准教授 山田勇磨

略歴

生年月日:
昭和54(1979)年7月17日生

学歴:

1999年 4月
北海道大学薬学部総合薬学科 入学
2003年 3月
北海道大学薬学部総合薬学科 卒業 (薬学学士 取得)
2003年 4月
北海道大学大学院薬学研究科 修士課程 入学
2005年 3月
北海道大学大学院薬学研究科 修士課程 修了 (薬学修士 取得)
2005年 4月
北海道大学大学院薬学研究科 博士課程 入学
2006年12月
北海道大学大学院薬学研究科 博士課程 退学
2008年 9月
博士(薬学) 取得 [北海道大学]

職歴・資格:

2003年 6月
薬剤師免許証取得 (375731)
2006年 4月
日本学術振興会特別研究員 (DC2) [2006年12月まで]
2007年 1月
北海道大学大学院薬学研究院 助手
2008年10月
北海道大学大学院薬学研究院 助教
2008年12月
日本薬剤師会研修センター認定薬剤師(08-34376)
2009年 4月
札幌市 学校薬剤師
2009年 4月
北海道大学病院 診療補助従事者 (兼務) 現在に至る
2016年 4月
北海道大学大学院薬学研究院 准教授
(薬剤分子設計学研究室/未来創剤学研究室に在籍) 現在に至る
2019年 4月
ルカ・サイエンス株式会社の科学顧問に就任 (兼業) 現在に至る
2020年 4月
北海道大学 バイオDDS実用化分野 [産業創出講座] 研究代表者 (兼任)  現在に至る
2021年 4月
創発的研究支援事業 創発研究者 [FOREST program researcher] (兼任)  現在に至る

課外活動:

2011-2012年
市民講演会の主催(3回)を主催:ミトコンドリアとDDS(北海道大学 大学院薬学研究院)
2011年4月
北海道大学病院・東日本大震災医療救護班(薬剤師)として復興支援活動に従事
2016年-
日本薬学会医療薬科学部会 若手世話人
2016-2019年
日本薬剤学会英語セミナー委員
2017-2018年
日本薬学会ファルマシアトピックス小委員
2017-2019年
日本薬学会北海道支部 幹事<平成30年度庶務幹事>
2017年
APSTJ Global Educational Seminarの主催(北海道大学・札幌)
2017年
日本薬学会北海道支部主催 第1回若手シンポジウムの主催(北海道大学・札幌)
2018年
第12回 次世代を担う若手医療薬科学シンポジウムの主催(北海道大学・札幌)
2018年-
日本薬剤学会 核酸・遺伝子医薬FG 執行部 広報
2020年-
北海道薬剤師会 学術情報委員会委員

賞罰:

2004年5月
PSWC 2004 Student Travel grant
2005年12月
Asian Mitochondrial Young Investigator Award 「MITO-Porter, a new-type carrier for mitochondrial macromolecules delivery system via a membrane fusion mechanism」
2006年3月
日本薬剤学会永井財団大学院学生スカラシップ賞
2011年10月21日
NINA PHRAM ISANH Award 「Mitochondrial genome targeting by DF-MITO-Porter via endosomal and mitochondrial membrane fusion」
2011年6月10日
第27回日本DDS学会 優秀発表者賞 「ミトコンドリア遺伝子を標的とした機能分子送達の試み」
2014年11月
J. Control. Release: Elsevier 2014 Outstanding Reviewer
2014年3月27日
平成26年度日本薬学会奨励賞 「ミトコンドリア標的型ナノデバイス”MITO-Porter”の創製」
2014年5月21日
平成26年度日本薬剤学会奨励賞 「ミトコンドリアを標的とするDrug Delivery Systemの開発」
2015年7月3日
平成27年第7回度日本DDS学会奨励賞 「ミトコンドリアDDSが拓く医療・ライフサイエンス革命」
2016年1月8日
インテリジェント材料・システムシンポジウム 高木賞 「ミトコンドリア標的型インテリジェントナノデバイスを用いた遺伝子治療への挑戦」
2017年2月23日
北海道科学技術奨励賞(知事表彰)「ミトコンドリア標的型ナノカプセルの開発と医療・ライフサイエンス 分野への展開」
2018年5月17日
日本酸化ストレス学会学術奨励賞「ミトコンドリア強化幹細胞(MITO Cell)の製造および心筋症モデルを用いた細胞移植療法の検証」
2018年7月9日
日本核酸医薬学会奨励賞「ミトコンドリアを標的とする遺伝子治療用ナノカプセルの創製」

所属学会:

日本薬学会、日本DDS学会、日本薬剤学会、日本ミトコンドリア学会、Mitochondrial Research Society、日本酸化ストレス学会、日本癌学会、日本核酸医薬学会、日本バイオマテリアル学会、日本薬物動態学会、日本医療薬学会、日本病院薬剤師会、札幌学校薬剤師会

研究テーマ:

  1. ミトコンドリア標的型ナノカプセルの開発
  2. ミトコンドリアを標的とするナノ医薬品の創製
  3. ミトコンドリア遺伝子治療の実現を目指した研究

教育

授業

学部担当授業科目:
薬剤学II、実務実習事前実習、OSCE対応演習、先端生物科学実験法 II、一般教育演習(フレッシュマンセミナー)

大学院担当授業科目:
医療薬学特論、実践的薬物送達学コース、臨床薬学技術実習

教育活動

2007年-
北海道大学薬学部SP(模擬患者)会 運営スタッフ
2008年-
札幌市学校薬剤師
2009年-
北海道大学薬学部OSCE(客観的臨床能力試験)実施準備運営委員
2018年
北海道大学薬学部OSCE小委員会委員長
2019年
OSCE担当モニター員小委員会委員長
2020年
北海道大学薬学部OSCE小委員会委員長

研究業績

原著論文

  1. Yamada Y, Shinohara Y, Kakudo T, Chaki S, Futaki S, Kamiya H, Harashima H. Mitochondrial delivery of mastoparan with transferrin liposomes equipped with a pH-sensitive fusogenic peptide for selective cancer therapy. Int J Pharm 303: 1-7 (2005). [PubMed ID: 16139452]
  2. Yamada Y, Kogure K, Nakamura Y, Inoue K, Akita H, Nagatsugi F, Sasaki S, Suhara T, Harashima H. Development of efficient packaging method of oligodeoxynucleotides by a condensed nano particle in lipid envelope structure. Biol Pharm Bull 28: 1939-1942 (2005). [PubMed ID: 16204950]
  3. Yamada Y, Kamiya H, Harashima H. Kinetic analysis of protein production after DNA transfection. Int J Pharm 299: 34-40 (2005). [PubMed ID: 15964723]
  4. Nakamura Y, Kogure K, Yamada Y, Futaki S, Harashima H. Significant and prolonged antisense effect of a multifunctional envelope-type nano device encapsulating antisense oligodeoxynucleotide. J Pharm Pharmacol 58: 431-437 (2006). [PubMed ID: 16597360]
  5. Suzuki R, Yamada Y, Harashima H. Efficient cytoplasmic protein delivery by means of a multifunctional envelope-type nano device. Biol Pharm Bull 30: 758-762 (2007). [PubMed ID: 17409516] 雑誌表紙に選出
  6. Suzuki R, Yamada Y, Harashima H. Development of small, homogeneous pDNA particles condensed with mono-cationic detergents and encapsulated in a multifunctional envelope-type nano device. Biol Pharm Bull 31: 1237-1243 (2008). [PubMed ID: 18520061]
  7. Yamada Y, Akita H, Kamiya H, Kogure K, Yamamoto T, Shinohara Y, Yamashita K, Kobayashi H, Kikuchi H, Harashima H. MITO-Porter: A liposome-based carrier system for delivery of macromolecules into mitochondria via membrane fusion. Biochim Biophys Acta 1778: 423-432 (2008). [PubMed ID: 18054323]
  8. Yasuzaki Y, Yamada Y, Harashima H. Mitochondrial matrix delivery using MITO-Porter, a liposome-based carrier that specifies fusion with mitochondrial membranes. Biochem Biophys Res Commun 397: 181-186 (2010). [PubMed ID: 20580633]
  9. Kamiya H, Goto H, Kanda G, Yamada Y, Harashima H. Transgene expression efficiency from plasmid DNA delivered as a complex with histone H3. Int J Pharm 392: 249-253 (2010). [PubMed ID: 20362041]
  10. Yamada Y, Nomura T, Harashima H, Yamashita A, Katoono R, Yui N. Intranuclear DNA release is a determinant of transfection activity for a non-viral vector: biocleavable polyrotaxane as a supramolecularly dissociative condenser for efficient intranuclear DNA release. Biol Pharm Bull 33: 1218-1222 (2010). [PubMed ID: 20606316] 雑誌表紙に選出 Highlighted paper selected by Editor-in-Chief
  11. Furukawa R, Yamada Y, Takenaga M, Igarashi R, Harashima H. Octaarginine-modified liposomes enhance the anti-oxidant effect of Lecithinized superoxide dismutase by increasing its cellular uptake. Biochem Biophys Res Commun 404: 796-801 (2011). [PubMed ID: 21168389]
  12. Yamada Y, Furukawa R, Yasuzaki Y, Harashima H. Dual function MITO-Porter, a nano carrier integrating both efficient cytoplasmic delivery and mitochondrial macromolecule delivery. Mol Ther 19: 1449-1456 (2011). [PubMed ID: 21694702]
  13. Okamura T, Katayama T, Obinata C, Iso Y, Chiba Y, Kobayashi H, Yamada Y, Harashima H, Minami M. Neuronal injury induces microglial production of macrophage inflammatory protein-1alpha in rat corticostriatal slice cultures. J Neurosci Res 90: 2127-2133 (2012). [PubMed ID: 22791363]
  14. Yamada Y, Nomura T, Harashima H, Yamashita A, Yui N. Post-nuclear gene delivery events for transgene expression by biocleavable polyrotaxanes. Biomaterials 33: 3952-3958 (2012). [PubMed ID: 22386920]
  15. Yamada Y, Harashima H. Delivery of bioactive molecules to the mitochondrial genome using a membrane-fusing, liposome-based carrier, DF-MITO-Porter. Biomaterials 33: 1589-1595 (2012). [PubMed ID: 22105068]
  16. Yamada Y, Hashida M, Nomura T, Harashima H, Yamasaki Y, Kataoka K, Yamashita A, Katoono R, Yui N. Different mechanisms for nanoparticle formation between pDNA and siRNA using polyrotaxane as the polycation. Chemphyschem 13: 1161-1165 (2012). [PubMed ID: 22383277]
  17. Furukawa R, Yamada Y, Matsushima Y, Goto Y, Harashima H. The manner in which DNA is packaged with TFAM has an impact on transcription activation and inhibition. FEBS Open Bio 2: 145-150 (2012). [PubMed ID: 23650593]
  18. Yamada Y, Kawamura E, Harashima H. Mitochondrial-targeted DNA delivery using a DF-MITO-Porter, an innovative nano carrier with cytoplasmic and mitochondrial fusogenic envelopes. J Nanopart Res 14: 1013-1028 (2012).
  19. Yamada Y, Hashida M, Hayashi Y, Tabata M, Hyodo M, Ara MN, Ohga N, Hida K, Harashima H. An approach to transgene expression in liver endothelial cells using a liposome-based gene vector coated with hyaluronic acid. J Pharm Sci 102: 3119-3127 (2013). [PubMed ID: 23471825] Dedicated Issue for Professor Les Benetに掲載
  20. Yamada Y, Harashima H. Enhancement in selective mitochondrial association by direct modification of a mitochondrial targeting signal peptide on a liposomal based nanocarrier. Mitochondrion 13: 526-532 (2013). [PubMed ID: 23000575]
  21. Kawamura E, Yamada Y, Harashima H. Mitochondrial targeting functional peptides as potential devices for the mitochondrial delivery of a DF-MITO-Porter. Mitochondrion 13: 610-614 (2013). [PubMed ID: 24012978]
  22. Kawamura E, Yamada Y, Yasuzaki Y, Hyodo M, Harashima H. Intracellular observation of nanocarriers modified with a mitochondrial targeting signal peptide. J Biosci Bioeng 116: 634-637 (2013). [PubMed ID: 23735326]
  23. Yamada Y, Nakamura K, Furukawa R, Kawamura E, Moriwaki T, Matsumoto K, Okuda K, Shindo M, Harashima H. Mitochondrial delivery of bongkrekic acid using a MITO-Porter prevents the induction of apoptosis in human HeLa cells. J Pharm Sci 102: 1008-1015 (2013). [PubMed ID: 23315986]
  24. Yasuzaki Y, Yamada Y, Kanefuji T, Harashima H. Localization of exogenous DNA to mitochondria in skeletal muscle following hydrodynamic limb vein injection. J Control Release 172: 805-811 (2013). [PubMed ID: 24100263]
  25. Yamada Y, Suzuki R, Harashima H. Investigation of siRNA Nanoparticle Formation Using Mono-Cationic Detergents and Its Use in Gene Silencing in Human HeLa Cells. Cancers (Basel) 5: 1413-1425 (2013). [PubMed ID: 24202451]
  26. Kusumoto K, Akita H, Ishitsuka T, Matsumoto Y, Nomoto T, Furukawa R, El-Sayed A, Hatakeyama H, Kajimoto K, Yamada Y, Kataoka K, Harashima H. Lipid envelope-type nanoparticle incorporating a multifunctional peptide for systemic siRNA delivery to the pulmonary endothelium. ACS Nano 7: 7534-7541 (2013). [PubMed ID: 23909689]
  27. Yamada Y, Tabata M, Yasuzaki Y, Nomura M, Shibata A, Ibayashi Y, Taniguchi Y, Sasaki S, Harashima H. A nanocarrier system for the delivery of nucleic acids targeted to a pancreatic beta cell line. Biomaterials 35: 6430-6438 (2014). [PubMed ID: 24816283]
  28. Yasuzaki Y, Yamada Y, Fukuda Y, Harashima H. Condensation of plasmid DNA enhances mitochondrial association in skeletal muscle following hydrodynamic limb vein injection. Pharmaceuticals (Basel) 7: 881-893 (2014). [PubMed ID: 25195732]
  29. Tawaraya Y, Hyodo M, Ara MN, Yamada Y, Harashima H. RNA aptamers for targeting mitochondria using a mitochondria-based SELEX method. Biol Pharm Bull 37: 1411-1415 (2014). [PubMed ID: 25087963]
  30. Haga S, Ozawa T, Yamada Y, Morita N, Nagashima I, Inoue H, Inaba Y, Noda N, Abe R, Umezawa K, Ozaki M. p62/SQSTM1 plays a protective role in oxisidative injury of steatopic liver in a mouse hepatectomy model. Antioxid Redox Signal 21: 2515-2530 (2014). [PubMed ID: 24925527]
  31. Suzuki R, Yamada Y, Kawamura E, Harashima H. Mono-cationic detergents play a critical role in the development of liposome-based gene vector via controlling its lamellarity. J Nanopart Res 16: 2227-2241 (2014).
  32. Yamada Y, Nakamura K, Abe J, Hyodo M, Haga S, Ozaki M, Harashima H. Mitochondrial delivery of Coenzyme Q10via systemic administration using a MITO-Porter prevents ischemia/reperfusion injury in the mouse liver. J Control Release 213: 86-95 (2015). [PubMed ID: 26160304]
  33. Yamada Y, Fukuda Y, Harashima H. An analysis of membrane fusion between mitochondrial double membranes and MITO-Porter, mitochondrial fusogenic vesicles. Mitochondrion 24: 50-55 (2015). [PubMed ID: 26188112]
  34. Yamada Y, Perez SM, Tabata M, Abe J, Yasuzaki Y, Harashima H. Efficient and High-Speed Transduction of an Antibody into Living Cells Using a Multifunctional Nanocarrier System to Control Intracellular Trafficking. J Pharm Sci 104: 2845-2854 (2015). [PubMed ID: 25546552] Dedicated Issue for Professor Gordon Amidonに掲載
  35. Yamada Y, Hashida M, Harashima H. Hyaluronic acid controls the uptake pathway and intracellular trafficking of an octaarginine-modified gene vector in CD44 positive- and CD44 negative-cells. Biomaterials 52: 189-198 (2015). [PubMed ID: 25818425]
  36. Furukawa R, Yamada Y, Kawamura E, Harashima H. Mitochondrial delivery of antisense RNA by MITO-Porter results in mitochondrial RNA knockdown, and has a functional impact on mitochondria. Biomaterials 57: 107-115 (2015). [PubMed ID: 25913255]
  37. Yasuzaki Y, Yamada Y, Ishikawa T, Harashima H. Validation of Mitochondrial Gene Delivery in Liver and Skeletal Muscle via Hydrodynamic Injection Using an Artificial Mitochondrial Reporter DNA Vector. Mol Pharm 12: 4311-4320 (2015). [PubMed ID: 26567847]
  38. Yamada Y, Furukawa R, Harashima H. A Dual-Ligand Liposomal System Composed of a Cell-Penetrating Peptide and a Mitochondrial RNA Aptamer Synergistically Facilitates Cellular Uptake and Mitochondrial Targeting. J Pharm Sci 105: 1705-1713 (2016). [PubMed ID: 27056631]
  39. Abe J, Yamada Y, Harashima H. Validation of a Strategy for Cancer Therapy: Delivering Aminoglycoside Drugs to Mitochondria in HeLa Cells. J Pharm Sci 105: 734-740 (2016). [PubMed ID: 26523487]
  40. Yamada Y, Munechika R, Kawamura E, Sakurai Y, Sato Y, Harashima H. Mitochondrial delivery of Doxorubicin using MITO-Porter kills drug-resistant renal cancer cells via mitochondrial toxicity. J Pharm Sci 106(9): 2428-2437 (2017). [PubMed ID: 10.1016/j.xphs.2017.04.058.] Dedicated Issue for Professor Yuichi Sugiyamaに掲載
  41. Yamada Y, Ishikawa T, Harashima H. Validation of the use of an artificial mitochondrial reporter DNA vector containing a Cytomegalovirus promoter for mitochondrial transgene expression. Biomaterials 136: 56-66 (2017). [PubMed ID: 29408532]
  42. Yamada Y, Burger L, Kawamura E, Harashima H. Packaging of the Coenzyme Q10 into a liposome for mitochondrial delivery and the intracellular observation in patient derived mitochondrial disease cells. Biol Pharm Bull 40: 2183-2190 (2017). [PubMed ID: 29199241] 雑誌表紙に選出
  43. Takano Y, Munechika R, Biju VP, Harashima H, Imahori H, Yamada Y. Optical Control of Mitochondrial Reductive Reactions in Living Cells using an Electron Donor-Acceptor Linked Molecule. Nanoscale 9: 18690-18698 (2017). [PubMed ID: 29165486]
  44. Abe J, Yamada Y, Takeda A, Harashima H. Cardiac progenitor cells activated by mitochondrial delivery of resveratrol enhance the survival of a doxorubicin-induced cardiomyopathy mouse model via the mitochondrial activation of a damaged myocardium. J Control. Release 269: 177-188 (2018). [PubMed ID: 29146241]
  45. Yamada Y, Tabata M, Abe J, Nomura M, Harashima H. In vivo transgene expression in the pancreas by the intraductal injection of naked plasmid DNA. J Pharm Sci 107: 647-653 (2018). [PubMed ID: 28989012].
  46. Ishikawa T, Somiya K, Munechika R, Harashima H, Yamada Y. Mitochondrial transgene expression via an artificial mitochondrial DNA vector in cells from a patient with a mitochondrial disease. J Control Release 274: 109-117 (2018). [PubMed ID: 29408532].
  47. Takekuma Y, Mori A, Kobayashi M, Yamada Y, Sato Y, Narumi K, Furugen A, Sugawara M. Analysis by Using Roter Method of Interaction Process Analysis (RIAS) of the Ability of Pharmacy Students to Communicate after Clinical Training for Pharmacy. Yakugaku Zasshi 138: 1579-1586 (2018). [PubMed ID: 30504673].
  48. Hibino M, Yamada Y, Fujishita N, Sato Y, Maeki M, Tokeshi M, Harashima H. The use of a microfluidic device to encapsulate a poorly water-soluble drug CoQ10 in lipid nanoparticles and an attempt to regulate intracellular trafficking to reach mitochondria. J Pharm Sci. 108: 2668-2676 (2019). [PubMed ID: 30959057]
  49. Yamada Y, Daikuhara S, Tamura A, Nishida K, Yui N, Harashima H. Enhanced autophagy induction via the mitochondrial delivery of methylated β-cyclodextrins-threaded polyrotaxanes by a MITO-Porter. Chem. Commun. 55: 7203-7206 (2019). [PubMed ID: 31165120].
  50. Katayama T, Kinugawa S, Takada S, Furihata T, Fukushima A, Yokota T, Anzai T, Hibino M, Harashima H, Yamada Y. A mitochondrial delivery system using liposome-based nanocarriers that target myoblast cells. Mitochondrion 49: 66-72 (2019). [PubMed ID: 31326598]
  51. Kawamura E, Hibino M, Harashima H, Yamada Y. Targeted mitochondrial delivery of antisense RNA-containing nanoparticles by a MITO-Porter for safe and efficient mitochondrial gene silencing. Mitochondrion 49: 178-188 (2019). [PubMed ID: 31472283]
  52. Yamada Y, Fujishita N, Harashima H, A nanocarrier for the mitochondrial delivery of nucleic acids to cardiomyocytes. Nucleosides, Nucleotides & Nucleic Acids 9: 1-15 (2019). [PubMed ID: 31595823]
  53. Satrialdi, Munechika R, Biju V, Takano Y, Harashima H, Yamada Y., The optimization of cancer photodynamic therapy by utilization of a pi-extended porphyrin-type photosensitizer in combination with MITO-Porter. ChemCommun. 56: 1145-1148 (2020). [PubMed ID: 31895356]
  54. Yamada Y, Fukuda Y, Sasaki D, Maruyama M, Harashima H, Development of a nanoparticle that releases nucleic acids in response to a mitochondrial environment. Mitochondrion. 52: 67-74 (2020). [PubMed ID: 32097722]
  55. Kawamura E, Maruyama M, Abe J, Sudo A, Takeda A, Takada S, Yokota T, Kinugawa S, Harashima H, Yamada Y, Validation of gene therapy for mutant mitochondria by delivering mitochondrial RNA using a MITO-Porter, a liposome-based nano device. Mol. Ther. – Nuceic Acids. 20: 687-698 (2020). [PubMed ID: 32388194]
  56. Yamada Y, Somiya K, Miyauchi A, Osaka H, Harashima H, Validation of a mitochondrial RNA therapeutic strategy using fibroblasts from a Leigh syndrome patient with a mutation in the mitochondrial ND3 gene. Sci. Rep. 10: 7511 (2020). [PubMed ID: 32371897]
  57. Yamada Y, Munechika R, Satrialdi, Kubota F, Sato Y, Sakurai Y, Harashima H, Mitochondrial delivery of an anticancer drug via systemic administration using a mitochondrial delivery system that inhibits the growth of drug-resistant cancer engrafted on mice. J. Pharm. Sci. ;109: 2493-2500 (2020). [PubMed ID: 32376272]
  58. Yamada Y, Maruyama M, Kita T, Usami S, Kitajiri S, Harashima H, The use of a MITO-Porter to deliver exogenous therapeutic RNA to a mitochondrial disease’s cell with a A1555G mutation in the mitochondrial 12S rRNA gene results in an increase in mitochondrial respiratory activity. Mitochondrion 55: 134-144 (2020). [PubMed ID: 33035688]

