biol Pharm Bull 40: 234-237 (2017). [PubMed ID: 28154264]
  13. Nakamura T, Kuroi M, Fujiwara Y, Warashina S, Sato Y, Harashima H. Small-sized, stable lipid nanoparticle for the efficient delivery of siRNA to human immune cell lines. Sci Rep 6: 37849 (2016). [PubMed ID: 27892533]
  14. Abdelmegeed H, Nakamura T, Harashima H. In vivo inverse correlation in the activation of natural killer T cells through dual-signal stimulation via a combination of α-galactosylceramide-loaded liposomes and interleukin-12. J Pharm Sci 105: 250-256 (2016). [PubMed ID: 26852856]
  15. Warashina S, Nakamura T, Sato Y, Fujiwara Y, Hyodo M, Hatakeyama H, Harashima H. A lipid nanoparticle for the efficient delivery of siRNA to dendritic cells. J Control Release 225: 183-191 (2016). [PubMed ID: 26820519]
  16. Yamada A, Mitsueda A, Ueda M, Hama S, Warashina S, Nakamura T, Harashima H, Kogure K. Tri-membrane nanoparticles produced by combining liposome fusion and a novel patchwork of bicelles to overcome endosomal and nuclear membrane barriers to cargo delivery. Biomater Sci 4: 439-447 (2016). [PubMed ID: 26667208]
  17. Nakamura T, Miyabe H, Hyodo M, Sato Y, Hayakawa Y, Harashima H. Liposomes loaded with a STING pathway ligand, cyclic di-GMP, enhance cancer immunotherapy against metastatic melanoma. J Control Release 216: 149-157 (2015). [PubMed ID: 26282097]
  18. Nakamura T, Fujiwara Y, Warashina S, Harashima H. The intracellular pharmacodynamics of siRNA is responsible for the low gene silencing activity of siRNA-loaded nanoparticles in dendritic cells. Int J Pharm 494: 271-277 (2015). [PubMed ID: 26253379]
  19. Nakamura T, Kuroi M, Harashima H. Influence of endosomal escape and degradation of α-galactosylceramide loaded liposomes on CD1d antigen presentation. Mol Pharm 12: 2791-2799 (2015). [PubMed ID: 26107189]
  20. Miura N, Shaheen SM, Akita H, Nakamura T, Harashima H. A KALA-modified lipid nanoparticle containing CpG-free plasmid DNA as a potential DNA vaccine carrier for antigen presentation and as an immune-stimulative adjuvant. Nucleic Acids Res 43: 1317-1331 (2015). [PubMed ID: 25605799]
  21. Nakamura T, Fukiage M, Suzuki Y, Yano I, Miyazaki J, Nishiyama H, Akaza H, Harashima H. Mechanism responsible for the antitumor effect of BCG-CWS using the LEEL method in a mouse bladder cancer model. J Control Release 196: 161-167 (2014). [PubMed ID: 25315488]
  22. Nakamura T, Ono K, Suzuki Y, Moriguchi R, Kogure K, Harashima H. Octaarginine-modified liposomes enhance cross-presentation by promoting the C-terminal trimming of antigen peptide. Mol Pharm 11: 2787-2795 (2014). [PubMed ID: 24901376]
  23. Hattori Y, Morita D, Fujiwara N, Mori D, Nakamura T, Harashima H, Yamasaki S, Sugita M. Glycerol monomycolate is a novel ligand for the human, but not mouse macrophage inducible C-type lectin, mincle. J Biol Chem 289: 15405-15412 (2014). [PubMed ID: 24733387]
  24. Miyabe H, Hyodo N, Nakamura T, Sato Y, Hayakawa Y, Harashima H. A new adjuvant delivery system ‘cyclic di-GMP/YSK05 liposome’ for cancer immunotherapy. J Control Release 184: 20-27 (2014). [PubMed ID: 24727060]
  25. Nakamura T, Fukiage M, Higuchi M, Nakaya A, Yano I, Miyazaki J, Nishiyama H, Akaza H, Ito T, Hosokawa H, Nakayama T, Harashima H. Nanoparticulation of BCG-CWS for application to bladder cancer therapy. J Control Release 176: 44-53 (2014). [PubMed ID: 24389133]
  26. Morita D, Miyamoto A, Hattori Y, Komori T, Nakamura T, Igarashi T, Harashima H, Sugita M. Th1-skewed tissue responses to a mycolyl glycolipid in mycobacteria-infected rhesus macaques. Biochem Biophys Res Commun 441: 108-113 (2013). [PubMed ID: 24134838]
  27. Akita H, Ishii S, Miura N, Shaheen SM, Hayashi Y, Nakamura T, Kaji N, Baba Y, Harashima H. A DNA microarray-based analysis of immune-stimulatory and transcriptional responses of dendritic cells to KALA-modified nanoparticles. Biomaterials 34: 8979-8990 (2013). [PubMed ID: 23968857]
  28. Kuraya D, Watanabe M, Koshizuka Y, Ogura M, Yoshida T, Asahi Y, Kamachi H, Nakamura T, Harashima H, Ozaki M, Umezawa K, Matsushita M, Yamashita K, Todo S. Efficacy of DHMEQ, a NF-κB Inhibitor, in Islet Transplantation: I. HMGB1 Suppression by DHMEQ Prevents Early Islet Graft Damage. Transplantation 96: 445-453 (2013). [PubMed ID: 23900151]
  29. Nakamura T, Yamazaki D, Yamauchi J, Harashima H. The nanoparticulation by octaarginine-modified liposome improves α-galactosylceramide-mediated antitumor therapy via systemic administration. J Control Release 171: 216-224 (2013). [PubMed ID: 23860186]
  30. Nakamura T, Moriguchi R, Kogure K, Harashima H. Incorporation of polyinosine-polycytidylic acid enhances cytotoxic T cell activity and antitumor effects by octaarginine-modified liposomes encapsulating antigen, but not by octaarginine-modified antigen complex. Int J Pharm 441: 476-481 (2013). [PubMed ID: 23159346]
