研究者の方へ

創薬科学研究教育センター

 日本発の創薬を目指し、文部科学省が主導する全国6化合物ライブラリー拠点の一つとして、難治性疾患を主なターゲットとし、低分子化合物のスクリーニングを進めます。同時に主要な新薬の多くを占める抗体医薬や核酸医薬等のバイオ医薬の開発にも取り組み、低分子と高分子の両面から新薬候補を生み出し、臨床治験への橋渡しを推進します。さらに、次世代の創薬研究を担う若手・女性研究者の育成および学士・大学院教育に取り組み、総合的な創薬拠点へと発展することを目指します。

詳細はこちら

臨床薬学教育研究センターとは

 臨床薬学教育研究センターは拡大する社会的ニーズに対応し、広範な職域において指導的立場で活躍できる“先導的な薬剤師”を輩出するために平成22年4月に設立されました。本センターによる事業は、国策として実施された薬学教育制度改革後の教育,研究体制の充実を目的としており,2006年の薬学教育改革の進行に合わせて計画されたものです。

詳細はこちら

各研究室の研究内容と実績

講演会・イベント

前のページへ