総説論文

  1. Yamada Y, Akita H, Kogure K, Kamiya H, Harashima H. Mitochondrial drug delivery and mitochondrial disease therapy--an approach to liposome-based delivery targeted to mitochondria. Mitochondrion 7: 63-71 (2007). [PubMed ID: 17296332]
  2. 原島秀吉、小暮健太朗、秋田英万、山田勇磨、紙谷浩之.「多機能性エンベロープ型人工遺伝子デリバリーシステムの創製」YAKUGAKU ZASSHI 127(10): 1655-1672 (2007).
  3. 原島秀吉、小暮健太朗、秋田英万、山田勇磨、紙谷浩之.「多機能性エンベロープ型ナノ構造体による人工遺伝子デリバリーシステムの創製」Drug Delivery System 22(5): 569-577 (2007).
  4. Yamada Y, Harashima H. Mitochondrial drug delivery systems for macromolecule and their therapeutic application to mitochondrial diseases. Adv Drug Deliv Rev 60: 1439-1462 (2008). [PubMed ID: 18655816]
  5. Kogure K, Akita H, Yamada Y, Harashima H. Multifunctional envelope-type nano device (MEND) as a non-viral gene delivery system. Adv Drug Deliv Rev 60: 559-571 (2008). [PubMed ID: 18037529]
  6. Nakamura T, Akita H, Yamada Y, Hatakeyama H, Harashima H. A multifunctional envelope-type nanodevice for use in nanomedicine: concept and applications. Acc Chem Res 45: 1113-1121 (2012). [PubMed ID: 22324902]
  7. Yamada Y, Harashima H. [Targeting mitochondria: innovation from mitochondrial drug delivery system (DDS) to mitochondrial medicine]. Yakugaku Zasshi 132: 1111-1118 (2012). [PubMed ID: 23037696]
  8. Yamada Y, Akita H, Harashima H. Multifunctional envelope-type nano device (MEND) for organelle targeting via a stepwise membrane fusion process. Methods Enzymol 509: 301-326 (2012). [PubMed ID: 22568912]
  9. Furukawa R, Yamada Y, Harashima H. MITO-Porter; A Cutting-edge Technology for Mitochondrial Gene Therapy. Yakugaku Zasshi. 132: 1389-98 (2012). [PubMed ID: 23208046]
  10. Yamada Y. Mitochondria and drug delivery system. Journal of Pharmaceutical Science and Technology, Japan.72 (1): 53-57 (2012).
  11. Yamada Y, Harashima H. Mitochondrial Delivery of Bioactive Molecules Using Dual Function MITO-Porter Aimed at the Mitochondrial Genome. CRS Newsletter 29(5): 15-17 (2012).
  12. 山田勇磨、野村政壽、原島秀吉、膵島移植とミトコンドリア標的型drug delivery system (DDS)、人工臓器 41(3): 212-214, (2012)
  13. Kajimoto K, Sato Y, Nakamura T, Yamada Y, Harashima H. Multifunctional envelope-type nano device for controlled intracellular trafficking and selective targeting in vivo. J Control Release 190: 593-606 (2014). [PubMed ID: 24794902]
  14. Yamada Y, Harashima H. A method for screening mitochondrial fusogenic envelopes for use in mitochondrial drug delivery. Methods Mol Biol 1141: 57-66 (2014). [PubMed ID: 24567130]
  15. Yamada Y., and Harashima H. Drug Delivery Systems, Mitochondria-Targeted. Encyclopedia of Biomedical Polymers and Polymeric Biomaterials, (2014)
  16. 山田勇磨、原島秀吉 「ミトコンドリア標的型分子送達技術の開発」、化学工業 65巻6号 p418-423 株式会社 化学工業社 (2014)
  17. 山田勇磨 「ミトコンドリア標的型ナノデバイス"MITO-Porter"の創製」 YAKUGAKU ZASSHI 134 (11): 1143-1155 (2014)
  18. 山田勇磨 「ミトコンドリア標的としたドラッグデリバリーシステム(DDS)」 医療薬学ブラッシュアップ講座-次世代医療を担う最新テクノロジー―3 道薬誌31 (1): 32-37 (2014)
  19. Yamada Y, Harashima H. Targeting the mitochondrial genome via a dual function MITO-Porter: evaluation of mtDNA levels and mitochondrial function. Methods Mol Biol 1265: 123-133 (2015). [PubMed ID: 25634272]
  20. 山田勇磨 「ミトコンドリアDDSが拓く医療・ライフサイエンス革命」 Drug Delivery System 30 (4): 348-362 (2015)
  21. 山田勇磨 「MITO-Porter, ミトコンドリア分子送達のためのナノバイオテクノロジー」 Drug Delivery System 30 (1): 68-69 (2015).
  22. Yamada Y. Mitochondrial DDS Opens Innovative Pharmaceutics. YAKUGAKU ZASSHI 136: 55-62 (2016). [PubMed ID: 26725668]
  23. Sato Y, Nakamura T, Yamada Y, Harashima H. Development of a multifunctional envelope-type nano device and its application to nanomedicine. J Control Release 244: 194-204 (2016). [PubMed ID: 27374187]
  24. Sato Y, Sakurai Y, Kajimoto K, Nakamura T, Yamada Y, Akita H, Harashima H. Innovative technologies in Nanomedicines: from passive targeting to active targeting/from controlled pharmacokinetics to controlled intracellular pharmacokinetics. Macromolecular Bioscience (in press).
  25. Yamada Y, Harashima H. MITO-Porter, Multifunctional Envelope-Type Nano Device for Mitochondrial Delivery toward Innovative Nano Medicine. J. Soc. Powder Technol., Japan 54: 158-166 (2017). [PubMed ID: 26725668]
  26. 山田勇磨「ミトコンドリアDDS研究のあゆみ: ミトコンドリア標的型ナノカプセル“MITO-Porter”が拓く未来医療」、医学のあゆみ 260巻1号 p42-48 医歯薬出版株式会社 (2017)
  27. 山田勇磨「ミトコンドリアを標的とする核酸医薬研究」、医学のあゆみ 262巻2号 p142-146 医歯薬出版株式会社 (2017)
  28. 山田勇磨「ミトコンドリアDDS:ミトコンドリアDNAをターゲットにした近未来の治療法」、Heart View 21巻9号 p97-103 メジカルビュー社 (2017)
  29. 山田勇磨「ミトコンドリアへの分子送達技術」、BIO Clinica 33巻7号 p637-640 北隆館 (2018)
  30. 山田勇磨、阿部 二郎、原島 秀吉「ミトコンドリア強化幹細胞 (MITO Cell)の製造および細胞移植療法への展開」、Medical Science Digest 44巻 p546-547 ニューロサイエンス社 (2018)
  31. Khalil I.A., Yamada Y, Harashima H. Optimization of siRNA delivery to target sites: issues and future directions. Expert Opin Drug Deliv. 15:1053-1065 (2018). [PubMed ID: 30198792]
  32. 山田勇磨、阿部二郎、原島秀吉「ミトコンドリア強化幹細胞(MITO Cell)の製造および細胞移植療法への展開」、アグリバイオ 2巻12号 p66-68 北隆館 (2018)
  33. Verechshagina N, Nikitchina N, Yamada Y, Harashima H, Tanaka H, Orishchenko K, Mazunin I. Future of human mitochondrial DNA editing technologies. Mitochondrial DNA Part A 30: 214-221 (2019).
  34. Yamada Y. A Nanocarrier System for Mitochondrial Delivery Targeted to a Pancreatic Beta Cell. Yakugaku Zasshi. 139: 41-45 (2019). [PubMed ID: 30606927]
  35. 山田勇磨、原島秀吉「ミトコンドリアDDSが拓く新しいミトコンドリア病治療戦略」、小児科診療 82巻4号 p523-528 診断と治療社 (2019)
  36. 山田勇磨「ミトコンドリア標的型DDSを基盤とした革新的ナノ医薬品の創製」-最前線、ファルマシア 55巻4号 p330-334  (2019)
  37. 山田勇磨、原島秀吉「ミトコンドリア標的型ナノカプセルが創る未来医療」、実験医学 37巻12号 p2067-2073 羊土社 (2019)
  38. 山田勇磨. 「ミトコンドリアを標的とする遺伝子治療用ナノカプセルの創製」 日本核酸医薬学会会誌. 23: 12-21 (2019).
  39. Nakamura T, Yamada Y, Sato Y, Khalil IA, Harashima H. Innovative nanotechnologies for enhancing nucleic acids/gene therapy: Controlling intracellular trafficking to targeted biodistribution. Biomaterials 218: 119329 (2019). [PubMed ID: 31306827]
  40. Yamada Y, Takano Y, Satrialdi, Abe J, Hibino M, Harashima H. Therapeutic strategies for regulating mitochondrial oxidative stress. Biomolecules 10: 83 (2020). [PubMed ID: 31948035]
  41. 山田勇磨、中村孝司、佐藤悠介、原島秀吉「バイオマテリアルに基づいた核酸ナノ医療の創製」 バイオマテリアル―生体材料― 38: 92-98 (2020)
  42. 山田勇磨、阿部二郎、佐々木大輔、原島秀吉「ミトコンドリア強化幹細胞( MITO Cell)の製造および細胞移植療法への展開」、BIO Clinica 35: 62- 64 北隆館 (2020)
  43. Yamada Y, Ito M, Arai M, Hibino M, Tsujioka T, Harashima H. Challenges in promoting mitochondrial transplantation therapy. International Journal of Molecular Sciences 21: 6365 (2020). [PubMed ID: 32887310]
  44. Yamada Y, Sato Y, Nakamura T, Harashima H. Evolution of drug delivery system from viewpoint of controlled intracellular trafficking and selective tissue targeting toward future nanomedicine. J. Control. Release 327: 533-545 (2020). [PubMed ID: 32916227]
  45. Yamada Y, Satrialdi, Hibino M, Sasaki D, Jiro A, Harashima H. Power of mitochondrial drug delivery systems to produce innovative nanomedicines. Adv. Drug. Deliv. Rev. 154-155: 187-209 (2020). [PubMed ID: 32987095]
  46. Sato Y, Nakamura T, Yamada Y, Harashima H. The nanomedicine rush: New strategies for unmet medical needs based on innovative nano DDS. J. Control. Release. 330: 305-316 (2020). [PubMed ID: 33358975]
  47. 山田勇磨「ミトコンドリア標的型ナノ医薬品の研究開発」 薬剤学80: 280-285 (2020)
  48. 山田勇磨、石神圭子、日比野はるか 「クラウドファンディングを活用したミトコンドリア標的型ナノ医薬品開発への挑戦」 製剤機械技術学会誌 117: 20-28 (2021)