  31. Morita D, Hattori Y, Nakamura T, Igarashi T, Harashima H, Sugita M. Major T cell response to a mycolyl glycolipid is mediated by CD1c molecules in rhesus macaque monkeys. Infect Immun 81: 311-316 (2013). [PubMed ID: 23132493]
  32. Warashina S, Nakamura T (equal contribution to 1st author), Harashima H. A20 silencing by lipid envelop-type nanoparticles enhances the efficiency of lipopolysaccharide-activated dendritic cells. Biol Pharm Bull 34: 1348-1351 (2011). [PubMed ID: 21804231]
  33. Miyazaki J, Nishiyama H, Yano I, Nakaya A, Kohama H, Kawai K, Joraku A, Nakamura T, Harashima H, Akaza H. The therapeutic effects of R8-liposome-BCG-CWS on BBN-induced rat urinary bladder carcinoma. Anticancer Res 31: 2065-2071 (2011). [PubMed ID: 21737624]
  34. Shaheen SM, Akita H, Nakamura T, Takayama S, Futaki S, Yamashita A, Katoono R, Yui N, Harashima H. KALA-modified multi-layered nanoparticles as gene carriers for MHC Class-I mediated antigen presentation for a DNA vaccine. Biomaterials 32: 6342-6350 (2011). [PubMed ID: 21658761]
  35. Hattori Y, Matsunaga I, Komori T, Urakawa T, Nakamura T, Fujiwara N, Hiromatsu K, Harashima H, Sugita M. Glycerol monomycolate, a latent tuberculosis-associated mycobacterial lipid, induces eosinophilic hypersensitivity responses in guinea pigs. Biochem Biophys Res Commun 409: 304-307 (2011). [PubMed ID: 21575604]
  36. Komori T, Nakamura T, Matsunaga I, Morita D, Hattori Y, Kuwata H, Fujiwara N, Hiromatsu K, Harashima H, Sugita M. A microbial glycolipid functions as a new class of target antigen for delayed-type hypersensitivity. J Biol Chem 286: 16800-16806 (2011). [PubMed ID: 21454504]
  37. Miyazaki J, Kawai K, Kojima T, Oikawa T, Joraku A, Shimazui T, Nakaya A, Yano I, Nakamura T, Harashima H, Akaza H. The liposome-incorporating cell wall skeleton of Mycobacterium bovis bacillus Calmette-Guein can directly enhance the susceptobolity of cancer cells to ltmphokine-activated killer cells through up-regulation of NKG2D ligands. BJU Int 108: 1520-1526 (2011). [PubMed ID: 21314815]
  38. Kigasawa K, Kajimoto K, Nakamura T, Hama S, Kanamura K, Harashima H, Kogure K. Noninvasive and efficient transdermal delivery of CpG-oligodeoxynucleotide for cancer immunotherapy. J Control Release 150: 256-265 (2011). [PubMed ID: 21256903]
  39. Akita H, Kogure K, Moriguchi R, Nakamura Y. Higashi T, Nakamura T, Serada S, Fujimoto M, Naka T, Futaki S, Harashima H. Nanoparticles for ex vivo siRNA delivery to dendritic cells for cancer vaccine: Programmed endosomal escape and dissociation. J Control Release 143: 311-317 (2010). [PubMed ID: 20080139]
  40. Homhuan A, Kogure K, Nakamura T, Shastri N, Harashima H. Enhanced antigen presentation and CTL activity by transduction of mature rather than immature dendritic cells with octaarginine-modified liposomes. J Control Release 21: 79-85 (2009). [PubMed ID: 19344678]
  41. Nakamura T, Moriguchi R, Kogure K, Shastri N, Harashima H. Efficient MHC Class I Presentation by Controlled Intracellular Trafficking of Antigens in Octaarginine-modified Liposomes. Mol Ther 16: 1507-1514 (2008). [PubMed ID: 18560420]
  42. Nakamura T, Moriguchi R, Kogure K, Minoura A, Masuda T, Akita H, Kato K, Hamada H, Ueno M, Futaki S, Harashima H. Delivery of Condensed DNA by Liposomal Non-viral Gene Delivery System into Nucleus of Dendritic Cells. Biol Pharm Bull 29: 1290-1293 (2006). [PubMed ID: 16755037]
  43. Futaki S, Masui Y, Nakase I, Sugiura Y, Nakamura T, Kogure K, Harashima H. Unique features of a pH-sensitive fusogenic peptide that improves the transfection efficiency of cationic liposome. J Gene Med 7: 1450-1458 (2005). [PubMed ID: 16025556]

総説論文

  1. Sato Y, Nakamura T, Yamada Y, Harashima H. The nanomedicine rush: new strategies for unmet medical needs based on innovative nano DDS. J Control Release 330: 305-316 (2020). [PubMed ID: 33358975]
  2. Yamada Y, Sato Y, Nakamura T, Harashima H. Evolution of Drug Delivery System from Viewpoint of Controlled Intracellular Trafficking and Selective Tissue Targeting toward Future Nanomedicine. J Control Release 327: 533-545 (2020). [PubMed ID: 32916227]
  3. Nakamura T, Harashima H. Dawn of lipid nanoparticles in lymph node targeting: potential in cancer immunotherapy. Adv Drug Deliv Rev 167: 78-88 (2020). [PubMed ID: 32512027]
  4. 中村孝司、原島秀吉 「核酸DDS技術を用いたがん免疫療法」 月刊 細胞 ニュー・サイエンス社 vol.52 No.5: 17-20 (2020)
  5. 中村孝司 「ナノDDS技術を利用したがん免疫療法の開発 第11回日本DDS学会奨励賞によせて」 Drug Delivery System vol. 34 Sep No. 4: pp297-302 (2019)
