ニュース一覧

第32回日本医療薬学会年会が開催されました。

薬学科6年生の池田真由美さん、博士課程2年生の山下慎介さん、博士課程3年生の堤竹蔵さんが口頭で、佐藤夕紀 講師がポスターで、梨本俊亮 助教がPostdoctoral Award受賞講演で発表しました。

2022年09月26日

大学院生の宮井貴之さんの論文が公表されました。

博士課程4年の宮井貴之さんの論文がBiological and Pharmaceutical Bulletin誌に公表されました。

 

Miyai, T., Imai S., Yoshimura, E., Kashiwagi, H., Sato, Y., Ueno, H., Takekuma, Y., Sugawara, M., Machine learning-based model for estimating vancomycin maintenance dose to target the area under the concentration curve of 400-600 mg・h/L in Japanese patients, Biol pharm bull. 45(9), 1332-1339, 2022. 10.1248/bpb.b22-00305

2022年09月01日

第35回北海道薬物作用談話会が開催されました。

薬学科6年生の齋藤香英さんが口頭で発表しました。本発表は、若手研究者優秀発表賞を受賞しました。

 

齋藤香英,武隈 洋,柏木 仁,佐藤夕紀,梨本俊亮,市川 聡,菅原 満, エチノマイシンとその誘導体のLC-MS/MSによる定量法の確立と体内動態解析, 第35回北海道薬物作用談話会,2022年8月21日,札幌

2022年08月22日

博士課程4年生の宮井貴之さんが優秀論文賞を受賞しました。

博士課程4年生の宮井貴之さんの論文が、令和4年度「TDM研究」優秀論文賞(住友ファーマ賞)を受賞しました。

 

宮井貴之,今井俊吾,百 賢二,柏木 仁,佐藤夕紀,菅原 満,武隈 洋, 大規模レセプトデータベースを用いたボリコナゾールの治療薬物モニタリング実施に関する実態調査, TDM研究 38(3), 39-48, 2021

2022年06月09日

第38回日本TDM学会・学術大会が開催されました。

博士課程4年生の宮井貴之さんが口頭で発表しました。本発表は、優秀演題賞を受賞しました。

 

宮井貴之,今井俊吾,吉村恵理,柏木 仁,佐藤夕紀,上野英文,武隈 洋,菅原 満,機械学習を活用した定常状態の AUC 400-600 mg・h/L を目標とするバンコマイシン投与量推定モデルの構築,第38回日本TDM学会・学術大会,2022年5月21日-22日,オンライン

2022年05月22日

日本薬学会北海道支部第149回例会が開催されました。

修士課程1年生の髙林直央さんが口頭で発表しました。

 

髙林直央,佐藤夕紀,柏木 仁,今井俊吾,武隈洋,菅原満,血漿中から低分子量のヒアルロン酸を抽出する前処理法の構築,日本薬学会北海道支部第149回例会(第69回北海道薬学大会),2022年5月21日,オンライン

2022年05月21日

博士課程2年生の井上優希さんが学生優秀発表賞を受賞しました。

博士課程2年生の井上優希さんが日本薬学会第142年会で発表した演題が、学生優秀発表賞を受賞しました。

 

井上優希,武隈 洋,宮井貴之,柏木 仁,佐藤夕紀,菅原 満,今井俊吾,ビッグデータとデータマイニング手法を用いたリネゾリド誘発性血小板減少症の要因分析,日本薬学会第142年会,2022年3月25日-28日,オンライン

 

詳細はこちら

2022年04月22日

大学院修了生の蕪木素代子さんの論文と佐藤夕紀 講師の論文が公表されました。

2021年3月に博士課程を修了した蕪木素代子さんの論文がGeriatrics & Gerontology International誌に公表されました。

 

Kaburaki, S., Yoshimura, E., Miyamoto, Y., Imai, S., Kashiwagi, H., Ueno, H., Sugawara, M., Takekuma, Y., Hepatic drug metabolism in older people with body composition changes, Geriatr Gerontol Int, 22(5), 449-454, 2022. https://doi.org/10.1111/ggi.14380

 

 

佐藤夕紀 講師の論文がBiological and Pharmaceutical Bulletin誌に公表されました。

 

Sato, Y., Takekuma, Y., Daisho, T., Kashiwagi, H., Imai, S., Sugawara, M., Development of a method of liquid chromatography coupled with tandem mass spectrometry for simultaneous determination of linezolid and tedizolid in human plasma, Biol pharm bull, 45(4), 421-428, 2022. https://doi.org/10.1248/bpb.b21-00798

2022年04月01日

今井俊吾 助教の論文が公表されました。

今井俊吾 助教の論文がBiological and Pharmaceutical Bulletin誌に公開されました。

 