著書

  1. 山田勇磨、原島秀吉. 「ミトコンドリアを標的とする多機能性エンベロープ型ナノ構造体(MEND)の開発」 遺伝子医学MOOK メディカルドゥpp131-139(2007).
  2. 山田勇磨,原島秀吉. ミトコンドリアへの輸送. 「機能性DDSキャリアの製剤設計」(岡田弘晃 監修)シーエムシー出版,東京pp. 178-188 (2008).
  3. IA Khalil, Y. Yamada, H. Akita, H. Harashima. Uptake Pathways Dependent Intracellular Trafficking of DNA Carrying Nanodelivery System. Organelle-Specific Pharmaceutical Nanotechnology. Editors: Volkmar Weissig and Gerard G.M. D'Souza Chapter 25 pp. 475---506 (2010), Wiley A John Wiley&Sons, Inc., Publication
  4. 山田勇磨, 中村孝司、原島秀吉、多機能性エンベロープ型ナノ構造体(MEND)を基盤とした新規タンパク質DDSの構築と臨床開発研究への応用、ペプチド・タンパク性医薬品の新規DDS製剤の開発と応用―遺伝子医学MOOK別冊 (編集:山本昌) pp. 243-250 (2011)  メディカル ドゥ
  5. 秋田英万、山田勇磨、中村孝司、畠山浩人、林泰弘、梶本和昭、原島秀吉. 第18章 プローブデリバリーシステム バイオテクノロジーシリーズ 蛍光イメージング/MRIプローブの開発 菊地和也監修、pp163-172 (2011) 、シーエムシー出版
  6. Akita H., Hatakeyama H., Khalil I.A., Yamada Y., and Harashima H. Delivery of Nucleic Acids and Gene Delivery. In: P. Ducheyne, K.E. Healy, D.W. Hutmacher, D.W. Grainger, C.J. Kirkpatrick (eds.) Comprehensive Biomaterials, vol. 4, pp. 411-444 (2011)
  7. 秋田英万、山田勇磨、畠山浩人、林泰弘、原島秀吉.  応用が拡がるDDS. 第6章 遺伝子治療におけるDDS. 1. 非ウイルスベクター、編集:寺田弘、中川晋作、辻孝三、牧野公子、絹田精鎮、西野敦、pp. 169-179 (2013)、株式会社エヌ・ティー・エス
  8. Sato Y, Nakamura T, Yamada Y, Akita H, Harashima H. Multifunctional enveloped nanodevices (MENDs). Non-Viral Vectors for Gene Therapy. Ed. By Leaf Huang, Ernst Wagner and Dexi Liu. Adv Genet 88: 139-204 (2014). Elsevier. [PubMed ID: 25409606]
  9. 佐藤悠介、中村孝司、山田勇磨、原島秀吉. 特集 Drug delivery system(DDS)の最新展望 「6.MENDで拓く遺伝子治療への道」 医薬ジャーナル 2014年7月号(Vol.50 No.7) P83(1771)~87(1775) 株式会社医薬ジャーナル社
  10. Ozaki M, Ozawa T, Yamada Y. “Development of a New In Vivo Optical Probe for Biological Diagnosis and Therapy” Innovative Medicine, Springer 265-279 (2015)
  11. 中村孝司、山田勇磨、秋田英万、原島秀吉 第6章 遺伝子医療・核酸医薬品とDDS「多機能性エンベロープ型ナノ構造体の創製とナノ医療への応用」pp170 (410)-176 (416) DDSの研究30年 PHARM TECH JAPAN vol.30 No.2 2015 臨時増刊号
  12. Yamada Y, Harashima H. MITO-Porter for Mitochondrial Delivery and Mitochondrial Functional Analysis. “Pharmacology of Mitochondria” Handb Exp Pharmacol 240: 457-472 (2017). [PubMed ID: 27830347]
  13. Yamada Y, Harashima H. Targeting the Mitochondrial Genome Through a Nanocarrier and the Regulation of Mitochondrial Gene Expression. “Mitochondrial Biology and Experimental Therapeutics 491-498 (2018).
  14. 山田勇磨、原島秀吉.  第11章 ミトコンドリアDDS を基盤とした遺伝子治療への展開 杉林堅次監修、pp91-100 (2018) 、シーエムシー出版
  15. 山田勇磨. ドラッグキャリア設計入門 「第6章 DDSを超えるナノ医薬品の世界 6.1節」 p165, 174-183 DDSからナノマシンまで、編集:片岡一則、原島秀吉、(2019)、丸善出版株式会社
  16. 山田勇磨、原島秀吉、ミトコンドリアを標的とする遺伝子治療用RNAナノカプセルの創製、遺伝子医学 vol 10 No. 4 pp. 74-79 (2020)  メディカル ドゥ
  17. Yamada Y, Harashima H. Targeting the Mitochondrial Genome Via a MITO-Porter : Evaluation of mtDNA and mtRNA Levels and Mitochondrial Function. Methods in Molecular Biology. 2275: 227 - 245 (2021). Springer

症例報告

  1. Abe J, Yamada Y, Kobayashi I, Ariga T. A post-liver-transplant girl with recurrent cramps in the legs. Global Pediatric Health. 2: 1-3 (2015).

Editorial

  1. Abe J, Yamada Y, Harashima H. The use of cardiac progenitor cells for transplantation in congenital heart disease and an innovative strategy for activating mitochondrial function in such cells. Journal of Thoracic Disease. (in press).

紀要

  1. Abe J, Yamada Y, Takeda A, Harashima H. Cardiac progenitor cells with resveratrol delivered into mitochondria can ameliorate survival of doxorubicin-induced cardiomyopathy mouse via mitochondrial activation of damaged myocardium. European Heart Journal 38 (suppl_1): (2017).

エッセイ

  1. 山田勇磨 「自我作古」 Essays バイオマテリアル-生体材料-34 (3): 238 (2016)
  2. 山田勇磨 「活躍中の若手研究者」 情報誌 7SP No.3: p4-5 (2018)

学会報告

  1. Yamada Y, Hatakeyama H. Report on The First FIP-APSTJ Joint Workshop on Gene Delivery. Journal of Pharmaceutical Science and Technology, Japan. 66 (6): 451-453 (2006).
  2. 山田勇磨 「39th Annual Meeting & Exposition of the Controlled Release Society (CRS)」、学会印象記 Drug Delivery System. 27 (4): pp314-315 (2012).
  3. Yamada Y, Hatakeyama H. Photo report of “The First FIP-APSTJ Joint Workshop on Gene Delivery (2006)”. Journal of Pharmaceutical Science and Technology, Japan. 66 (6) (2006).
  4. 山田勇磨、古川亮. 学会報告グラビア 「日本薬剤学会 第23年会 (2008) 」Journal of Pharmaceutical Science and Technology, Japan. 68 (2008).
  5. 山田勇磨. 学会報告グラビア 「Global Educational Seminar 2017- Hokkaido & Tohoku Area-」Journal of Pharmaceutical Science and Technology, Japan. 77-5 (2017)
  6. 山田勇磨. 「日本核酸医薬学会第3回年会 開催報告」 日本核酸医薬学会会誌. 22:45-50 (2018).
  7. 山田勇磨 報告 「第65回北海道薬学大会 日本薬学会北海道支部第145回例会」 道薬誌35 (7) (2018)
  8. 林 良雄, 小暮 健太朗, 山田 勇磨 「日本薬学会における韓国薬学会との2国間交流」 ファルマシア 57 (4) 324-325 (2021)

新聞記事

  1. 山田勇磨. 奨励賞受賞研究 「ミトコンドリア標的型ナノデバイス”MITO-Porter”の創製」、「日本薬学会第134年会」. 薬事日報2014年3月24日(21面)
  2. 山田勇磨. 【研究戦略 YAKU学】 No. 75 「ミトコンドリア標的型ナノカプセル (MITO-Porter) -ミトコンドリアに薬物・タンパク質・核酸を導入する技術-. 薬事日報2014年7月14日(8面)
  3. 山田勇磨. 北海道科学技術奨励賞. 北海道新聞 2017年1月7日(28面)
  4. ミトコンドリア 若さの源. 日本経済新聞 2020年2月23日(30面)
  5. がん 新たな治療法を. 十勝毎日新聞 2020年5月17日(3面)
  6. がん治療薬の開発資金を市民からネットで調達 日経Beyond Health 2020年10月1日 (https://project.nikkeibp.co.jp/behealth/atcl/feature/00003/093000158/)

用語説明

  1. 山田勇磨 「オルガネラターゲティング(organelle-specific targeting)」、“DDS”用語解説No.212 Drug Delivery System. 27 (1): pp58 (2012).

その他

  1. 山田勇磨. 「JCRだより JCR掲載論文紹介」 Drug Delivery System 3(4): 354 (2018).
  2. 山田勇磨. 「Top Story: コロナ禍の研究推進-1年間で認識した課題と変化-」 iPark Innovation Quarterly Vol. 1 (2021).