  6. Nakamura T, Yamada Y, Sato Y, Khalil IA, Harashima H. Innovative nanotechnologies for enhancing nucleic acids/gene therapy: Controlling intracellular trafficking to targeted biodistribution. Biomaterials 218: 119329 (2019). [PubMed ID: 31306827]
  7. 中村孝司 「がん免疫療法におけるナノDDSの利用とその将来展望」 医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス、PMDRS、vol. 49 No. 10: 670-675 (2018)
  8. 中村孝司 「脂質ナノ粒子を基盤としたがん免疫療法のためのナノDDS開発」 YAKUGAKU ZASSHI 138: 1443-1449 (2018). [PubMed ID: 30504656]
  9. Nakamura T, Harashima H. Integration of nano DDS with cancer immunotherapy. Ther Deliv 8: 987-1000 (2017). [PubMed ID: 29061103]
  10. 中村孝司 「核酸搭載ナノDDSによるがん免疫療法」 医学のあゆみ vol. 262 No. 2: pp147-151 (2017)
  11. 中村孝司 最近のトピックス「がん免疫療法とナノDDSの融合」 薬剤学 vol. 77 No.3: pp139-143 (2017)
  12. Sato Y, Sakurai Y, Kajimoto K, Nakamura T, Yamada Y, Akita H, Harashima H. Innovative technologies in Nanomedicines: from passive targeting to active targeting/from controlled pharmacokinetics to controlled intracellular pharmacokinetics. Macromol Biosci 17: 1600179 (2017). [PubMed ID: 27797146]
  13. Sato Y, Nakamura T, Yamada Y, Harashima H. Development of a multifunctional envelop-type nano device and its application to nanomedicine. J Control Release 244: 194-204 (2016). [PubMed ID: 27374187]
  14. 中村孝司、原島秀吉 「c-di-GMP搭載ナノ粒子によるがん免疫療法:抗PD-1抗体との複合がん免疫療法を目指して」 細胞 vol. 48 No. 13: p655-659 (2016)
  15. 中村孝司 「がん免疫療法を促進するDrug Delivery Systemの開発」 YAKUGAKU ZASSHI vo. 136 No.11: p1477-1484(2016)[PubMed ID: 27803478]
  16. 中村孝司、原島秀吉 「多機能性エンベロープ型ナノ構造体を用いた樹状細胞へのsiRNA送達と細胞療法への展開」 化学工業 vol.67 No.7: p477-482 (2016)
  17. 中村孝司、原島秀吉 「c-di-GMP搭載ナノ粒子によるがん免疫療法:抗PD-1抗体との複合がん免疫療法を目指して」 BIO Clinica vol. 31 No. 8: p861-865(2016)
  18. 秋田英万、佐藤悠介、中村孝司、原島秀吉 「多機能性エンベロープ型ナノ構造体(MEND)を基盤としたDDS」細胞工学 vol. 34 No. 10: p956-961(2015)
  19. 中村孝司、山田勇磨、秋田英万、原島秀吉 第6章 遺伝子医療・核酸医薬品とDDS「多機能性エンベロープ型ナノ構造体の創製とナノ医療への応用」 DDSの研究30年 PHARM TECH JAPAN vol.30 No.2: p170 (410)-176 (416)(2015) 臨時増刊号
  20. 中村孝司、吹上雅文、鈴木嘉晃、矢野郁也、宮崎淳、西山博之、赤座英之、原島秀吉 「BCG-CWS搭載ナノ粒子の膀胱癌作用機序」 泌尿器外科 vol. 28 No. 3: p312-314(2015)医学図書出版
  21. Kajimoto K, Sato Y, Nakamura T, Yamada Y, Harashima H. Multifunctional envelop-type nano device for controlled intracellular trafficking and selective targeting in vivo. J Control Release 190: 593-606 (2014). [PubMed ID: 24794902]
  22. 中村孝司 医療薬学ブラッシュアップ講座「がんに対する免疫細胞治療」 道薬誌 vol. 31 No. 2: p6-11(2014)北海道薬剤師会
  23. 中村孝司、吹上雅文、中谷彰洋、矢野郁也、宮崎淳、西山博之、赤座英之、伊藤俊宏、細川裕之、中山俊憲、原島秀吉 「BCG-CWS搭載ナノ粒子を基盤とした膀胱癌治療剤の開発」 泌尿器外科 vol. 27 No. 3: p338-339(2014)医学図書出版
  24. Nakamura T, Akita H, Yamada Y, Hatakeyama H, Harashima H. A Multifunctional Envelope-type Nanodevice for Use in Nanomedicine: Concept and Applications. Acc Chem Res 45: 1113-1121 (2012). [PubMed ID: 22324902]
  25. 中村孝司、小暮健太朗、秋田英万、二木史朗、原島秀吉 「多機能性エンベロープ型ナノ構造体を用いた樹状細胞への遺伝子導入」 The Nagai Foundation Tokyo Annual Report 11: p54-56(2005)永井記念薬学国際交流財団

著書

  1. Khalil IA, Hatakeyama H, Nakamura T, Harashima H. A Multifunctional Envelope-Type Nano Device for Cancer Therapy. Edited by Matsumura Y and Tarin D. Cancer Drug Delivery Systems Based on the Tumor Microenvironment. P217-251, 2019, Springer Japan KK, part of Springer Nature
  2. 中村孝司 「第5章 ワクチンへの応用 5.1節、5.2節、5.4節、5.6節」 p141-149, 152-155, 160-163 ドラッグキャリア設計入門 DDSのからナノマシンまで(片岡一則、原島秀吉 編) 丸善出版株式会社
  3. 中村孝司、佐藤悠介、原島秀吉 「4章 核酸医薬品・遺伝子治療への応用を目的としたDDS開発 4節 リポソームによる核酸送達システムの開発とその課題解決」 DDS先端技術の製剤への応用開発 p184-189 (2017)(株)技術情報協会
  4. 中村孝司、原島秀吉 第3章第4節第1項 「DDSによるアジュバントの創製とワクチンへの応用」 次世代アジュバント開発のためのメカニズム解明と安全性評価(石井健 監修)(2017)シーエムシー出版
  5. Sato Y, Nakamura T, Yamada Y, Akita H, Harashima H, Chapter Six: Multifunctional Enveloped Nanodevices (MENDs). Non-Viral Vectors for Gene Therapy Lipid- and Polymer-based Gene Transfer. Edited by Huang L, Liu D, Wagner E. Adv Genet 88: 139-204 (2014). [PubMed ID: 25409606] ISBN: 9780128001486
  6. 中村孝司、梶本和昭、原島秀吉 第16章 遺伝子・核酸医薬品の新規投与形態の開発 「1 遺伝子の体内動態・細胞内動態制御システムの構築とその最適化」非経口投与製剤の開発と応用 -次世代型医薬品の新規投与形態の開拓を目指して-(山本昌 監修)p220-230(2013)シーエムシー出版 ISBN978-4-7813-0798-5
  7. 中村孝司、原島秀吉 「遺伝子治療とDDS」最先端材料システムone pointシリーズ(9巻) ドラッグデリバリーシステム(高分子学会 編集)p93-114(2012)共立出版 
  8. 秋田英万、山田勇磨、中村孝司、畠山浩人、林泰弘、梶本和昭、原島秀吉 第4編イメージングを可能とする周辺技術 「第2章 プローブデリバリーシステム」 蛍光イメージング/MRIプローブの開発と最新動向(菊池和也 監修)p163-172(2011)シーエムシー出版 
  9. 山田勇磨、中村孝司、原島秀吉 第5章「多機能性エンベロープ型ナノ構造体(MEND)を基盤とした新規タンパク質DDSの構築と臨床開発研究への応用」ペプチド・タンパク性医薬品の新規DDS製剤の開発と応用(山本昌 編集)p243-250(2011)メディカルドゥ

記事

  1. 中村孝司 シンポジウムの概要「エクソソームで挑む新たなDDSの創製」 薬事日報 第12432号 2021年3月19日(6面)
  2. Nakamura T. Nano DDS technology contributes to next-generation cancer immunotherapy. Open Access Government, Issue 22, April 2019, pp.134-135.
  3. 中村孝司 新たながん治療法開発への期待「がん免疫療法×DDS研究の可能性」 週刊 医学界新聞 第3304号 2019年1月7日(月)8面
  4. Nakamura T. A spotlight on antitumour immunity. Impact, Volume 2018, Number 12, December 2018, pp. 98-100(3). Science Impact Ltd.