Imai, S., Kadomura, S., Miyai, T., Kashiwagi, H., Sato, Y., Sugawara, M., Takekuma, Y., Using Japanese big data to investigate novel factors and their high-risk combinations that affect vancomycin-induced nephrotoxicity, Br J Clin Pharmacol, in press. https://doi.org/10.1111/bcp.15252

2022年02月03日

今井俊吾 助教の論文が公表されました。

今井俊吾 助教の論文がAnnals of Clinical Epidemiology誌に公開されました。

 

Imai, S., Momo, K., Kashiwagi, H., Sato, Y., Miyai, T., Sugawara, M., Takekuma, Y., Prescription and therapeutic drug monitoring status of valproic acid among patients receiving carbapenem antibiotics: A preliminary survey using a Japanese claims database, Annals of Clinical Epidemiology, 4. 6-10, 2022. https://doi.org/10.37737/ace.22002

2022年01月18日

大学院修了生の門村将太先生の論文が公表されました。

大学院修了生の門村将太先生の論文がJournal of Oncology Pharmacy Practice誌に公表されました。

 

Kadomura, S., Imai, S., Momo, K., Sato, Y., Kashiwagi, H., Itoh, T., Sugawara, M., Takekuma, Y., Effects of piperacillin/tazobactam or cefepime on folinate dose in patients receiving high-dose methotrexate: a retrospective cohort study using Japanese administrative claims data, J Oncol Pharm Pract, Online ahead of print. doi: 10.1177/10781552211034703.

2021年10月19日

大学院生の宮井貴之さんの論文が公表されました。

大学院生の宮井貴之さんの論文がTDM研究誌に公表されました。

 

宮井貴之,今井俊吾,百 賢二,柏木 仁,佐藤夕紀,菅原 満,武隈 洋, 大規模レセプトデータベースを用いたボリコナゾールの治療薬物モニタリング実施に関する実態調査, TDM研究 38(3), 39-48, 2021

2021年10月12日

今井俊吾 助教の論文が公表されました。

今井俊吾 助教の論文がBiological and Pharmaceutical Bulletin誌に公開されました。

 

Imai, S., Nasuhara, Y., Momo, K., Oki, H., Kashiwagi, H., Sato, Y., Miyai, T., Sugawara, M., Takekuma, Y., Implementation status of liver function tests for monitoring benzbromarone-induced hepatotoxicity: An epidemiological survey using the Japanese claims database, Biol pharm bull, 40, 1499-1505, 2021. https://doi.org/10.1248/bpb.b21-00393

2021年10月01日

今井俊吾 助教の論文が公表されました。

今井俊吾 助教の論文が以下の論文が以下の通り公表されました。

 

Imai, S., Kashiwagi, H., Sato, Y., Miyai, T., Sugawara, M., Takekuma, Y., Factors affecting creatine phosphokinase elevation during daptomycin therapy using combination of machine learning and conventional methods, Br J Clin Pharmacol, iOnline ahead of print. https://doi.org/10.1111/bcp.15063[Press release]

 

Imai, S., Momo, K., Kashiwagi, H., Sato, Y., Miyai, T., Sugawara, M., Takekuma, Y., A cross-sectional survey of hospitalization and blood tests implementation status in patients who received tolvaptan under 75 years of age using a Japanese claims database, Expert Opin Drug Saf, Online ahead of print. doi: 10.1080/14740338.2021.1951219

 

今井俊吾,難波正志,柏木 仁,佐藤夕紀,武隈 洋,菅原 満, 薬局薬剤師による「患者への聞き取り」に基づいて実施された疑義照会の実態解明と医療安全への貢献度評価 , 薬局薬学 13(1), 68-71, 2021,

https://doi.org/10.32160/yakkyoku.nt.2020-0025

2021年08月27日

社会人大学院生の山下慎介先生の論文が公表されました。

社会人大学院生の山下慎介先生の論文がBiol Pharm bull誌に掲載されました。

 

Yamashita, S., Imai, S., Momo, K., Kashiwagi, H., Sato, Y., Sugawara, M., Takekuma, Y., Investigation of the real-world situation and risk factors associated with olanzapine prescribed to diabetes patients by using a Japanese claims database, Biol pharm bull, 44, 1151-1155, 2021.https://doi.org/10.1248/bpb.b21-00170

2021年08月02日

薬学科6年生の山田隼大さんが学生優秀発表賞を受賞しました。

薬学科6年生の山田隼大さんが日本薬学会北海道支部第148回例会で、学生優秀発表賞を受賞しました。

 

山田隼大,王子谷健太,柏木 仁,佐藤夕紀,今井俊吾,宮地弘幸,武隈洋,菅原 満, がんの多剤耐性を克服する新規エトポシド誘導体の探索, 日本薬学会北海道支部第148回例会(第68回北海道薬学大会), 2021年5月22日, オンライン

 

詳細はこちら

2021年06月07日

メンバーを更新しました。

研究室メンバーを更新しました。

専門研究員の青山剛 博士が北海道科学大学薬学部助教に転出されました。

2021年04月01日

今井俊吾 助教の論文が公表されました。

今井俊吾 助教の論文がBiological and Pharmaceutical Bulletin誌に掲載されました。


Imai, S., Momo, K., Kashiwagi, H., Miyai, T., Sugawara, M., Takekuma, Y., Probiotic prescription status of pediatric patients with otitis media receiving oral amoxicillin or amoxicillin/clavulanate from April 2016 to March 2017 using a Japanese health insurance claims database, Biol pharm bull, 44, 448-452, 2021.
https://doi.org/10.1248/bpb.b20-00214.