招待講演

  1. 山田勇磨、秋田英万、小暮健太朗、紙谷浩之、原島秀吉、篠原康雄、小林英夫、菊池寛 ミトコンドリアを標的としたDDSと疾患治療への応用 ―ミトコンドリア融合性リポソーム、”MITO-Porter”を用いたアプローチ ワークショップ3『DDS創製における新しい機能性材料と素材』 第22回日本DDS学会、2006年7月、東京
  2. 山田勇磨、秋田英万、紙谷浩之、小暮健太朗、篠原康雄、小林英夫、菊池寛、原島秀吉 ミトコンドリア選択的な高分子薬物送達を可能とする薬物送達システムの開発 シンポジウムSD5 『細胞内移行性ペプチドを用いた薬物送達法の新展開』 日本薬学会第127年会、2007年3月、富山
  3. 山田勇磨 ミトコンドリア標的型ナノデバイス"MITO-Porter"の創製 Forntier’s nano-medicine summer workshop 2008、2008年8月5日、北海道大学、札幌
  4. 山田勇磨 薬学分野における臨床教員のしごと 平成21年度「薬学としごと」講演会、2009年9月12日、TKP札幌ビジネスセンター、札幌
  5. 山田勇磨 ミトコンドリアとDDS~日本発・世界初の研究・技術・創薬を目指して~ 若手研究者公開特別シンポジウムミトコンドリアとDDS 1、2011年1月21日 北海道大学、札幌
  6. Yamada Y. An innovative strategy for mitochondrial drug delivery using MITO-Porter, a liposome based nano-device that specifies fusion with mitochondrial membranes. East & West Global Education Seminar Workshop, 26nd APSTJ Annual Meeting, Conference on Pharmaceutical Technology. May 31, 2011, Tokyo, Japan.
  7. 山田勇磨 ミトコンドリア標的型DDSが拓くミトコンドリア創薬への道 一般シンポジウムS06 [ミトコンドリアへの薬物の作用と創薬について考える] 日本薬学会 第132年会、2012年3月29日、北海道大学、札幌
  8. 古川亮、山田勇磨、原島秀吉 ミトコンドリアを標的とした遺伝子治療にむけて 一般シンポジウムS32 日本薬学会第132年会、2012年3月31日、北海道大学、札幌
  9. Yamada Y. Drug Delivery System and Mitochondria - Approach to Innovation of Mitochondrial Research, Mitochondrial Medicine Development and Mitochondrial Gene Therapy -. Annual Spring Scientific Conference of the Korean Society of Lipidology and Atherosclerosis (KSLA). April 20, 2012, Busan, Korea.
  10. 小林 正紀、山田 勇磨、佐藤 夕紀、井関 健 医療現場で新しい薬剤師職能を開拓する活動(病院オペ室での活動)と教員としての研究教育活動 第22回日本医療薬学会年会 (S1I-2-4)、2012年10月27日、朱鷺メッセ、新潟.
  11. Yamada Y, Harashima H. Mitochondrial Delivery of Nucleic Acids by DF-MITO-Porter toward Mitochondrial Gene Therapy. 3rd World Congress on Targeting Mitochondria. November 9, 2012, Berlin, Germany.
  12. 山田勇磨 ミトコンドリアとDDS~Mitochondrial Medicineの創製を目指して~ 若手研究者公開特別シンポジウムミトコンドリアとDDS 2、2012年1月20日、北海道大学、札幌
  13. 山田勇磨 基調講演 若手研究者公開特別シンポジウムミトコンドリアとDDS 3、2012年7月7日、北海道大学、札幌
  14. 山田 勇磨 ミトコンドリア標的型核酸ナノキャリアの開発および遺伝子治療への挑戦 ワークショップ3 「遺伝子・核酸デリバリーシステム」 第29回日本DDS学会、 2013年7月5日、京都テルサ、京都
  15. 山田勇磨 臨床教員のしごと: -医療現場と薬学研究の架け橋- 岩手医科大学薬学部教員講演会、2013年6月14日、岩手医科大学薬学部、岩手
  16. 山田勇磨 医療現場と薬学研究の架け橋 岩手医科大学薬学部創剤学講座 創設5周年記念シンポジウム、2013年6月15日、岩手医科大学薬学部、岩手
  17. 山田勇磨 ミトコンドリアDDSが創る未来医療 北海道大学病院・小児科主催・月曜集談会、2013年8月18日、北海道大学医学部、札幌
  18. Yamada Y. MITO-Porter, Liposome-Based Nano Device for Mitochondrial Control. iCeMS-RIKEN Joint Symposium on Mesoscopic Chemical Biology- Integrated Chemical-Physical Systems Towards Cell Control. Feb. 7, 2014, Kyoto University Kyoto.
  19. Yamada Y. MITO-Porter, a mitochondrial drug delivery system toward innovative medicine and therapy. 2nd CRED Symposium for Academic Drug Discovery. Feb. 24, 2014, Hokkaido University, Sapporo.
  20. 山田勇磨 ミトコンドリア標的型ナノデバイス”MITO-Porter”の創製 奨励賞受賞講演 日本薬学会第134年会、2014年3月28日、ホテル日航熊本、熊本
  21. 山田勇磨. ミトコンドリアを標的とするDrug Delivery Systemの開発 奨励賞受賞講演 日本薬剤学会 第29年会、2014年5月21日、大宮ソニックシティビル、さいたま
  22. Harashima H, Yamada Y. MITO-Porter: Membrane-type nano device for mitochondrial drug delivery via membrane fusion. Euromit 2014. June 19, 2014, Tampere, Finland.
  23. 山田 勇磨 ミトコンドリア標的型核酸ナノキャリアの開発と今後の展開 特別シンポジウムⅡ日本DDS学会これからの30年 第30回日本DDS学会.、2014年7月31日、慶應義塾大学、東京
  24. 山田勇磨 ミトコンドリア DDS が拓く新しい薬剤学 一般シンポジウムS08 日本薬学会 第135年会、2015年3月26日、神戸学院大学、神戸
  25. 山田勇磨、原島秀吉 ミトコンドリアを科学するナノデバイス MITO-Porter の創製 一般シンポジウムS46 日本薬学会 第135年会、2015年3月27日、神戸学院大学、神戸
  26. 山田勇磨 ミトコンドリアDDSの創製とナノ医療への展開 北海道大学病院・循環器内科主催・循環病態内科学リサーチセミナー、2015年5月26日、北海道大学医学部、札幌
  27. 山田 勇磨 ミトコンドリアDDSが拓く医療・ライフサイエンス革命 第7回奨励賞受賞講演 第31回日本DDS学会、2015年7月2日、京王プラザホテル、東京
  28. 山田勇磨、原島秀吉 ミトコンドリア標的型ナノマシン“MITO-Porter”の開発” シンポジウム1 第24回日本Cell Death学会、2015年7月11日、大阪大学会館、大阪
  29. Yamada Y. MITO-Porter, an innovative technology for mitochondrial drug delivery. The 1st HU-TMU-KU Joint Symposium for Pharm. Sci. Aug. 29, 2015, Hokkaido University, Sapporo.
  30. 山田勇磨 ミトコンドリアDDSの創製と心疾患治療への展開 第3回iHFフォーラム 2016年8月7日、ホテルオークラ東京、東京
  31. 阿部二郎、山田勇磨、武田充人、原島秀吉 ミトコンドリアDDS (Drug Delivery System) が拓く医療の未来 北海道大学医学部・小児科・オータムセミナー2016 2016年10月1日、ネストホテル札幌駅前、札幌
  32. Abe J, Yamada Y, Takeda A, Harashima H. Mitochondria: Innovative strategy to manage myocarditis using mitochondrial drug delivery system (DDS). Asia-Pacific Pediatric Cardiology Society 6th Congress. Oct. 22, 2016, Shanhai, China.
  33. 山田勇磨 ミトコンドリア標的型ナノカプセル MITO-Porter  H28 年度 村山班ミトコンドリア病診断・診療マニュアル作成委員拡大合宿 2017年2月11日、IPC 生産性国際交流センター、神奈川県
  34. 山田勇磨 ミトコンドリアを診る・操る・治すDrug Delivery System 第2回先端ケミカルバイオロジー研究会 2017年6月6日、北海道大学薬学部、札幌
  35. Abe J, Yamada Y, Takeda A, Harashima H. Validation of cardiac progenitor cell therapy using mitochondrial drug delivery system for doxorubicin-induced cardiomyopathy. APSTJ global education seminar 2017-1st. June. 23, 2017, Hokkaido University, Sapporo.
  36. 山田 勇磨、原島秀吉 ミトコンドリアDDSを基盤とした遺伝子・細胞治療への展開 シンポジウム1 第33回日本DDS学会、2017年7月6日、京都市勧業館 みやこめっせ、京都
  37. Yamada Y, Harashima H. Validation of mitochondrial gene therapy using a MITO-Porter. 8th SFRR-Asia & 14th ASMRM. Sep. 9, 2017, Xi’an, China.
  38. 山田 勇磨、原島秀吉 ミトコンドリア標的型ナノカプセルMITO-Porterを基盤とした遺伝子治療への挑戦 シンポジウム1 「ミトコンドリア病の基礎 - 基礎研究から疾患の理解へ〜」 第59回日本先天代謝異常学会、2017年10月12日、ウエスタ川越、埼玉県
  39. 山田 勇磨 ミトコンドリアDDSの開発と医療分野への展開 若手シンポジウム 第11回 次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム、2017年10月22日、京都薬科大学、京都
  40. Yamada Y, Harashima H. Nano-drug delivery system for mitochondrial gene therapy. The 18th International Union of Materials Research Societies, International Conference in Asia (IUMRS-ICA) 2017. Nov. 8, 2017, Taipei, Taiwan.
  41. 越川 信子、渡部 隆義、篠崎 喜脩、高取 敦志、安井 七海、リン ジェイソン、山田 勇磨、原島 秀吉、永瀬 浩喜 PIポリアミドによる病因性ミトコンドリアDNA変異関連疾患の治療 ワークショップ 「DNA配列認識副溝結合物質(MGB)を応用した生体内のゲノム・エピゲノム構造介入」 2017年度 生命科学系学会合同年次大会、2017年12月、神戸ポートアイランド、兵庫県
  42. 山田 勇磨 ミトコンドリア機能を制御するナノカプセルの開発 第6回ミトコンドリア機能研究会、2018年2月3日、北野病院、大阪
  43. 山田勇磨 ミトコンドリア病の遺伝子改変治療  H29 年度 村山班ミトコンドリア病診断・診療マニュアル作成委員拡大合宿 2018年2月10日、IPC 生産性国際交流センター、神奈川県
  44. 山田勇磨 膵島ミトコンドリアを標的とした分子送達技術の開発および糖尿病治療への展開 一般シンポジウムS70 日本薬学会 第138年会、2018年3月28日、金沢市アートホール、石川
  45. Yamada Y. Mitochondrial Nano DDS Toward Innovative Medicine and Therapy. HIGO Program Cutting edge Seminar. Aip. 18, 2018, Kumamoto, Japan.
  46. 山田 勇磨、原島秀吉 ミトコンドリアDDSが拓く新しいミトコンドリア病治療戦略 シンポジウム4 第60回日本小児神経学会学術集会、2018年5月31日、幕張メッセ 国際会議場、千葉
  47. 山田 勇磨、原島秀吉 遺伝子・細胞治療に用いるミトコンドリアDDS シンポジウム5「遺伝子細胞治療に用いるDDS」 第34回日本DDS学会、2018年6月22日、長崎ブリックホール、長崎
  48. 山田勇磨 ミトコンドリアを標的とする遺伝子治療用ナノカプセルの創製 日本核酸医薬学会奨励賞受賞貢献 日本核酸医薬学会第4回年会、2018年7月9日、九州大学医学部百年講堂、福岡
  49. 山田勇磨 ミトコンドリアDDSの使い方 Lecture 3 第9回 フリーラジカルスクール 日本核酸医薬学会第4回年会、2018年8月4日、群馬大学草津セミナーハウス、群馬
  50. 佐々木大輔、山田 勇磨、阿部二郎、武田充人、原島秀吉 ミトコンドリア活性化幹細胞を用いた心筋幹細胞移植療法の確立 若手シンポジウム 第12回 次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム、2018年9月16日、北海道大学、札幌
  51. 山田 勇磨、原島秀吉 ミトコンドリア機能を制御するナノカプセルの構築および疾患治療に向けた試み 「ミトコンドリア機能改変による病態モデルと疾患治療」 第91回 日本生化学大会、2018年9月25日、国立京都国際会館、京都
  52. Yamada Y, Harashima H. Mitochondrial DDS opens emerging therapies and novel strategy of new drug development for mitochondrial disorders. KSAP annual convention 2018. Oct. 12, 2018, Seoul Natinoal Univ., Korea.
  53. Yamada Y, Harashima H. Mitochondrial DDS for Gene & Cell Therapy. Cadiovascular and Metabolic Week 2018. Dec. 7, 2018, Tokyo convention Hall, Tokyo.
  54. 山田 勇磨、原島秀吉 ミトコンドリア標的型DDSを基盤としたナノ医療の創出を目指して 「シンポジウム2: ミトコンドリア臨床医学の現状と最新の治療」 第18回 日本ミトコンドリア学会年会、2018年12月8日、久留米大学旭町キャンパス築水会館、久留米
  55. Yamada Y, Harashima H. The MITO-Porter integrates a mitochondrial drug delivery system with a variety of other current scientific concepts with the goal of developing new innovative technologies and medicines. The 19th RIES-HOKUDAI International Symposium. Dec. 11, 2018, Sapporo, Japan.
  56. 山田 勇磨 ミトコンドリア標的型ナノカプセルが創る未来医療 IVF JAPANセミナー、2019年2月4日、大阪HORAC、大阪
  57. 佐々木 大輔, 阿部 二郎, 武田 充人, 原島 秀吉, 山田 勇磨 虚血再灌流モデルマウスを用いた心不全に対するミトコンドリア活性化心筋幹細胞を用いた細胞移植療法の治療効果の検討 「シンポジウム心不全病態に対する多面的アプローチ 基礎から治療へ」 第55回日本小児循環器学会総会・学術集会、2019年6月27日、札幌コンベンションセンター、札幌
  58. 山田 勇磨、原島秀吉 ミトコンドリアDDSを用いた酸化ストレス応答制御および疾患治療への展開 シンポジウム2「ミトコンドリアと酸化ストレス・関連疾患」 第72回日本酸化ストレス学会、2019年6月28日、北海道立道民活動センターかでる2・7、札幌
  59. Yamada Y, Harashima H. MITO-Porter, liposomal mitochondrial delivery system: Toward Mitochondrial Nanomedicine. Liposome Research Days 2019. Sep. 18, 2019, Sapporo, Japan.
  60. Yamada Y. MITO-Porter, liposomal mitochondrial delivery system: Toward Mitochondrial Nanomedicine. MITO-Porter therapy to open innovative therapies targeting mitochondria. 16th ASMRM & 19th J-mit. Oct. 5, 2019, Fukuoka, Japan.
  61. 山田 勇磨 ミトコンドリア標的型ナノDDSを基盤とした遺伝子・細胞治療の実装 第12回 CHEMBIOハイブリッドレクチャー、2019年10月19日、東京大学、東京
  62. 山田 勇磨 ミトコンドリアDDSが描くナノ医療の未来予想図~リポ化プロスタグランジン製剤の話題を含めて~ 第12回 北海道小児オータムセミナー、2019年11月23日、ネストホテル札幌駅前、札幌
  63. 山田 勇磨 光よ届け!ミトコンドリアへ 第9回 生体物理化学セミナー、2020年1月24日、岡山大学薬学部、岡山
  64. Yamada Y, Harashima H. Mito-porter, A Mitochondrial Dds Towards An Innovative Therapy. Rising Suns from Japanese Society of Drug Delivery System. 2020 Annual Meeting & Exposition of the Controlled Release Society. June. 30, 2020, USA (WEB).
  65. Yamada Y, Harashima H. Mito-porter, Investigation of Drug Delivery System Targeting Mitochondria. The 84th annual scinetific meeting of the japanse circulation society (JCS2020). July 27 – Aug. 2, 2020, Kyoto, Japan (WEB).
  66. 山田 勇磨 新たな○△□治療を、ミトコンドリアに薬を運ぶ技術開発で!  TAKEDA Academic WEB Salon2020、2020年8月6日、WEB開催
  67. Yamada Y, Harashima H. MITO-Porter, a cutting-edge mitochondrial DDS. Pharmaceutical Society of Korea 2020. Oct. 21-23, 2020, Korea (WEB).
  68. 原島秀吉、佐藤悠介、中村孝司、山田 勇磨 核酸医薬とナノメディシン多機能性エンベロープ型ナノ構造体の開発とナノ医療への展開(Nucleic Acid Drugs and Nanomedicine Multifunctional Envelope-type Nano Device for Nanomedicine) 第79回日本癌学会学術総会、2020年10月1-3日、広島
  69. 山田 勇磨 ミトコンドリア標的型ナノ医薬品の創製を目指して 第35回日本小児神経学会北海道地方会、2020年10月31日、WEB開催
  70. Yamada Y, Harashima H. The challenge of developing mitochondrial nano medicine based on MITO-Porter Technology. 第56回日本小児循環器学会 (JSPCC-AHA 2020). Nov 23, 2020, kyoto, Japan.
  71. 山田 勇磨 希少疾患の未来について考える〜患者とともに挑むイノベーション iPark Frontier Talk、2021年2月26日、WEB開催
  72. 山田 勇磨、原島秀吉 ミトコンドリア標的型 Drug Delivery System を基盤とした遺伝子治療戦略の検証 セッション3「オルガネラゲノム編集」 日本ゲノム編集学会第6回大会、2021年6月17日、WEB開催