  5. 中村孝司 奨励賞受賞研究 「脂質ナノ粒子を基盤としたがん免疫療法のためのナノDDS開発」、「日本薬学会第138年会」. 薬事日報 第11995号 2018年3月19日(22面)

招待講演

  1. 中村孝司 脂質をベースとしたナノDDS(リポソーム、脂質ナノ粒子)の設計と評価方法 情報機構webセミナー 講師(2021年5月17日)
  2. 中村孝司 脂質をベースとしたナノDDS(リポソーム、脂質ナノ粒子)の設計と評価方法 情報機構webセミナー 講師(2021年1月20日)
  3. 中村孝司 ナノDDSを利用したがん免疫制御システムの開発 DDS(ドラッグデリバリーシステム)/製剤技術ウェビナー、CPhI Japan Wbinar、主催)インフォーママーケット株式会社(2020年11月20日、web開催)
  4. 中村孝司 がん免疫療法のための核酸DDS技術 第8回 日本免疫・細胞治療学会学術総会 セッション1(2019年11月30日、シード・プランニング セミナールーム、東京)
  5. 中村孝司 ナノDDS技術を利用したがん免疫療法の開発 第11回日本DDS学会奨励賞(臨床)受賞講演 第35回 日本DDS学会学術集会(2019年7月4日~5日、パシフィコ横浜アネックスホール、神奈川)
  6. 中村孝司 がん免疫療法のための核酸医薬DDS技術 ラウンドテーブルセッション5「次世代を担う核酸医薬DDS技術の新領域」 日本薬剤学会 第34年会(2019年5月16日~5月18日、富山国際会議場・富山市民プラザ、富山)
  7. 中村孝司 脂質ナノ製剤における品質特性が機能に及ぼす影響 メルク ファーマシンポジウム2018(2018年9月11日、東京国際フォーラムホールD7、東京)
  8. 中村孝司 脂質ナノ粒子を基盤としたがん免疫療法のためのナノDDS開発 日本薬学会第138年会 平成30年度奨励賞受賞講演(2018年3月27日、ANAクラウンプラザホテル金沢、石川)
  9. 中村孝司 ナノDDSを利用したがん免疫制御システムの開発 小野薬品工業株式会社(2017年12月18日、水無瀬研究所、大阪)
  10. 中村孝司 脂質ナノ粒子を基盤とした核酸DDSの品質評価法 日本核酸医薬学会第2回年会 シンポジウム4(レギュラトリーサイエンス)(2016年11月15日-17日、東京理科大学葛飾キャンパス 図書館大ホール、東京)
  11. 中村孝司 ナノテクノロジーで制御するがんアジュバントシステムの創製 日本薬剤学会第31年会 奨励賞受賞講演(2016年5月19日-21日、長良川国際会議場・岐阜都ホテル、岐阜)
  12. 中村孝司 がん免疫療法を促進するDrug Delivery Systemの開発 日本薬学会北海道支部第142回例会 奨励賞受賞講演(2015年5月16日、札幌コンベンションセンター、札幌) 
  13. 中村孝司 樹状細胞への高効率、低毒性のsiRNA導入を可能にするデリバリーシステム 北海道地域3大学2公設試 新技術説明会(2014年9月8日~9日、JST、東京)
  14. Nakamura T. Delivery system for cancer immunotherapy. The 16th SNU-HU JOINT SYMPOSIUM (Soul, Korea, December 12-13, 2013)
  15. 原島秀吉、中村孝司、赤座英之、矢野郁也 BCG成分搭載ナノ粒子を用いた膀胱癌治療剤の開発 第62回高分子討論会(2013年9月11日~13日、金沢大学、金沢)
  16. 中村孝司 水溶化製剤:リポソームを用いたDHMEQの水溶製剤化 北海道大学大学院医学研究科「分子制御外科学講座」終了記念シンポジウム –分子標的薬開発の現状と将来-(2012年3月12日、札幌)
  17. Nakamura T. Application of octaarginine-modified nano particles for vaccine delivery system. The 13th Joint Symposium (Hokkaido University – Seoul National University) (Sapporo, Japan, November 26, 2010)

国際発表

  1. Haloho S, Nakamura T, Harashima H. Liposomal delivery of TLR3 agonist induces robust antitumor activity without systemic inflammation following intravenous administration. The 48th Annual Scientific Meeting of the Australian and New Zealand Society for Immunology (ASI) 2019 (Adelaide Convention Center, Adelaide, South Australia, December 8-12, 2019)
  2. Nakamura T, Yamada K, Fujiwara Y, Kuroi M, Sato Y, Harashima H. Control of gene expression by siRNA-loaded nanoparticles in human immune cells. Liposome Research Days 2019 (Hokkaido University Conference Hall, Sapporo, Japan, Sep 15-18, 2019)
  3. Sato T, Nakamura T, Takahashi N, Sato Y, Hyodo M, Hayakawa Y, Harashima H. Improvement of PD-1 antibody resistance of melanoma lung metastasis by STING agonist loaded lipid nanoparticles. Liposome Research Days 2019 (Hokkaido University Conference Hall, Sapporo, Japan, Sep 15-18, 2019)
  4. Haloho SEE, Nakamura T, Harashima H. TLR3 adjuvant-loaded liposome induce robust antitumor activity and reduces systemic inflammation following intravenous administration. Liposome Research Days 2019 (Hokkaido University Conference Hall, Sapporo, Japan, Sep 15-18, 2019) The Best Poster Awards
  5. Haloho S, Nakamura T, Harashima H. Liposomal delivery of TLR3-adjuvant induces robust antitumor activity and diminishes the systemic toxicity following intravenous administration. Keystone Symposia Conference: Cancer Vaccines (Fairmont Hotel Vancouver, Vancouver, British Columbia, Canada, January 20-24, 2019)
  6. Takahashi N, Nakamura T, Sato Y, Hyodo M, Hayakawa Y, Harashima H. Cancer immunotherapy by STING ligand loaded lipid nanoparticles. The 36th Sapporo International Cancer Symposium (Royton Sapporo, Sapporo, Hokkaido, Japan, June 22-24, 2017).
  7. Kawai M, Miura N, Maeta M, Tange K, Nakai Y, Yoshioka H, Nakamura T, Harashima H, Akita H. DNA-loaded nanoparticles based on the intracellular environmentally-responsive lipid-like material as the antitumor adjuvant. The 36th Sapporo International Cancer Symposium (Royton Sapporo, Sapporo, Hokkaido, Japan, June 22-24, 2017).
  8. Miura N, Akita H, Nakamura T, Harashima H. Development of liposome-based DNA vaccine: an effective gene delivery system for antigen presentation and innate immune activation against dendritic cells. 6th FIP Pharmaceutical Sciences World Congress 2017 (Stockholm International Fairs, Stockholm, Sweden, 21-24 May 2017).