2021年03月01日

大学院修了生の梨本俊亮さんと卒業生の八木沙織さんの論文が公表されました。

2020年3月に博士課程を修了した梨本俊亮さんと、2019年3月に薬学科を卒業した八木沙織さんの論文がBiochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes誌に公表されました。

 

Nashimoto, S., Yagi, S., Takeda, N., Nonaka, M., Takekuma, Y., Sugawara, M., Sato, Y., A new system to evaluate characteristics of Niemann-Pick C1 Like 1-mediated cholesterol transport using Xenopus laevis oocytes, Biochim. Biophys. Acta Biomembr, 1863, 183508, 2021. https://doi.org/10.1016/j.bbamem.2020.183508

2020年12月25日

大学院生の宮井貴之さんの論文が公表されました。

博士課程2年の宮井貴之さんの論文がAntibiotics (Basel)誌に公表されました。

 

Miyai, T., Imai S., Kashiwagi, H., Sato, Y., Kadomura, S., Yoshida, K., Yoshimura, E., Teraya, T., Tsujimoto, T., Kawamoto, Y., Itoh, T., Ueno, H., Goto, Y., Takekuma, Y., Sugawara M., A risk prediction flowchart of vancomycin-induced acute kidney injury to use when starting vancomycin administration: a multicenter retrospective study, Antibiotics (Basel), 9, 920, 2020.

https://doi.org/10.3390/antibiotics9120920

2020年12月18日

大学院修了生の梨本俊亮さんと卒業生の竹川悠人さんの論文が公表されました。

2020年3月に博士課程を修了した梨本俊亮さんと、2015年3月に薬学科を卒業した竹川悠人さんの論文がDrug Metabolism and Pharmacokinetics誌に公表されました。

 

Nashimoto S., Takekawa Y., Takekuma Y., Sugawara M., Sato Y., Drug metabolism and pharmacokinetics transport via Niemann-Pick C1 Like 1 contributes to the intestinal absorption of ubiquinone, Drug Metab Pharmacokinet, 35, 527-533, 2020. https://doi.org/10.1016/j.dmpk.2020.08.002

2020年12月09日

今井俊吾 助教の論文が公表されました。

今井俊吾 助教の論文が以下の通り公表されました。

 

Imai, S., Momo, K., Kashiwagi, H., Miyai, T., Sugawara, M., Takekuma, Y., Association of the ward pharmacy service with active implementation of therapeutic drug monitoring for vancomycin and teicoplanin—an epidemiological surveillance study using Japanese large health insurance claims database, J Pharm Health Care Sci, 6, 18, 2020. https://doi.org/10.1186/s40780-020-00174-8


Imai, S., Kadomura, S., Momo, K., Kashiwagi, H., Sato, Y., Miyai, T., Sugawara, M., Takekuma, Y., Comparison of interactions between warfarin and cephalosporins with and without the N-methyl-thio-tetrazole side chain, J Infect Chemother, in press, doi: 10.1016/j.jiac.2020.07.014.


Imai, S., Takekuma, Y., Kashiwagi, H., Miyai, T., Kobayashi, M., Iseki, K., Sugawara, M., Validation of the usefulness of artificial neural networks for risk prediction of adverse drug reactions used for individual patients in clinical practice, PLoS One, 15, e0236789, 2020. https://doi.org/10.1371/journal.pone.0236789


Imai, S., Momo, K., Kashiwagi, H., Miyai, T., Sugawara, M., Takekuma, Y., A cross-sectional exploratory survey on occurrence of triple-whammy prescription pattern in Japan, Int J Clin Pharm, in press, doi: 10.1007/s11096-020-01088-z.

2020年08月19日

今井俊吾 助教の論文が公表されました。

今井俊吾 助教の論文がPharmacoepidemiology and Drug Safety誌に掲載されました。

Imai, S., Momo, K., Kashiwagi, H., Miyai, T., Sugawara, M., Takekuma, Y., Nonsteroidal anti-inflammatory drugs use in patients with chronic kidney disease are often prescribed from different clinicians than those who diagnosed them, Pharmacoepidemiol Drug Saf, https://doi.org/10.1002/pds.5027.

2020年06月05日