国際発表

  1. Yamada Y, Kamiya H, Akita H, Harashima H. Comparison of direct protein introduction and DNA transfection, two methods for therapeutic protein delivery. 2nd PHARMACEUTICAL SCIENCES WORLD CONGRESS. May 30 –June 3, 2004, Kyoto, Japan.
  2. Yamada Y, Akita H, Kogure K, Kamiya H, Shinohara Y, Kobayashi H, Kikuchi H, Harashima H. Development of Novel Mitochondrial Macromolecule Delivery System. 32nd Annual Meeting & Exposition of the Controlled Release Society. June 18 – 22, 2005, Miami Beach, Florida, USA.
  3. Yamada Y, Akita H, Kamiya H, Kogure K, Shinohara Y, Kobayashi H, Kikuchi H, Harashima H. MITO-Porter, a new-type carrier for mitochondrial macromolecules delivery system via a membrane fusion mechanism. International Conference on Mitochondria and Life 2005. The 3rd Conference of the Asian Society for Mitochondrial Research and Medicine (ASMRM) and The 5th Conference of the Japanese Society of Mitochondrial Research and Medicine (j-mit). Dec. 14-17, 2005, Tokyo.
  4. Yamada Y, Akita H, Kamiya H, Kogure K, Yamamoto T, Shinohara Y, Yamashita K, Kobayashi H, Kikuchi H, Harashima H. Intracellular observation of the MITO-Porter, which can deliver macromolecules to mitochondria via membrane fusion. The First FIP-APSTJ Joint Workshop on Gene Delivery. July 10-12, 2006, Sapporo.
  5. Nakamura Y, Kogure K, Yamada Y, Futaki S, Harashima H. Development of packaging methods of multifunctional envelope-type nano device encapsulating antisense oligodeoxynucleotide or synthetic siRNA for potent silencing effect. The First FIP-APSTJ Joint Workshop on Gene Delivery. July 10-12, 2006, Sapporo.
  6. Yamada Y, Akita H, Kamiya H, Kogure K, Shinohara Y, Kobayashi H, Kikuchi H, Harashima H. MITO-Porter, a novel liposome-based mitochondrial delivery system via membrane fusion 3rd Pharmaceutical Sciences World Congress (PSWC2007). April 22–25, 2007, Amsterdam, The Netherlands
  7. Suzuki R, Yamada Y, Harashima H. Efficient cytoplasmic protein delivery using multifunctional envelope-type nano device. 3rd Pharmaceutical Sciences World Congress (PSWC2007). April 22–25, 2007, Amsterdam, The Netherlands.
  8. Yamada Y, Akita H, Kamiya H, Harashima H. MITO-Porter: Nano Device for Mitochondrial Delivery -Mitochondrial Macromolecule Delivery System via Membrane Fusion-. 11th Liposome Research Days Conference (LRD2008). July 19–22, 2008, Yokohama, Japan.
  9. Yamada Y, Nomura T, Harashima H, Yamashita A, Katoono R, Yui N. Integrated system of multifunctional envelop-type nano device with cytocleavable polyrotaxane for intranuclear DNA release. International Conference on Materials for Advance Technologies (ICMAT 2009 Conference) & Int’l Union of Materials Research Societies-International Conference in Asia (IUMRS-ICA 2009). June 28 – July 3, 2009. Singapore.
  10. Nomura T, Yamada Y, Harashima H, Yamashita A, Katoono R, Yui N. A Novel Gene Delivery System Designing Dual Functionalities of Nuclear Delivery via Multifunctional Envelope-type Nano Device and Intranuclear DNA Release via Biocleavable Polyrotaxane. The Asian Federation for Pharmaceutical Sciences Conference (AFPS2009). Oct. 15-18, 2009, Fukuoka. Japan.
  11. Yamada Y, Yasuzaki Y, Furukawa R, Harashima H. MITO-PORTER: A LIPOSOME-BASED NANO-DEVICE FOR MITOCHONDRIAL MACROMOLECULE DELIVERY VIA MEMBRANE FUSION –INNOVATIVE STRATEGY AIMED FOR MITOCHONDRIAL GENE THERAPY-. Joint Symposium of the 5th Annual Meeting of the Oligonucleotide Therapeutics Society and the 19th Antisense Symposium. Nov 3-6, 2009, Fukuoka, Japan.
  12. Suzuki R, Yamada Y, Harashima H. Development of small, homogenous non-viral gene vector using mono-cationic detergent. Joint Symposium of the 5th Annual Meeting of the Oligonucleotide Therapeutics Society and the 19th Antisense Symposium. Nov 3-6, 2009, Fukuoka, Japan.
  13. Suzuki R, Yamada Y, Harashima H. Development of small, homogenous non-viral gene vector using mono-cationic detergent. American Society of Gene & Cell Therapy 13th Annual Meeting. May 19-23, 2010, Washington, DC, United States of America.
  14. Yamada Y, Furukawa R, Yasuzaki Y, Harashima H. Membrane fusions open a new avenue for mitochondrial delivery: Dual Function MITO-Porter, a nano-carrier system with cell and mitochondrial membranes-fusogenic activity. International liposome research days & lipids liposomes & membrane biophysic. Aug 4-8, 2010, Vancouver, Canada.
  15. Furukawa R, Yamada Y, Takenaga M, Igarashi R, Harashima H. Octaarginine-modified liposome enhances anti-oxidant effect of PC-SOD through the improvement of intracellular trafficking, International liposome research days & lipids liposomes & membrane biophysic. Aug 4-8, 2010, Vancouver, Canada.
  16. Yasuzaki Y, Yamada Y, Harashima H. Lighting a candle in mitochondria: Visualization of mitochondrial DNA using MITO-Porter, which is nano-device for mitochondrial delivery. International liposome research days & lipids liposomes & membrane biophysic. Aug 4-8, 2010, Vancouver, Canada.
  17. Yamada Y, Furukawa R, Yasuzaki Y, Harashima H. Dual Function MITO-Porter, an innovative nano-carrier system for mitochondrial drug delivery. FIP Pharmaceutical Sciences World Congress (PSWC) 2010. Nov 14-18, 2010, New Orleans, USA
  18. Yasuzaki Y, Yamada Y, Kanefuji T, Liu D, Harashima H. Hydrodynamic limb vein injection method can open an avenue of mitochondrial gene delivery in vivo. American Society of Gene & Cell Therapy 14th Annual Meeting. May 18-21, 2011, Seattle, Washington, USA.
  19. Yamada Y, Kawamura E, Yasuzaki Y, Harashima H. Innovative approach to mitochondrial delivery of oligodeoxynucleotide using MITO-Porter, liposome-based carrier for mitochondrial delivery. 38th Annual Meeting & Exposition of the Controlled Release Society. July 30 – August 3, 2011, National, Maryland, USA.
  20. YamadaY, Harashima H. Mitochondrial genome targeting strategy: mitochondrial matrix delivery of bio-macromolecule using DF-MITO-Porter, an innovative nano carrier with cytoplasmic and mitochondrial fusogenic envelopes. 5th SFRR-Asia, 8th ASMRM, 11th J-mit 2011 conference. Sep. 1, 2011, Kagoshima, Japan.
  21. Kawamura E, Yamada Y, Harashima H. An innovative approach for mitochondrial gene delivery: mitochondrial delivery of oligo DNA using MITO-Porter, a liposome-based carrier for mitochondrial delivery via membrane fusion. 5th SFRR-Asia, 8th ASMRM, 11th J-mit 2011 conference. Sep. 1, 2011, Kagoshima, Japan.
  22. Furukawa R, Yamada Y, Matsushima Y, Goto Y, Harashima H. EFFECT OF DNA PACKAGED WITH TFAM ON TRANSCRIPTION ACTIVATION. 5th SFRR-Asia, 8th ASMRM, 11th J-mit 2011 conference. Sep. 1 , 2011, Kagoshima, Japan.
  23. Yasuzaki Y, Yamada Y, Kanefuji T, Liu D, Harashima H. TECHNICAL APPLICATION OF HYDRODYNAMIC LIMB VEIN INJECTION FOR IN VIVO MITOCHONDRIAL GENE DELIVERY. 5th SFRR-Asia, 8th ASMRM, 11th J-mit 2011 conference. Sep. 1, 2011, Kagoshima, Japan.
  24. Yamada Y, Harashima H. Mitochondrial genome targeting by DF-MITO-Porter via endosomal and mitochondrial membrane fusion. 2nd World Congress on Targeting Mitochondria. Oct. 21, 2011, Berlin, Germany.
  25. Yamada Y, Harashima H. Mitochondrial delivery of bioactive molecules using Dual Function (DF)-MITO-Porter, 39th Annual Meeting & Exposition of the Controlled Release Society. July 15 -18, 2012, Quebec city, Canada.
  26. Vergara Sandra M., Yamada Y, Harashima H. Liposomal-based nano device with cell penetrating and pH-sensitive fusogenic peptides achieve efficient and high-speed transduction of antibody into living cell. 39th Annual Meeting & Exposition of the Controlled Release Society. July 15-18, 2012, Quebec city, Canada.
  27. Tawaraya Y, Hyodo M, Yamada Y, Harashima H. Investigation of RNA aptamers targeting mitochondria by mitochondria-based SELEX. 20th International Round Table on Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acid. Aug 5–9, 2012, Montreal, Canada.
  28. Furukawa R, Yamada Y, Harashima H. MITO-Porter: A cutting-edge nanocarrier for antisense nucleic acid delivery to mitochondria. 8th Annual Meeting of the Oligonucleotide Therapeutics Society. Oct. 28-31, 2012, The Joseph B. Martin Conference Center, Boston, Massachusetts.
  29. Nakamura K, Yamada Y, Furukawa R, Kawamura E, Morikawa T, Matsumoto K, Okuda K, Shindo M, Harashima H. MITOCHONDRIAL DELIVERY OF BONGKREKIC ACID USING MITO-PORTER ENHANCES THE ANTI-APOPTOSIS EFFECT. 3rd World Congress on Targeting Mitochondria. Nov. 9, 2012, Berlin, Germany.
  30. Yamada Y, Furukawa R, Kawamura E, Harashima H. An approach to mitochondrial genesilencing by the mitochondrial delivery of anti-sense RNA. 40th Annual Meeting & Exposition of the Controlled Release Society. July 21–24, 2013, Honolulu, Hawaii, USA
  31. Kawamura E, Yamada Y, Harashima H. Improvement of mitochondrial targeting activity of MITO-Porter using functional peptides. 40th Annual Meeting & Exposition of the Controlled Release Society. July 21–24, 2013, Honolulu, Hawaii, USA.
  32. Kawamura E, Yamada Y, Furukawa R, Harashima H. Targeted delivery of nucleic acids using mitochondrial delivery system and regulation of the mitochondrial function. The 17th Hokkaido University-Seoul National University Joint Symposium, Nov. 28, 2014. Hokkaido University, Sapporo.
  33. Yamada Y, Nakamura K, Harashima H. In vivo mitochondrial delivery of coenzyme Q10 via MITO-Porter prevents ischemic reperfusion injury in the liver. 42nd Annual Meeting & Exposition of the Controlled Release Society. July 26–29, 2015, Edinburgh, Scotland, UK.
  34. Kawamura E, Yamada Y, Harashima H. Targeted mitochondrial delivery of functional nucleic acids using MITO-Porter. 42nd Annual Meeting & Exposition of the Controlled Release Society. July 26–29, 2015, Edinburgh, Scotland, UK.
  35. Yamada Y, Harashima H. MITO-Porter, mitochondrial drug delivery system toward innovative therapy. DRUG DELIVERY 2015, World Drug Delivery Summit. Aug. 17 – 19, 2015, Crowne Plaza Houston River Oaks, Huuston, USA.
  36. Burger L, Yamada Y, Harashima H. Packaging of the hydrophobic Coenzyme Q10 into a liposome-based drug delivery system to achieve mitochondrial therapy. The 18th Hokkaido University – Seoul National University Joint Symposium. Nov. 27, 2015, Seoul National University, Seoul, Korea.
  37. Yamada Y, Kawamura E, Harashima H. VALIDATION OF MITOCHONDRIAL GENE THERAPY BY MITOCHONDRIAL DELIVERY OF THERAPEUTIC NUCLEIC ACIDS. DRUG DELIVERY, EUROMIT2017. June. 11 – 15, 2017, Gürzenich Köln, Cologne, Germany.
  38. Abe J, Yamada Y, Takeda A, Harashima H. An innovative cell therapy using mitochondrial drug delivery system for mitochondrial cardiomyopathy, EUROMIT2017. June. 11 – 15, 2017, Gürzenich Köln, Cologne, Germany.
  39. Abe J, Yamada Y, Takeda A, Harashima H. Cardiac progenitor cells with resveratrol delivered into mitochondria can ameliorate survival of doxorubicin-induced cardiomyopathy mouse via mitochondrial activation of damaged myocardium, ESC2017. Aug. 26 – 30, 2017, Barcelona, Spain.
  40. Daikuhara S, Yamada Y, Tamura A, Nishida K, Yui N, Harashima H. Validation of autophagy induction via the mitochondrial delivery of Polyrotaxane by a MITO-Porter, The 2nd International Symposium on Biomedical Engineering. Nov. 9 – 10, 2017, Ookayama Campus, Tokyo Institute of Technology, Tokyo.
  41. Katayama T, Kinugawa S, Takada S, Furihata T, Fukushima A, Yokota T, Anzai T, Harashima H, Yamada Y. Mitochondrial delivery in skeletal muscle cells, Cell Symposia Multifaceted Mitochondria. June 4-6, 2018, Paradise Point, Sandiego, CA, USA.
  42. Yamada Y, Munechika R, Sato Y, Sakurai Y, Harashima H. Validation of a cancer therapeutic strategy by the mitochondrial delivery of anticancer drugs using a MITO-Porter system. 2018 Annual Meeting & Exposition of the Controlled Release Society. July 22-24, 2018, New York NY, USA.
  43. Yamada Y, Munechika R, Sakurai Y, Sato Y, Harashima H. Validation of therapeutic strategy for drug-resistant cancers by the delivery of anticancer drugs to mitochondria using a mitochondrial DDS. 2018 International Meeting on 2nd MDO and 33rd JSSX. Oct 1-5, 2018, Kanazawa, Japan.
  44. Yamada Y, Ishikawa T, Harashima H. Mitochondrial transgene expression by the mitochondrial delivery of an artificial mitochondrial DNA vector using a MITO-Porter system. 2019 Annual Meeting & Exposition of the Controlled Release Society. July 21–24, 2019, Valencia, Spain.
  45. Somiya K, Yamada Y, Miyauchi A, Osaka H, Harashima H. Validation of mitochondrial RNA therapy for mitochondrial diseases using Liposome-based nano device. Liposome Research Days 2019. Sep. 16, 2019, Sapporo, Japan.
  46. Satrialdi, Yamada Y, Munechika R, Biju V, Takano Y, Harashima H, Liposomal-based Nanocarrier for Mitochondrial Delivery of Photosensitizer. Liposome Research Days 2019. Sep. 16, 2019, Sapporo, Japan.
  47. Maruyama M, Yamada Y, Kita T, Kitajiri S, Usami S, Harashima H. Development of ribosomal RNA-loaded nano device for mitochondrial delivery to achieve mitochondrial deafness related gene therapy. Liposome Research Days 2019. Sep. 16, 2019, Sapporo, Japan.
  48. Satrialdi, Yamada Y, Munechika R, Biju V, Takano Y, Harashima H, Mitochondria as an important target for cancer photodynamic therapy. 16th ASMRM & 19th J-mit. Oct. 4, 2019, Fukuoka, Japan.
  49. Mitsue H, Yamada Y, Sato Y, Maeki M, Tokeshi M, Harashima H, Establishing a Method for Preparing Mitochondrial-targeting Lipid Nanoparticles by Using a Microfluidic Device and an Attempt to Regulate Intracellular Trafficking to Reach Mitochondria. 16th ASMRM & 19th J-mit. Oct. 4, 2019, Fukuoka, Japan.
  50. Sasaki D, Yamada Y, Abe J, Takeda A, Harashima H, Examination of cell transplantation treatment in an ischemia reperfusion model mouse using mitochondrial activated cardiac progenitor cells (MITO-cell). 16th ASMRM & 19th J-mit. Oct. 4, 2019, Fukuoka, Japan.
  51. Kubota F, Yamada Y, Satrialdi, Takano Y, Maeki M, Tokeshi M, Harashima H, Development of Mitochondrial-targeted Nanocarrier for Photodynamic Therapy Using the Microfluidic Device. The 1st ITB International Conference on Pharmaceutical Science and Pharmacy. Oct. 7-8, 2020, [WEB].
  52. Sasaki D, Yamada Y, Abe J, Takeda A, Harashima H, Mitochondria-activated myocardial progenitor cell (MITO cell) transplantation therapy in a mouse model of ischemia and reperfusion. 54th Annual meeting for European Paediatric and Congenital cardiology. May. 25-27, 2021, [WEB].