  9. Nakamura T, Miyabe H, Hyodo M, Sato Y, Hayakawa Y, Harashima H. STING ligand loaded lipid nanoparticles enhance cancer immunotherapy. 3rd International Conference on Biomaterials Science (Ito Hall, Ito International Research Center, The University of Tokyo, Tokyo, Japan, Nov 28-30, 2016).
  10. Kawai M, Miura N, Maeta M, Nakamura T, Harashima H, Akita H. Application of DNA containing nanoparticle based on the intracellular environment-responsive lipid-like material to the antitumor adjuvant. 3rd International Conference on Biomaterials Science (Ito Hall, Ito International Research Center, The University of Tokyo, Tokyo, Japan, Nov 28-30, 2016).
  11. Kawai M, Miura N, Maeta M, Nakamura T, Harashima H, Akita H. Application of DNA-loaded lipid nanoparticles to the antitumor adjuvant. The 4th International Life-Science Symposium for young scientists (Conference Hall, Hokkaido University, Sapporo, Japan, November 18, 2016).
  12. Fujiwara Y, Nakamura T, Warashina S, Harashima H. Analysis of intracellular dynamics of siRNA-loaded nanoparticles in dendritic cells. 2015 SNU-HU Joint satellite symposium (Bldg. 143, Sinpoong Hall, Soul National University, Soul, Korea, Nov 27-28, 2015).
  13. Nakamura T, Miyabe H, Hyodo M, Sato Y, Hayakawa Y, Harashima H. Nanoparticulation of a STING pathway ligand, enhances cancer immunotherapy against metastatic melanoma. 4th European Congress of Immunology (Austria Center Vienna, Vienna, Austria, Sep 6-9, 2015).
  14. Nakamura T, Miyabe H, Hyodo M, Sato Y, Hayakawa Y, Harashima H. Liposomes loaded with a STING pathway ligand, cyclic di-GMP, for cancer immunotherapy. International Conference of Cancer Immunotherapy and Macrophages 2015 (Ito Hall, Ito International Research Center, The University of Tokyo, Tokyo, Japan, July 9-11, 2015).
  15. Miura N, Akita H, Nakamura T, Harashima H. Development of a DNA nano-vaccine carrier: dendritic cell-targeting gene delivery and immune stimulation. International Conference of Cancer Immunotherapy and Macrophages 2015 (Ito Hall, Ito International Research Center, The University of Tokyo, Tokyo, Japan, July 9-11, 2015).
  16. Nakamura T, Yamazaki D, Yamauchi J, Harashima H. The nanoparticulation of α-galactosylceramide by octaarginine-modified liposome enhances α-galactosylceramide mediated antitumor effects in an experimental lung metastasis model. 40th Annual Meeting & Exposition of the Controlled Release Society (Honolulu, Hawaii, USA, July 21-24, 2013).
  17. Nakamura T, Fukiage M, Higuchi M, Nakaya A, Yano I, Miyazaki J, Joraku A, Akaza H, Ito T, Hosokawa H, Nakayama T, Harashima H. Immunotherapy of bladder cancer with BCG cell wall skeleton encapsulated sub-200 nm nano particles. 3rd European Congress of Immunology (Glasgow, Scotland, September 5-8, 2012).
  18. Warashina S, Nakamura T, Harashima H. A20 knockdown by nonviral nanoparticles enhances the efficiency of adjuvant-activated DCs. 3rd European Congress of Immunology (Glasgow, Scotland, September 5-8, 2012).
  19. Nakamura T, Moriguchi R, Kogure K, Harashima H. Effect of the topological control of adjuvant in antigen carrier to immunological responses. 38th Annual Meeting & Exposition of the Controlled Release Society (National Harbor, Maryland, USA, July 30- August 3, 2011).
  20. Nakamura T, Nakaya A, Higuchi M, Kohama H, Yano T, Naka T, Ito T, Hosokawa H, Nakayama T, Jyoraku A, Miyazaki J, Akaza H, Harashima H. Octaarginine-modified liposomes incorporating BCG cell wall skeleton for immunotherapy of murine bladder carcinoma. 14th International Congress of Immunology (Kobe, Hyogo, Japan, August 22-27, 2010).
  21. Kohama H, Nakaya A, Nakamura T, Higuchi M, Harashima H, Ito T, Hosokawa H, Nakayama T, Joraku A, Miyazaki J, Akaza H, Isowa K, Kikuchi K, Hashimoto A, Yano I. Immunotherapy of BBN-induced rat urinary bladder carcinoma by intravesical or intravenous administration of novel R8 cationized BCG-CWS liposomes. 14th International Congress of Immunology (Kobe, Hyogo, Japan, August 22-27, 2010).
  22. Shaheen SM, Akita H, Nakamura T, Futaki S, Yamashita A, Katoono R, Yui N, Harashima H. MHC Class-I Mediated Antigen Presentation by a Non-Viral T-MEND Vector Expressing a High Luciferase Activity Murine Derived Dendritic Cells (JAWS-II). The 13th Annual Meeting the American Society of Gene and cell Therapy (Washington, DC, USA, May 17-22, 2010).
  23. Nakamura T, Moriguchi R, Kogure K, Harashima H. Topological control of adjuvant by octaarginine-modified liposomes. International liposome research days and lipid, liposomes & membrane biophysics (Vancouver BC, Canada, August 4-8, 2010).
  24. Nakamura T, Moriguchi R, Kogure K, Shastri N, Harashima H. Controlling intracellular trafficking of antigens by octaarginine-modified liposomes induces specific MHC-I antigen presentation and antitumor effect. The 10th International Symposium on Dendritic Cells (Kobe, Hyogo, Japan, October 1-5, 2008).
  25. Nakamura T, Moriguchi R, Ono K, Kogure K, Harashima H. Control of antigen presentation with liposomes in dendritic cells. 3rd Pharmaceutical Sciences World Congress (Amsterdam, Netherland, April 22-25, 2007).
  26. Nakamura T, Moriguchi R, Minoura A, Kogure K, Futaki S, Harashima H. Delivery of DNA by Liposomal Non-viral Gene Delivery System into Dendritic Cells. The 26th International Symposium of the Sapporo Cancer Seminar Foundation (Sapporo, Hokkaido, Japan, July 21-23, 2006).
  27. Nakamura T, Moriguchi R, Kogure K, Minoura A, Masuda T, Akita H, Kato K, Hamada H, Ueno M, Futaki S, Harashima H. Delivery of DNA by Novel Non-viral Gene Delivery System into Nucleus of Dendritic Cells. The 1st FIP/APSTJ joint workshop on Gene delivery (Sapporo, Japan, July 10-12, 2006).
