博士2年:尾幡 穂乃香

  • 誕生日 5月6日
  • 出身地 香川県 高松市
  • ひと言 おちつきたい。

学歴

  • 2014.3.香川県立高松高等学校 卒業
  • 2014.4.お茶の水女子大学理学部物理学科入学 入学
  • 2018.3.お茶の水女子大学理学部物理学科卒業 卒業
  • 2018.4.大阪大学大学院理学研究科化学専攻 修士課程 入学
  • 2020.3.大阪大学大学院理学研究科化学専攻 修士課程 卒業
  • 2020.4.北海道大学大学院生命科学院 博士課程 入学

職歴

  • 2017.4.放射線医学総合研究所 標識薬剤開発部 業務補助員
  • 2018.10.放射線医学総合研究所 標識薬剤開発部 QSTリサーチアシスタント
  • 2019.4.放射線医学総合研究所 先進核医学基盤研究部 QSTリサーチアシスタント
  • 2020.4.日本学術振興会 特別研究員 (DC1)

資格

  • 2016.10.第一種放射線取扱主任者 合格 (#26618)

所属学会

日本放射化学会

賞罰

  • 2018.9.CJKSRS2018 トラベルグランド (第2回日本核医学会分科会放射薬品科学研究会)
  • 2018.11.Young Investigator Award (The 10th China-Japan-Korea Symposium on Radiopharmaceutical Sciences)
  • 2019.9.若手優秀発表賞 (日本放射化学会第63回討論会)
  • 2021.7.若手優秀講演賞 (第58回アイソトープ・放射線研究発表会)

業績 (原著論文)

  1. Khandaker MU, Chakraborty AK, Nagatsu K, Obata H, Minegishi K, Zhang MR, Okhunov AA. The formation of isomeric pair in the natTi(3He,x)44m,gSc reactions: Effect of spin cut-off parameter on the isomeric ratio. Nucl Instrum Methods Phys Res, Sect B 2021, 499, 1-6.
  2. Shirakami Y, Watabe T, Obata H, Kaneda K, Ooe K, Liu Y, Teramoto T, Toyoshima A, Shinohara A, Shimosegawa E, Hatazawa J, Fukase K. Synthesis of [211At]4-astato-L-phenylalanine by dihydroxyboryl-astatine substitution reaction in aqueous solution. Sci Rep 2021, 11 (1), 12982.
  3. Matsuoka K, Obata H, Nagatsu K, Kojima M, Yoshino T, Ogawa M, Matsunaga S. Transition-metal-free nucleophilic 211At-astatination of spirocyclic aryliodonium ylides. Org Biomol Chem 2021, 19 (25), 5525-5528.
  4. Obata H, Tsuji AB, Sudo H, Sugyo A, Minegishi K, Nagatsu K, Ogawa M, Zhang MR. In Vitro Evaluation of No-carrier-added Radiolabeled Cisplatin ([189, 191Pt]cisplatin) Emitting Auger Electrons. Int J Mol Sci 2021, 22, 4622.
  5. Obata H, Minegishi K, Nagatsu K, Ogawa M, Zhang MR. Synthesis of no-carrier-added [188, 189, 191Pt]cisplatin from a cyclotron produced 188, 189, 191PtCl4(2-) complex. Sci Rep 2021, 11, 8140.
  6. Toyoshima A, Nagata K, Ooe K, Zhang Z, Ikeda T, Ichimura S, Obata H, Yoshimura T, Shinohara A. Dispersal rates of astatine-211 from aqueous solutions and chloroform. Radiation Safety Management 2019, 18, 16-22.
  7. Obata H, Minegishi K, Nagatsu K, Zhang MR, Shinohara A. Production of 191Pt from an iridium target by vertical beam irradiation and simultaneous alkali fusion. Appl Radiat Isot 2019, 149, 31-37.
  8. Khandaker MU, Nagatsu K, Obata H, Minegishi K, Zhang MR. Excitation functions of helion-induced nuclear reactions on natural titanium up to 55MeV. Nucl Instrum Methods Phys Res Sect B 2019, 445, 69-76.
  9. Obata H, Khandaker MU, Furuta E, Nagatsu K, Zhang MR. Excitation functions of proton- and deuteron-induced nuclear reactions on natural iridium for the production of 191Pt. Appl Radiat Isot 2018, 137, 250-260.

業績 (学会発表)

  1. 尾幡穂乃香, 永津弘太郎, 辻厚至, 小川美香子, 張明栄. 加速器を用いた白金核種(191Pt)の製造および標識白金錯体の合成. 第58回アイソトープ・放射線研究発表会, 7/7-9, 29005-06-02, オンライン, 2021.7.8. (口頭発表)
  2. 尾幡穂乃香, 白神宜史, 兼田加珠子, 大江一弘, 永田光知郎, 寺本高啓, 市村 聡一朗, 中川創太, 吉村崇, 豊嶋厚史, 篠原厚. 水溶液中におけるボロノ基-アスタチン交換反応の特異性の解明. 日本放射化学会第63回討論会, 9/24-26, P12, いわき, 2019.9.25. (ポスター発表)
  3. Obata H, Minegishi K, Nagatsu K, Zhang MR, Toyoshima A, Shinohara A. Production of 191Pt from an iridium target.. The 10th China-Japan-Korea Symposium on Radiopharmaceutical Sciences, 2018/11/2-4, P322, Xiamen, China (口頭発表)
  4. 尾幡穂乃香, 峯岸克行, 永津弘太郎, 張明栄, 篠原厚. 191Pt製造法の開発. 第2回日本核医学会分科会放射薬品科学研究会, 東京, 2018.9. (口頭発表)

その他

  1. 尾幡穂乃香. 水溶液中におけるボロノ基-アスタチン交換反応の特異性の解明. 和分誌「放射化学」 (日本放射化学会), 2020, 41, 44-45.
  2. 尾幡穂乃香. リスクコミュニケーションを大切に. 月刊エネルギーレビュー ((株)エネルギーレビューセンター), 2019, 458, 13-14.
  3. 研究費助成制度「ジェネ・グラント」採択 (課題名: 標的アイソトープ療法に向けた放射線プラチナの標識検討及び生物評価).