国内発表

  1. 山田勇磨, 篠原康雄, 秋田英万, 紙谷浩之, 原島秀吉. “腫瘍細胞Mitochondriaへの選択的ターゲティングシステムの開発とその評価”. 第121回 日本薬学会北海道支部例会. 2003年12月. 札幌.
  2. 山田勇磨, 紙谷浩之, 秋田英万, 原島秀吉. “直接導入法とDNAトランスフェクション法によるタンパク質送達の定量的評価”. 第20回日本DDS学会. 2004年7月. 東京.
  3. 山田勇磨, 紙谷浩之, 原島秀吉. “外来DNAによる転写・翻訳効率の新規定量的評価方法”. 第125年会日本薬学会. 2005年3月. 東京.
  4. 山田勇磨, 秋田英万, 小暮健太朗, 紙谷浩之, 篠原康雄, 小林英夫, 菊池寛, 原島秀吉. “膜融合を介してミトコンドリアへの送達を可能とするリポソーム, “Mitosome”の開発”. 第21回日本DDS学会. 2005年7月. 長崎.
  5. 工藤亜沙子, 秋田英万, 山田勇磨, 原島秀吉. “遺伝子治療のための新規核内送達経路を用いた遺伝子ベクターの構築”. 第125回日本薬学会北海道支部例会. 2005年12月. 札幌.
  6. 中村宜央, 小暮健太朗, 山田勇磨, 原島秀吉. “機能性核酸の多機能性エンベロープ型ナノ構造体へのパッケージングの確立とその機能評価”. 第125回日本薬学会北海道支部例会. 2005年12月. 札幌.
  7. 小暮健太朗, 中村宜央, 山田勇磨, 原島秀吉. “オリゴデオキシヌクレオチドの機能向上を目指した多機能性エンベロープ型ナノ構造体への封入” 第126年会日本薬学会. 2006年3月. 仙台.
  8. 山田勇磨, 秋田英万, 紙谷浩之, 小暮健太朗, 篠原康雄, 小林英夫, 菊池寛, 原島秀吉. “ミトコンドリアを標的とする膜融合性リポソーム、MITO-Porterを用いた生細胞ミトコンドリアへの高分子薬物送達 –共焦点レーザースキャン顕微鏡を用いた細胞内動態観察-”. 日本薬剤学会第21年会. 2006年3月. 金沢.
  9. 工藤亜沙子, 秋田英万, 増田智也, 山田勇磨, 小暮健太朗, 箕浦ありさ, 原島秀吉. “核膜融合に基づく新規核内送達デバイスの構築”. 日本薬剤学会第21年会. 2006年3月. 金沢.
  10. 中村宜央, 小暮健太朗, 山田勇磨, 原島秀吉. “オリゴDNAの多機能性エンベロープ型ナノ構造体へのパッケージングの確立とその機能評価”. 日本薬剤学会第21年会. 2006年3月. 金沢.
  11. 山田勇磨, 秋田英万, 紙谷浩之, 小暮健太朗, 山本武範, 篠原康雄, 山下菊治, 小林英夫, 菊池寛, 原島秀吉. “膜融合を介してミトコンドリアへの高分子薬物送達を可能とする、“MITO-Porter”の細胞内での膜融合能評価”. 第22回日本DDS学会. 2006年7月. 東京
  12. 鈴木亮佑, 山田勇磨, 篠原康雄, 原島秀吉. “タンパク質の効率的なパッケージングシステムの開発”. 第127回日本薬学会北海道支部例会. 2006年12月. 札幌
  13. 山田勇磨, 秋田英万, 紙谷浩之, 小暮健太朗, 篠原康雄, 小林英夫, 菊池寛, 原島秀吉. “ミトコンドリア膜融性リポソームMITO-Porterとミトコンドリア移行性ペプチドMTSを組み合わせたミトコンドリア選択性薬物送達キャリアの開発”. 第6回 日本ミトコンドリア学会年会. 2006年12月. 横浜.
  14. 鈴木亮佑、 山田勇磨、 原島秀吉 “タンパク質を効率的に細胞質へ送達するナノ構造体の開発” 第127年会 日本薬学会 2007年 3月 富山
  15. 鈴木亮佑、 山田勇磨、 原島秀吉 “多機能性エンベロープ型ナノ構造体(MEND)を用いたタンパク質の効率的な細胞質送達” 日本薬剤学会第22年会. 2007年5月. 大宮.
  16. 山田勇磨, 秋田英万, 紙谷浩之, 小暮健太朗, 篠原康雄, 原島秀吉. “細胞内FRET法を用いたMITO-Porter (ミトコンドリア膜合融性リポソーム)の膜融合能評価”. 第23回日本DDS学会. 2007年6月. 熊本
  17. 鈴木亮佑、山田勇磨、原島秀吉“効率的な遺伝子送達を目指した1遺伝子パッケージング法の構築”第23年会 日本薬剤学会 2008年5月 札幌
  18. 山田勇磨, 秋田英万, 紙谷浩之, 原島秀吉. “多重型MITO-Porterによるミトコンドリアを標的とした薬物送達戦略” 第24回日本DDS学会. 2008年6月. 東京 (六本木アカデミーヒルズ40)
  19. 野村卓、山田勇磨、原島秀吉、山下敦、上遠野亮、由井伸彦. “効率的な遺伝子発現を可能とする多機能性エンベロープ型ナノ構造体の開発” 第131 回日本薬学会北海道支部例会. 2008年12月. 札幌
  20. 山田勇磨、野村卓、原島秀吉、山下敦、上遠野亮、由井伸彦. “効率的な核内遺伝子放出を可能とする多機能性エンベロープ型ナノ構造体の創製” 日本薬学会 第129年会 2009年3月. 京都
  21. 山田勇磨, 古川亮, 安崎友香理, 原島秀吉. “ミトコンドリア標的型ナノデバイス”多重型MITO-Porter”の有用性の検証 日本薬剤学会第24年会. 2009年5月21-23. 静岡
  22. 山田勇磨, 古川亮, 安崎友香理, 原島秀吉. “ミトコンドリア標的型ナノデバイス”多重型MITO-Porter”の製剤化に関する検討 第25回日本DDS学会. 2009年7月3-4. 東京
  23. 鈴木亮佑, 山田勇磨, 原島秀吉. Mono-cationic detergentによるsiRNAナノ粒子パッケージング法の構築 第25回日本DDS学会. 2009年7月3-4. 東京
  24. 野村卓, 山田勇磨, 原島秀吉、山下敦、上遠野亮、由井伸彦. 細胞内分解性ポリロタキサンを内封した多機能性エンベロープ型ナノ構造体の構築 第25回日本DDS学会. 2009年7月3-4. 東京
  25. 山下敦、上遠野亮、由井伸彦、野村卓, 山田勇磨, 原島秀吉. 細胞内分解性ポリロタキサン構造因子が与える遺伝子送達過程への影響 遺伝子・デリバリー研究会 第9回シンポジウム. 2009年7月9-11. 大阪
  26. 山田勇磨, 古川亮, 安崎友香理, 原島秀吉. ミトコンドリア標的型ナノデバイス“多重型MITO-Porter”の創製. 第9回 日本ミトコンドリア学会年会. 2009年12月17-19. 東京.
  27. 山田勇磨、野村卓、原島秀吉、山下敦、上遠野亮、由井伸彦. “革新的遺伝子発現ベクター『ポリロタキサン/pDNAナノ粒子搭載型MEND』の構築および核内動態・遺伝子発現活性評価” 日本薬学会 第130年会 2010年3月. 岡山
  28. 古川亮、山田勇磨、武永美津子、五十嵐理慧、原島秀吉. “PC-SOD搭載型リポソームの構築および細胞内動態・抗酸化効果の評価” 日本薬学会 第130年会 2010年3月. 岡山
  29. 橋田真裕、山田勇磨、原島秀吉、山下敦、上遠野亮、由井伸彦. “生分解性ポリロタキサンを用いたpDNA、siRNAのナノ粒子の調製および核酸ナノ粒子形成機構に関する検討” 日本薬学会 第130年会 2010年3月. 岡山
  30. 武隈洋,小林正紀,山田勇磨,板垣史郎,吉田和幸,井関健,菅原満. “北海道大学薬学部における実務実習事前実習の取り組みとその評価” 日本薬学会 第130年会 2010年3月. 岡山
  31. 武隈洋,小林正紀,山田勇磨,板垣史郎,吉田和幸,井関健,菅原満. “北海道大学薬学部”. 薬学教育協議会フォーラム 「伝えよう事前学習の成果、拡げよう連携の輪」2010年2月7日. 東京
  32. 古川亮、山田勇磨、武永美津子、五十嵐理慧、原島秀吉. “効率的な細胞内導入を目的としたレシチン化SOD (PC-SOD) 搭載R8リポソームの構築およびその機能評価” 日本薬剤学会第25年会. 2010年5月12-14. 徳島
  33. 安崎友香理、山田勇磨、原島秀吉. “DDS技術を基盤とした生細胞ミトコンドリアDNAの可視化” 日本薬剤学会第25年会. 2010年5月12-14. 徳島
  34. 紙谷浩之、後藤仁美、神田元紀、山田勇磨、原島秀吉. “プラスミド-ヒストン複合体からの外来遺伝子発現効率” 日本薬剤学会第25年会. 2010年5月12-14. 徳島
  35. 安崎友香理、山田勇磨、原島秀吉. “生細胞ミトコンドリアDNAセンシング技術の開発” 遺伝子・デリバリー研究会 第10回シンポジウム. 2010年6月2-3. 札幌
  36. 鈴木亮佑, 山田勇磨, 原島秀吉. “効率的な遺伝子送達を実現する非ウィルス性ベクターの創製” 遺伝子・デリバリー研究会 第10回シンポジウム. 2010年6月2-3. 札幌
  37. 山田勇磨、河村恵理子、安崎友香理、新藤充、原島秀吉. “ボンクレキン酸 (抗アポトーシス作動薬)搭載ミトコンドリア標的型DDS (MITO-Porter)の開発”  第26回日本DDS学会. 2010年6月17-18. 大阪
  38. 武隈洋,小林正紀,山田勇磨,山口浩明,菅原満, 井関健. “北海道大学薬学部初年度実務実習の実施状況”. 薬学教育協議会フォーラム 2011年2月12日. 東京
  39. 山田勇磨、鈴木亮佑、 原島秀吉. “新たなパッケージングコンセプトに基づく多機能性エンベロープ型ナノ構造体の創製”  日本薬学会 第131年会 2011年3月28-31. 静岡
  40. 河村恵理子、山田勇磨、原島秀吉. “ミトコンドリア標的型DDS、MITO-Porterを用いたオリゴ核酸送達の試み”  日本薬学会 第131年会 2011年3月28-31. 静岡
  41. 古川亮、山田勇磨、武永美津子、五十嵐理慧、原島秀吉. “オクタアルギニン修飾リポソームによるレシチン化SOD (PC-SOD)の抗酸化効果の亢進’’日本薬学会北海道支部第136回例会. 2011年5月21-22. 札幌
  42. 橋田真裕、山田勇磨、野村卓、原島秀吉、山下敦、上遠野亮、由井伸彦. “生分解性ポリロタキサンをモデルとしたpDNA、siRNAのナノ粒子形成に関する検討’’日本薬学会北海道支部第136回例会. 2011年5月21-22.
  43. 河村恵理子、山田勇磨、原島秀吉. “MITO-Porterへのオリゴ核酸ナノ粒子パッケージングおよび生細胞ミトコンドリアを標的とした核酸送達の検討’日本薬学会北海道支部第136回例会. 2011年5月21-22. 札幌
  44. 山崎浩二郎、須田範行、新沼朋美、小林正紀、山田勇磨、山下美妃、山田武宏、井関健. “薬剤師の手術部業務への参画とその効果~医療安全・業務効率の面からの考察~” 第58回北海道薬学大会. 2011年5月21-22. 札幌
  45. 山田勇磨、河村恵理子、安崎友香理、古川亮、原島秀吉. “ミトコンドリア (Mt)を標的とした遺伝子治療への挑戦-Dual Function MITO-Porterを用いたMtマトリクスへの核酸送達-” 日本薬剤学会第26年会. 2011年5月29-31. 東京
  46. 山田勇磨、原島秀吉. “ミトコンドリア遺伝子を標的とした機能分子送達の試み”  第27回日本DDS学会. 2011年6月9-10. 東京
  47. 古川亮, 山田勇磨、松島雄一、後藤雄一、原島秀吉. “ミトコンドリア転写因子TFAM-プラスミドDNA複合体のin vitro転写評価”  第27回日本DDS学会. 2011年6月9-10. 東京
  48. Yukari Yasuzaki, Yuma Yamada, Tsutomu Kanefuji, Dexi Liu, Hideyoshi Harashima “INNOVATIVE TECHNOLOGY FOR IN VIVO MITOCHONDRIAL GENE DELIVERY USING HYDRODYNAMIC LIMB VEIN INJECTION” 第17回日本遺伝子治療学会学術集会 (Japan Society of Gene Therapy 2011 17th Annual Meeting) 2011年7月15-17日. 福岡 (九州大学百年記念会館)
  49. 山﨑浩二郎 須田範行 新沼朋美 水口貴史 小林正紀 山田勇磨 山下美妃 柴山良彦 山田武宏 井関 健. 手術部サテライトファーマシーにおける麻酔薬の無菌混合調製体制の確立. 日本薬学会 第132年会、2012年3月、札幌.
  50. 中村宏平、山田勇磨、古川亮、河村恵理子、奥田勝博、新藤充、原島秀吉. ボンクレキン酸搭載MITO-Porterの構築およびミトコンドリア送達・抗アポトーシス効果の検証. 日本薬学会 第132年会、2012年3月31日、札幌.
  51. 安崎 友香理、山田 勇磨、兼藤 努、Dexi Liu、原島 秀吉. 骨格筋ミトコンドリア遺伝子治療を目指したin vivo 外来遺伝子導入技術の開発. 日本薬剤学会第27年会、2012年5月24日、神戸 (神戸国際会議場)
  52. 山田勇磨, Sandra M. Vergara P., 原島秀吉. 迅速・高効率な抗体デリバリーシステムの開発. 日本薬剤学会第27年会、2012年5月24-26日、神戸 (神戸国際会議場)
  53. 俵谷 優里、兵藤 守、山田 勇磨、原島 秀吉. ミトコンドリア標的RNAアプタマーの探索. 日本薬剤学会第27年会、2012年5月24日、神戸 (神戸国際会議場)
  54. 中村宏平,山田勇磨,古川 亮,河村恵理子,奥田勝博,新藤 充,原島秀吉. ボンクレキン酸搭載MITO-Porterの構築および薬物送達における有用性の検証. 日本薬学会北海道支部第138回例会、2012年6月16日、札幌(札幌コンベンションセンター)
  55. 安崎友香理、山田勇磨、兼藤努、Dexi Liu、原島秀吉. ハイドロダイナミクス法を用いた骨格筋ミトコンドリアへの遺伝子送達法の開発. 日本薬学会北海道支部第138回例会、2012年6月16日、札幌(札幌コンベンションセンター)
  56. 安崎友香理、山田勇磨、兼藤努、Dexi Liu、原島秀吉. 骨格筋ミトコンドリアを標的とした外来遺伝子送達技術の開発. 第28回日本DDS学会、2012年7月4-5日、札幌(札幌コンベンションセンター)
  57. 古川亮、山田勇磨、原島秀吉. ミトコンドリア標的型核酸デリバリーシステムの開発. 第28回日本DDS学会、2012年7月4-5日、札幌(札幌コンベンションセンター)
  58. 田端麻衣、山田勇磨、安崎友香理、野村政壽、原島秀吉. β膵細胞株MIN6を標的とした核酸送達システムの開発. 日本薬学会 第133年会、2013年3月31日、横浜.
  59. 山田勇磨、橋田真裕、原島秀吉. ヒアルロン酸コーティングナノキャリアの細胞内取り込み経路の解析 日本薬学会 第133年会、2013年3月31日、横浜.
  60. 田端麻衣、山田勇磨、 安崎友香理、野村政壽、柴田篤志、佐々木茂樹、原島秀吉. 膵β細胞株MIN6細胞を標的としたDDS, β-MENDの構築および核酸導入・機能発現の検証. 日本薬学会北海道支部第140回例会、2013年5月18日、札幌(札幌コンベンションセンター) 学生優秀発表賞応募講演
  61. 山田勇磨、 古川亮、原島秀吉. ミトコンドリアを標的とした遺伝子発現制御の試み. 日本薬剤学会第28年会、2013年5月25日、名古屋 (ウインクあいち)
  62. 福田豊、山田勇磨、原島秀吉. ミトコンドリア(Mt)膜融合性特性の解析およびMtマトリクス標的型キャリアの開発. 日本薬学会北海道支部第141回例会、2014年5月24日、札幌(札幌コンベンションセンター)
  63. 福田豊、山田勇磨、原島秀吉. ミトコンドリア(Mt)膜融合能特性の解析およびMt⼆層膜構造を突破する核酸送達システムの開発. 第30回日本DDS学会. 2014年7月. 東京.
  64. 田端麻衣、山田勇磨、阿部二郎、野村政壽、原島秀吉. 膵β細胞を標的とした核酸送達キャリアの構築およびin vivoへの応用. 第36回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム、2014年11月21日、徳島(徳島大学大塚講堂、藤井節郎記念ホール)
  65. 芳賀 早苗、小澤 岳昌、山田 勇磨、森田 直樹、野田 なつみ、尾崎 倫孝. p62/SQSTM1が制御する肝細胞障害機序の解析.第21回肝細胞研究会、2014年6月27日、東京.
  66. 河村恵理子、山田勇磨、古川亮、原島秀吉. ミトコンドリア標的型DDS、MITO-Porterを用いた機能性核酸送達および機能評価 (Targeted delivery of functional nucleic acids using mitochondrial delivery system, MITO-Porter and regulation of mitochondrial function). 日本薬学会 第135年会、2015年3月28日、神戸.
  67. 山田勇磨、中村宏平、原島秀吉 CoenzymeQ10搭載MITO-Porterの構築およびin vivoミトコンドリア送達・疾患治療戦略の検証 日本薬剤学会 第30年会、2015年5月21日、長崎ブリックホール、長崎.
  68. 阿部二郎、山田勇磨、原島秀吉 アミノグリコシド系薬剤による癌細胞ミトコンドリアを標的とした癌治療戦略の検証 日本薬剤学会 第30年会、2015年5月21日、長崎ブリックホール、長崎.
  69. 阿部二郎、山田勇磨、原島秀吉 アミノグリコシド系薬剤による癌細胞内ミトコンドリアを標的とした殺細胞効果の検証 24回日本Cell Death学会、2015年7月11日、大阪大学会館、大阪.
  70. 阿部二郎、山田勇磨、原島秀吉 癌細胞ミトコンドリアを標的としたアミノグリコシド系薬剤による癌治療戦略の検証 第15回日本ミトコンドリア学会、2015年11月19日、福井県国際交流会館、福井.
  71. 山田勇磨、阿部二郎、原島秀吉 ゲンタマイシン搭載ミトコンドリア標的型DDSを用いたがん治療戦略の検証 第37回日本バイオマテリアル学会大会、2015年11月9日、京都テルサ、京都.
  72. 山田勇磨、河村恵理子、古川亮、原島秀吉 ミトコンドリア標的型核酸ナノキャリアの開発および核酸医薬への展開 日本核酸医薬学会第1回年会、2015年12月1日、京都テルサ、京都.
  73. 福田豊、山田勇磨、原島秀吉 ミトコンドリア環境応答性核酸ナノ粒子の設計及びその評価 日本核酸医薬学会第1回年会、2015年11月30日、京都テルサ、京都.
  74. 石川卓哉、山田勇磨、原島秀吉 ミトコンドリア遺伝子発現DNAベクターの設計および遺伝子発現評価 日本核酸医薬学会第1回年会、2015年11月30日、京都テルサ、京都.
  75. 山田勇磨、原島秀吉 ミトコンドリア標的型インテリジェントナノデバイスを用いた遺伝子治療への挑戦 第25回 インテリジェント材料・システムシンポジウム、2016年1月8日、東京女子医科大学 先端生命医科学研究所 TWIns、東京.
  76. 山田勇磨、田端麻衣、原島秀吉 経胆管投与を利用した膵臓ランゲルハンス氏島への核酸導入法の開発 日本薬学会 第136年会、2016年3月28日、パシフィコ横浜、横浜.
  77. 宗近玲那、山田勇磨、原島秀吉 ドキソルビシン封入MITO-Porterの構築および薬剤耐性癌治療戦略の検証 日本薬学会北海道支部第143回例会、2016年5月14日、札幌コンベンションセンター、札幌