  28. Nakamura T, Kogure K, Moriguchi R, Futaki S, Fujimuro M, Yokosawa H, Seya T, Harashima H. Development of a Novel Non-Viral DNA Vaccine-Delivering Gene into the Nucleus of Dendritic Cells. American Society of Gene Therapy 8th Annual Meeting (St. Louis, Missouri, USA, June 1-5, 2005).

国内発表

  1. 中出泰誠、中村孝司、山田小春、佐藤悠介、原島秀吉 脂質ナノ粒子を用いたヒトNK細胞株への効率的なsiRNA送達 日本薬学会北海道支部第148回例会(2021年5月22日、オンライン開催)
  2. 中村孝司、河合美典、佐藤悠介、真栄城正寿、渡慶次学、原島秀吉 リンパ節送達とリンパ節内分布に影響を与える脂質ナノ粒子特性 日本薬剤学会 第36年会(2021年5月13日~15日、オンライン開催、徳島)
  3. 中村孝司、増田秀幸、野間洋輔、原島秀吉 BCG-CWS搭載脂質ナノ粒子の全身投与型がんアジュバントへの応用 第36回日本DDS学会学術集会(2020年8月28日~29日、神戸学院大学ポートアイランドキャンパス、神戸)
  4. 中村孝司、河合美典、佐藤悠介、真栄城正寿、渡慶次学、原島秀吉 脂質ナノ粒子の特性がリンパ節送達とリンパ節内分布へ与える影響 日本薬剤学会 第35年会(2020年5月14日~16日、熊本城ホール、熊本、紙面開催)
  5. 中村孝司、河合美典、佐藤悠介、真栄城正寿、渡慶次学、原島秀吉 脂質ナノ粒子のサイズと電荷がリンパ節移行とリンパ節内分布に与える影響 日本薬学会140年会(2020年3月25日~28日、国立京都国際会館他、京都、紙面開催)
  6. 佐藤孝紀、中村孝司、高橋直道、佐藤悠介、兵藤守、早川芳宏、原島秀吉 STINGアゴニスト搭載脂質ナノ粒子によるメラノーマ肺転移の抗PD-1抗体抵抗性の改善 第23回日本がん免疫学会総会(2019年8月21日~23日、高知市文化プラザかるぽーと、高知)
  7. 中村孝司、佐藤孝紀、高橋直道、佐藤悠介、兵藤守、早川芳宏、原島秀吉 STINGアゴニスト搭載脂質ナノ粒子を用いた抗PD-1抗体抵抗性メラノーマ肺転移に対するがん免疫療法 第35回 日本DDS学会学術集会(2019年7月4日~5日、パシフィコ横浜アネックスホール、神奈川)
  8. 遠藤力斗、中村孝司、川上今日子、佐藤悠介、原島秀吉 siRNA搭載脂質ナノ粒子を用いた樹状細胞のIDO1発現制御と免疫細胞療法への展開 日本薬剤学会 第34年会(2019年5月16日~5月18日、富山国際会議場・富山市民プラザ、富山)
  9. 川上今日子、中村孝司、佐藤悠介、兵藤守、畠山浩人、早川芳宏、原島秀吉 ナノDDSを基盤としたがん免疫療法における腫瘍内免疫状態解析の有用性検証 日本薬学会北海道支部第146回例会(2018年5月18日、札幌コンベンションセンター、札幌) 学生優秀発表賞受賞
  10. 佐藤孝紀、中村孝司、高橋直道、佐藤悠介、兵藤守、早川芳宏、原島秀吉 STINGアゴニスト搭載脂質ナノ粒子の併用によるメラノーマ肺転移の抗PD-1抗体抵抗性の改善 日本薬学会北海道支部第146回例会(2018年5月18日、札幌コンベンションセンター、札幌) 学生優秀発表賞受賞
  11. Nakamura T, Yamada K, Fujiwara Y, Kuroi M, Warashina S, Sato Y, Harashima H. Controlling gene expression by siRNA-loaded nanoparticles in immune cells. 19th Symposium for Gene Design and Delivery(May 8, 2019, Keyaki Kaikan in Chiba University, Chiba)
  12. 川上今日子、中村孝司、佐藤悠介、兵藤守、畠山浩人、早川芳宏、原島秀吉 ナノDDSを基盤としたがん免疫療法開発における腫瘍微小環境の免疫状態解析の有用性検証 日本薬学会 第139年会(2019年3月20日~23日、幕張メッセ、ホテルニューオータニ幕張、千葉)
  13. 増田秀幸、中村孝司、野間洋輔、原島秀吉 がん免疫療法におけるBCG勤怠成分搭載脂質ナノ粒子の全身投与型アジュバントとしての有用性 日本薬学会 第139年会(2019年3月20日~23日、幕張メッセ、ホテルニューオータニ幕張、千葉)
  14. Sion Elisabeth Elfainatur Haloho, Takashi Nakamura, Hideyoshi Harashima. Delivery of TLR3-adjuvant using liposomal formulation allows the minimum dose of adjuvant to induces strong antitumor activity and reduces systemic toxicity after intravenous administration. The 6th International Life Science Symposium(Nov. 19, 2018, Hokkaido University Conference Hall, Sapporo)
  15. 中村孝司、黒井萌花、山田小春、藤原優希、藁科翔太、佐藤悠介、原島秀吉 siRNA搭載脂質ナノ粒子を用いた免疫細胞の遺伝子発現制御 第22回 日本がん免疫学会総会(2018年8月1日~3日、岡山コンベンションセンター、岡山)
  16. 中村孝司、山田小春、藤原優希、佐藤悠介、原島秀吉 脂質ナノ粒子を用いたヒトNK細胞株NK-92へのsiRNA導入 第34回 日本DDS学会学術集会(2018年6月21日~22日、長崎ブリックホール、長崎)
  17. 中村孝司、河合美典、佐藤悠介、真栄城正寿、渡慶次学、原島秀吉 微小化脂質ナノ粒子によるアジュバントのリンパ節送達 日本薬剤学会 第33年会(2018年5月30日~6月1日、静岡県コンベンションアーツセンター・グランシップ、静岡)
  18. 遠藤力斗、中村孝司、佐藤悠介、原島秀吉 siRNA搭載脂質ナノ粒子を用いた樹状細胞のIDO発現抑制 日本薬学会北海道支部第145回例会(2018年5月12日、札幌コンベンションセンター、札幌)