  78. 宗近玲那、山田勇磨、河村恵理子、櫻井遊、佐藤悠介、原島秀吉 ドキソルビシン封入ミトコンドリア標的型リポソームを用いた耐性癌治療戦略の検証 日本薬剤学会第31年会、2016年5月21日、長良川国際会議場・岐阜都ホテル、岐阜
  79. 山田勇磨、古川亮、原島秀吉 ミトコンドリア移行性RNAアプタマー搭載Dual-ligandリポソームの構築および細胞導入・ミトコンドリア移行の検証 第32回日本DDS学会学術集会、2016年6月30日、グランシップ、静岡
  80. 阿部二郎、山田勇磨、武田充人、原島秀吉 ミトコンドリア薬物送達システムを用いた心筋炎に対する新たな治療戦略 第52回日本小児循環器学会総会・学術集会、2016年7月8日、東京ドームホテル、東京 (口頭発表 1-16、査読有)
  81. 山田勇磨、中村宏平、原島秀吉 CoenzymeQ10搭載ミトコンドリア標的型ナノカプセルの構築および肝虚血再灌流障害誘発モデルマウスを用いた治療戦略の検証 第69回日本酸化ストレス学会学術集会、2016年8月30日、仙台国際センター 会議棟、仙台 (口頭発表 O-9、査読有)
  82. 山田勇磨、原島秀吉 ミトコンドリア標的型ナノカプセル・MITO-Porterの開発とナノバイオ研究への展開 第五回ナノカーボンバイオシンポジウム、2016年9月6日、北海道立道民活動センターかでる2.7、札幌 (口頭発表、査読無)
  83. 宗近玲那、山田勇磨、原島秀吉 ミトコンドリア標的型リポソーム(MITO-Porter)を用いた癌細胞ミトコンドリアへの分子送達・殺効果検証 第五回ナノカーボンバイオシンポジウム、2016年9月6日、北海道立道民活動センターかでる2.7、札幌 (口頭発表、査読無)
  84. 山田勇磨、原島秀吉 ミトコンドリアを標的とするDDSを用いた薬剤耐性癌治療戦略の検証 第75回日本癌学会総会、2016年10月6日、パシフィコ横浜、神奈川 (口頭発表 J1008、査読有)
  85. 阿部二郎、山田勇磨、原島秀吉 癌細胞ミトコンドリアを標的としたアミノグリコシド系薬剤を用いた 新規治療戦略の検証 第75回日本癌学会総会、2016年10月6日、パシフィコ横浜、神奈川 (口頭発表 J1009、査読有)
  86. 山田勇磨、原島秀吉 ミトコンドリア標的型ナノカプセル・MITO-Porterを用いたミトコンドリアを標的とする疾患治療戦略の提案  第10回 次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム、2016年11月6日、群馬大学昭和キャンパス、群馬 (口頭発表 O-4、査読有)
  87. 森綾子、武隈洋、小林正紀、山田勇磨、佐藤夕紀、鳴海克哉、古堅彩子、菅原満 実務実習前後における薬学生のRIASによるコミュニケーション分析 総合技術研究会2017、2017年3月9日、東京大学、東京
  88. 藤下直樹、山田勇磨、原島秀吉 心筋細胞ミトコンドリアを標的とするナノキャリアの構築 日本薬学会 第137年会 2017年3月27日、仙台国際センター、仙台
  89. Takano Y, Munechika R, Harashima H, Imahori H, Yamada Y. Selective Delivery and Photoinduced Electron Transfer of Donor-Acceptor Linked Molecules toward Controlling Redox Reactions in Mitochondria 第六回ナノカーボンバイオシンポジウム、2017年2月28日、東京⼤学伊藤国際学術研究センター、東京
  90. 藤下直樹、山田勇磨、原島秀吉 心筋細胞ミトコンドリアへの送達システムの開発 日本薬学会北海道支部第144回例会、2017年5月20日、札幌コンベンションセンター、札幌
  91. 大工原伸之輔、山田勇磨、原島秀吉 オートファジー誘導能を有する超分子構造ポリマー搭載 MITO-Porter の構築および機能評価 日本薬学会北海道支部第144回例会、2017年5月20日、札幌コンベンションセンター、札幌
  92. 山田勇磨、石川卓哉、原島秀吉 ミトコンドリア外来遺伝子発現を可能とするDDSの開発 日本薬剤学会第32年会、2017年5月12日、大宮ソニックシティ、埼玉
  93. 山田 勇磨、高野勇太、宗近玲那、福田豊、今堀博、原島秀吉 癌細胞ミトコンドリアを標的とした光殺細胞効果の検証 第70回日本酸化ストレス学会学術集会、2017年6月29日、つくば国際会議場、茨城県
  94. 大工原伸之輔、山田 勇磨、田村篤志、西田慶、由井伸彦、原島秀吉 オートファジー誘導能を有する超分子構造ポリマー搭載ミトコンドリアDDSの構築 第33回日本DDS学会、2017年7月6日、京都市勧業館 みやこめっせ、京都
  95. 阿部 二郎、山田 勇磨、武田 充人、原島秀吉 ドキソルビシン心筋症に対するミトコンドリアドラッグデリバリーシステムを用いた心筋前駆細胞移植の検討 第53回日本小児循環器学会総会・学術集会、2017年7月9日、アクトシティ浜松、静岡
  96. 山田 勇磨、福田豊、原島秀吉 ミトコンドリアマトリクス環境応答性を有する核酸ナノ粒子の設計 日本核酸医薬学会第3回年会、2017年7月12-14日、札幌コンベンションセンター、札幌
  97. 高野勇太、宗近玲那、福田豊、Biju Vasudevan Pillai、今堀博、原島秀吉、山田 勇磨 光誘起電荷分離分子からの電子移動反応を利用した癌細胞ミトコンドリア内での光還元反応手法の開発 2017年光化学検討会、2017年9月6日、東北大学、宮城県
  98. 高野勇太、宗近玲那、福田豊、Biju Vasudevan Pillai、原島秀吉、山田 勇磨、今堀博 フラーレン-ポルフィリン-フェロセン三元連結分子によるミトコンドリア内選択的な光誘起電子移動反 応とガン細胞死誘導 第53回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム、2017年9月13日
  99. 阿部二郎、武田充人、山田勇磨、原島秀吉 ミトコンドリアドラッグデリバリーを用いた幹細胞移植はドキソルビシン心筋症予後を改善する 第39回心筋生検研究会、2017年11月25日、電気ビル本館、福岡
  100. 阿部二郎、武田充人、山田勇磨、原島秀吉 ミトコンドリアDrug Delivery System (DDS)を用いた心筋幹細胞移植はドキソルビシン心筋症予後を改善する 第27回 インテリジェント材料・システムシンポジウム、2018年1月10日、東京女子医科大学 先端生命医科学研究所 TWIns、東京.
  101. 阿部二郎、武田充人、山田勇磨、原島秀吉 ミトコンドリア関連疾患治療を目指したDrug Delivery System (DDS)  H29 年度 村山班ミトコンドリア病診断・診療マニュアル作成委員拡大合宿 2018年2月10日、IPC 生産性国際交流センター、神奈川県
  102. 宗宮加奈、山田勇磨、河村恵理子、宮内彰彦、小坂仁、原島秀吉 治療用RNA搭載ミトコンドリア標的型リポソームによる遺伝子治療戦略の検証 日本薬学会 第138年会、2018年3月27日、 TKP 金沢カンファレンスセンター、石川
  103. 宗宮加奈、山田勇磨、河村恵理子、宮内彰彦、小坂仁、原島秀吉 ND3変異細胞を対象とした治療用mRNA送達によるミトコンドリア遺伝子治療戦略の検証 日本薬学会北海道支部第145回例会、2018年5月12日、札幌コンベンションセンター、札幌
  104. 石丸拓也、山田勇磨、原島秀吉 エネルギー産生能を亢進するビタミンB1封入ミトコンドリア標的型ナノキャリアの構築 日本薬学会北海道支部第145回例会、2018年5月12日、札幌コンベンションセンター、札幌
  105. 山田勇磨、佐々木大輔、阿部二郎、武田充人、原島秀吉 ミトコンドリア強化幹細胞 (MITO Cell)の製造および心筋症モデルを用いた細胞移植療法の検証  第71回日本酸化ストレス学会 第18回日本NO学会 合同学術集会 2018年5月10日、京都ホテルオークラ、京都
  106. 山田勇磨、宗近玲那、佐藤悠介、櫻井遊、原島秀吉 ミトコンドリアを標的としたin vivo適応型ナノキャリアを用いた薬剤耐性癌治療の検証 日本薬剤学会第33年会、2018年5月21日、静岡県コンベンションアーツセンター・グランシップ、静岡
  107. 石丸拓也、山田勇磨、原島秀吉.“TCAサイクルを活性化するビタミンB1封入ミトコンドリア標的型DDSの構築” 第34回日本DDS学会学術集会 2018年6月21-22日 長崎
  108. 山田 勇磨、宗宮加奈、河村恵理子、原島秀吉 Validation of gene therapy for mutated mitochondria by mitochondrial RNA delivery using a liposome-based nano device for mitochondrial delivery 日本核酸医薬学会第4回年会、2018年7月9-11日、福岡
  109. Satrialdi、山田勇磨、宗近玲那、高野勇太、Biju Vasudevan Pillai、原島秀吉.“The application of MITO-Porter system as a novel mitochondrial targeting photodynamic therapy” 第12回 次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム、2018年9月15-16日、北海道大学、札幌
  110. 山田勇磨、阿部二郎、佐々木大輔、武田充人、原島秀吉 ミトコンドリア強化幹細胞 (MITO Cell)を⽤いた細胞移植療法の検証 第40回日本バイオマテリアル学会大会、2018年11月13日、神戸国際会議場、神戸.
  111. 宗宮加奈、山田勇磨、宮内彰彦、小坂仁、原島秀吉 ミトコンドリア標的型DDSを用いたミトコンドリア病に対する遺伝子治療戦略の検証 第18回 日本ミトコンドリア学会年会、2018年12月7日、久留米大学旭町キャンパス築水会館、久留米
  112. 佐々木大輔、阿部二郎、武田充人、山田勇磨、原島秀吉 ミトコンドリア強化型幹細胞を用いた虚血再灌流モデルマウスにおける細胞移植治療の検討 第18回 日本ミトコンドリア学会年会、2018年12月7日、久留米大学旭町キャンパス築水会館、久留米
  113. 山田勇磨、大工原伸之輔、西田慶、田村篤志、由井伸彦、原島秀吉 オートファジー誘導能を有するミトコンドリアDDSの構築およびオートファジー誘導機構の検証 日本薬学会 第139年会、2019年3月21日、 幕張メッセ国際会議場、千葉
  114. 武隈洋、森綾子、小林正紀、山田勇磨、佐藤夕紀、鳴海克哉、古堅彩子、菅原満 薬学実務実習前後における薬学生のコミュニケー ション分析 ~ RIAS(Roter method of interaction process analysis)を用いて~ 日本薬学会 第139年会、2019年3月21日、 幕張メッセ国際会議場、千葉
  115. 丸山美菜子、山田勇磨、喜多知子、北尻真一郎、宇佐美真一、原島秀吉 療用RNA搭載ナノカプセルを用いた疾患細胞ミトコンドリア遺伝子治療戦略の検証 日本薬学会北海道支部第146回例会、2019年5月18日、札幌コンベンションセンター、札幌
  116. 日比野光恵、山田勇磨、佐藤悠介、真栄城正寿、渡慶次学、原島秀吉 新規調製法を用いた難水溶性薬物X搭載MITO-Porterの構築および細胞取り込み評価 日本薬学会北海道支部第146回例会、2019年5月18日、札幌コンベンションセンター、札幌
  117. Yuma Yamada, Hideyoshi Harashima “Validation of mitochondrial RNA therapy using mitochondria from a patient with a mitochondrial disease ”19th Symposium for Gene Desigin and delivery” 2019年5月8日. けやき会館 千葉大学 (千葉)
  118. 山田勇磨、宗宮加奈、原島秀吉 MITO-Porterを用いた治療用mRNA送達によるミトコンドリア遺伝子治療戦略の検証 日本薬剤学会第34年会、2019年5月17日、富山市民プラザ、富山
  119. Satrialdi、山田 勇磨、宗近玲那、Vasudevanpillai Biju、高野勇太、原島秀吉 MITO-Porter: a powerful mitochondrial targeting nanodevice for cancer photodynamic therapy 第72回日本酸化ストレス学会、2019年6月28日、北海道立道民活動センターかでる2・7、札幌
  120. 窪田文佳、山田 勇磨、Satrialdi、高野勇太、Vasudevanpillai Biju、原島秀吉 ミトコンドリア標的型ナノキャリアを用いた癌光治療戦略の検証 第72回日本酸化ストレス学会、2019年6月28日、北海道立道民活動センターかでる2・7、札幌
  121. 山田勇磨、Satrialdi、高野勇太、Vasudevanpillai BIJU、原島秀吉.“光増感分子rTPAを搭載したミトコンドリア標的型ナノカプセルの開発および癌光治療戦略の検証”第35回日本DDS学会学術集会 2019年7月4日 パシフィコ横浜 (神奈川)
  122. 山田 勇磨、宗宮加奈、原島秀吉 Validation of mitochondrial RNA therapy using mitochondrial drug delivery system 日本核酸医薬学会第5回年会、2019年7月10-12日、大阪
  123. 丸山美菜子、山田 勇磨、喜多知子、北尻真一郎、宇佐美真一、原島秀吉 Validation of gene therapy for mutated mitochondria by ribosomal RNA delivery using a liposome-based nano device for mitochondrial delivery 日本核酸医薬学会第5回年会、2019年7月10-12日、大阪
  124. 山田勇磨、Satrialdi、高野勇太、Vasudevanpillai BIJU、原島秀吉 光増感分子rTPAを搭載したミトコンドリア標的型ナノカプセルの構築および担癌モデルマウスを用いた癌光治療戦略の検証 日本薬学会 第140年会、2020年3月、京都 [誌上開催]
  125. 山田勇磨、宗宮加奈、佐々木大輔、武田充人、原島秀吉 MELAS A3243G変異型ミトコンドリアDNAを標的とした遺伝子治療戦略の検証 日本薬剤学会第35年会、2020年5月、熊本 [誌上開催]
  126. 窪田文佳、山田勇磨、Satrialdi、高野勇太、真栄城正寿、渡慶次学、原島秀吉 癌光治療を可能とするミトコンドリア標的型ナノキャリアの構築及び機能評価、日本薬学会北海道支部第147回例会、2020年5月23日、北海道大学薬学部、札幌、[誌上開催]
  127. 佐々木大輔、武田充人、山田勇磨、原島秀吉 ミトコンドリア病モデルマウスにおける心筋前駆細胞ミトコンドリア機能および心機能についての検討 第56回日本小児循環器学会総会・学術集会(2020年7月9日~11日、国立京都国際会館、京都)
  128. 山田勇磨、石丸拓也、原島秀吉 ミトコンドリアDDSを用いたビタミンB1の脳内送達による治療効果の検証 第36回日本DDS学会学術集会(2020年8月28日~29日、神戸学院大学ポートアイランドキャンパス、神戸)
  129. 日比野光恵、山田勇磨、真栄城正寿、渡慶次学、石塚洋一、原島秀吉 コエンザイムQ10封入ミトコンドリア標的型DDSの開発およびアセトアミノフェン肝障害モデルへの治療効果の検証 第36回日本DDS学会学術集会(2020年8月28日~29日、神戸学院大学ポートアイランドキャンパス、神戸)
  130. 山田勇磨、Satrialdi、高野勇太、原島秀吉 癌ミトコンドリアを標的とした光線力学療法の検証 第73回日本酸化ストレス学会日本薬学会/ 第20回日本NO学会合同学術集会、2020年10月6-7 [WEB・誌上開催]
  131. 飯岡真吾、日比野光恵 、山田勇磨、真栄城正寿、渡慶次学、照喜名孝之、金沢貴憲、近藤啓 マイクロ流体デバイスによる高分子ナノ粒子の調製条件に関する基礎的検討 日本薬学会 第141年会、2021年3月、広島 [WEB開催]
  132. 後藤悠太、山田勇磨、日比野光恵、佐々木大輔、武田充人、真栄木正寿、渡慶次学、 原島秀吉 ミトコンドリア強化ヒト心筋幹細胞 (hMITO Cell)の製造および心虚血再灌流モデルを用いた細胞移植療法の検証 日本薬学会 第141年会、2021年3月、広島 [WEB開催]
  133. 森 綾子、加藤 いづみ、柏木 仁、今井 俊吾、鳴海 克哉、佐藤 夕紀、古堅 彩子、山田 勇磨、小林 正紀 オンライン会議システムを活用した医療面接実習の実践 日本薬学会 第141年会、2021年3月、広島  [WEB開催]
  134. 山田勇磨、日比野光恵、伊藤百、荒井愛永、佐々木大輔、真栄城正寿、渡慶次学、太田善浩、原島秀吉 ミトコンドリア運搬用DDS (Trans MIT system)の開発 日本薬剤学会第36年会、2021年5月  [WEB開催]
  135. 佐々木大輔、山田勇磨、後藤悠太、白石真大、武田充人、原島秀吉 ヒトミトコンドリア強化心筋幹細胞を用いた、急性心不全モデルラットに対する心筋幹細胞移植療法の治療効果の検討 日本薬剤学会第36年会、2021年5月  [WEB開催]
  136. 伊藤百、山田勇磨、日比野光恵、佐々木大輔、真栄城正寿、渡慶次学、太田善浩、原島秀吉 ミトコンドリア機能強化を可能とするナノカプセルの構築 日本薬学会北海道支部第148回例会(2021年5月22日、WEB開催)
  137. 山田勇磨、日比野光恵、伊藤百、荒井愛永、佐々木大輔、真栄城正寿、渡慶次学、太田善浩、原島秀吉 ミトコンドリア人工共生による細胞機能制御の試み 第37回日本DDS学会学術集会、2021年6月
  138. 佐々木大輔、山田勇磨、後藤悠太、白石真大、武田充人、原島秀吉 心筋虚血再灌流モデルラットに対するヒトミトコンドリア強化心筋幹細胞移植療法の治療効果の検討 第37回日本DDS学会学術集会、2021年6月
  139. 佐々木大輔、山田勇磨、後藤悠太、武田充人、真栄木正寿、渡慶次学、原島秀吉 ヒト心筋前駆細胞を用いたミトコンドリア活性化心筋前駆細胞の製造および、心筋虚血再灌流モデルに対する細胞移植の治療効果の検討 第57回日本小児循環器学会総会・学術集会、2021年7月
  140. 辻岡 孝郎、山田勇磨、佐々木大輔、武田充人、原島秀吉 心筋ミトコンドリアを標的としたリポソーム製剤の開発研究 第57回日本小児循環器学会総会・学術集会、2021年7月
  141. 辻岡 孝郎、山田勇磨、佐々木大輔、武田充人、原島秀吉 心筋ミトコンドリア標的型リポソームを用いたドキソルビシン心筋傷害軽減の試み 第4回日本腫瘍循環器学会・学術集会、2021年10月