  19. 山田小春、中村孝司、藤原優希、佐藤悠介、原島秀吉 ポリカチオンを用いたsiRNA搭載脂質ナノ粒子によるヒトNK細胞株への毒性の軽減 日本薬学会北海道支部第145回例会(2018年5月12日、札幌コンベンションセンター、札幌)学生優秀発表賞受賞
  20. 増田秀幸、中村孝司、原島秀吉 BCG菌体成分搭載脂質ナノ粒子を基盤としたがん免疫療法 日本薬学会北海道支部第145回例会(2018年5月12日、札幌コンベンションセンター、札幌)
  21. 山田小春、中村孝司、藤原優希、佐藤悠介、原島秀吉 ヒトナチュラルキラー細胞株への毒性回避を目指したsiRNA搭載脂質ナノ粒子の開発 日本薬学会第138年会(2018年3月27日、TKP 金沢カンファレンスセンター、石川)
  22. 秋田英万、前田澪、河合美典、三浦尚也、丹下耕太、中井悠太、吉岡宏樹、中村孝司、原島秀吉 細胞内環境応答性脂質様材料ssPalmを基盤としたDNAワクチン・アジュバントの開発 第39回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム(2017年10月26日~27日、金沢商工会議所会館、金沢)
  23. 中村孝司、Heba Abdelmegeed、原島秀吉 α-GalCer搭載リポソームとIL-12併用によるNKT細胞の活性化 第33会日本DDS学会学術集会(2017年7月6日~7日、京都市勧業館みやこめっせ、京都)
  24. 河合美典、中村孝司、佐藤悠介、真栄城正寿、渡慶次学、原島秀吉 リンパ節内樹状細胞を標的とした極小ナノキャリアシステムの開発 第33会日本DDS学会学術集会(2017年7月6日~7日、京都市勧業館みやこめっせ、京都)優秀発表賞受賞
  25. 高橋直道、中村孝司、佐藤悠介、兵藤守、早川芳宏、原島秀吉 脂質ナノ粒子によるSTING経路活性化を介したがん免疫療法 第33会日本DDS学会学術集会(2017年7月6日~7日、京都市勧業館みやこめっせ、京都)
  26. 中村孝司、高橋直道、宮部寛子、佐藤悠介、兵藤守、早川芳宏、原島秀吉 STINGリガンド搭載ナノDDSを基盤としたがん免疫療法 第21回日本がん免疫学会総会(2017年6月28日~30日、幕張メッセ国際会議場、千葉)
  27. 河合美典、三浦尚也、前田澪、中村孝司、原島秀吉、秋田英万 DNA搭載ナノ粒子の抗腫瘍アジュバントとしての応用 日本薬学会北海道支部第144回例会(2017年5月20日、札幌コンベンションセンター、札幌)
  28. 高橋直道、中村孝司、佐藤悠介、兵藤守、早川芳宏、原島秀吉 STINGリガンド搭載脂質ナノ粒子を用いたがん免疫療法 日本薬学会北海道支部第144回例会(2017年5月20日、札幌コンベンションセンター、札幌)
  29. 中村孝司、黒井萌花、藤原優希、藁科翔太、佐藤悠介、原島秀吉 siRNA搭載脂質ナノ粒子によるヒト免疫細胞株の遺伝子発現制御 日本薬剤学会第32年会(2017年5月11日~5月13日、大宮ソニックシティ、大宮)
  30. 中村孝司、黒井萌花、藤原優希、藁科翔太、佐藤悠介、原島秀吉 脂質ナノ粒子を用いたヒト免疫細胞株への効率的siRNA導入 第32回日本DDS学会学術集会(2016年6月30~7月1日、グランシップ、静岡)
  31. 中村孝司、宮部寛子、兵藤守、佐藤悠介、早川芳宏、原島秀吉 Cyclic-di-GMP搭載ナノ粒子によるがん免疫療法 第31回日本DDS学会学術集会(2015年7月2~3日、京王プラザホテル、東京)
  32. 中村孝司、藁科翔太、佐藤悠介、兵藤守、畠山浩人、原島秀吉 樹状細胞への効率的siRNAデリバリーシステムの開発 日本薬剤学会第30年会(2015年5月21~23日、長崎ブリックホール・長崎新聞文化ホール、長崎)
  33. 秋田英万、三浦尚也、中村孝司、原島秀吉 KALA修飾ナノ粒子の蛋白ワクチン技術としての応用 日本薬剤学会第30年会(2015年5月21~23日、長崎ブリックホール・長崎新聞文化ホール、長崎)
  34. 中村孝司、吹上雅文、鈴木嘉晃、矢野郁也、宮崎淳、西山博之、赤座英之、中山俊憲、原島秀吉 BCG-CWS搭載ナノ粒子を用いた膀胱がん免疫療法剤の開発 日本薬学会第135年会(2015年3月25日~28日、神戸学院大学・兵庫医療大学、神戸)
  35. 藤原優希、中村孝司、藁科翔太、原島秀吉 siRNA搭載脂質ナノキャリアを用いた樹状細胞における遺伝子ノックダウンの律速段階の解明 日本薬学会第135年会(2015年3月25日~28日、神戸学院大学・兵庫医療大学、神戸)
  36. 中村孝司、吹上雅文、鈴木嘉晃、矢野郁也、宮崎淳、西山博之、赤座英之、原島秀吉 BCG-CWS搭載ナノ粒子の抗膀胱がん作用機序 第7回BCG注入療法研究会(2014年11月21日、如水会館、東京)
  37. 宮部寛子、中村孝司、兵藤守、佐藤悠介、早川芳宏、原島秀吉 pH応答性脂質を用いたcyclic di-GMPの効率的DDSの構築と癌治療への応用 第36回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム(2014年11月20日~21日、徳島大学、徳島)
  38. 藁科翔太、中村孝司、佐藤悠介、兵藤守、畠山浩人、原島秀吉 免疫応答の増強を可能とするエンドソーム脱出促進型siRNAナノキャリアの開発 第36回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム(2014年11月20日~21日、徳島大学、徳島)
  39. 三浦尚也、秋田英万、Sharif Shaheen、中村孝司、原島秀吉 KALA修飾型脂質膜構造体のDNA・蛋白ワクチンとしての応用 第36回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム(2014年11月20日~21日、徳島大学、徳島)
  40. 中村孝司、黒井萌花、原島秀吉 ナノ粒子を用いた脂質抗原の細胞内動態制御が脂質抗原提示に与える影響 日本薬剤学会第29年会(2014年5月20日~22日、大宮ソニックシティビル、さいたま)
  41. 中村孝司、山崎大樹、山内順、原島秀吉 オクタアルギニン修飾ナノ粒子によるNKT細胞を介した癌免疫療法の増強 日本薬学会第134年会(2014年3月27日~30日、熊本大学・ホテル日航熊本、熊本)
  42. 黒井萌花、中村孝司、原島秀吉 脂質抗原搭載リポソームの性質が抗原提示に与える影響 日本薬学会第134年会(2014年3月27日~30日、熊本大学・ホテル日航熊本、熊本)
  43. 山田朝子、光枝亜佐子、濱進、中村孝司、原島秀吉、小暮健太朗 遺伝子送達効率の向上を目的とした3枚膜被覆ナノ粒子の構築 日本薬学会第134年会(2014年3月27日~30日、熊本大学・ホテル日航熊本、熊本)