市民講演・教育講演

  1. 山田勇磨 遺伝子治療のための人工ウイルス 北海道大学薬学部SP会平成20年度例会、2008年9月10日、北海道大学薬学部、札幌
  2. 山田勇磨 ヒアルロン酸と健康・美容・医薬品 北海道大学薬学部SP会平成21年度例会、2009年5月15日、北海道大学薬学部、札幌
  3. 山田勇磨, 小林正紀 災害派遣医療チームとしての薬剤師の役割 平成23年度北海道大学 薬学祭、2011年6月3日、北海道大学薬学部、札幌
  4. 山田勇磨、小林正紀 東日本大震災 医療救護班・薬剤師 被災地活動記-陸前高田市・長部地区での1週間- 北海道大学薬学部SP会平成23年度例会、2011年7月3日、北海道大学薬学部、札幌
  5. 山田勇磨 被災地活動記 [2011.4.28-5.4] -陸前高田市・長部地区での1週間- 東日本大震災医療派遣活動報告会、2011年7月25日、北海道大学薬学部、札幌
  6. 山田勇磨 ナノってなーに? -小人が暮らす10億分の1メートルの世界!!- 北海道大学薬学部SP会平成24年度例会、2012年5月13日、北海道大学薬学部、札幌
  7. 山田勇磨 東日本大震災 医療救護班・薬剤師 災地活動記 -陸前高田市・長部地区での1週間- 平成24年度北海道大学薬学部2年次合宿研修、2012年5月19日、国立ひだか青少年自然の家(沙流郡日高町字富岡)
  8. 山田勇磨 味覚を科学する- 『良薬は口に苦し』って本当か!! - 北海道大学薬学部SP会平成25年度例会、2013年4月3日、北海道大学薬学部、札幌
  9. 山田勇磨 ミトコンドリア標的型分子送達技術(薬物・タンパク質・核酸)の開発  第3回 JST発 新技術説明会、2014年3月11日、JST東京別館ホール、東京
  10. 山田勇磨 DDS 『ドラッグ デリバリー システム』-  北海道大学薬学部SP会平成27年度例会、2015年6月3日、北海道大学薬学部、札幌
  11. 山田勇磨 ミトコンドリアに薬を運ぶナノカプセル ―ミトコンドリア病の新しい治療法を探る― 「ミトコンドリア病を知る市民公開講座」 2016年11月19日、北海道大学大学院薬学研究院、札幌
  12. 山田勇磨 ミトコンドリアを元気にするナノカプセル 「ニナファーム2018年新春特別講演会」 2018年1月27日、ベルサール汐留、 東京
  13. 山田勇磨 心不全の治療及び/又は予防に用いるための心筋幹細胞の製造方法 日本医療研究開発機構(AMED)&DSANJ疾患別商談会会(2017年度冬期)、2018年2月1日、大阪産業創造館、大阪
  14. 山田勇磨 スピーチ 「私(山田勇磨)はミトコンドリアを元気にするナノカプセルをScienceする研究者です!!」 11th Anniversary NINA Pharm JAPON 2018年4月21日、パシフィコ横浜、神奈川
  15. 山田勇磨 ZOOMセミナー 「副作用の少ない癌治療を、ミトコンドリアに薬を運ぶ技術開発で!」 NinaPharm 主催 2020年5月24日 WEB
  16. 山田勇磨 スピーチ 「不可能を可能に、ミトコンドリアに薬を運ぶ技術開発で!」 13th Anniversary NINA Pharm JAPON 2020年8月21日、パシフィコ横浜、神奈川
  17. 山田勇磨 「ミトコンドリアに薬を運ぶ技術開発」 湘南アイパーク・サイエンスカフェ 2020年12月24日 WEB

▲ Page Up