  44. 中村孝司、吹上雅文、中谷彰洋、矢野郁也、宮崎淳、西山博之、赤座英之、伊藤俊宏、細川裕之、中山俊憲、原島秀吉 BCG-CWS搭載ナノ粒子を基盤とした膀胱癌治療剤の開発 第6回BCG注入療法研究会(2013年11月22日、如水会館、東京)
  45. 鈴木嘉晃、中村孝司、小野耕平、森口留美子、小暮健太朗、原島秀吉 オクタアルギニン修飾リポソームによるMHCクラスIエピトープの生成亢進 日本薬剤学会第28年会(2013年5月23日~25日、ウインクあいち、名古屋)
  46. 中村孝司、山崎大樹、山内順、原島秀吉 オクタアルギニン修飾ナノ粒子によるNKT細胞を介した抗腫瘍免疫の促進 日本薬剤学会第28年会(2013年5月23日~25日、ウインクあいち、名古屋)
  47. 山田朝子、光枝亜佐子、濱進、中村孝司、原島秀吉、小暮健太朗 バイセルを利用したパッチワークMENDの構築 日本薬学会第133年会 (2013年3月27日~29日、パシフィコ横浜、横浜)
  48. Yamazaki D, Nakamura T, Harashima H α-Galactosylceramide incorporated octaarginine-modified nanoparticles inhibit experimental tumor metastasis 第41回日本免疫学会総会(2012年12月5日~7日、神戸国際会議場、神戸)
  49. 中村孝司、樋口恵、中谷彰洋、矢野郁也、常樂晃、宮崎淳、赤座英之、伊藤俊宏、細川裕之、中山俊憲、原島秀吉 結核菌成分を搭載したオクタアルギニン修飾ナノ粒子を用いた膀胱癌ワクチン開発 日本薬剤学会第27年会(2012年5月24日~26日、神戸国際会議場、神戸)
  50. 藁科翔太、中村孝司、森口留美子、小暮健太朗、秋田英万、原島秀吉 siRNA搭載ナノキャリアを用いた樹状細胞の免疫活性化と抗腫瘍活性の評価 第33回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム(2011年11月24日~25日. 岡山大学、岡山)
  51. Nakamura T, Nakaya A, Yano I, Joraku A, Miyazaki J, Akaza H, Nakayama T, Harashima H Development of BCG cell wall skeleton incorporated octaarginine modified nanoparticles for bladder cancer vaccine 第70回日本癌学会学術総会(2011年10月3日~5日、名古屋国際会議場、名古屋)
  52. 中村孝司、樋口恵、中谷彰洋、矢野郁也、常楽晃、宮崎淳、赤座英之、原島秀吉  ウシ型結核由来の細胞骨格成分を搭載したオクタアルギニン修飾リポソームを用いた膀胱癌ワクチン開発  第27回日本DDS学会(2011年6月9日~10日、東京大学、東京)
  53. 藁科翔太、中村孝司、原島秀吉 多機能性ナノ構造体を用いた樹状細胞におけるA20ノックダウンと機能評価 第27回日本DDS学会(2011年6月9日~10日、東京大学、東京)
  54. 藁科翔太、中村孝司、原島秀吉 siRNA搭載多機能性ナノ構造体を用いた樹状細胞でのA20ノックダウンによる免疫活性化 日本薬学会北海道支部第136回例会(2011年5月21日~22日、札幌コンベンションセンター、札幌)
  55. 中谷彰洋、小濱秀康、中村孝司、原島秀吉、常楽晃、宮崎淳、赤座英之、中山俊憲、矢野郁也 BCG-CWS搭載オクタアルギニン(R8)膀注及び静注によるラットBBN発癌抑制・治療並びにIFNγ産生 第69回日本癌学会学術総会(2010年9月22日~24日、大阪国際会議場・リーガロイヤルホテル大阪、大阪)
  56. Shaheen SM, Akita H, Nakamura T, Warashina S, Futaki S, Yamashita A, Katoono R, Yui N, Harashima H. MHC-Class-I mediated antigen presentation by a KALA modified T-MEND vector expressing a high luciferase activity in murine derived dendritic cells (JAWS-II). 第26回日本DDS学会(2010年6月17日~18日、大阪国際交流センター、大阪)
  57. 中村孝司、森口留美子、小暮健太朗、原島秀吉 アジュバントのトポロジーを考慮したワクチンデリバリーシステムの開発 日本薬剤学会第25年会(2010年5月12日~14日、あわぎんホール徳島県郷土文化会館、徳島)
  58. 中村孝司、小暮健太朗、原島秀吉 siRNA封入多機能性エンベロープ型ナノ構造体の製剤化を目指した凍結乾燥法の確立 第25回日本DDS学会学術集会(2009年7月3日~4日、東京ドームホテル、東京)
  59. 中村孝司、森口留美子、小暮健太朗、原島秀吉 R8修飾リポソームを用いたMHCクラスⅠへの特異的抗原提示と抗腫瘍ワクチンへの応用 第24回日本DDS学会学術集会(2008年6月29日~30日、六本木アカデミーヒルズ40、東京)
  60. 森口留美子、小野耕平、中村孝司、小暮健太朗、原島秀吉 R8修飾リポソームによるMHC class Iへの抗原提示誘導メカニズムの解析 日本薬剤学会第23年会(2008年5月20日~22日、札幌コンベンションセンター、札幌)
  61. 中村孝司、森口留美子、小暮健太朗、原島秀吉 R8修飾リポソームを用いたMHCクラスⅠへの特異的抗原提示 第23回日本DDS学会学術集会(2007年6月14日~15日、ホテル日航熊本、熊本)
  62. 中村孝司、森口留美子、小暮健太朗、原島秀吉 NLSにより核移行性を促進した樹状細胞への新しい遺伝子導入法 第64回日本癌学会学術総会(2005年9月14日~16日、ロイトン札幌、札幌)
  63. 中村孝司、小暮健太朗、秋田英万、二木史朗、原島秀吉 多機能性エンベロープ型ナノ構造体による樹状細胞への遺伝子導入 日本薬剤学会創立第20周年記念大会(2005年3月25日~27日、タワーホール船橋、東京)
  64. 中村孝司、小暮健太朗、秋田英万、二木史朗、原島秀吉 非ウイルスベクターによる樹状細胞への遺伝子導入 第123回日本薬学会北海道支部例会(2004年12月、北海道薬科大学、小樽)

▲ Page Up